0052_202001212001510ac_20210801084728af3.jpg
0050_20200121200149ce2.jpg
『定期』という言葉がある。定期的に会って金を払ってセックスする関係の、ワリキリ女のことだ。
どうせ金ヅルとしか思われてないんだろうが、会うたびに精神的なつながりも持てるような気がして、味気ない単発ワリキリよりはずいぶん楽しいものだ。
ではその定期、どうすれば作れるのか。すべては初回にかかっています。会ってみて、イイ女だから定期にしたい! 
と思ったら以下を思い出してください。

①金払いを良く
ホテルに入ってからではなく、対面してすぐ払うぐらいのキップの良さを見せましょう。値切りや後払いを狙う男とはひとあじ違うことのアピールです。
②プレイ中はスケベではなく楽しさを前面に
気持ちいいとかカワイイとか、その手の台詞はどうでもいいです。「君といるとなぜか楽しい」という心情をプレイ中に告げると、向こうも商売感覚がなくなってきます。余り時間に、テレビを観たりお気に入りの音楽を聞かせてもらったり、あまりスケベと関係ないことをしてみましょう。
③直後に飲みに行く
プレイ後に飲みに行くと、一気に距離が縮まります。でもここで「惚れた」系のことを言ってはいけません。キモがられます。なんかわからんけど楽しい、というスタンスで。
④「また会いたい」はNG
別れてから、「また会いたいな」と恋人のようにメールしがちですが、それも引かれます。あくまで、まだお金の関係であることをハッキリさせておきましょう。「また2万円で遊ぼうよ」と金額を入れるのが正解です。
こうして2回目の対面がかなえば、定期の可能性は急激に高まります。同じように1〜4を徹底すれば、そのうち温泉旅行にも付き合ってくれるような最高の定期ができあがるでしょう。

女遊びのときは、とにかく千円札を何枚も財布に入れておくのが私の決め事だ。
たとえばピンサロなら、最初に1枚チップを弾むだけでサービスは格段によくなるし、デリヘルなら1枚2枚と頃合いを見て手渡ししてやれば、本番や撮影にまで持ち込める(枚数は相手による)。
キャバクラでもこっそりオッパイ揉みまでいけるし、スナック嬢でもテーブルの下でチンコを触ってくれたりする。千円札数枚で、だ。あるいは何かの拍子で、女とカラオケに入ったときにも千円札攻撃は有効だ。ちょっと触らせてくれ、触ってくれ、舐めてくれ、などの要求も、「はい、これで」と枚数を重ねていけばなんとかなるからだ。
いかなるときも、男は千円札で財布をパンパンにさせておくべし!
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




夏のおすすめ動画


プロ仕様の最強媚薬


要らなくなったエロDVDはお金に変えよう!
アダルトDVD買取

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ