1_2021070109585904d.jpg2_20210701095901f39.jpg3_20210701095902c3f.jpg4_202107010959036c8.jpg5_20210701095905f95.jpg6_202107010959067c1.jpg7_2021070109590851a.jpg8_2021070109590965c.jpg9_2021070109591143f.jpg10_20210701095912539.jpg11_20210701095914afb.jpg12_20210701095915a23.jpg
出会いを求めてヨガ教室、料理教室スクール通いを始めてみた

深夜のテレビで、40才以上の独身男は、100人に1人しか結婚できないというデータが紹介されていた。40才まであと2年。本気にならなければ。
前号でも宣言したように、会社帰りに習い事をすることにした。社会人がマトモな女性に出会おうと思えばスクールしかないというのがオレの結論だ。
まずは下見から。
月曜。ヨガ教室の見学に出向いた。ヨガといえば女の宝庫。出会いのチャンスは無限大と考えられる。ところが1時間ほど体験レッスンを受けてみたところ、授業中はもちろん、終了後も話しかけるチャンスなどまったくないことが判明した。みんな、さっさと着替えて帰ってしまうのだ。ヨガは消えた。
火曜。ゴスペル教室。みんなでわいわい歌をうたうスクールで、これも女子率が高いことで知られている。しかし見学した教室はおばはんばかりで、どうにも触手が動かない。こりゃダメだ。
水曜。料理教室。ここはいつも同じメンバーで授業を受けるのではなく、毎回ランダムに生徒が集うので、メンバーが固定されていない。つまり一回顔を合わせても、次にいつ会えるかわからないシステムだ。これはかえって好都合とも考えられる。軽率な行動をしても、いくらでもやり直しができるからだ。通うことに決めた。
木曜。ギター教室。少しは自分も興味を持てるものも混ぜておこうと、ギターを選んでみた。幸い、生徒の1人に、瀬戸朝香っぽいサバサバした美形女性がいたので、ここも通うことに決定。
日曜日。コミュニケーション教室。会話やマナーを学ぶ、ちょっと堅めのスクールだ。
生徒の中に、20 代前半のカワイイ子がいたので、ここにも通うとしよう。
以上、通学が確定したのは
「料理教室」
「ギター教室」
「コミュニケーション教室」
 となった。まだ数を増やしてもいいが、とりあえずはこの3つで動いてみよう。これで彼女ができないようなら、もう人生をあきらめる。本格的な授業は、日曜日のコミュニケーション教室からスタートした。生徒は10人ほどで、男女はおよそ半々。
オレの狙いは、時東あみに似た、あみちゃん(仮名)だ。
 授業は発声練習などのしょうもないもので、まったく関心がもてなかった。しかし他の生徒はマジメ一徹で、どもりの男性など真っ赤な顔であいうえおと唱えていた。あみちゃんもまた真剣だ。
 昼前に授業が終わったので、生徒全員で昼メシを食べに行くことになった。
「ぼくは会計士をしています。仕事上なにかとコミュニケーション能力が…」
「私はOLですが転職を考えていまして…」
 さすがにビジネスコミュニケーションを学ぶだけあって、みんなちゃんとした目的を持っている。女目当てで通ってるのはオレぐらいのもんだろう。
 肝心のあみちゃんは企業のOL23才で、通学の目的はよくわからなかった。
 昼メシ後は解散となり、みんなでぞろぞろ駅へ流れた。
 毎回こうだとすれば、あみちゃんになれなれしく話しかけるチャンスはほとんどないと思われる。あるとすれば、授業が始まる前ぐらいか。
 次回は、学校の最寄り駅で待ち伏せすることにしよう。
 水曜日、料理教室の第一回目の授業へ向かった。
 先にも触れたように、このスクールは毎回顔ぶれが変わるので、一期一会のチャンスをモノにしていかねばならない。料理しながら物色し、最後の試食タイムで話しかけることにしよう。
今日の献立は夏野菜カレー。イメージ的にはさわやかな女性がたくさん学びにきてそうな気がする。
仕事を終え、教室へ。広々したスペースのあちこちで40人ほどの生徒がうろついている。男女比はおよそ2対8。ここから5名ずつのグループに分かれて一緒に切ったり焼いたりする流れだ。パッと見ただけでもカワイイ子が10人はいる。確率的に誰か1人とは同じグループになるはずだ。
「では赤澤さんはこちらのグループで」

強制的に連れて行かれたテーブルには、男ばかりが4人集まっていた。
えっと、これはひょっとして…。
「はい、みなさんで協力してくださいね」
男5人でカレーを作れというのか! わいわい楽しく人参を切れというのか!
馬鹿馬鹿しいにもほどがある。エプロンもつけずに、オレは教室を後にした。ふざけやがって。いくら授業料払ってると思ってんだ。
ギター教室には仕事の都合で行けず、日曜日、2回目のコミュニケーション教室の日。
早めに家を出たオレは、教室の最寄り駅で、あみちゃんがやってくるのを今か今かと待ちつづけた。遅刻したのか、いつまでたってもやってこない。あ、やっとやってきたぞ。うん、オレが目を着けただけあって、さすがにカワイイ。離れて後をつける。
あみちゃんは遅れているくせにコンビニに入ってのんびり買い物をしている。のんきな子だ。コンビニから出てくるタイミングで、自分も遅刻したふうを装って声をかけた。
「あれ? 急がなくていいの?」
「はい。えっと…」
「赤澤です。同じクラスの」
「ああ、はいはい」
一応は覚えていてくれたみたいだ。でもここはさらに印象づけておきたい。
「日曜なのにお互い大変やね」

「そうですね」

「休みの日は何してるの?」
「友達と食事とか映画とか。赤澤さんは?」
「オレはサーフィンやね」
嘘じゃない。数年前から少しかじっているのだ。たまにしか行かないけれど。趣味サーフィン。これは強いだろう。好印象だろう。
「へえ、私の男ともだちもサーフィンやってる人多いですよ」
強くなかったみたいだ。しかも男ともだちがたくさんいるなんて。彼氏とかもいたりするんだろうか。そのうち教室に着いてしまい、会話は終わった。とっかかりとしてはこれぐらいでいいだろう。あせってメアドだのラインだのの交換に走る必要はない。なにせこれから毎週顔を合わせるのだから、チャンスは何度でもあるのだ。ただ問題は、あみちゃんに彼氏がいるかもしれない点だが。

電車の中で、脂ぎったデブでハゲのおっさんが結婚指輪をしているのを見るたび唖然としてしまう。なんでこんな男が結婚できて、オレにはできないんだ。待ち伏せまでして、やっと3分ほどの会話に成功した、コミュニケーション教室のあみちゃん。23と年齢は若いが、ノートのトップに記された名前だ。あれから毎週日曜日には教室で顔を合わせるが、二人きりになれるチャンスがない。いつも授業の後は生徒みんなでメシを食い、食い終わってからもみんなでゾロゾロ駅へ向かうので、気安く話しかけられないのだ。この教室のコースは全10回で終了するため、残り5回しかチャンスはないことになる。毎週会えるのだからとのんびりしている場合じゃないことに気づいた。また、生徒の中には、オレと同じようにあみちゃんを狙っていると思しき男が1人いる。あいつに先を越されないようにも、急いで行動しなければ。先んずれば人を制す。あの待ち伏せで半歩はリードしたはずだから、ここはさらにもう半歩、先へ進みたい。9月の日曜日、いつものように全員で昼メシを食い、さあこれから駅へ向かおうとするタイミングで、うまく2人になる時間があった。今しかない。
「授業ももう少ししかないね」

「そうですね」

「メアドとか交換しとこっか」
これ以上ない自然な流れで目的を伝えたところ、あみちゃんは言う。
「あ、携帯忘れたので来週お願いしますどうなのだろう、この返しは。携帯を忘れるなんてことがあるものだろうか。第一、忘れたとしてもメモに書いてくれればいいだけのように思うのだが。

遠回しに断られたのか。デートもしないうちからフラれたのか。オレはそこまでモテないのか。あれこれ考えてもしょうがない。言質は取ったのだから、来週にかっちり教えてもらうとしよう。 ノート2番目の女性は、ギター教室の瀬戸朝香風美女だ。すでに5回ほど通い、生徒は彼女とオレ、そして50前後のおっさんの3人しかいないことがわかっている。おっさんは論外だから、必然的に朝香ちゃん(便宜的にこう呼ぶ)とオレが付き合うことになるはずだが…。
授業は、先生を囲むように3人が座って、それぞれエレキギターの弦を一本ずつ鳴らす、といった内容だ。リズム感のないオレはいつも繰り返し指導され、朝香ちゃんとおっさんは先のステージへ進んでいる。このような状況で、どうすれば朝香ちゃんに気に入ってもらえるだろうか。上手いならまだしも下手クソの立場からどう接近すべきか。
そんな引け目のせいで、まだ一度もしゃべってはいない。向こうも眼中になさそうだ。
ある日、いいことに気づいた。この学校では授業の後に、希望者がスタジオを借りて自主練習できるようになっている。それに誘ってみるのはどうだろう。ちょっと教えてくれませんか、とかなんとか言って。すぐさま翌週のスタジオを予約しておき、いざ当日、いつもより早めに学校に到着して、朝香ちゃんの来校を待った。話しかけるなら授業前のこのタイミングがベストだ。オレの少し後に朝香ちゃんが、そのすぐ後におっさんがやってきて、ベンチに腰掛けた。おっさんが邪魔だが、ここは動くしかない。

「どんな音楽が好きなの?」さらりと尋ねた。

「エレカシですね」「へぇ、エレカシね」

あいずちは打ってみたが、実はちゃんと聴いたことはない。

「赤澤さん、でしたっけ。どんなの聴くんですか」オレもエレカシだよと合わせたいけど、それではボロが出る。正直に答えるしかないか。

「んっと、キリンジみたいな日本のポップスかな」
「へえ、知りませんね」

会話は途絶えた。しかし、朝香ちゃんは次におっさんに話しかける。

「どんなの聴きます?」
「ああ、ボクはツェッペリンだね」

「へえ、ツェッペリン! どのアルバムが好きですか」
「そうだねえ、4枚目かなあ」
「へえ、なんか趣味が似てますね」 

オレそっちのけで会話が盛り上がっている。くそっ、何がツェッペリンだよ。
おっさんが席を離れた隙に、今日の本題を口にした。

「今日、授業のあと、一緒に練習しない? スタジオ予約したから」
勇気を出した誘いは、即答で一蹴された。
「えー、ごめんなさい。家でやります」
スクール通いに光明が見いだせなくなってきたころ、友人から誘いがあった。女の子2人と川遊びに行かないかという。1人は30代、もう1人は20代前半で、若い方はそこそこ可愛いそうだ。
断る理由はない。当日は早朝からクルマを出して、3人を迎えにいった。
まずは友人を拾う。

「今日は頑張ろうな。俺は若いほう行くから、赤澤は30代でいいだろ」
「え、ちょっと待って。俺も若い方がええけど。ところでその2人、どういう知り合いなん?」
「30代のほうは会ったことあるけど20代はそいつの友達で、かなりイケてるらしい」
そうか、そういうことか。こいつはオレにドライバー役と30代ブスを押しつけて、自分が若い子をかっさらうつもりだったのだ。そうはさせるか。まもなく30代が乗り込んできた。うん、やっぱこの人はパスだ。続いて本命の20代を拾う。彼女はまだ幼い顔をした美少女だった。胸はペッタンコだけれど、その他は車内での会話で、非の打ちどころがない。やる気が出てきた!神奈川の奥地の沢に到着し、まずはぴちゃぴちゃ水遊びからスタートだ。20代のミナちゃんは水着を持参していることが判明している。ここはひとつ大胆露出を期待したい。
しかしいつまで経っても着替える様子がない。オレは業を煮やした。 「ミナちゃん、水着にならへんの?」
「なりません」
「なんでなんで?」
「絶対ヤだ」
意味がわからない。何のために持ってきたんだ。オレたち2人のことが気に入らなかったのだろうか。水着を見せる価値ナシと判断されたのか。それならばこっちにも出方がある。幸い、彼女はペチャパイなので、浮きブラから胸チラを狙いやすい。たっぷり覗き込んでやる。ミナちゃんがしゃがむたびに、胸元を凝視すること数十回、ついに小さな乳首が! よし!その心のガッツポーズが彼女には見えたようだ。
「さっきから胸元ばっかり見てますよね。キモくないですか?」「え…」
「もう私、帰っていいですか」
必死でなだめすかして、とりあえず一緒に遊びつづけたが、ミナちゃんはオレとは口をきいてくれなかった。この夏は何一ついいこともなく終わった。

2、料理教室の山本梓似の先生に、授業後こっそり近づいて手紙を渡したが、返事はついに来なかった。せめて食事ぐらいはできると踏んでいた。先生という立場なら、大事な生徒に対し社交辞令でも送ってくれればいいのに、それすらないとは。モテない人生はいよいよ深みにはまってきた。休みを取って宮古島へ1人で遊びに行くことにした。友人が以前、ゲストハウス(集団生活する安宿)で 女の子と仲良くなり、そのまま付き合ったことがあると聞いたからだ。料理教室のショックもあり、もう東京砂漠でせこせこ行動するのはイヤになった。南の島での出会いならロマンチックだし、こんなオレのことも魅力的に見えるに違いない。そういうわけで10月、友人が彼女を作ったのと同じゲストハウスを予約し、単身乗り込んだ。三泊四日の予定だ。

島に到着し、一気に気分が盛り上がってきた。太陽はまぶしく、真っ青な海に、白い砂浜。まさに恋をするためのような島だ。昼間は何もすることなく部屋でゴロゴロし、夕方になって宿のメンバーがぞろぞろと戻ってきた。どうやら宿泊客は女6人、男はオレを含めて3人だけという願ってもない環境のようだ。「どうも。東京から来ました赤澤です」堅苦しいあいさつに、陽気な声が返ってくる。
「こんにちは〜」
「よろしくでーす」
みんなフレンドリーで、とても初対面とは思えない。東京では絶対にありえない雰囲気だ。オレ以外の全員、ダイビングが目的で各地から来てるらしい。
すぐに夕食の時間になり、みんなで近くの居酒屋に繰り出すことになった。合コンが強制的に行われるようなものだ。
軽い自己紹介のようなものを聞きながら、さっそく狙いを絞りにかかった。いちばん光り輝いているのは、埼玉から来ているフリーターのトシミちゃん(20代半ば)だ。他は容姿がイマイチだったり、地元が遠かったりで、恋愛になる気がしない。事実上、トシミちゃん一択のようなものか。他のメンバーの手前、初日から馴れ馴れしく接近するのもどうかと思い、その夜はおとなしいキャラになっておいた。ただ、気になることがひとつあった。男の1人が20代とまだ若くそこそこのイケメンで、しかも大手商社マンだというのだ。こいつが単細胞なダイビング野郎ならいいが、もし女狙いだとするとかなり手強いライバルとなる。気をつけないと。
翌日はみんながダイビングに出かけたので、日中はひとりぼっちで過ごし、夜はまたみんなにくっ付くようにして居酒屋へ。そろそろトシミちゃんに接近し始めないと。
居酒屋では、答えに窮する質問をぶつけられた。
「赤澤さん、海に潜らないで何してるの?」
「いや、のんびりしようと思って」
「珍しいよね。わざわざ東京から来て潜らないって」
「うん、まあ、魚にはあまり興味がないので」
ちょっとしたシラけムードが漂った。空気を読めてなかったか。
さらにこの夜の席上で、危惧していたことが起きた。商社でバイト経験のある女が、やたらと例の商社マン君を持ち上げるのだ。
「商社の人はほんっとにモテるよね」
「いや、そんなことないって」
「いやいや、モテるって。金持ちだし安定してるし」
「いや、そうでもないって」
持ち上げる女と、謙遜する商社マン。このやりとりを周りが聞くうちに、だんだん商社マンの株が上がっていく。
「へえ、じゃあ私、立候補しよっかなぁ」
「えー、じゃあ私も〜」
肝心のトシミちゃんまでその輪に加わっているのだからどうしようもない。
ここは強気に出ようと、隣の席へ移る。
「トシミちゃんは埼玉のどのへんなの?」
「大宮です」
「へえ、じゃあ今度、池袋の水族館とか行こうか」
「え、魚、興味ないんですよね?」
「いや、熱帯魚はどうでいいけど、池袋の魚はおもしろいかなと思って」
「何ですか、それ」
ちょっと笑ってるが、どちらかというと苦笑気味だ。マズイ。本当にキャラ設定を間違ってるのかも。
オレが東京に戻る前日の夜。飲んだ後に、みんなで近くの星空スポットへ出かけることになった。
もう勝負は今夜しかない。トシミちゃんと一緒に暗闇へ消え、そこで告白するのがベストだろう。
ところが、夜空をぶらぶら歩いてスポットへ向かう途中、とんでもないシーンを目撃してし まった。商社マンとトシミちゃんが仲良く手をつないでいるのだ。みんなの前でオープンにしてるだけに深い意味はなさそうだけど、先手を取られたようでモヤモヤする。オレも後で手を握ってやる!
そう意気込んでみたが、2人が離れる気配はなく、スポットに着いてからはぱらぱら離れて座り、オレは孤独に夜空の星を見上げるだけだった。
翌朝、ゲストハウスのラウンジに、トシミちゃんが1人で座っていた。
メアドを聞き出す最後のチャンスと近づくと、珍しく向こうから話しかけてくる。
「あ、赤澤さん、今日帰るんでしたね」
「そうそう」
「昨日見ました?」
ん?目が泳いでいる。はいはい、あの手つなぎのことね。見ましたとも。
「ああ、うん。手つないでたね」
「それだけ?」
「へ?」
「それだけだよね?」
どういう意味だ。それ以上もあったってことか?
手をつないだことが「それだけ」扱いということは、あの真っ暗な星空スポットで、こいつらはそれ以上のことをしたことになる。少なくともキスは確定だ。この狼狽ぶりからして、チュッみたいなのじゃなく、レロレロ舌をからませたんだろう。
「いや、他は見てないけど」
「ふーん、じゃあ良かった」
はぁ。宮古島くんだりまで来て、狙った女子をさらっとかっさらわれるなんて。オレはミスター・ミゼラブルか。
帰りの飛行機では、せつなすぎて目が潤んでしまった。
八方ふさがりのこの状況を、最後の手段で打破することにした。
みなさんは『恵比寿』という地名を知っているだろうか。『中目黒』
はどうだろう。どちらも東京随一のお洒落スポットで、芸能人なんかも数多く住んでいるエリアだ。
その地域に、このオレ、赤澤慎吾は引っ越したのだ。今までは新宿のはずれの貧乏学生だらけの町で、ワンルームを借りていた。内装や家具の類いもサエないため、女の子に
「ちょっと家に来なよ」とは言い出しにくい部屋だった。
しかしこれからは中目黒だ。渋谷や恵比寿あたりで飲んだ帰りに、軽く誘うのになんの困難さもない。むしろ向こうから「行きたい」と言い出すんじゃないか。
「え、マジで! ナカメ(中目黒)のマンションに住んでんの!」
これから出会うであろう美女の驚く顔が目に浮かぶようだ。そのまま同棲の流れだって考えられる。
駐車場代を含めて家賃は15万円。キツイ額だが、人生でこんなに贅沢できるのも独身のうちだけだと大奮発するとしよう。
作戦はもう考えてある。恵比寿あたりのバーに入り浸り、マスターと親しくなり、その流れで女性客とも仲良くなる。その後に、ナカメ住みを軽く打ち明け…。幸い、クリスマスも近く、恵比寿、中目黒界隈は盛り上がるシーズンだ。宮古島の借りはナカメで返してやる!

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ