★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
201510_000074.jpg201510_000075.jpg
koyama.jpgfa900ec1.jpg
0220_20180610101544273_20190812090235092.jpg0221_201806101015451af_20190812090236d98.jpg0222_201806101015466aa_201908120902378a0.jpg0223_20180610101548afc_201908120902394e3.jpg0224_201806101015493df_201908120902413a8.jpg0225_2018061010155163a_20190812090242858.jpg0226_20180610101552c08_20190812090243459.jpg0227_2018061010155462d_20190812090245e99.jpg
自他ともに認めるスケべなオレは、本サ口が大好物である。表向きはピンサ口なのに、その場で女のコと本番できる裏フーゾクだ。その本サロが続々と潰されいるのは、皆様も知ってのとおり。かつて100軒以上がひしめいた埼玉の西川口はもはや壊滅状態だ。
なら、西川口と人気をニ分する群馬は太田・伊勢崎はというと、こちらもダメ。埼玉の草加・越谷夢熊谷あたりも同じだ。どこかに日本人ギャルが抱ける本サロ地帯はないのものか。
それがあるらしい。情報をもたらしてくれたのは、取材で全国の裏風俗巡りをしてる天物だ。
「栃木の小山は全国でナンバーワンの本サロ天国ですよ。アソコだったらプライベートでも行きたいくらいっス」
話によれば、小山には本サ口が現存するばかりか、摘発されない街として他県から続々と業者が流入し、その数はざっと見積もっで40軒を超えるらしい。料金相場も40分1万円とバ力安で、女のコは若い上、レベルも激局。人気店ともなると1時間待ちは当たり前。これがマジなら、全盛時の西川口に勝るとも劣らぬパラダイスではないかー
2人にフェラしてもらい気に入ったほーと本番
某日のタ方6時、小雨降りそぼる中、JR小山駅に降り立つ。周辺はドンキホーテの入るファッションビルとビジネスホテル、それに飲食店が数軒あるだけだ。ほんとにこんなとこに天国があるのか?情報によれば、この付近には二つの本サロ密集エリアがあるらしい。
そのーつ、最も活気があるという城山3丁目に行ってみた。ダウンコート姿の客引きが7人も立っているあたり、なんというか、まるで韓国あたりのちょんの間街に迷い込んでしまったかのようだ。
「ニイちゃん、みてってよ。ホラ写真」
「このコなんてどう?ハタチのピチピチだよ」
「このコはハーフだよ。どう?カワイイだろ」
店が7軒で、客引きが7人。つまりそれぞれの担当者なのだろう。しつこい連中を振り切り、オレは1階の本サロ「5」へ向かった。実はここ、週末には行列もできるほどの人気店ど聞いていたのだ。「いらっしゃいませー」
顔を覗かせた店員によると、この店はまず2人にフェラしてもらい、どちらかいい方を選んでから本番するというフェラ指名スタイルだどのこと。プレイタイムはトータル40分で、フエラが10分×2人120分、残る20分で本番となる(料金は1万円)。ちょっとせわしないけど、もちろんノープロブレムだ。
「どうぞー」店員の案内でフロアへ。中はごく一般的なピンサロの作りだった。真っ暗な中、大音量のユーロビートが流れ、あちこちに高いパーテーションで仕切られたボックスシートが点在している。ボックスシートは一畳程度の広さで、マンガ喫茶のフラットシートのような地べたに座れるタイプだ。これなら他人の目を気にせず嬢とイチャイチャできそうだ。
細身の清楚系と大塚愛、とっちと合体する
「初めましてー、Aです」1人目のAちゃんがやってきた。想像以上にレベルが高い。年齢は20代後半くらいか。細身の清楚系でいかにもソソる。都内のデリヘルでもお目にかかれないようなべっぴんさんだ。フエラのテクもある。てっきり挨拶程度でおざなりにされるかと思いきや、玉をパフパフ、裏スジをチロチロ。竿をジュジュボ。おいおい、アナル紙めまでするのかよー
「こんにちわー」続いてやってきたBちゃんも、これまた上玉だった。ギャル系の19才で、丸顔がどこどなく優香に似てなくもない。いや、この感じは大塚愛の方が近いかな。で、フエラは・・ふむふむ。Aちゃんよりは劣るけど、不器用な感じもまた悪くない。テクならAちゃん、若さでBちゃん。うーーーん、どっちにすればいいんだよー迷った挙げ句、Bちゃんを指名するこどに。ここだけの話、オレは大のロリ好きなのだ。ほらほらパンッ脱いで。もうチンコ人れたくなっちゃったよー。
「まだダメだよー。ちょっと待っててくださいね」
彼女がソッと立ち上り、向こうへど消えていく。ここでいったんお別れし、セックスの準備をしてから再び戻ってくるシステムらしい。と、そこへ、Bちゃんとは似ても似つかぬぽちゃの女がやってきた。待ち時間の間、客を退屈させないよう手の空いた嬢が話し相手をしてくれるんだそうな。
「さっきの2人、めっちゃ真面目にフェラしてくれたんだよね。なんでなの?」
「だってえ、指名してもらわないと、お金もらえないんだもん」
そうか。この店は女のコの競争心を煽ることでサービスを向上させてるのか。ナイスアイデアー
「ただいまー」ほどなくしてBちゃんが舞い戻ってきた。もうガマンならんとばかり、彼女のカラダへ襲いかかる。熱いベロチューを交わし、濃厚な愛撫を施した後、お互い全裸になって、いざドッキング。
くわー、スキンの上からヌルヌル感が伝わってくるぞーてか、もっと感じちゃっていいんだよー声を聞かれると恥ずかしい
そう言って、必死で瑞ぎ声を押し殺すBちゃんのカワイイこどカワイイこど。たまらずオレは彼女の中で果てた。鳴呼、頭んなか真っ白っす・。
ヒイ、フウ、ミィ…客引きが20人も
天国の入り口どしては上々である。さーて、どうするか。休憩するにはちと早いし、もう1軒イッどきますか。よし、じゃあ今度はもっと若い子と遊んでみよう。ギリギリ18才なんていいかもー
というわけでもうーつの本サロ密集地・城山1丁目へ向かう。NTTの裏手に回り、ミニストップを左に曲がるど、3分も歩かないうちに目的地だ。ひどまず周囲をグルリど回ってみる。3丁目同様、雑多な感じはなかった。
周囲は民家が建ち並び、そこに隣接するようなカタチで一軒家の本サロが点在しているためだ。どこかうら寂しささえ漂う。ただ、個々の本サロの外観はやたらハデだ。店名はどこかで聞いたようなパクリ屋号のオンパレードで、「40分1万円」などのネオンがピカピカ光ってる。また各々の店前には例によって客引きが立っており、道行く男性客を狙っている。
ヒイ、フウ、ミィ・・全部で20人はいようか。通りに近づくど、すぐに3人の客引きに囲まれた。「オニーさん、遊んでかない」「どりあえず写真だけでも見ていってよー」
「今日はどうすんの?いいコが居るよー」
まるで「もう逃がさん」どいわんばかりだが、Fという店の前に座るオヤジは近寄ってすら来ない。なんなんだ、この差は。逆に興味をそそられ、オヤジのもとに近づいてみる。
「いらっしゃい。どんなコがいい?写真だけでも見てってよ」
「とにかく若いコがいいんすよ。18才とかいないすかね」
「21才のコが一番若いコだね。いつもは18才がいるんだけどねー」
なんどバカ正直なオヤジだこど。フツーなら適当にダマして引っ張りこんでもいい場面なの
「そうだ。知り合いのMって店に18才のコがいるから紹介してやるよ。オレと一緒に行けば間違いないからさ」
ョシ、気に入った。オッサン、アンタのこと信用するよ。10秒ほど歩いて到着した『M』は、個室タイプの本サロだった。他の店と同様、民家のような行まいだ(40分1万円)。
「どうぞこちらへ」店員に促され、中へ。3畳ほどの薄暗い和室には、布団ど小さなテーブルが置かれていた。ここでプレイすんのか。シャワーどかはないみたい……。…ん?そういや指名写真を見せてくれなかったよな。オッサンの紹介だから全面的に信用してたけど大丈夫かな?
ほどなくcちゃんがやって来た。サテンのネグリジェのような衣装にギャル系の巻髪。ちょつとムッチリしたどころもロリ心をくすぐる。当たりじゃんーもう、すぐにも襲いかかりたいどころだが、いちおう年齢確認だけはやっておきましょう。
「キミいつからこの店にいるの」「2カ月前に入ったばっかだよ」
バッチリ。舌っ足らずなことばによどみもない。18才と考えて間違いないのでは。ますます興奮してきたぞー服を脱がすと、超の付く巨乳が飛び出てきた。推定Fカップ。若いだけあって採むと手を押し返してくるほどの張りだ。堪らず乳首にむしゃぶりつく。
「あーん」流れるように舌を下半身に滑らせ、クリをべっろん、べろん。ええのおー、若いマンコはええ匂いがするのおー。一通り18才のカラダを楽しんだどころで、攻守交代だ。Cちゃんがオレのチンコをパクリどくわえてきた。舌先はサオから玉へ移動し、さらに玉からその下へ。おいおい、このコもアナル紙めしてくれるのかよー
「だってー、前カレに仕込まれたんだもーん」「ならオレの顔みながらチンコ紙めて」
上目遣いのフエラが、男の支配欲をかきたてる。いやー、ドMですよ、このコ。もうこのまま押し倒して本番したいー
その心を見透かしたように、Cちゃんがオレの上に乗ってきた。スキンを付け、いざ挿入。あっつあつに火照ったチンコをポワンど包む。し、締まるー。
「アっ、アアアっ」小さな吐息混じりに腰をグラインドさせるcちゃん。キュッキュと閉まるマンコ。ならば今度はオレが突き上げてやる。ほれほれ、パンパンー調子に乗ってたら、次第にせり上がるモノを感じた。ヤバイーまだイキたくないーあっ、イクー
夜9時。フラフラになりながら店を出たオレに、またもや客引きが襲いかかってくる。さすがに3連発はしんどい。ここらでメシでも食って体力を復活させたいどころだ。なわけで、近くのお好み焼き屋のカウンターに座った。
とりあえずビールー豚玉1枚ーそれと精力をつけるためにニンニクのホイル焼きも行っどこか。うまっーどこにでもありそうなお好み焼きだけど、旅先で食べるどまた格別だ。なんかここ、マジで天国かも。
「あら、出張かい?」「いや、実は遊びに来たんですよ」
正直にママに話したのが吉と出た。会話を聞いていた燐客のオッサンがこんなことを教えてくれたのである。
「NTT裏のEがええよ。格安で3Pができるんよ」
まじかよーオッサン。ありがとさんーホロ酔い加減で店を出て、再びNTTの裏手へ回ると、やはり一軒家のような伴まいだ。
「すんませーん、3Pできるって聞いたんですけど」
「いらっしゃい。できるよー」
オッサンの話は本当だった。店先の客引きの話では、指名制度はないものの、3Pの値段はたった1万8千円(45分)。東京ならデリヘル1回分で飛んじゃう金額だ。部屋は完全個室でシャワーも完備。もういいこと尽くめなんだけど、ただし相手は日本人ではなく中国人とのことだ。
「どーするの、兄ちゃん。遊ぶの、遊ばないの?」「遊びますー」
3Pと聞いて立ち去れるハズがない。ここらで大陸娘のマ〇コを確かめるのも悪くないだろう。いざ店内へー
中は驚くほどオンボロだった。店員はぶっきらぼうだし、先客の姿もない。地元のオッサンが薦めるほどの優良店ならもっと活気があってもいいのに…。半信半疑のまま、店員の案内で個室へ。トビラを開けるど、2畳ほどのスペースにはベッドが置かれており、中から2人の中国人が下着姿で現れた。「アラ、若イネ、カッコイイネ」
思わず、目を疑った。カタコトの日本語を操るDちゃんは推定20才。スレンダーな体型といい、切れ長の目といい、モデル級といっても差し支えない美人である。またまた当たりかよーもう1人のEちゃんは20代後半ってとこか。少し肉付きが良いものの、ルックスはまずまずだ。早速3人仲良く手をつないでシャワー室へ。
「じゃあ、ショウカ」全身をくまなく洗ってもらい、部屋に戻るや、Eちゃんが耳元で嘱く。指示されるまま全裸で布団の上に寝転がると、いきなりキター!Dちゃんが右の乳首に吸い付き、Eちゃんが左の乳首をチロチロ。2人の空いてる手はサオど玉Gしかも耳元に「あんっ」「うふん」とエロい吐息を同時に吹きかけてくる。
熱贈蝉、
そのまま身をまかせているとDちゃんが「大キイネ、カタイネ」どペニスに舌を絡めてきた。これが大陸仕込みのフエラか。日本のコにも負けてないぞ。かと思うど、割って入ってきたEちゃんがペニスを奪いとり、有無を言わさずゴムを被せて、騎乗位でズッポリ…。って、もう本番かよー早過ぎーー「あーあーあー」その後の展開はもうグチャグチャだった。
Dちゃんが上で「アンアン」瑞いでいたら、「今度ハ、アタシー」どEちゃんが彼女を追いやり、「カタイ、カターイ」ど腰を沈めてくるのだ。まるでチンコの奪い合いのようだ。気持ちイイの何の。てか、中国人ってこんなにエロい人種だったんかーだったらオレも攻めさせてもらおうじゃないのートドメは正常位でDちゃんのマンコに入れながら、Eちゃんがオレの乳首とアナルを刺激する3点責めでノックアウト。本日3度目とは思えないほど大量の精液を放出した。
オレはまだ街を歩いていた。周囲にはもうほどんど人気がないが、本サロのネオンだけがピカピカど光っている。片田舎の風俗街にありがちな光景だ。せっかく天国に来たのだから、もう一発、しかも最後は生中出しでフィナーレを迎えたい、とオレは考えた。
もちろんハードルは高い。高級ソープど違って、本サロはゴム付きが当たり前。店ぐるみで推賞してるところなど有り得ないだろう。しかし、個人レベルなら話は別だ。デリヘル嬢が本番営業で客をつなぎ止めるように、本番がデフォルトの小山では、生中出し営業を行うコがいても何ら不思議ではない。お好み焼き屋に戻り、例のオッサンに情報を求める。どっかに生中出しできる女のコっていませんかね。
「2カ月前に『F』って店でしたこどがあるよ」
「マジっすか?なんて名前のコでしたか?」
「忘れちゃったなー。でも確かフウカだかフウコだった気がするねえ(いずれも仮名)」
オヤジのこどばだけに信葱性は高い。んじゃ、確かめてまいりますー
Fはナイトクラブ風の大型店(40分ー万円)だった。「どのコでいきますか」店員がポラ写真を差し出す。本日の出勤は計8名。みな中国人ながら、総じてレベルは高い。名前を見るど・・いたーフウカがいるじゃんー顔もギャルのような雰囲気で、けっこうカワイイ。ある意味日本人のコよりも上だろう。このコに生中出し…興奮を押し殺しつつ、オレは彼女を指名した。
「ハジメマシテー」2畳程度の個室に通され、待つこと数分、現れたのは写真と同じべっぴんさんだった。年齢は20代前半てどこか。ますますテンションアップー聞けば、入店してまだ3カ月も経ってないらしい。手っ取り早く稼ぐためにピルを飲んでるってとこか?いい心がけだ。サービスもそこそこにオレは生チンコをマンコにあてがった。
「今日はナマはダメョ」ん?ってことは、別の日ならよかったのか。ちくしょー、なんてバッドタイミングだ。ま、仕方ない、素直にゴムを付けますか。彼女の献身的なプレイはスバラしかった。激しいディープキスをかましながら、腰を巧みにグラインドさせ、騎乗位でフィニッシュ。もう煙も出まへん。
★小山は噂に違わぬ本サロ天国だった。ちょっとへんぴな場所だけど、諭吉1枚でここまで楽しめるところは他にないと思う
栃木・小山のおすすめ本サロのフェラ指名
ここ数年、うちの地元、栃木の小山は裏風俗が活況だ。表向きはピンサロなのに、その場で女の子と本番できる「本サロ」がとにかく元気がいい。
市内の3ヵ所(宮本町、本郷町、城山町)に本サロが密集しており、その数は合計20軒以上。しかもコソコソ営業しているわでけはなく、店には看板も出てるし、ガンガン呼び込みもやっている。 
「ニイちゃん、うちでマンコしていってよ〜」
「このコなんてどう? ほら写真見てよ」  
他の地域では考えられない状況だろう。  
では、肝心のサービス内容はどうか。大半の本サロは若い日本人の店で(一部、外人系も有り)、料金も相場40分1万円とリーズナブルだ。  
店によっては、まず女の子2人にフェラしてもらい、どちらかいいほうを選んでから本番するという『フェラ指名』スタイルを採用しており、セックスタイムが15分程度しかない場合もあるが、とにかく諭吉1枚で日本人と本番でき るのはオイシイだろう。  
小山に来られたことがない方は不幸だと断言する。ぜひ遊びにきてください。
表向きはピンサロだが実は本番ができる、いわゆる「本サロ」は、怪しいオンボロビルなんかにこっそり店を構えているのが一般的だろう。が、地域によっては、その本サロが密集して派手に営業しているエリアがある。関東圏なら、何と言っても栃木県の小山だ。若い女の子が多く、料金相場も40分1万円とリーズナブルで、東京からわざわざ足を運ぶ人間も多い。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内