★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0016_201908061834350ab.jpg0017_20190806183436c03_2020081011124279d.jpg0018_20190806183438edc.jpg0019_20190806183439138.jpg0020_2019080618344135b.jpg0021_20190806183442ce7.jpg0022_20190806183444972.jpg0023_20190806183445380.jpg
完全個室のネットカフェ、ネットルームで売春する女と覗くのが趣味の男たち
0500_2020022516593019f_20200726103332480.jpg
マンガ喫茶でペアシート内でこっそりいちゃつくカップルの盗み聞き
趣味はマンガ喫茶での盗み聞きだ。言うまでもなくターゲットは、ペアシート内でこっそりいちゃつくカップルどもである。
数年前から俺は単独で店を訪れ、受付で「連れがあとで来ます」と言ってペアシート
に入り、隣室の物音に耳をすましてきた。薄い壁からかすかに漏れ聞こえるクチュクチュ音、押し殺したようなあえぎ声。これほど興奮しまくれるオカズはない。
ただしこのお遊びには、ひとつ難点が。せっかく隣室にカップルがいても、いつセックスが始まるかわからないのだ。ヘタすりゃ何もしないまま帰ってしまう可能性も十分ありえる。そこで俺は、ある秘策を使って、カップルのイチャつきを誘発することにしている。あまりにもバカバカしい内容なので、やや紹介をためらってしまうが、しかし効果は絶大だ。ズバリ言おう。自分ひとりでカレシ役とカノジョ役を演じわけ、さもこちら側でカップルがセックスしているよう装うのだ。おいおい、なんか隣でエロいこと始まったよ、俺たちもやっちゃおうぜ的な気分にさせようというワケである。やり方は決して難しくはない。カレシ役のときはそのまま地声で、
「な、いいじゃん」
「もうガマンできねーよ」
などと、周囲に聞こえる程度の音量でささやき、一方、カノジョ役の際はオカマになったつもりで裏声を使い、
「うふ」
「あんっ」
「ンンっ」のように、ごく短く反応する。さらに時々ソファの上をゴロゴロして、男女がまぐわっているような効果音を出せば、ちゃんとそれっぽく聞こえるものだ。
 もちろん事前に持参した女モノの靴を自分の部屋の外においておくことも忘れてはい
ない。ちなみに俺は、いつも母親のハイヒールを拝借している。
我ながらクダらない方法だけに、まさかマネをしようという人は現われないとは思うが、念のため注意を。あまりセックスの演技に熱中しすぎると、店員が察知して注意しにやって来ます。そうなると、いろんな意味でしばらく立ち直れなくなります。過去、俺自身が二度もそうなってしまったように。気をつけましょう。
ラブホ難民のカップルに車を貸して素人カップルのエロスを覗く趣味
漫画喫茶や深夜の公園などでカップルのいちゃいちゃを覗くのが趣味になった。AVなんかより素人カップルのエロのほうが断然コーフンするのだからしかたない。そんなオレがここ数年ハマっている遊びを紹介しよう。これも当然、素人カップルのエロスを覗くのが主な目的だ。
どこのホテル街もそうだろうけれど、クリスマスやバレンタインなどのカップルイベントの時期はどこも満室になる。部屋を求めてさまようカップルたちが大勢あらわれるのがこのタイミングだ。そこでオレはそのころ、ラブホ街にクルマを停めて、行くあてのなさそうなカップルに声をかけている。
「私ラブホの案内をしてるものなんやけどね、良かったら知ってるホテルまでお連れしましょうか?」
「え、いいんですか?」
「はいはい。クルマに乗ってすぐなんで良かったらどうぞ」
ラブホ案内人。もちろんそんな仕事なんてしてないし、おそらくそんな職業は存在しないとは思うのだが、とにかく業務的に伝える。この流れで、けっこうな確率でカップルがクルマに乗り込んでくる。さてここからが問題だ。別のラブホ街に向かいながら、人気のない駐車場にクルマを停め、ケータイを取り出して小芝居を開始する。
「ああどうも。これから1組お連れしますけど大丈夫やろか?…え、満室? ホンマか〜。うん、また連絡しますわ」
案内する予定だったホテルが満室だったという設定だ。そして一言。
「すんません。ワシ意外にも案内してる人間がいてね、先に満室になってしもたそうですわ」
「そうなんすか…」
落ち込むカップル。そこですかさずたたみかける。
「せやなー。もし良かったらなんですがね、このクルマでいかがですか?ワシ小一時間ほど離れますんで、自由に使ってください」
「え?」
「いや申し訳ないんでね。コンビニで時間潰しとくから好きに使ってください。こんなとこ人も来ーへんから、ね?」
このクルマをラブホ代わりにしてくれというわけだ。ケータイ番号を伝えて、終わったら連絡くれと付け加える。了承してくれたら実際にクルマを下り、見えないところまで歩く。そして10 分〜15分ほどが経ったら忍び足でクルマに近づいて行く。カップルは十中八九コトに及ぶ。後ろから近づき、腰をかがませながら覗けば騎乗位で乳を揺らす女や、フェラしてる女の尻などなどが見れて非常に楽しい。大胆にもアエギ声を出しま
くる女だってけっこういる。覗きながらシコるのがオレの流儀だ。終了電話が来たら何食わぬ顔をしてクルマに戻る。
「よろしいですか?ほんならさっきのトコまでお送りしますね」さっきまでエロエロな顔を見せていた二人が恥ずかしそうにしてるのを見るのもオツなものだ。
クリスマスなどが来るたびにこれを一日3、4件はやってみると、意外なことに、ちょっとした儲けになることもわかった。ある日、クルマをラブホ代わりにしてくれたカップルを送っていたところ、彼氏のほうからさっと札を手渡された。
「これ、良かったらどうぞ」
5千円もある。場所代としてお礼を払いたいのだとか。断る理由はない。このように“チップ”をくれる客は少なくない。さすがに5千円はまれだが、千円や2千円はほとんどと言っていいほど渡される。こちらから一切要求していないうえ、セックスを覗かせてもらってるのにありがたいかぎりだ。
完全個室のネットカフェ、通称ネットルームが増えています。仮眠のため、オナニーのため。利用目的は様々あるでしょうが、完全個室なのをいいことに室内で売春をする女までわんさか現われています。出会い系で『今、ネカフェにいます』と書き込んでるエンコー女は、都内ならそのほとんどがマンボーのネットルームか、カスタマカフェという個室ネカフェにいて、部屋まで客を呼び込もうとします。外に出るのはかったるいし、ラブホに行くより危ないことはなさそうだし、なにより安上がりをアピールできるから客を取りやすいってことなんでしょう。
買う買わないは自由ですが、想像どおり総じてレベルは低いです。中にはその部屋に住みついてるような髪ボサボサ女もいます。避けた方が無難でしょう。
漫画喫茶の個室で露出カップルのエッチを拝む
「タテベさん、あのね、大阪にめっちゃいいマンキツがあるんすわ。今イチバン熱いんちゃうかな」 このS氏、カップル覗きが大好物な人物である。その彼が熱いと言うからには、ソレ系の店だとすぐにわかる。
 「へえ、けっこう覗けるんですか?」 
「結構なんてもんやないで!昨日も行ってウハウハでしたわ!」 
ほう、そんなにウハウハなんですか。そこまで言うなら行ってみようじゃありませんか。 1月初旬の金曜日、大阪・難波でS氏と合流した。
 「そもそもどうしてその店が『今イチバン熱い』ってことになるんですかね?」 「まあ新しい店だっていうこともあってね、カップルが結構入ってくるんですわ。しかもこの辺にはクラブが何軒かあるでしょ?深夜から朝方にそこから流れてくる人が多いんですよ」 
露出カップルみたいな見せる気マンマンの人たちではなく、本当の素人カップルのリアルなエロ姿を見れるのが非常に興奮するとS氏は続ける。 肝心の覗き方だが、あれこれ策を講ずる必要はないそうな。 「行ってみればわかりますよ。あの店のつくりは特殊なんでね。ホンマに天国ですわ」 
S氏に率いられ、その漫画喫茶『M』に向かう。ナンパスポットとして有名なひっかけ橋から「戎橋筋」商店街を南下し徒歩3分ほどの左側、カラオケが入ったビルの地下1Fだ。 「絶対に喫煙の部屋を取ってくださいね。後々その理由がわかりますから」 意味深な命令を受け、それぞれ他人のフリをして入店した。受付を済ませて喫煙の個室に向かう。 店舗はだだっ広いワンフロアだ。フロントから入ってすぐが禁煙個室ゾーンで、奥の大きなドアの向こう側が喫煙個室ゾーンになっている。肝心のカップルシートは、両ゾーンそれぞれに10部屋ほどあるだろうか。 個室に入ってすぐにS氏からメールが届いた。 ほなボチボチ行きましょうか。喫煙ゾーンのドリンクバーに来てください 呼び出された地点で、S氏が黒Tシャツの男と話をしていた。 
「ああ、これ、仲間ですわ。この店で知りあったんですけどね」 この店には他にも覗きの常連が数人いるそうだ。 黒Tさんはペコリと頭を下げ、両手で頬をパンっと叩いて歩きはじめた。ピッチに向かう本田圭佑のような気合いの入り っぷりだ。 黒Tさんに続いてS氏、オレの順で歩を進める。まずはドアを開けて、禁煙ゾーンへ。前方の2人が別々の方向に別れた。どちらにもカップルシートがある。 S氏に続く。と、耳元でささやかれた。 
「ターゲットを見つけるには靴を見てください。カップルやったら当然男女のクツが置いてありますから」 カップルシートは男女ペアだけでなく、男二人組なんかも多いので、これで確認するわけだ。 すぐにカップルの靴が置かれた個室を発見した。 「あのね、まずボクが見てみますから、ちょっと待っててください」 S氏がカップルシートの前に立ち、ゆっくりとトビラに顔を近づける。…あれれ、ちょっと待った、今まで気づかなかったけど、トビラがガラス張りだ! ほどなくしてS氏が戻ってきた。 
「ゲームしてますわ。部屋番号だけ覚えといて後で来ましょう」 
「あの、ここの個室のトビラってガラス張りなんですね」
 「そう、そこが第一のポイントなんです。他の店やったらこうはいかへんでしょう?」 現在、漫画喫茶チェーン店の多くは、個室を外から覗くことができないよう、出入り口ドアには摺りガラスや木製のドアが使われている。 なのに、この店のトビラは透明なガラス一枚なのである。まるで覗いてくれと言わんばかりの造りで、目の前に立つだけで中が丸見えなのだ。 これだと、中にいる人間も警戒するのではと思うのだが、それは心配しなくてよいとS氏は言う。 
「ここのカップルシートはL字型になってるんで(イラスト1)、角度的にまず気づかれないですね。それにこっち側(通路)は暗くて中からはあまり見えないんですよ」 ガラス扉に上着なんかをかけて視界を阻もうとするカップルもいるにはいるが、なんせ全面ガラスなのでどうやっても多少のスキマが出来てしまう。攻略はたやすいわけだ。その後もいくつかカップルのいる個室を見つけては部屋番号をチェックしていく。 と、S氏がオレに手招きをした。
 「はじまってますよ。ゆっくり覗いてください」 
忍び足で個室に近づき、ガラス扉越しに、ジリジリと首を傾ける。パンティ一枚の女が見えてきた。……え、男にまたがってるのか? さらに首を突き出す。水商売風の女が男の乳首を舐めている。うひょー、スゲー!! 
まもなくフェラがはじまった。薄っすらチュパチュパ音が漏れてきて、マジでエロい。 ふいにオレの隣に、熊みたいな男がやってきた。なんだこいつ、ジャマすんなよ。が、明らかに「代わってくれ」との視線に気圧され、場所を譲る。こいつも常連なのだろうか。 結局そのカップルが正常位でセックスする模様を、オレとS氏、黒Tさん、熊男の4人で交代で覗いた。
「こういうシーンは共有するのが決まりやから、今後もそうしてな」郷に入ればなんとやらだ。仕方ない。 衝撃の光景を見終わってふと疑問が沸いてきた。いくら静かに動き回っているとはいえ、こんな露骨に覗いてて店員に見つからないものなのか?そういえばフロント以外でその姿を一度も見てないけど。
「店員は見回りに来ないんですかね?」
「ああ、それが第二のポイントやね。ここ、監視カメラもないし、店員がなかなか来おへんのですわ。人数が少ないんで」イイ質問だと言わんばかりの笑顔でS氏が語る。どうやらこの店、時間帯を問わず、広い店内をバイト2人、もしくは1人でやりくりしているようだ。
噂をすれば影。店員の兄ちゃんがこっちに向かってきた。すぐ3人が方々に散る。
店員は空いた部屋の掃除などをシコシコやり続けている。一部屋終わってまた別の部屋へ、1人で清掃するシステムのようだ。清掃が完了するまでおよそ30分。あの3人が通路に姿を現すことはなかった。逃げ足の早い人たちだ。
ようやくS氏と再会して、散策の続きだ。
「とにかく店員がいない間は、やりたい放題なんですわ」
「なるほど」
「しかもね、部屋の掃除って、他の店だと客が出ていくたびにやんねんけど、ここは1、2時間に一回、空いた部屋をガーっとまとめて掃除するんです」
つまり、その時間以外に店員が歩くことはめったにないそうだ(ドリンクの補充はたまにある)。
黒Tさんがスタスタ近づいてきた。手招きをしている。おっ、見つけましたか!
カップルシートでは大学生風カップルが座ったままで乳揉み&キスの真っ最中だ。くー、あの女の子、地味な顔していやらしいキスしてんなぁ。調子に乗ってぐいぐい顔を近づけて覗いていたら、思わぬ事態が。
ドンドン!
なんと女がオレに気づき、ドアを叩いたのだ。やべ、逃げろ!!
走って個室に逃げ帰る。しばらくして様子をうかがいに通路へ出たら、S氏が苦笑いをしていた。
「なんぼ覗きやすい言うてもあそこまで近づいたらいかんわ。気をつけてくださいよ」
どうもすいませんでした……。
めぼしいカップルを覗いたり、来店客をチェックするためにマンガ本を立ち読みしながら過ごすうち、さらに3組のカップルいちゃつきを見ることができた。
ホストとキャバ嬢風のシックスナイン、オタク風男女のフェラ、ロリ女が手マンされながら声が漏れないように自ら手でクチをふさぐシーンなんて、もう最高だ。
時刻は深夜1時をまわった。ナイトパック(12時間、1780円)で入ったので夜はまだまだこれからだ。
例によって禁煙ゾーンで漫画の立ち読みを続けていたら、やけにフロントが騒がしい。どうやら終電を逃したであろう人たちが続々入店しているようだ。
「ナンパ師が女ひっかけて連れ込むことも多いんで、ここからが楽しい時間でっせ」
S氏も引き締まった表情で気合を入れている。
喫煙ゾーンに、いかにも酔っ払い風情の男女が入っていった。ゆっくり後を追う。
と、喫煙ゾーンの入口でS氏が立ち止まった。
「あのね、さっき『必ず喫煙席を取って』って言ったでしょ?」
「ああ、はいはい。どうしてなんですか?」
S氏は店内地図を指差しながら説明してくれた。
禁煙個室に入ったはずの客がドア奥の喫煙ゾーンをうろうろしていれば万が一店員に見つかったときに怪しまれる可能性がある。が、最初から喫煙個室を取っておけば、禁煙ゾーンで姿を見られたとしても、「トイレに行こうとしてた」とか「雑誌を取りにいこうとしてた」などの言い訳が利く。そのため覗き常連の間では喫煙席確保が鉄則となっているのだ。
「それとこのドアですわ。これがあるから大胆に動けるんでね」
禁煙喫煙を分断するドアは、先ほどのカップルによって開けっぱなしにされている。それを閉じるS氏。
「ここを通るときは必ず閉めるようにしてください。店員とか他の客が来たらこのドアが開く音でわかるんで、それまでは覗き放題です」
先ほどのカップルが入った個室を確認したS氏は、そのすぐ隣の個室にずかずか入っていった。あれ、勝手に入っちゃっていいのかな?
「あのね、ターゲットの隣が空いてたらすかさず入っちゃってください。こっちのほうが覗きやすいんで」
S氏はカップルのいる個室に隣接する壁に手をかけ、背伸びをした。あっ、壁が低いんだ!
身長165cmのオレでも背伸びをしたら隣が見える。これはいいや。
感心するうちにターゲットは正常位セックスを開始した。大胆でございますこと。深夜3時を過ぎて、また違った客層が来店するようになった。クラブ帰りの子たちだ。女性2人組なんかも多いが、カップルの姿もちらほら見られる。
個室ドアの靴を確認しつつ、時折ノゾいては立ち去り、を繰り返す。何もせず寝るだけのカップルもいれば入店早々に乳くり合うのもいる。
あるカップルシートの前で黒Tさんが何かガサゴソとしているのが見えた。手にはドリンク用の紙コップが見える。
「あれね、アイツの趣味やからほっといてやって」
「趣味?」「そう。あいつシコってんねん。アホやろ?」
紙コップでチンコを隠し、ガラス扉を覗きつつ右手でシコってる黒Tさん。そういえばあの人、出会ったときからずっと紙コップを持ち歩いてたな。まあ、人の趣味をとやかく言うつもりはない。 
そこから2組ほど覗いてから、客数がガクンと減った。カップルたちも寝静まって店内に静寂が訪れる。 
それぞれ個室に戻った我々だったが、1人でうろうろしてるオレの視界に女が入った。別にエロいことをしてるわけではないが、真っ赤なミニワンピで谷間ががっつり出た女が1人でケータイをいじっている。
後から聞いた話では彼女、毎日のようにこの店に泊まりに来てるらしい。
「どっかの風俗嬢かなんかとちゃいます?
この前なんて素っ裸でゴロゴロしてましたわ」
それ見たかったなぁ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内