エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

記事一覧

【エロ漫画】フェラチオでザーメンを絞り出したら帰らされる口オナホの女

口オナホの女エロ漫画口オナホの女エロ漫画口オナホの女エロ漫画口オナホの女エロ漫画口オナホの女エロ漫画口オナホの女エロ漫画口オナホの女エロ漫画口オナホの女エロ漫画口オナホの女エロ漫画口オナホの女エロ漫画

全国激安なのにサービスが素晴らしい風俗店・ピンサロ・デリヘル・手こき専門店

0004_20201124150730fd4.jpg0005_202011241507326b4.jpg0006_202011241507334e5.jpg0007_20201124150734a7c.jpg0008_20201124150736bce.jpg0009_20201124150737641.jpg遊び人の皆様だったらおわかりでしょうが、風俗業界でも「安かろう、悪かろう」は基本線となっています。安いからと、おんぼろピンサロに入ったところ、妖怪のごとき風貌の嬢にぶち当たり、涙なみだで店を後にすることは日常茶飯事なのです。ただし例外はあります。なぜこの値段なのにこれほどまでにサービスがいいのか、女の子のレベルが高いのか、我々シニアにこれほど柔軟な対応をしてくれるのか、と感動する激安店が存在するのです。ここでは全国に散らばる「優良中の優良」な激安店を紹介しましょう。
北海道・すすきの ピンサロ越後屋本舗
私がここにずーっと通う理由は簡単に言えば「安さに対して満足度が高いから」です。システムとしては一般的な安いピンサロなのですが、登場する嬢のレベルが高い。年代は40代以上でいわゆる熟女系ですが、そこまで崩れた女性はおらず、ベテランならではの巧みな言葉責めやねっとりおしゃぶりが最高なんです。
「自分でシゴくときより私のお口のほうが気持ちいいでしょ? 明日も必ず来なさいよ?」
とSっ気たっぷりのフレーズを聞くとドキドキしてしまいます。私がMだからですかね。Sっ気の強い「猛者」が多くて楽しめる店です。
激安! 奥様特急青森最安店
ピンサロだとせかせかしちゃって満足できないし、シャワーも浴びられないでしょ。だから僕はこの店をよく利用してるの。なんてったって、デリヘルでこの値段なんだから。プレイも濃厚だしね。どう濃厚かっていうと、まずホテルに女の子がやってくるじゃない。ドアが閉まった瞬間に膝まづいて、僕のズボンのチャックを開けるわけ。そのまま「パクっ」て。即フェラってやつね。まずこれが最高。これだけで元をとった感覚で。で、そこから30分何ができるかと言えば、キスにはじまりお風呂で潜望鏡フェラでしょ。体も洗ってくれるしお尻の穴もペロリしてくれる。時間こそ短いけど、そのぶんすべてを「ぎゅっと」体感できるから、女の子が帰ったあとはもうクッタクタだわ。
仙台手こき専門店ネコの手
手コキ風俗が好きでいろんなところに、それこそ県外や東京にも行ったことがあるけれど、有名なお店は高いし意外にお金がかかる。そこにきて「ネコの手」は、この値段だから週2で通える。地元にこの店ができて良かったですよ。僕が一番イイなと思うのは、女の子の「素人っぽさ」。素人っぽいというのはいわゆる風俗嬢のようなスレた感じではなくて、そこらへんを歩いている真面目な女学生っぽい雰囲気というのかな。茶髪とかそういう子が少ないのもすごくイイ。そんな可愛らしい孫のような子たちが、僕のおちんちんをシコシコっとしてくれるのだから最高。これは賛否が分かれるところだとは思うけれど、そんなにテクニックがないってのが逆にイイ。どベテラン風俗嬢だったら長年の仕事で培った技を存分に繰り出してくるんだけど、ここの子たちはぎこちない上下運動に終始する。慣れてなさが演技だったらすごいけど、演技だとしても構わないぐらい、「こんなこと普通はやらない子にシコシコしてもらっている」と感動しちゃうんだよなぁ。
埼玉・蕨 出張抜きありエステ巨乳クラブミルク
マッサージの後にヌイてくれるという、どこにでもある形態のお店ながら、私の大好きなおっぱいの大きい子ばかりな点が気に入っている。マッサージ中も体を密着させてくれるので、そのたわわなお胸が体中に触れ、それだけで興奮度合いが非常に高くこの値段でいいのかと思ってしまうぐらいだ。それだけでなく、時間内なら発射無制限(フェラやパイズリ、素股など)なのがすごい。なんせこの歳なので連射なんてできないと思っていた私だが、この店でその濃厚なチュパチュパや上手な素股によって時間内で2発出すことができたのだ。やっぱりおっぱいの偉大さには勝てないということか。
ひとつだけ注意が必要なのが、日本人嬢はいないというところ。韓国の子が多いので、そもそもダメ
な人はダメかもしれない。でも愛想がいい子にしか当たったことがないので、試してみるのは大いにアリだ。
東京・池袋(他新宿、巣鴨など12店舗)ヤリすぎサークル.com
安いので文句は言いづらいですが、女の子の容姿ははっきりいって期待しちゃダメ
です。でも、そこにだけ目をつぶればこれほど満足できるデリヘルはないですよ。なんせ指名料込みの6900円でたくさんの「無料オプション」が楽しめちゃうので(指名しないとその無料オプションはつけられないのでご注意を)。たとえばイラマチオで喉の奥までガンガン突いてもいいし、アナル舐めも無料オプションです。私の場合は女の子をベッドに寝かせて、自分がウンチングスタイルになり顔面騎乗のような格好で堪能しています。足指舐めさせも当たり前のようにアリですし、もちろんお掃除フェラも。一番楽しいのは女の子に自分のしっこを飲ませるオプションですね。こんなこと風俗でしかできませんから。自分の中のリミッターを外して、とにかく好きなように遊べるお店です。
東京・錦糸町 ホテヘル絶対服従 闇鍋会
ちょっと特殊なシステムで、レンタルルームでアイマスクを着用して女子を待つところからスタートする。ノックがあり、女子が入ってきても目隠しは外しちゃダメ。だからどんな子がやってきたのかはよくわからないけれど、その声質や雰囲気からして20代後半が多いと思う。一緒にシャワーを浴びて(もちろん目隠しをしたまま)、そこからは顔面騎乗を受けたり、電マでいじめてもらえる。これがどうだろう、見えないからこそこれまでにない異様な興奮を覚えるというか。女の子の吐息が妙にスケベくさく聞こえて、言葉責めも脳に直接刺さるような感覚で、とろーんとしてしまう。最後は腰
がガクガクするようなエロっぽいフェラで発射だ。
そこらのピンサロに行くのとは違い「精神的に射精」したような錯覚に陥る、不思議な店だ。
愛知・名古屋 ピンサロセーラー'S
普通のピンサロながら、女の子たちが非常にアグレッシブな心意気を持っているというか、お店の教育が行き届いている感じがします。それでこの値段ですから以前に東京で行ったピンサロの名店とやらがずいぶんしょぼく感じてしまうというか。何がすごいって、おしゃぶりのバリエーションです。普通のピンサロ嬢は上下運動のみ、多少気がきく子なら玉をモミモミぐらいはしてくれる程度でしょう。ところがこちらの場合、サオの側面チロチロから始まり、みずから喉奥にイラマチオをしてくれたり、鼻の下あたりで亀頭を刺激してくれるなど、芸が細かい。あとは「音だけじゃない」バキュームフェラですかね。音だけ豪快で大して気持ちよくないバキュームとは違い、唾液をフル活用して竿をねぶりまくってくれるテクは最高の一言。ヘルスに行くより断然、満足できますよ。
激安商事の課長命令日本橋店
大阪では有名なお店で芸人なんかもけっこう行ってるらしい。やっぱり安いのが最大の魅力ながら、私みたいなおじいさんでもちゃんと気持ちよくさせようという気概を感じられる、素直で優しい女の子が多いのが素敵。一緒にシャワーを浴びるときも「立ってて疲れませんか」と気遣ってくれたり、ベッドでも無理な体勢にならないよう、彼女たちのほうが四方八方に動いてくれるというか。あとはあんまり激しいリップサービスではなく、まったりした心地よいフェラなのもいい。なんというか、特筆すべきポイントは少ないものの、いつ行っても一定の満足感を得られる「鳥貴族」みたいなお店だ。
福岡・中洲 ヘルス ガチンコドール
ここにはソープコースもあるけれど、私がよく利用するのがヘルスコース。本番がなくてもとっても満足できるからだ。女の子は若い子ばかり。そして人懐っこい子ばかり。おまけにスタイルが良くて見た目もそこそこな子ばかり。これって風俗店をやってる経営の立場に立てば、非常に難しいことだと思う。相当なお金を使って女の子を集めているだろうに、この金額でサービスを提供できるだなんて、奇跡だ。サービス面では何も言わずともお尻を舐めてくれたり、目をちゃんと見つめながらあそこをペロペロしてくれるなど、容姿だけでなくプレイにも気が利いている。ここに行ってしまうとよ
その県のヘルスなんておままごとみたいなものだ。
いけない外口員沖縄支店
人妻好きなので、個人的にハズレを引いた経験がないこの店は重宝している。システムは普通のデリヘルでそこまで素晴らしい点はないのだが、スケベな女が多く、自分のアソコを触りながらフェラしてくれるなんていう、素晴らしい光景を拝めることも。これはたぶん女の子によるとは思うのだが、とにかくおしゃぶりが好きな子が多く、時間いっぱい舐めてもらうなんてこともよくある。チンポを離さない人妻なんて興奮しないわけがないだろう。ちょっと気心の知れた、年代的に息子のヨメといたしているような、倒錯した気分になるお店だ。
タグ

往年の名女優の乳首ががっつり見える映画・松坂慶子・倍賞美津子・夏目雅子・高島礼子・樋口可南子・萬田久子・風吹ジュン

092_202011241449286de.jpg093_20201124144929a0f.jpg094_2020112414493170a.jpg095_202011241449325de.jpg
夏目雅子「鬼龍院花子の生涯」
27才の若さで夭折した女優、夏目雅子の濡れ場が拝める映画です。彼女が25才のときに出演した作品ですが、その濡れ場が絶品です。はだけた着物からチラリと見える小ぶりなおっぱいと、控え目な乳首。緊迫したシーンですが、身体をくねらせてよがる姿がすごくエロいんです。その身体もさることながら「アンアン」と小声であえぐ姿も凛としていて、股間を熱くさせます。
倍賞美津子「復讐するは我にあり」
濡れ場の代名詞ともいえるのが温泉。劇中で温泉のシーンになったらいつ裸が出てくるのかソワソワするものです。そんな卑猥な期待に応えてくれたのがこの作品です。まず倍賞美津子の巨乳が尋常じゃない。目算ではFカップくらいはあるでしょう。大きく実って、少し垂れたおっぱいは大迫力です。巨乳なだけあって乳首は大きめなのですが乳輪は小さくプニっと膨れています。湯船の中で乳房が後ろから揉まれる姿に興奮しない男はいないでしょう。何度も力強く揉みしだかれて、下から上に持ち上げられた巨乳がプルンと弾ける様は圧巻!
黒木 瞳「化身」
黒木瞳の作品で一番濡れ場を堪能できるのは「失楽園」ではなく、この「化身」です。黒木瞳の映画デビュー作品であるにも関わらず、過激な濡れ場に挑戦しています。茶色の乳首とキレイな顔とのミスマッチには妙に興奮させられます。特に騎乗位は必見。ゆっくりと腰を上下左右に動かす姿はエロビデオ顔負けのテクニックです。
高島礼子「さまよえる脳髄」
2時間ドラマでおなじみの高島礼子も若いころに濡れ場を演じています。窓ガラスに押し付けられてバックで挿入されるシーンが大興奮です。形のイイお椀型のおっぱいをムニッと窓ガラスにくっつけるので、柔らかそうな質感が画面越しに伝わってきます。画面が少し暗いので、乳首の色はわかりませんが、乳頭が窓ガラスに着いたり離れたりして形が変わる様子にエロスを感じてしまいます。
松坂慶子「青春の門」
この作品の濡れ場はとにかく勢いが半端じゃない。映画開始から数分で松坂慶子が寝バックでセックスしちゃうんですから。目の前で眠る子供を起こさないように、声を我慢する姿がエロ過ぎます。服を剥ぎ取られて、あらわになるおっぱい。ピンと突き出た乳首を思いっきり吸われちゃうんです。本当にやらしい乳首ですよ。最初は声を抑えていたのに、徐々に喘ぎ声が大きくなり、肉付き良い身体を揺らして、かすれた声で喘ぐ様と言ったらもう!
樋口可南子「北斎漫画」
樋口可南子のみずみずしい裸体とスラっとした長い手足が、健康的なエロスを感じさせてくれます。淡いピンク色の乳首も、華奢な身体にマッチしており、まるで彫刻のような神々しさを放っております。その全裸シーンだけでも十分楽しめるのですが、さらにオススメしたいのがタコとの触手プレイです。葛飾北斎がテーマの作品なので、浮世絵にあるようなタコの触手の春画が再現されているのです。タコに身体を弄られるシーンは、一見笑ってしまいそうですが、妖艶な演技のおかげで、エロティックな気持ちにさせれらてしまいます。
萬田久子「夏の別れ」
萬田久子が顔面を舐められながら正常位するのがこの映画の見どころです。映画の内容はメチャクチャにつまらないですが、濡れ場は大満足の仕上がり。スタイルのいい萬田久子がモデルの役をやるのですが、テカった小麦色の肌が魅力的です。スタイルのいいヌードもさすがの一言で、彫刻のような乳首をしています。さすがは短大時代に元ミスユニバース日本代表になっただけはあります。あえぐ姿がぎこちないのも、それはそれで魅力です。慣れない様子にそそられます。
風吹ジュン「蘇える金狼」
麻薬のせいで淫乱になってしまった風吹ジュンが大声であえぐ作品です。松田優作に徹底的に腰を打ち付けられるのです。薄ピンク色の乳首を震わせながら、何種類もの体位でセックスを繰り広げる様は圧巻です。翌日になっても朝飯を食いながら立ちバックするあたりは度肝を抜かれました。実はこの濡れ場は、本当に挿入していたのではないかという噂があります。真偽のほどは定かではないですが。
カテゴリ
タグ

エロを無料で楽しむにはエロい祭りが一番だ!護国神社祭・由良湊神社・夏越祭り・帯広名門夏祭り

034_202011241130550f1.jpg035_20201124113057a67.jpg
全国には我々のスケベ心を満たしてくれるエロ祭りが存在します。行けば思わぬ場面に遭遇できるかもしれませんよ。
毎年6月、「常盤公園」で行われるお祭りで、公園内の軽食屋「大丸」前は毎年、大勢の若者がたむろします。夜になるとテンションが上がった連中が公園の池への落とし合いをはじめ、おまえも入れよー、ドボン! と、浴衣の女の子もおかまいなく突き落とされていく。びしょ濡れの浴衣は下着がはっきり透けるので、かなりソソります。祭りの季節。
びしょ濡れ祭りでブラやパンツが透け透けに
兵庫・淡路島
由良湊神社・夏越祭り
毎年7月下旬に行われるこの祭りは、俗に「びしょぬれ祭り」と言われています。当日昼1時ごろ、お神輿が神社を出発し、1キロ先の海を目指して町内を練り歩きます。その途中、水の入ったバケツを大量に用意した地域住人が待ち構えていて、担ぎ手がやってくるとバシャーンとやる。一番の見どころは、お神輿が通りすぎた後です。用意したバケツを使い切れなかった住人たちが、そのまま捨てるのもしゃくだからか、周囲の人間に水をかけ始めます。誰かれかまわずにバシャーンバシャーン。そこに女の子がいたら…言うまでもないでしょう。
帯広名門夏祭り
毎年7月下旬、市内の商店街「名門通り」で夏祭りが開催されます。毎年、一番盛り上がるのは、恒例の「水着女性によるウナギつかみ取り大会」です。参加者は18〜35才までの水着女性限定で、例年15人くらいが出場し、特設ビニールプールで1分間にどれだけウナギをつかめるかを競います。おっぱいを揺らしながらウナギに組み付き、ニュルっと逃げられそうになったり、マタに挟み込んだり。過去には完全におっぱいポロリしちゃう者もいました。
タグ

長女の職場の同僚の娘の友人に手を出す57歳中肉中背のタクシードライバー

072_2020112409260416b.jpg073_202011240926058e3.jpg074_20201124092607774.jpg075_20201124092608c2c.jpg
みなぎり前号を読んだという男性、良勝さん(仮名57才)から電話がありました。埼玉県在住の現役トラックドライバーで、40代前半に奥さんと離婚して以来、女性との遊びがやめられないそうです。
みなぎり族の代表としてお話をうかがうため、埼玉でお会いしてみました。見た目は、ぎょろっとした目が印象的な中肉中背の男性です。彼の口から出てきたのは、生々しい女性でした。
何から話せばいいのかわからないが、ひとまずはここ数年のボクの「女遊び」の遍歴をお話してい
こうと思う。まず、この1、2年に関してはボクの年齢でも女性と会えるアプリを利用している。その名も『ペアーズ』だ。登録は無料、月額3千円〜の有料出会い系アプリで、簡単にいうと、表示され続ける女性のプロフィールに「いいね」ボタンを押すことから始まる。これで女性のほうから「いいね」が返ってくれば、晴れてメールが送れるようになるわけだ。さて、お察しのとおりポイントは、女性から「いいね」を押してもらうための作戦。つまりこちらのプロフィールをどう設定するか、という点である。ボクの場合はこうだ。
①自分の顔+乗ってるクルマ(アルファード)の写真を載せる
②運送業をしていることに(社長とウソはついてるけど…)
③ご飯やお酒を楽しめる40代以上の女性と出会いたい
④仕事の都合上、平日のお昼が空いていることが多い
決して肩肘を張ったプロフィールではない。社長だとウソをついてるぐらいだ。自分の強みである「平日の昼に動ける(時間に融通がきく)」ことのアピールは効いてると思う。この文言を入れておくだけで、平日昼に予定を入れたがる人妻なんかが引っかかってくるから。このプロフィール設定を終えてようやく、「いいね」をしてまわる。30回いいねをしたら1回いいねが返ってくる程度なので、その女性とのメールに集中して、なるべく早く電話や外部メール(自分のメールアドレスを伝える)に誘うのが効率的なやり方だ。ペアーズを普通にやっていれば、おじさん好きな女性は必ずいるものなので、やってきた女性を逃さぬよう、いきなり下ネタなどせず、聞き上手なおじさんを装ってやりとりを続ければ、皆さんも同じように出会えるだろう。ペアーズで会った子は、約2年で5人(少ないと言わないで!)。みなさん40代から50代で、ほとんどが既婚者女性だった。なかでもボクが興奮したのは、旦那のいない時間に自宅近くの駐車場でカーセックスしたがる由美子さんだ。彼女とはペアーズで繋がった後、向こうから「最近シテないんだよね」と艶かしいメールが届いたのだった。いきりたった僕は「じゃあこれからしちゃおうよ」と返信。それがなぜか3日ほど反応がなく、
ようやく4日目に「今から●●(地名)来れる?」というメッセージが届いた。実は仕事の最中だったが、なんとか口実を作って彼女の指定する場所へ。駐車場に車を停めて待っていたら、小走りで近づいて来たのが、ジャズ・シンガー綾戸智恵似の彼女だった。
「ごめんねいきなり呼んじゃって」「ぜんぜん大丈夫。それよりご近所の目は大丈夫?」
「うん、いいの」
彼女は後部座席に乗り込み、ボクもそれに続く。いきなりブチューと濃厚な口づけ。そして彼女の手がボクの息子に…。けっして声を出さない彼女だが、相当興奮していたのか、終わった後は10分以上、裸のままで座席に突っ伏していた。彼女とはそれ以降3回会って、同じ遊びを楽しんだ。
元カノが連れてきた女性は狙いやすい
アプリを使った出会いもやるにはやるけれど、やっぱりスマホをピコピコ続けるのは正直、面倒だ。そこでボクがよくやっているのが、「前に付き合っていた女とまた仲良くする」というもの。その方法は簡単。以前に付き合っていた女性に「久しぶり、今度メシでも行こうよ。友達も連れてさ」と連絡を入れる。こちらから男3人、向こうから女性3人程度を呼んで食事会という名の合コンを開くのだ。これのいいところは、セックスの可能性を二方向に持っていけること。一番カンタンなのが「元カノと久しぶりに一発ハメる」というもので、付き合っているときはマンネリだった相手でも、新しい彼氏ができていたりすると「またこいつとセックスしたい」とモチベーションがあがるもの。
では実際にどうやってセックスまで持っていくかといえば、そこは特に策はない。強いていうなら「久しぶりに会ったらさらに素敵になってて嬉しいよ」と、ぼんやり褒めてあげることぐらいだろうか。我々ほどの年齢になってくると髪型がどうとか化粧がああとかで一喜一憂することもなくなるので、「素敵」というワードで好意を伝える程度でいいのだ。もう一方の可能性は、やはり元カノが連れて来た女性陣を狙うというもの。あくまでボクの経験則だが、この場に連れてこられた女性というのは、元カノから見て「コイツ(ボク)のことを不快に思わないタイプ」であることが多い。そうすると見た目やキャラクターでハナから射程外になることは少なく、なんとなく良い可能性を秘めた合コンになるというわけだ。過去に元カノの友人といい仲になったときのことを振り返ってみよう。
昨年末、2年付き合った元カノに号令をかけ、3対3の食事会を開催した。その場にやってきたうちの一人が、飯島直子を何倍も地味にしたような見た目の由紀さんだ。由紀さんはバツイチの46才。元カノとは職場が一緒で、ボクとの関係も聞いていたという。居酒屋の個室で飲み食いしながら、ボクはちょっかいをかけることにした。
「由紀さんは色っぽいね。おじさんドキドキしちゃいますよ」
「そんなー。ただのバツイチのしわくちゃですから」「それがいいんですよ、スケベそうで」
「やだー、今度はワタシを狙ってるんですかー。エロじじいですね。アハハ」
こんな調子だ。直接対面の場では余計な遠回りをせずに好意を伝えるのがボクの手。この程度の下ネタに乗ってくる人はかなり脈あり、と捉えている。そうなると次の手はおのずと決まってくる。ラインかメールアドレスを聞き、その場ですぐさまやりとりを始めるのだ。会が終わってからではなく、その場でやりとりをする。
〈今日は由紀さんと会えて幸せだな。今度は二人で遊びたいよ〉
〈こちらこそ楽しいですよ。二人でだなんて、積極的ですね!〉
〈もったいぶってても仕方ないよ。いつ死ぬかもわからないんだから、素敵な人にアプローチをかけることをためらってられない! 明後日、もしくは週明けの月〜水あたりのどこかでカラオケ行きましょう!〉
鉄は熱いうちにとはよく言うが、まさにそれだ。会う予定をすぐに決めたいので、具体的に何日、何曜日と提案してあげることが自分なりの成功へのポイントだ。このようにして後日、カラオケでしっぽりと飲みながら自然にペッティング、さらにまた後日ホテルで楽しむことができた。
借金をすることでセックスが近づく
娘の友人に手を出すことだってある。たとえば長女の職場の同僚だ。これはついひと月ほど前の出来事なのだが娘が働くパート先の42才の先輩が、娘(既婚)の家に遊びに来ていたところに偶然遭遇した。ボクのストライクゾーンにばちっとハマる子で、マラソンの高橋尚子に少し似ている。どうやら結婚しているらしいが、旦那さんとは別居中なのだとか。
ついついやる気になってしまったボク。娘がお茶を入れにいった隙に声をかける。
「いつも娘がお世話になってるみたいで」「いえいえ、こちらこそ」
「それにしても素敵な方ですね。ボクはね、バツイチなのでフリーなんですよ。よかったらお食事でもいきましょう。娘がお世話になっているお礼をしたいので」
「えへへ、そんな、大丈夫ですよ」
最初はこんな調子であっさりとかわされて終わった。だが帰宅してからも、彼女のことばかりが頭に浮かぶ。どうやらこの歳にして惚れてしまったようだ。そこで、いささかゲスではあるが、娘に彼女が家にやってくる日を聞き出し、意図的にボクもその場に参加することを何度か続けた。娘はボクの魂胆をわかっているのか、「いちおう既婚者なんだから変なことはしないでよね」とクギをさしてくるが、そんなことは関係ない。5度目ぐらいの対面時、ボクは合コン時と同様に連絡先を交換し、食事の候補日を提案。彼女は「この日はパートが休みなので空いてますが、本当にお気遣いいただかなくて大丈夫ですよ」と返信してきたが、ボクはこれでイケルと確信した。一見するとやんわり断っているように思えるが、ちゃっかり「空いてる」と答えているのだ。少なくとも「けんもほろろ」では
ないことがわかるだろう。その流れで後日、サイゼリアで食事をしたのだが、よそよそしさはまだまだ取れない。やはり同僚の父であることが障壁なのだろう。これでは男女の関係に発展できない。そこでボクは伝家の宝刀を抜くことに。デートの晩、ラインを送った。
「今日はありがとう。すごく楽しかったです。それでごめん、大変申し訳ないのだけど、2万円を借
りることってできないかな?月末には必ず返します。本当にごめん」
なぜ借金の打診をするのか?あくまで経験則で、借金をする関係になることで、人間としての関係がぐっと深まるのだ。
結果的に、これが功を奏した。借金をして返済するときに食事に誘い、謝りつつまた借金のお願いをすることで、彼女にとってボクは「ほっとけない、しょうがない男性」になれたらしい。彼女を助手席に乗せたときにチュッとしてあげても拒否はなく、ついに結ばれたのだ。
もちろん「娘には内緒だよ」と伝えたが、すぐに話してしまったらしく、娘からはこっぴどく怒られてしまった。以上、思いつく限りの最近の女遊びだ。まだまだこれからも、一人でも多くの女性と遊べるように戦っていきたい。
遍歴でした
カテゴリ
タグ

奴隷女子にローライズのお尻が丸見えのデザインのTバックパンツで街中でしゃがませて半ケツを見られまくらせる

お尻丸見えのTバックパンツで街中でしゃがませるお尻丸見えのTバックパンツで街中でしゃがませる
こんにちはードレイの菜ノ子です
今回は担当の人に突然ローライズのパンツと、かわいいパンツをもらいました!
「今日はこれを履いてお散歩します!」とのことで…ん??それだけ??って感じでした笑。パンツはTバックで、お尻が丸見えのデザインでパンツを履くと少し見える感じ!お散歩ってことだけど何か裏がありそうな気が…?
そのまま人通りの多い商店街に移動してきました!
「ガチャガチャがあるから見ておいで。しやがんでバックが見えるようにね!」と言われて、気づいてしまいました…。また羞恥プレイだって。かわいいパンツといえど思いっきり見えるのは恥ずかしい…人通りもすごく多いし、ガチャガチャもそんなに興味がないものだし。うーんって感じ笑
そう思いながらしゃがみこんでみる…。なんだか思つてたよりも見えてる気がする…。しかも後ろを歩いてる人たちからの視線を感じる…チラッと後ろを見てみるとおじさんがこつち見てる…恥ずかしい…今度はやっぱり低いところに並んでるストッキングを見てくるように言われて仕方なく見に行つてみる…。商品の前にしやがんでしばらくすると後ろで「これ大丈夫?」とオバサンの声がする。
オバサンが私のことを指差して店員さんに何か言ってる…。なんで?なにを店員さんに言ぅの?恥ずかしくてもぅだいぶ帰りたい…。その後も、寿司屋やらドラッグストアやら靴やら、あんまり興味ないのに見せられる…笑。途中で変なおじさんに周りをゥゥされてたりして少し怖かった…すっごく恥ずかしかったし、いろんな意味で怖かった笑。しやがんでバックの露出をしてみたけど今回はだいぶ恥ずかしい思いをしました。なんだか今日は恥ずかしいしか言ってないな笑。
タグ

SM系の出会い系やSNSでSM未経験の女と出会い簡単な目隠し、おもちゃ、乳首つねりを施す

61_20201123150919d1a.jpg
ネットで知り合った女と手っ取り早くヤるには、SM系の出会い系やSNSを使うのが一番です。
そりゃそうです。SMプレイを前提に相手とアポることさえできれば、ホテル行きは100%確実なのですから。普通の出会い系のように、待ち合わせしてから居酒屋へ入り、必死こいて口説くなんて手間がないのです。SMの初心者女は必ずと言っていいほど「初回はお手柔らかにお願いします」的なことを言ってくるので、プレイ自体も難なく乗り越えられます。ことば責めや目隠し、おもちゃ、乳首つねりなどの組み合わせで攻めてやればそれっぽくなるわけです。さらにプレイ前は極力、紳士的に接し、でもプレイが始まればドSキャラになるというギャップを与えれば一層、本物っぽいSキャラの雰囲気が出せます。簡単なことでしょ?
問題は、数多あるSMサイトからどこを選ぶべきかです。打ってつけの舞台はないものか。あります。SM出会い系でもっとも古い歴史を持つ「アステリア」です。老舗ゆえの安心感からなのか、ここにはSM未経験の女がめちゃくちゃ多く(プロフを読めばわかる)、それでいて男たちもガツガツしていないため、メールを送った際の女たちの反応もおおむね好意的。
タグ

美しい白人女性たちのヌード画像を閲覧できるMet Art

60_20201123150702067.jpg
美しい白人女性たちのヌード画像を閲覧できるサイトだ。ここに収録されている画像点数はなんと
150万枚以上。毎日どれだけの数の画像でヌイてもすべて見尽くすことは到底不可能だろう。
ただ正直どの画像も過激さはいっさいない。ハメ撮りはおろかフェラシーンすら皆無。一糸まとわぬ白人オネーチャンが単体で芝生に寝転んだり、テーブルの上で開脚してみせたりする程度のものだ。かつてプレイボーイ誌でよく見かけたナチャルラル・ヌードの雰囲気に近い。物足りないという声も聞こえてきそうだが、私はむしろ、だからこそいいのだと思っている。過激さや下品さを追い求めるエロスもたしかに悪くはない。しかし、そんなものばかりの昨今、女体の持つ造形美にあえて目を向けてみれば、ふとそこに新鮮な興奮を覚えるのだ。サイトに登場する女性はみな完璧なルックスを持つ、東欧出身の若い女たち。画質も毛穴まで見えるほどのハイクオリティだ。こういうオカズには、ブランデーでも飲みながらのスローシコリングがよく合う。
カテゴリ
タグ

生ハメスク水でダブルピース3Pでハメ撮り・パパ活援助交際で興奮した思い出のSEXたち

パパ活援助交際思い出のSEXパパ活援助交際思い出のSEXパパ活援助交際思い出のSEXパパ活援助交際思い出のSEXパパ活援助交際思い出のSEXパパ活援助交際思い出のSEXパパ活援助交際思い出のSEXパパ活援助交際思い出のSEX
ラブセレクション。通称ラブセレ。佐藤編集長が当たり前のように口にするこの言葉。もう一般常識と言っても過言ではありません。そう、ラブセレクションとは、この町田足土が、その年に出会って抱いたエンコー娘の中から、ボクが「もう一度会いたいな」と思った子を7人選抜するというもの。
数年前から選出しだしたのですが、今では「ラブセレとは、援交界で最も名誉な称号のひとつ」とまで言われているようです。
「まぁ、そうですね。ほぼ決まってるんですが、12月の最後までわかりませんよ。ラストのラストに才能のある子と出会ってしまうかもしれませんからね」
「まぁ、それはそうかもしれへんけど、とりあえず今年も終わりっちゅうことで、今年のラブセレを発表するっちゅうのはどうや?」
まぁ、それはいいんだけど、誌面で発表したあとに、メッチャ良い子と出会っちゃった場合はどうするんだろう? 誰か差し替えになる可能性もあるわけで。それって問題ないのだろうか。援交界が注目してるわけですからね。ラブセレには。
「んなこと、別にどーでもええ!年末なんやから、パーっと誌面に援交娘たちの写真が並んだ方がええやろ! 誰と誰が差し替わったかそこには誰も興味ないんや! とにかく援交娘の写真を全国の援交ファンに見せたるんや! それが援交のカリスマとしての一番の仕事やと思うぞ!」
かなり大きい声でがなりたてる編集長。完全に今の会話、まわりの客に聞こえています。ボクたちの逮捕は近いようです。と、いうわけで、今年ももう終わり。まだ暫定版で、変更することもあるかもしれませんが、町田足土が選ぶ今年のラブセレクション! 例によってガッツリとモザイクを入れてもらう約束で公開いたします!彼女は6月に出会ったギャル子のみーこちゃん。ギャルなのに「こういうこと自体するのがはじめてなんで宜しくお願いします……」と敬語。ギャルなのに礼儀正しいという、素晴らしい盛り合わせです。
「エンコーとハメ撮りはセットだから」「エンコーは2回セックスするのが常識だからね」と、勝手なことを言っても、そこは初エンコーということで「そうなんですね……」と、納得いかない表情を浮かべながらもすべてを受け入れるみーこちゃん。とっても良い子ですね。そうですね。
これだけの美形ですので、2018年が始まってまだ半年でしたが、ラブセレ内定を出しました。「俺が毎年エンコーした中から選抜するラブセレの7人に間違いなく入るから! どう?ラブセレに入った感想は?」とスマホを向けると、「ん〜、でもなんか嬉しい。認められた感じがする!」と喜びのコメントをくれましたとさ。4月に出会った彼女。ギャルっぽくって明るくて、とっても素直な子でした。ハメ撮りもスムーズで、別に抵抗ないようでした。で、話を聞いたところ、「16歳のときに好きだったバーのマスター(33歳)の店に行ったり、そのマスターにプレゼントを買うために、エンコーはじめたの」という根っからのエンコー娘でした。そんな彼女に興味を持ったので、彼女のエンコー人生をインタビューし、それをまとめたPVも制作。欅坂46の『エキセントリック』という曲に乗って、エンコーを繰り返すあいなちゃん。左手のリストカットの痕が痛々しい。
4月に出会ってから、10回ほど会ったりして今では飲みに行くくらいの仲の良い関係になりました。たまにセックスしてハメ撮りもさせてもらってます。そのときは1万円くらい払ってますよ!ミウミウちゃんは、なんと地下アイドルグループに所属する、現役アイドルでした!それまでも何人か、地下アイドルを釣り上げてきたボクですが本当にド地下すぎて、自分たちのオリジナル曲すらないグループの子でした。しかしミウミウちゃんは違います。オリジナル曲もあり、ワンマンライブもしたことがあるという本物の地下アイドル。ロリっぽい顔に似合わないEカップのおっぱい。しかも「今日、この後ライブなんだー」とあっけらかんと言うではありませんか!しかも「ライブ用の衣装も今、持ってるよ」とのこと。それはぜひとも着ていただかなくては!
すっかり衣装に着替えて、ライブ用の自己紹介をさせたあとは、たっぷりとセックス! そして最後はスマホに向かって「ファンのみなさんごめんなさい。今から顔射されますぅ〜」と言わせてからの顔射! ファンがどんなに頑張ってもできないことをするのは快感ですね。そうですね。3月に会ったひとみんちゃん。ぽーーっとしているし、デカマラピーターパンこと、町田足土のティンコを突っ込んだところ、「痛い痛い」とつらそうな顔をするし、正直、ちょっとめんどくさい感じでした。でも、こうやってハメ撮りした写真とか映像を振り返ってみると、「また会いたいなぁ」と思っちゃうのです。ひとみんちゃん、めっちゃ細くてかわいい。「細くてかわいい」子をボクは個人的に「ホソカワちゃん」と呼んでいるのですが、ホソカワちゃんぷりがすごい! とくにボクの大好きなスクール水着がすんごい似合うんです。いや〜、いいなぁ、これ。顔射も「やだ〜」と言いながらも「やだじゃないでしょ? スマホに向かって『顔に精子かけてください』って言って!」と言えば、「……顔に精子お願いします」と、若干アレンジしつつ応えてくれます。黒髪で断れないホソカワちゃん。やっぱり最高ですね。11月という、やや後半に出会ったみおちゃんは、ザ・妹系!アイドルでいうと、元SUPER☆GiRLSの前島亜美ちゃん似(ネットで画像検索してみてください)という妹中の妹!ニコニコと明るく、ハメ撮り、顔射、生ハメ、2回戦も快く了承してくれました。
 しかも乃木坂46が好きだそうで、次回は乃木坂46の曲でPVを作ることも約束。ちょっと遠くまでロケに行こうか、なんてことも話しております。とっても才能のある子でした。
 ……しかし、ラインの返信が2〜3日くらい平気でないというレスポンスの悪さがちょっと心配です。今までのパターンだと、2回目はなかったりするんですよね、この感じは。
正直、メッチャ気に入ってます。2019年に向けて、しっかりとキープしていきたい子です!援交の神様! もしいるのならば、彼女とのつながりが途絶えませんように!12月に入ってから会ったりなちゃん。ツインテールで、ちょっとゴスロリっぽい服装だったので、「ちょっとアレ系かなー」
と思ったら、やっぱり手首にギザギザが付いてました。で、ハメ撮ろうとしたら「え? 絶対無理なんだけど」「だったら帰る!」と大騒ぎ。そこを30分ほどかけて、なだめてすかして、
「ラブセレ、絶対に入るから!」と、なんとか説得。ラストは、生ハメスク水でダブルピース!
やっぱりボクってカリスマですよね!
 さらに、いろいろ話していたところ、なんとラブセレ2人目のあいなちゃんと友達なのだとか! まさかの友達と一緒にラブセレ入り!「え! 嘘! マジで!!でもあいなちゃんと一緒に選ばれたのは嬉しい」と喜んでいましたよ。長いことエンコーしていると、
こういうことも起こるんですね。
次回、3Pでハメ撮りさせてもらう約束をして別れましたとさ。さて、熱心な裏モノ読者のみなさんならご存知でしょう。今年の裏モノの8月号「夏直前企画! 町田足土のスクール水着の思い出」と、10月号「エンコー娘と夏の青春デートはできるのか?」に登場した、まいなちゃんです。ボクともあろう者が毎回、3万円支払って会っていた子です。その顔面レベル、プロポーション、そのエロさ! オール五つ星のまいなちゃんですが、実は先月、連絡が途絶えてしまったのです。悲しすぎて、数時間、立ち直れませんでした。
目を閉じれば、制服セックス、スク水セックス、そして浴衣セックスと、さまざまな思い出がかけめぐります。あぁ、一緒に行った夏祭り。台本を書いて、まいなちゃんに演じてもらってPVも撮影したっけ。楽しい思い出が多すぎますよ……。今、しっかりとしたキープはいなくなってしまったボク。また、どこかで会えたらいいなぁ。そんなわけで今年も終わり。みなさんも自分だけのラブセレを選んでみてはいかがですか? ちなみに選ぶ基準は単純に「かわいいから」というわけではなく、
「 自分がもう一度会いたい」という部分を大切に選んでください!
タグ

愛想よく笑顔で接客してる店員さんはナンパにもついてきやすいのか

158_20201123075630032.jpg159_20201123075631b89.jpg160_20201123084150575.jpg161_20201123075633792.jpg162_202011230756359d3.jpg163_202011230756363bb.jpg164_20201123075638179.jpg165_20201123075639f7b.jpg
女性店員さんと言っても色んなタイプがいて、愛想がなかったり、クールなキャラで接客してる店員さんも珍しくない。そういう子も嫌いではないけど、口説く相手としては、やっぱり愛想のいい店員さんの方が成功率は高い。 
というわけで、今月は、愛想よく笑顔で接客してる店員さんだけを狙って手紙を配ってみました。
11月半ばの午後6時。郊外の某駅で理恵子さんと待ち合わせだ。今回はどんな子が現れるのかな〜! と、ウキウキしているところ、ショートカットのカワイ子ちゃん登場! あれは、今回配った中で一番可愛かった5番の子だ! イェーイ最高じゃないですか。
ビズリーチのCMの子に似てるかな? とにかく若くて可愛いって最高。最近は少し年齢層高めが続いてたからなおさらだ。どうにかこの子をモノにしなくては…!
「こんばんは、理恵子さんですよね?」
「はい、よろしくお願いします」「お店予約してるので、もう向かいましょうか」
「はい〜!」
 身長は高めでスレンダーだけど、少し丸顔でホントに可愛い。でもおっぱいはそんなにないな。Bカップぐらいかな? なんてことを考えながら、歩いて5分の創作居酒屋に入店だ。
「俺はビール飲むけど、理恵子ちゃんは何飲む?」
 少しなら飲めるとメールで言っていたので、お酒を勧める。
「じゃあ私も生ビールで!」
 よしよし。とりあえずどういう子なのか色々と聞いていこう。
「理恵子ちゃんは転職するってメールに書いてあったけど、次はどんなとこにいくつもりなの?」
「次はまるっきり違うんですけど、マッサージ師になろうと思っていて…」
 ほう、意外な職業だな。
「と言うか、もうバイトでマッサージの仕事はしているんですけど、そっち一本に絞るということです」
なんでも、今の仕事の合間にマッサージの仕事を始めて、そちらのほうが自分には向いていると思い、今の仕事を辞めることにしたらしい。
「マッサージって、資格いるんでしょ?」「はい、一応資格は取りました」
「それで食べていけそうなの?」
知らない世界なのでいろいろ聞いてしまう。
「最初は大変だと思いますけど、まぁどうにかなるのではないかと、ハハハ」
 にっこり笑うとまたさらに可愛くなった。
「ちなみに理恵子ちゃんにマッサージ受けるといくらくらいかかるの…?」「私、高いですよ…。フフフ、2時間くらいかけて全部やると、1回2万円くらいです」
うぉーそんなするの?2時間抱かせてもらえるんなら安いけど、揉んでもらうだけでそんなに? まぁいい、話題を変えよう。
「理恵子ちゃん歳はいくつ?」
「え〜あんまり言いたくないけど…25才です」
 うん、そんなぐらいだと思った。「若いじゃん、全然言える年齢だよ〜!」
「みのやさんは何才ですか〜?」
 この流れは…サバを読むしかない状況だな。
「俺は…39才…だよ…」
微妙なウソをついてしまった…。とほほ。でもどうなんだろう、逆に40過ぎくらいの方が割り切って遊んでくれたりしないもんかなぁ? でも勇気がないからついつい若めに言ってしまう弱い自分。
「そうなんですね、ちょうど一回りの差ですね!」サバを読んでも一回り上か…。なんとも言えない。
「理恵子ちゃん可愛いけど、付き合ってる人はいないの?」
「そうですね、今はいないですけど……。ちなみにどこからが付き合ってるというんですかね?」
アレアレ? それはどういうことかな? 付き合ってるっぽい人はいるけど、ちゃんと確かめ合ったわけじゃないということかな?いいなぁ、こんな子といい関係になってるやつがいるんだよな〜。うらやましい。
「どこからだろうね〜それは結構難しいけど、まぁ、体の関係があって、定期的に会ってたら付き合ってるってことかな…」「やっぱりそうですよね…」
この子を抱いてる奴がいる…。いいないいな〜。そいつはセフレだと思ってるのかもな。
「でもなんで付き合おうって話にはならないの?」
ここは冷静に進めよう。
「なんか、向こうの人の仕事が忙しくて、月に2回くらいしか会えてないし、付き合ってる感じがしなくて…」
そっか、やっぱりそれはセフレにされてるんだよ…とはとても言えない。
「そうなんだ、それはちょっと寂しいね。本当に仕事が忙しいのかもしれないけど、もうちょっと時間つくってほしいよね…」
なるべく彼女の気持ちに寄り添って、優しい人アピールでいこう。
「でも、なんか色々聞きにくくって、聞いたとしても結構はぐらかされたりしてうまくいかないんですよ〜」
それはやっぱり遊ばれてるだけだよー。
「こんな可愛い子をほっておいて、もうちょっとわかってほしいよね」
「いやいや可愛くなんてないですけど、やっぱりほっとかれてる感じですよね〜。だからまぁ、付き合ってるとは言えない感じですよね…」
そんな奴より俺のほうが全然優しくするから付き合ってほしいな〜。まぁ男とあんまりうまくいってないのは好都合だ。そこをうまく突いて、じっくり口説いていこう。
「その男の人とはどこで知り合ったの?」
「通っていたジムです」おぉ。
「ってことはインストラクターとか?」
「そうですね…通っているうちに段々いろいろ話すようになって」
そうなんだ、この子はマッチョなインストラクターに月2回抱かれているのだな。でも向こうに付き合ってる気がなさそうだから、これはチャンスとも言える。
「俺だったら理恵子ちゃんをほっといたりしないけどなぁ〜、そんなはっきりしない男やめて、俺と付き合った方がいいんじゃない?」
重くとらえられないよう、極力軽めに言ってみた。
「そうですよね、もうあんまり関わらない方がいいかもしれないですよね!」
おっ、意外な反応。
「じゃあ、俺と付き合っちゃおーよ!」
本気とも冗談とも取れるテンションで言う。
「いやいや、それはまだ早すぎますよ」
あらら〜あっさり却下か。「そりゃそうだけどさ、逆にいいタイミングかもよ!」
「みのやさん今日初めてあったばかりですよ、フフフ。面白い人ですね〜」
なんか冗談ぽく受け取られたのかな?なんだか上手い攻め手が見つからない。ここは酒に頼るしかないかも。ビールもなくなったのでワインでも注文しようか。
「次ワインでもどう? 一緒に飲むならボトルで頼むけど…」
「じゃあ少しもらいます」
よしよし。白ワインをボトルで注文だ。
「理恵子ちゃん、どんな人がタイプ?」
「そうですね、タケウチリョウマとかかっこいいですよねー!」
リョウマ? 新しい芸能人はわからん。
「へー、かっこいいよね、今人気じゃん。ああいうのがタイプなんだ〜」
よく知らないので話題を変えようと思っていると、理恵子ちゃんが喋り始めた。
「…やっぱりみのやさんと付き合うというのは無理だと思います…」
えっーーー!!!なに急に。なんで? 俺なにかマズいこと言った?
「いやいや、さっきのは冗談だから…。理恵子ちゃんが言ったとおり、俺らまだ会ったばかりだし…。何回か会ってお互いが惹かれれば、そういうこともあるかなぁ…なんて。ハハハ」「……」
わー無言だ! なんで急にフられなきゃいけないんだよぉーー! すげー寂しくなってきたぞー!!
「すいません、そうですよね…。でもなんか話してて、やっぱりいま会ってる人が好きかもって…」
なんだよ、もうあんまり関わりたくないってさっき言ってたじゃーん。どうして?ちゃんと口説き始める前にもう振られてしまった。コレ、挽回できるんだろうか…。
「でも、たしかに俺は会ったばっかりだし、全然俺のことは考えなくていいよ。その人とは定期的に会ってるわけだからやっぱり惹かれてるんだと思うよ。だから全然気にしないで!」
なんか変な空気になっちゃったのでフォローを入れてみた。
「ごめんなさい、最近いろいろ考えてしまって…」
あれあれ、大丈夫かな。聞くところによると、その会っている人ととの関係で悩んでいるときに、タイミングよく俺から手紙をもらい、忘れるいいきっかけかもと思って今日来てくれたらしい。でも冷静に考えてみたら、やっぱりまだ忘れることなんかできないと思い直した…ということだそうだ。あららぁ〜、これはもうダメなパターンだよね。
完璧に作戦失敗。まだ悩んでる途中とは知らず、そのカレの話題を話しすぎたのだ。どこに地雷が埋まってるかわからないな〜。この後、どうにか楽しい雰囲気に持っていこうと努力して話題を変え、まぁまぁいい感じにはなったが、やっぱり口説ける感じにはならず。
タグ
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます