SnapCrab_NoName_2021-9-20_5-44-33_No-00.jpg

みなさんはじめまして。貢がせナンパ師のゆきひでです。
最初に言っておきます。僕はクズです。ナンパしてるようなヤツなんて皆クズだと思ってるかもしれませんが、僕は並のクズじゃありません。真性のクズです。
何かを目指して勉学に励んだこともなければ、就職して真っ当に働いたこともない。ナンパでひっかけた女の子にお金を貢がせ、そのお金で好き勝手しながら暮らしている、33才の無職です。

そんなクズの僕ですが、過去、1600人以上の女の子たちとナンパでセックスし、その子たちから8千万円以上の現金を貢がせてきました。
ですがこの数字自体に大した意味はありません。
僕が貢がせを続けて得たもの、それは「自由」です。
僕はこれまで、随分とお金のことで苦しめられてきました。家賃を払えずに家を強制退去させられ、スマホ代も支払えずに強制解約され、バイトで作ったクレカも滞納してブラック入り。持っている物を売って小銭を集め、夜中に自販機のお菓子を買って食いつないだこともあります。
そんな僕が、今では女も金も自由も持っているのは、日々、ナンパと貢がせを続け、毎月100万円以上の収入をコンスタントに得ているからです。

女の子をナンパで引っ掛けたり貢がせたりできるのはイケメンだからだろ? と思っている方もい
ると思いますが、それは違います。僕は顔に依存するナンパはしてません。できないからです。
 
身長160台後半、体重55キロ。
デブやハゲではないし、超のつくブサイクではないかもしれませんが、胃下垂気味な貧弱体型で、地
味で華のない顔をした、モテとは程遠い男です。
小中の時はいじめられて毎日泣かされていたし、高校、三流大学と進んでも同性の友達すらできませんでした。人と話すときは早口になって声が震え、相手の目を見て話すことができないほどで、
『俺は対人恐怖症で女性恐怖症なんだ』と本気で思ってました。当たり前ですが全くモテませんでし
た。
何度も何度も恋愛の失敗を続け、ようやく童貞を卒業したのが21才のとき。SNSで仲良くなったギ
ャルっぽい女の子がお相手でした。
でも、すぐにその子がどこぞのイケメンと浮気していたことが発覚し、怒りにまかせてメールと電話
で彼女を責めたら「キモイんだよ包茎野郎」とブログ上で罵られ、一方的に別れを告げられました。僕は包茎でもありました。

そして23才のとき、僕はついにナンパに出会います。たまたまネットで見かけたサイトがきっかけでした。正直、ナンパの世界は衝撃でした。ナンパ師たちは言います。道行く女の子に声を掛けて、即打ち(その日のうちにセックス)したよと。そんなバカな。とてもじゃないけど僕には信じられませんでした。

でも、とあるナンパ師と連絡を取って実際に会いに行き、それが真実だとわかりました。初めて見
たストリートナンパ師の生の会話、動き、テンション。一緒に路上に繰り出し、2対2で話しはじめても、女の子は一瞬たりとも僕を見てくれない。男として、オスとしての圧倒的な差を感じました。
その日から、そのストナン師のすべてを真似ることに決めました。
服装から髪型、動き、声の高さや喋るスピード。完コピを目指してナンパをはじめたのです。

最初は本当にガチガチに緊張しっぱなしでしたが、執念深く真似し続けることで、結果が出てきました。可愛いと思える子たちにどうにか声を掛け続け、少しずつ女の子を即れるようになっていきま
した。 
真似るだけナンパを始めて数年が過ぎ、新しい女の子と出会い続けていくうち、女なんて街にいくらでもいる。すぐに捕まえられる。ようやくそんな余裕が出てきました。

貢がせを知ったのは、ストリートナンパを始めて数年が経った、27才のとき。僕は相も変わらずア
ルバイトとナンパの日々で、貧乏暮らしを続けていました。
将来への漠然とした不安を抱えながらも、就職活動して一般的な社会人になるほどの根性もない。
簡単に大金を稼ぐ方法を模索したりもしましたが、そんな都合のいいものがあるわけもなく、自分にはナンパ以外に資格も才能も何もないと思いこみ、一切行動しませんでした。
スカウトの真似ごともやりましたが、ヤクザやスカウト同士の繋がりが面倒で辞めました。
どうすれば楽にお金持ちになれるのか。そんなことを考えながら、ナンパしていたある日のこと、とある元ホストのナンパ師の方に、こんなことを言われます。
「女の子に貢がせたらいいじゃん」
え? どうやって貢がせるんですか? このとき、いろいろと質問して細かく教えてもらったはずですが、当時の僕にはよく理解できませんでした。
その方は、いつの間にか街から消えて会えなくなりましたが、あのとき言われた言葉が頭をぐるぐる回り続けました。

「女の子に貢がせる」
意味はわかるけど、女の子からお金をもらうだなんて、考えたこともなかったし、周りにやってる
人もいない。「お金貸して」ならわかるけど「お金ちょうだい」ってどういうことだ?
でも、モノは試しです。そのころ、ナンパで知り合った19才の女の子に、お金が欲しいと相談してみることにしたのです。
適当に考えた将来の夢を語りながら、俺にお金を出して欲しいと頼んてみました。ドン引きされて、関係が切れるかもしれない。そんな不安もあったけど、その子はこう言いました。
「いくらいるの?」
僕はこの返答を聞いて、イケると確信しました。勇気を出せば、簡単に数万円を貢いでもらえることがわかったのです。

この日から僕の貢がせナンパ人生が始まり、以来かれこれ6年になります。
やったことがない人には、会って間もない女の子がお金を貢いでくれる理屈がわかりづらいと思うので、少し長くなりますが、2年ほど前に出会った19才の女子大生、Aちゃんのケースをベースに、詳しく解説してみます。

まず、貢がせにもっていくタイミングは、ほとんどの場合2度目に会ったときに話を振るようにしています。あまり時間を空けすぎると、関係が固まって言い出しにくくなるので、最低でも3度目までには打診しています。
といっても、ナンパで声をかけた直後から、その子が貢がせに繋がるかどうかのスクリーニングは始まっています。
実際にナンパに成功した子のうち、貢がせの打診に進む子は、およそ半分程度でしょうか。
Aちゃんは、路上キャッチに捕まっていた子で、放流されたタイミングで声を掛けたら、すんなり会話に応じてくれた子でした。

地方から就職の為に上京してきたものの、会社がブラック過ぎて嫌になり、とりあえずバイトして暮らすことにしたとのこと。社員寮を出て新しい部屋を探すため、不動産屋を回ってる途中でした。
そのままカラオケのカップルシートに連れ込み、並んで座ってしばらく和んだところで、恋愛に絡めたフェチの話をフリます。
「前は、どんな彼氏が多かった?」
最終的には耳フェチの話に持っていき、女の子をこちらに引き寄せ、耳をさわさわとタッチ。ここからキス、胸揉みと進んで着衣のまま手マン。フェラやセックスを済ませてからが、トーク本番です。
『これから何するとかあるん?』
「ううん。そのうち決めようかな」
『めっちゃ適当な感じやな。仕事辞めて次は何するん?』
「キャバクラとか」
『酒は飲めへんのやろ? 接客面倒臭くない? あんま人と話すの好きじゃないやろ?』
「好きじゃない(笑)。けどスカウトの人が勧めてきてる」
『スカウト通してるんや(笑)』
「前に話し掛けられてライン交換して」
『いい仕事見付かるといいけどな。でもキャバクラ向きじゃないやろ。会話あんま得意そうじゃないし』
「うん(笑)」
『それならぶっちゃけ風俗がよくない? キャバクラなんてアフターや同伴でめっちゃ面倒臭いで。
飲まな稼げへんし。そのスカウト、Aちゃんのことわかってへんやろ(笑)。それなら俺のがまだわかってるわ(笑)。月100万とか稼ぎたいと思わへんの?』
「んーどうかな」
『生活できたらいいや、みたいな?』
「うん」
お金の使い道に、明確な目的がある子は、他人にお金を使う余裕などありませんが、Aちゃんは無職になったばかりで、かつ具体的な将来の目的もなく、貢がせにはもってこいの女の子でした。このあたりで貢がせ打診することはほぼ決定です。
『とにかくキャバクラなんて付き合い面倒なだけやからやめとき。面接の予定いつとかあるん?』
「明日かなたぶん」
『行かんくてええやろ。その代わり、俺明日仕事休みやから俺が会うわ(笑)。また明日会える? 
スカウトはもういいやろ。とりあえず明日は何してるん?』
「明日は昼また不動産いってるかな」
『じゃあそれ終わったらまた会おうや』
「うん(笑)」
ここでライン交換して解散。翌日の午後に再度アポを取りました。ちなみに、僕の関西弁は女の子ウケがいいから使ってるだけのニセ関西弁です。関西出身でも何でもありません。

翌日午後、Aちゃんと駅前で待ち合わせて合流。2度目のアポです。
新しい部屋が決まったと笑顔の彼女を、僕の自宅に連れ込みました。
ベッドに座らせ、ムーディな雰囲気を作りつつ、しばらく和みトークです。彼女が働いてた職場がかなりブラックだったようで、愚痴を引き出して乗ってあげてからのセックス開始です。

Aちゃんは、セックス経験はあってもSMっぽいプレイはなかったようなので、首輪を装着。鎖を引きながらバックから犯すように、少し乱暴にセックスしました。
最後は正常位でなんども「好き好き」と言わせての射精で終了です。
これらSっぽいプレイは僕の趣味なだけで、貢がせには関係ないと思っていますが、結果的に貢いでくれる子はみんなMなので少なからず影響してるかもしれません。
「ちょっと怖かった…。少し泣きそうなんだけど」
『すごくよかったよ。頑張ったね』

褒めてあげてからの和みトーク。そして貢がせ打診の開始です。
『Aちゃんといると癒されるわ』
「そうかな」
『普段疲れることも多いからな。癒しは大事やで』
「お仕事?」
『そうやね、やること多い。将来どうしてもしたいことがあるし』
「したいことって?」
もし、ここでこう聞かれなかった場合は、厳しかったかもしれません。でも、普通に会話が成立している女の子であれば、内容を聞いてくるものです。
『〇〇(ビジネスのジャンル)やりたいねん。ずっと考えてたけど、中々実際にはできなくて。何か始めようと思ったら金もいるしな』
「いくらくらいいるの?」
『諸々で最低1千万は貯めたい。人にこんな話するの初めてやわ』
「そうなの」
『あんま話すようなことでもないやろ』
「うん」
 ここで彼女の目を見つめて、この展開に持ち込みます。
『俺のこと好き?』
「好き」

このセリフは、すでに最初のセックスのときから何度も言わせてるので、女の子も言いやすくなっ
てます。
『俺のこと応援してくれへん? 俺もAちゃんが生活に不自由しないよう頑張るから』
彼女が何か言い出すまで、間を置きます。
「…何すればいいの?」
『普通の仕事で無理して20万とかよりは、風俗で稼いでほしい。その方が自由な時間も増えるし会えるやろ。俺のために働いてほしい』
「うん」
こういう貢がせの核心となるトークは、セックス中にすることもあります。基本的に僕はSだし、女の子はドMなことが多いので、最初にあえて風俗とはっきり言ってしまったほうが、成功率は高いように思います。その日のうちに風俗の面接の日程を決めて解散です。
ちなみに、女の子によってはこのタイミングで「お金が目的だったの?」と怒る子もいます。そういうときはあきらめるしかありません。

翌日の面接日には、自分も付き添ってあげて、近くの喫茶店で待機します。
Aちゃんから「受かったよ」と電話が入り、体験入店するとの報告が。結果、その日は8時間ほど働いて、9万弱の上がりを持ってきてくれました。
慣れない仕事で疲れた様子のAちゃんをねぎらいます。
『おかえり、お店自体は大丈夫そうだった? 雰囲気とか』
「優しかったし大丈夫。ずっと動いてたし、女の子とも会わなかったよ」
お店のスタッフと、待機時の環境は要注意です。女の子はこれが原因で辞めることが多いので。長
期間、風俗で働かせたいなら、個室待機店がベストでしょう。
『とりあえず、ごはん食べて帰ろうか』
自宅近くの居酒屋に入って、最後の仕上げです。
『それで、お金だけど』
「あ、このお金、渡したらいい?」
『ありがとう。生活にも必要やと思うから、これだけ渡しておく』
2万円だけ彼女に戻して、残りは僕が受け取ります。女の子によっては半分は欲しいなどと言ってくる子もいますが、大抵はこちらの言うとおりの金額で納得してくれます。

Aちゃんは初めてだったので手渡しで受け取りましたが、基本的に女の子と現金の受け渡しはしたくないので、次からは、僕の自宅に来たとき、ポーチに入れておくよう伝えておきます。
『お給料もらったとき明細にサインしたと思うけど、金額を把握したいから今度写真だけ撮っておいてな』
「わかった」
これは自分のお金にしようとするのを防ぐためです。
この後は、和みトークしつつ駅まで送って解散です。
Aちゃんとは出会って2年くらいになりますが、現在も人気店の上位ランカー嬢として活躍中で、ほぼ毎週貢いでくれています。

これまで何十、何百人もの女の子たちから貢いでもらってきましたが、とくに強く印象に残っている子の話をご紹介します。
あるとき、新宿駅の地下通路を歩いていた、セーラーっぽい服を着て、道に迷っている感じの美形の女の子に声をかけました。
20才のBちゃんです。
最初の声掛けで会話が成立したので並走しながらトーク開始。そこまで急ぎの用事がなかったので、連れ出し打診からの漫喫へ移動。
いつも通りの確認トークから、軽く和んで耳フェチトーク。かなり恥ずかしがってたものの、個室で全裸にさせてのセックスへ。
女の子がブランド物のバッグを持ってたので追及しつつ、お金の話に持っていき、将来、起業したいという夢を語りました。『でも、Bちゃんも夢のために頑張ってるんやろ?』
「そんな感じ(笑)」
『なんやねん(笑)』
「今はカフェ」
『カフェ。なんかぽいな』
「アイドル活動もしてた(笑)」
『いきなり情報出してくるな(笑)』
かわいいとは思っていましたが、アイドル活動していたとは驚きでした。アイドルの肩書は、歌舞伎町では武器になると説いて、軽く風俗の話を振っておきます。
続いて、いつものパターンで「好き」だと口で言わせ、暗示を掛けます。つづいて、夢のためにもお
金が大事と自分語り。
「お金そんなに大事?」
『一番大事やで、あんま思わない?』
「最悪なくても生活できるかなって」
こういうお金に執着してないタイプが一番貢がせに向いています。
『お金に執着ないん?』
「ないかな」
『財布の中、いまいくら入ってる?』「2万くらい」
『例えば、俺が俺の夢のために使いたいから頂戴って言ったらくれる?』
「いいよ(笑)」
『ええ子すぎやろ(笑)ほんま?』
「うん(笑)」
驚きの展開ですが、この流れで本当に2万円をもらいました。
ライン交換して、後日アポり、カフェを辞めさせ、自分で時間調節しやすい、リフレとソープの掛け持ちをしてもらい、定期的に貢いでもらうことに。
合計1200万ほど貢いでもらったあたりで、リフレの客と恋愛していたらしく、連絡がとれなくなりました。お金に対する価値観は最初から狂ってた気がします。

もう1人は、渋谷の交差点で見かけたスタイルのいい女の子で、気になって声掛けしたら立ち止まってくれた、25才のCちゃんです。
今から家に帰るとこというので、説得して家にお邪魔することになりました。
駅からも程よく近い綺麗なマンションで、犬を飼っていたので、しばらくじゃれあってから、ソファに腰掛けて会話しつつの和み。からのセックスへ。
プレイを終えてトーク開始です。
『でも、ええとこ住んでるんやな。パパでもおるん?(笑)』
「違う(笑)」
『相当稼いでないとこんなとこ住まれへんやろ。普段何してる子なん?』
「〇〇売ったり、資格持ってて〇〇したり」
要するに会社経営者でした。
トークが盛り上がり、かなり和んだので、マジ惚れっぽい匂いを出しつつ、ライン交換して一旦解散。ラインのやり取りを数通してから、一週間後に再アポです。
食事なんてのはただの会うための口実でそのまま直家、セックスへ。
『C、可愛いし、癒されたわ』
見つめて反応見つつ、
『好きって言って』
「好き」
『癒されるわ。これで仕事も頑張れる気するわ』
「お仕事忙しいの?」
『お金貯めないとあかんしな』
「もっと会いたい」
『今は恋愛よりもお金だから』
「必要なら私、少しくらいお金出すよ。お金どれくらいいるの?」
『先見たら300万は欲しいけど』
「そうなんだ」
 反応を見つつ、『10万くらい出せる?』
「大丈夫」
こんな感じでした。以後、月数回会う度に10万前後のお金をくれて、合計200万を超えたあたり
から、だんだん束縛がきつくなってきたので距離を置いて離れました。

貢がせを知ってから、僕の人生は大きく変わりました。
たった1~2日会うだけで、5~10万と手元に入ってくる現金。
何でも欲しい物がそのときの気分で買えるようになっただけでなく、自由な時間を手にいれることができたのですから。
それでは、最後に、僕がどれほど怠惰な暮らしをしているのかを知って頂くために、平均的な1日をご紹介していきましょう。

朝9時ぐらいに起きて、適当に朝食を取り、女の子とのアポがなければ、スマホをポチポチいじりながら「メンテ」を始めます。
メンテとは、ナンパ用語で、過去に関係を作った女の子たちとメールのやり取りをし、関係を維持したり次のアポを取ったりする行為、メンテナンスのことです。時間にしてせいぜい30分程度でしょうか。
ざっとメンテが終われば、特にやることもないので、だらだらゲームを始めます。今はスイッチとかプレステ4なんかのタイトルを適当に。昔からゲームが好きなんです。
で、お昼は女の子と約束が入ってれば一緒にランチしたり、相談に乗ってあげたりします。今はキープの子から一緒に食べたいと連絡が来ることが多いでしょうか。
約束がなければ適当にひとりで食べて、夕方前ぐらいになればムラムラしてくるので、そろそろ外に出てナンパするか、となります。

夕方前、15時ぐらいからナンパ開始です。場所は某ターミナル駅の前や駅の構内がメインです。街中はスカウトたちのシマ争いがあって面倒ですが、駅構内ならフリーなので安心してナンパできます。
ただし私服警官もウロついてるので、つきまといや進路妨害にならないように気をつけています。
軽く駅構内を一周しながら、タイプの子がいたら声を掛けていきます。うまく引っかかってくれたら、そのまま近くの漫喫のカップルシートに移動です。
いつもの流れでセックスして、連絡先の交換をして放流します。
漫喫を出たら、夕方以降は、前日までにヤッた女の子や、すでに定期で貢いでくれてる子たちとのアポを入れているので、その子たちを部屋に呼んで、その日、2回目のセックスです。
すでに貢がせ済みの子であれば、セックス後の和みトークのあとにお金を置いていってくれるし、貢
がせ前の子であれば、セックス後のピロートークから貢がせの打診に入ります。
トークが終われば、終電前までに女の子を駅まで送って、1日が終わり。たまに泊まっていく子もいるので、そういうときはもう1セックス入ります。
もちろんですが、ナンパに失敗したり、女の子とのアポが一切入ってないこともあるので、ゼロセックスの日もないわけではありません。
現在、定期的に会うたびにお金を貢いてくれる女の子たちを、常に6人前後キープしています。彼女たちとは、平均して週に一度は会っていて、その都度、多い子で数十万円、少ない子でも数万円を、現金で貢いでもらっています。
この6人が同時に消えることはなくても、メンバーの入れ替わりは絶えず起きています。毎日の新規ナンパと貢がせ打診も続けているので、新陳代謝はつねに続いている状態です。
タイプの女の子たちをナンパし、セックスし続けてきただけで、日々のお金の心配がなくなり、悩みという悩みがなくなってしまいました。あれだけ悩んでいた以前の僕に、クズのままでも大丈夫だよ、と教えてあげたい気分です。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ