SnapCrab_NoName_2021-9-13_10-36-31_No-00.jpg
食店に長年勤務している俺だが、今回のコロナ騒動により、収入はこれまでの半分に。
なにより、勤務中のお楽しみである、女客の使用済みフォークやスプーンを舐めるという変態行為がなかなかできなくなったのが痛い。
そのため、コロナ当初はヒマと性欲を持て余し、ずいぶんと息苦しい思いをしていた。 が、今は違う。このコロナ渦での生活に潤いを与えてくれる、楽しいお遊びを発見したおかげだ。
ランチのみでの時短営業を余儀なくされ仕方なく夕焼けの街を行く当てもなく彷徨っていたところ、100均の店頭のフェイスシールドがチラっと視界をかすめた。頭の中の豆電球がパッと光ったのはまさにこのタイミングだ。 
うーむ。なるほどなるほど。これはもしかしたら面白いことになるぞ。 
俺はすぐさまフェイスシールドを2つ購入し、ワリキリ女とアポることに。 
コロナ不景気はエンコー界隈にも出ているのか、ホ別2(もちろんそんな金はない)で提案すると、自称19才の若い女でもすぐさま飛びついてきた。ま、2万もらえるなら当然か。 
指定した場所にマスク姿の女が現れた。ふむふむ、スレンダーでかなりカワイイっぽいぞ。このままホテルに直行したいところだが、そんな金はもちろんない。俺の目的は別のところにあるのだ。
「10分ほど喫茶店でお茶でもしませんか?」
女に提案したところ、軽く怪訝な目をされたが、プレイの前に人となりを知りたいとテキトーなウソをついたところ、あっさり了承してくれた。よしよし。楽勝すぎ! 
喫茶店に入店したところで、今回の主役のフェイスシールドのお出ましだ。
「お互い不安だから、これつけようか」 
ワリキリ女といえどやはり人間。未知なる病原菌にはさすがに抵抗があるようで、簡単に付けてもらえることに。
「あ、その代わり、マスクは外していいよ。そのほうがしゃべりやすいでしょ?」
危ないあぶない、これを言っとかないと意味がなくなってしまう。 
さあ、ここから重要なのは、とにかく女に存分に話させることだ。普段の生活から過去の生い立ちまで、しょーもない話にも大げさにあいづちを打って、舌をなめらかにさせてやる。女ってのは、聞く人がいればいつまでもしゃべるもんだ。
「てか、声めっちゃキレイだね。パピプペポって言ってみてよ」
「え〜、なんでですか〜?」 
女は戸惑いながらも、俺の要求通り発音する。よしよし、舌が立っていてイイ感じだ。これはもうちょいリクエストできるんじゃないか。
「最近、街中じゃ咳払いもできないよね。でもたまにやると喉の調子が良くなるらしいよ。一緒にゴホゴホしない?」
「なにそれ〜、意味わかんな〜い」 
うーん、さすがにこれは不自然すぎたかな、残念。 
てな具合に、ワリキリのことを忘れたような勢いで、20分ほど語らせたところで任務は完了。
席を立つときにフェイスシールドを回収し、会計を済ませたところで、
「やっぱやめとくわ」 
あっけにとられる女をヨソに、そのままデパートのトイレへ駆け込み、バッグに手を突っ込む。
長い会話とパピプペポ作戦のおかげで女の飛沫が飛び交ったフとだ。普段の生活から過去の生い立ちまで、しょーもない話にも大げさにあいづちを打って、舌をなめらかにさせてやる。女ってのは、聞く人がいればいつまでもしゃべるもんだ。
「てか、声めっちゃキレイだね。パピプペポって言ってみてよ」
「え〜、なんでですか〜?」 
女は戸惑いながらも、俺の要求通り発音する。よしよし、舌が立っていてイイ感じだ。これはもうちょいリクエストできるんじゃないか。
「最近、街中じゃ咳払いもできないよね。でもたまにやると喉の調子が良くなるらしいよ。一緒にゴホゴホしない?」
「なにそれ〜、意味わかんな〜い」
うーん、さすがにこれは不自然すぎたかな、残念。 
てな具合に、ワリキリのことを忘れたような勢いで、20分ほど語らせたところで任務は完了。席を立つときにフェイスシールェイスシールドの登場だ。
つい5分前まで一緒にいた女のイヤラしい姿を思い浮かべると同時に、シールドの内側の匂いを存分に楽しみ、そして舐める。女のDNAを摂取しながらチンコをコスっていると、またたく間に体の奥から怒涛の射精感が押し寄せる。うぅっ、ごっつぁんです! 
しかし、こんなことしてて、コロナにかかったりしないだろな、俺。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★





夏のおすすめ動画

プロ仕様の最強媚薬


アダルトグッズが何でも揃う、大人のおもちゃ激安通販専門店


本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ