★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0036_20180615120613023_20190816230717c16_20200823061514fea.jpg0037_20180615120614fc1_201908162307188a0_20200823061515302.jpg0038_20180615120615db4_20190816230720950_20200823061517d91.jpg0039_2018061512061758f_20190816230721689_20200823061518e90.jpg0040_20180615120618ddd_201908162307235d1_202008230615207e4.jpg0041_20180615120620deb_20190816230724026_202008230615217c2.jpg

「あちらのお客様からです」こんなスマートに迫られれば、映画のヒロイン気分で舞い上がってしまうのではないか。おごってあげるナンパ法で声かけしてみた。
映画のワンシーン。雰囲気の良いカウンターバーで、端麗な女性が一人、グラスを傾けている。と、バーテンダーが近寄って来て一杯のカクテルを差し出しながら言う。
「あちらのお客様からです」
バーテンが指す方を見やると、カウンターの端っこに男が一人。一杯のカクテルがきっかけとなり、二人の距離は縮まって…。このキザなナンパ法、いざやってみるのは恥ずかしいのか、実際に試してる男を見たことはない。けれどどうだろう、昨今の草食男子ブームに辟易としてる女にすれば、こんなスマートに迫られれば、映画のヒロイン気分で舞い上がってしまうのではないか。やってみましょう、「あちらのお客様からです」作戦。失敗したって数百円の出費だしね。底冷えの厳しい1月の夜。俺は、都内某所のショットバーでひとりグラスを傾けていた。オーセンティックな内装に暗めの照明、ジャズやボサノバのBGMもウルサ過ぎず程よい。夜7時のオープンからカウンターでチビチビひとり飲みすること2時間。9時過ぎに一人の女性客が店に入ってきた。一目見た瞬間、俺の脳内で「アリ」というランプが点灯する。志村けんと噂になった元AV女優のみひろに似た愛嬌のある顔立ちで、ブルー系のワンピースにロングブーツのシックな出で立ち。そこそこ夜遊びを知ってそうなそうな印象だ。女は俺から2席離れたカウンターに座った。「ビール」一言オーダーし、バナナマン設楽に似たバーテンと一言二言親しそうに言葉を交わし携帯をイジり始める。一人でバーに来る女。おそらく常連なのだろうが、その心の寂しさたるや想像に難くない。様子をうかがうこと30分。女のビールが空になったころを見計らって、バーテンを呼び招いた。
「あのコかわいいなぁって思ってさ。一杯おごりたいんだけど、なんか作ってもらっていい?」
バーテン低い声で答えた。
「かしこまりました」
別段驚きもしないところを見るに、この手の男性客は結構いるということか。バーテンは手慣れた手つきでシェーカーを振ると、女の目の前にトロピカルな色合いのカクテルをトンと置いた。一瞬、あっけにとられる女に、バーテンダーが俺のほうを手で示す。
「あちらのお客様からです」
とは聞こえなかったが、そう告げたに決まってる。あぁ、やっちまった。キザな男だぜ、俺ってヤツは。入店から初めてこちら側に視線を向けると、女はニコッと笑いながら言った。
「あ、じゃあゴチになりまーす!」よかった。飲んでくれるんだ。でもなんかノリが軽いな。このまま離れていても、ただオゴっただけで終わってしまう。飲む=お近づきになってOK、の意と解釈し、もじもじしながら彼女へ近づく。

「一緒に飲んでいいかなぁ」
「いいっすよー。あたし、サッコっていうんでよろしくっす」
慣れてるな。瞬時に悟った。自ら自己紹介して、ガイジンのように握手を求めてくるなんて。
「よく1人で飲んだりするの?」
「んー、たまにかな」
そのとき、1人の男性客が入ってきた。彼女が声をかける。
「お疲れ」
男性は当たり前のように彼女の隣りに座る。
「お酒、ご馳走になっちゃった」
「へぇ、いいな」
あら、なんだか気まずいことになってない? 彼氏待ちの子にちょっかい出しちゃった?お嬢さん、ツレと約束してるなら、オゴってもらうのはよくないと思うよ。
あちらのお客様から作戦は、なにもカウンターバーの専売特許とは限らない。孤独な女さえいれば、どこでだって使っていいのだ。翌日の夕方、若者に人気のイタリアン系格安ファミレス「サイゼリア」に入ると、ちょうど一人でハンバーグセットを食べている女子大生風がいた。さりげなく隣りのテーブルに座り、彼女が食べ終わる直前を見計らってトリュフチョコアイスをオーダーする。3分後、女性店員がアイスを持ってきたとことですさかず耳打ちだ。
「ちょっとそれさ、そこの女のコに持って行ってくれないかなぁ」

「えーと、あ、こちらですね」
一瞬、コイツ何言ってんだ!? と怪訝そうにこちらを見つつも、言われたとおりに持って行く女性店員。
「あのぅ、そちらの方からなんですが…」
女の子が驚いた顔でこちらを見る。目が合った。言ってる方もキョトンなら、言われた方はさらにキョトンだ。満面の笑みで手を差し伸べて「どうぞ食べてください」とジャスチャーを送ると、彼女は驚いた表情のままペコリと頭を下げた。だよね、脂っこいものの後はアイス食べたいよね。が、あろうことか次の瞬間、女子大生風はアイスに手を付けず、そそくさと席を立ってレジの方へ歩いていくではないか。人の善意を何と心得る!急いでレジ脇まで追いかける。「どうしたの? デザート食べようよ」
「いえ大丈夫です」
お釣りを受け取るのも忘れるほどの勢いで、彼女は小走りで外へ出て行ってしまった。
地方では見かけないが、都心の回転寿司だと一人の女性客も少なくない。買い物帰りにちょいとひとつまみ、なんて粋な江戸っ子がおるんです。ただ、回転を選ぶくらいだから、彼女らが貧乏なのは明らか。玉子やタコでお茶を濁しているところにウニの載った皿をプレゼントすれば、大いに食いついてくるはずだ。遅めのランチ時、新宿のお店に入ってみると、奥の方に若い女を発見した。美少女風のアイドルフェイスだ。お一人様で回転寿司という状況がツライのか、うつむいて恥ずかしそうだ。やはり選んでいるのは安い120円の皿ばかりで、取り皿には大量のガリの山。ふふふ、可哀想に。お兄さんが、本物の寿司の味をご馳走してあげよう。「おやじさん、奥に座ってるあの女のコにウニとイクラ握ってやって」
「はいよ」
威勢のいい返事が返ってきた。回ってても寿司屋は寿司屋、こういうからっとしたとこが気分いい。1分も経たないうちに2皿分を握って、女のコの前に「どうぞー」と差し出すオヤジ。同時に俺のほうを指さしている。女の子はほんの一瞬こっちを見た。優しい笑みを湛えつつ、「どうぞ」と右手を上げて促すと、彼女はニコリともせず、パクパクとウニの軍艦巻きに食らいつき始めた。食べるもんなんだね。自分でやっといて言うのもなんだけど、こんな流れで出てきた寿司、食べるもんなんだね。ま、とにかく食ったってことは、好意を受け入れますって意味のはずだけど、ところであの皿、どうなるんだろう。彼女の席に置いたままだから、このまま精算したらおかしなことになるぞ。結局、彼女はイクラ軍艦を頬張ったまま会計に向かってしまった。追いかけなきゃ。店を出たところで話しかける。
「おいしかった?」
「あ、はい、おいしかったです」
「このあと時間ないかな。まあ、良かったら少しお茶でもしようよ」
「あーすみません、友達と約束してるんで…」

すたすた逃げてってしまった。ワケのわからん子だ。これだと奢ってもらったんじゃなく、「美味い
から食いなさい」とお節介されただけじゃないか。納得できてんのか?
個人的に、牛丼屋には週に3回はお世話になっている。で、ときどき見かけるのだ、一人っきりの女性客を。牛丼を一人でがっついてる時点で、東京砂漠に埋もれかかった隙アリ女と踏んでいたのだが、今までは近づくキッカケがなかった。ちょっくら今回の作戦でたらしこでみよう。夜9時過ぎ、新宿駅近くの吉野家のガラス越しに、ギャル風が一人でガンガン丼をかっこんでるのが見えた。大黒から3つほど離れた場所に座、牛丼(並)を注文する。彼女の食べてるのも牛丼だけのようだ。ご馳走するならお新香あたりがいいだろう。男性店員にお新香を2つ注文し、カウンターに持ってきてくれたところで、「一つはそこの女性にあげてもらえる? 会計は俺が持つから」
「え? あ、はい」

店員がギャルの前にお新香を置く。
「あの、そちらのお客さまから…」
彼女がこちらを見た。すかさず爽やかな笑顔で「どうぞ」と右手を差し出す。ギャルは驚いた表情でこちらの顔とお新香を交互に見ている。なにも迷うことはない。俺からの好意だ。お食べ。…食べた。しゃくしゃくと食べた。よろしい。彼女が店を出てきたところで声をかける。
「お新香、おいしかったでしょ?」
「あーどうも、ご馳走さまでした」
「もっとごちそうするから近くのカフェでちょこっとまったりしない?」
「えー、えー、どうしよー」
「お新香の味の感想とか聞きたいし」
「何それーじゃあ少しだけ」
10分だけの約束で、近くの喫茶店へ。ギャルはニタニタ笑いっぱなしだ。
「よく、あんなことするんですか?」
「しないしない、今日はどうしても食べてほしかったから」
「ウケるー」
「まあ、お新香が縁で始まる出会いもあるってことで、これからもよろしく」
約束どおり10分少しでお別れとなったが、メアド交換にはすんなり応じてくれた。おもしろいお兄さんと思ってくれたみたいだ。そんなわけで結論を。

「あちらのお客様からです」

作戦は、牛丼屋でお新香を使うのが正解!

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内