164_202109210804360e1.jpg165_2021092108043845d.jpg
職場で手紙をもらったのは初めてなので戸惑いましたが…でもとても嬉しかったのでメールしてみました。会ってお話しするくらいならお受けできると思います。
みのやさんはどういうお人なのかも興味あります…。お時間あればお誘いください。
いい感じの返信が来ました。しかも俺がどんな人間か興味あるんだって! これはかなりの好印象です。気合い入れてデートに誘ってみましょう。

みのや こんばんは~ !! メールありがとうございまーす! 先日はお仕事中失礼しました…よろしくお願いします。素敵な人だったのでお会いできれば嬉しいです♪ 来週とかで空いている日はありますか~? いつでもいいのでお返事ください o(^-^)o

店員さん 返信遅くなってすみません(*´ー`)ゞ
来週は少し立て込んでいて…もしかしたら月曜日の午後なら空けれるかもしれないです。
再来週なら木曜の昼間と金曜の夕方から大丈夫ですよ! みのやさんのご予定が合えばいいですけど…(n´―`n)

みのや こんにちは~! メールありがとうございます。そうですか、できれば来週の月曜僕も空いているのでお会いできれば嬉しいですけど(*^_^*) 難しそうなら次の週の金曜の夕方会いたいです! 忙しいのに無理言ってごめんなさい よろしくお願いしまーす(^-^)/

店員さん お疲れ様です。月曜日用事がたぶん16時くらいまでかかりそうです…そのあとでよければお会いできますけど、いかがでしょうか??

みのや こんにちは。ありがとうございます! では是非月曜の夕方お会いできればと思います(^-^ ゞ 場所はどこが出やすいですか~??

店員さん そうですか、では月曜日に! 場所は予定が○○駅で終わるので、近辺ならすぐ行けると思います。よろしくお願いします!

みのや そうなんですね、○○駅だと△△駅とか出やすいですよね! △△駅待ち合わせでどうでしょう! 時間は合わせられるのでまた連絡ください(^_^)/ 

店員さん では△△駅でよろしくお願いします! 時間はだいたい16時~ 17時くらいに終わる予定なので、また当日終わり次第ご連絡しますね(b ゚ェ゚o)

待ち合わせへ……

残暑が残る10月初めの夕方。
ようやく会えることになった。
メールの落ち着いたやり取りの感じだと、たぶん若くはない。ある程度の年齢の子と予想する。少し待つとそれらしき子が近づいてきた。
「こんばんは~、すいませんお待たせして~!」
涼しげなワンピースを着た色っぽい美人さんの登場だ! 
たしか彼女は4番の店員さんだったはず。
おぉ…、やはり年齢は少し高めだけど、目鼻立ちの整った落ち着いた感じがいいじゃない。
30後半から40前半くらいの感じかな? 若くキャピキャピよりも落ち着いて話せそうだし、楽しみだ。

「お腹空いてません? お茶でもいいけど、この時間だし何か食事でもどうですか?」
お茶じゃ口説くのが難しいので、どうにか食事に持ち込みたい。
「そうですね、お昼食べてないのでご飯がいいです!」
「じゃあ軽く飲みながらご飯にしますか!?」
「いいですねー!」

いいですね…ということはお酒飲めるのだろうか? 
近くの何でもありそうな居酒屋さんへ。
「お酒は飲めるんですか?」
「はい、飲めますよ! 喉乾いたのでビールかスパークリングがいいですね」
 いいね! ということで最初は瓶ビールで乾杯だ。
 よーし、じっくり口説いていこうではありませんか。
「今日は忙しいのにごめんね」
「いえいえ、なんかやることが溜まってて。今日ずいぶんこなせたのでだいぶ楽になりました」
「そうなんだ、それは良かった。ところで…色っぽいけど、彼氏とかはどうなんですか?」
 いきなりだが聞いてみた。
「いえいえ! いないですよ~いたら今日こないですよ!」
 まぁそうかもね。
「でも旦那はいます…」
 えぇぇぇ│!!!! え????
「旦那いるの?? 大丈夫??」
「大丈夫って、何がですか…?」
 平然とした表情で聞くのでこっちが変なのかと思うくらいだ。
「えー、だって旦那さんいるのに、ほかの男と飲みに行ったりして?」
「あー、そうですよね…」
なんか調子狂うな。ちょっと天然系なのかな? それとも浮気に慣れすぎちゃってマヒしてる?
「でも、うちは…別居してるし」
 あっそうなんだ。そういうことね。これはしっかり聞いとかないとな。
「へ~、じゃあ離婚する感じなのかな?」
「どうですかね??」
どうですかね? って俺が聞いてるんだけど。
「別に嫌でどうしようもないってわけでもないし、子供もいるし…!」
 子供もいるしって! ほ~う! この子結構大変な人かも。
「まぁ人生色々ありますよ」
 まぁ、そりゃそうだろう。わかるけど…。
 でも大きな話だったので、最初の方に言ってくれてよかった。
 まぁ年齢もある程度いってそうだし、それぐらいあってもおかしくない。

「みのやさんの方はどうなんですか? 結婚とかしてないんですか?」
 どう答えるのがいいのかな? まぁ適当に俺も合わせよう。
「俺、実はバツイチなんだよね。別れたのは結構前になるけど」
「へ~、結婚してたんですね! お子さんは?」
 これ以上話を複雑にしたくないので「いない」と答えた。

なんとなくだけど悩みでもあるのだろうか? まぁ、別居中で子供を育ててるんだから大変そうだけど。
「まぁみんな色々ありますよね…」
 色々あります、が口癖なのかな。言いたくないのかもね。
「そうそう、色々あるけど今日は楽しく飲みましょう!」
「そうですね、飲みにくるのも久しぶりだし!」
 うんうん、とりあえず飲みましょう。酔って気持ちよくなっちゃいましょう!
「趣味はなんなんですか?」
「う~ん、趣味は料理かな!」
 お、少し明るい顔になった。
「へぇ~料理好きはいいなぁ。男を捕まえるには胃袋をつかめって言うもんね! 家で凝った料理作るの?」
「んー、普段は簡単なものしかですけど、たまに友達呼んだときは作りますよ!」
「そうなんだ、例えばどんなの作るの?」
「この前はアクアパッツァ作りましたよ!」
 と言って携帯の写真を嬉しそうに見せてくれた。
「けっこう本格的じゃーん。すごいね」
「これは成功でしたね、白ワインに合ったし!」
本当に美味しそうだ。それから彼女は丁寧に料理の作り方を説明してくれた。ほんとに料理が趣味なんだね。

「俺も料理、食べてみたいなぁ」
 軽めに言ってみると、
「いいですよ、仲良くなったら!」
 ホントかな、でもノリがよくて嬉しい。
「やった。じゃあ仲良くなろうね~」
「フフフ~!」
 うむ。お酒も入って、少しずつ打ち解けてきたみたいだ。
「もう一杯どう?」
「じゃあサワーもらいます」
梅酒サワーとカルピスサワーを追加。よーし勢いがついてきたぞ~。
「子供がいるって言ってたけど…今日は時間大丈夫なの?」
 この辺で一応確認しとかないと。
「今日は学校終わったら実家の方に行くように言ってあるので、おじいちゃん家で過ごしてます」
 おぉ、それはよかった。
「実家近くなの?」
「そうなんですよ。別居するときに大変だろうから、近くに来いって言ってくれて…」

そりゃ親も心配だろうしね。
そういえば、そろそろ彼女の年齢でも聞いておこうかな。
「そうだ、いくつなの?」
「もう聞かないでください、フフフ。40才です、ごめんねおばさんで」
 そっか、まぁそのくらいかと思ってたよ。
「へ~すごい若く見えるね。30半ばくらいなのかなって、勝手に思ってた」
 ちょっとお世辞を言っといた。
「まっさか~! うまいね、みのやさん! ハハハ! みのやさんのが年下ですか?」
「44だよ」
「全然見えなーい! 三十代に見えますよ!」
 お互い年齢でお世辞を言い合うのは、おじさんおばさんの証拠だな。ちょっと切ない。
「飲むペースが早い
のに全然顔に出てないね。結構
お酒強いでしょう」
「へへへ、バレちゃいましたか…」
 いま三杯目だけど、俺はすでにほろ酔いだ。
「わたし、なんか年々飲めるようになるんですけど。フフフ」
 そうか、女性は40超えると色色欲望が増すって聞くしね。当然、酒量だけじゃなくて、性欲も増し増しなんじゃないのか?
「最近は男の人と会ってたりはしないの?」
「忙しいのもあるし、そういうのはあんまりないですね。男の人と2人なんてホントに久しぶりです」
 へぇ、こんなに美人なのにもったいない。ここはなんとしてもうまくホテルに連れ込みたい。
 でも、彼女はまだぜんぜん酔っぱらってないようだし、もう一軒挟んだ方がいいかな?
「じゃあ店変えて、もう一杯どう? 何飲みたい?」
「う~んじゃあワイン飲みたいですぅ~!」
 
トイレで食べログを調べ、ワインが飲めるバーを探しておく。
会計を済ませ店を出る。エレベータの中で軽く手をつなぐと、軽く握り返してくれた。
あれれ~? これ、すごくいい感じじゃない? 試しに軽くハグだ。
おっ、これも拒みはしない。拒むどころか、おでこを俺の鎖骨に軽くあずけてくる!!
いいじゃない!!これは求めてるよね、熟女が求めてるよね!!
キスだ! 今キスを! と、思っていたら扉が開き、一瞬、気まずい空気に。
でも、俺は確信した。もうこれは大丈夫でしょ!
「ねぇ、バーでワインでもって思ったけど、美味いワインでも買ってホテルで飲むっていうのはどう?」
さぁどうだろう?ちらっと俺の目を見て、またそらす。
「う~ん。まぁいいけど…じゃあそうしますか?」
よし!!!! いいね~。はいはい、わかってますよ、みたいな大人な返事だった。さすがは子持ちのアラ
フォーだ。
そうと決まれば、美味しいワインとつまみなどを買いこみ、ホテルへレッツラゴーである!
「みのやさん、結構こういうことしてるでしょ?」
「そんなことないよ、ないない…」
 冷や汗が流れ落ちそうだ…。
「なんか慣れてるなぁ~って」
まぁまぁ、そんなことどうでもいいから、早くホテルに行きましょ!
足早にホテルに入室だ。ふぅ~、やっとここまで来たぜ。あとはお楽しみだけ!
でもまぁ、すぐにやるのもなんだし、買ってきた美味しいワインを空けて、2人でソファーでまったりする。
時折、軽く抱き合い、軽くキスしたりして。いやー、この時間が一番ワクワクしまっせ!
しばらくして「私シャワー浴びるね」と
一人浴室へ。
続いて俺も浴び、二人で臨戦態勢へ。ベッドに移り、キスをしながらバスタオルをはぎ取った。
あら、いいじゃない! Cカップくらいの適度なボリュームのおっぱいが御開帳!
さっそくおっぱいにむしゃぶりつく。若い子みたいな張りや弾力はないけど、こういうコシのない体もなかなか。讃岐うどんもうまいけど、歳を取ると稲庭うどんや、フニフニの博多うどんを食べたくなるのと一緒だ。股を開かせ、あそこを愛撫。
「うぅ~…ん」
ちょっと低めの声がエロい。結構、カラダが敏感そうなので、じっくり攻めてあげよう。四つん這いにさせてクンニだ。
「アウゥ~~~ん」
うんうん、感じてますねぇ。久しぶりであろうセックス、大いに感じさせてあげたい。
ネットリと舐めあげ、小刻みに刺激したり、できるだけ没頭できるようにゆっくりご奉仕を続ける。
10分くらい丁寧に舐め舐めした後、今度はたっぷりフェラしてもらおう。
最初からパクッとはいかず、周りを舌先でくるくる舐めたり竿元からネットリ舐めあげたりと、良くツボを押さえている…。
いいねぇ! なかなかのテクニシャンではないですか~! と、思ったらすぐに終了だ。あまり舐めるのが好きじゃないのかな? それとも疲れたのか? 
まぁしょうがない。ではそろそろ行きますか。さぁ、入れてみよう!
最初は正常位で挿入だ。抱き合ってゆっくりとチンポを沈めていく。締まりはあんまりだけ
ど、濡れ具合がいいのでソフトで気持ちがいい。
「ウゥ~ん、あウゥ~~ん」
相変わらず低めの喘ぎ声だけど、これはこれでエロいではないですか!
ちょっと疲れてきたので、上と下交代だ。ゆっくり腰を動かし始める。
「ウゥ~ん、ウゥ~ん あウゥ~ん」
じっとり感じてる様子。目をつぶり、自分のペースで小刻みに腰を振りながらしばらく没頭している。だんだん腰を動かすスピードが速くなり、息も荒くなってきた
「あぁん~~、イクかも~~イクぅ~」
身体を痙攣させ、一気に体の力がぬけてグッタリ。最後は正常位に戻し、たっぷりアソコを味わった後、そのままお腹の上にドピュピュッと射精した。
あぁ…、まじで気持ちよかった。そのままベッドでしばらく放心状態だ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ