011_20211004082312643.jpg

タダで女子のパンティ生脱ぎシーンを見る方法です。
ます下着売買掲示板を便って生脱き女たちにコンタクトを取ります。
ハイレベルな女の子を狙うなら高めの金額を提示した方がいいでしよう。相場は6千円から8千円程度。生脱きの場所は障害者用のトィレがお勧めです。

「すぐ済むからここでいいでしょ」と誘い入れましょう。肝心なのはここからの身のこなしです。財布から万札を取り出し、片手でチラチラさせますが、まだ女の子には渡しません。この商取引はパンツの購入、なのてすから、パンツが我が手中に入るまではお金を払う必要がないのてす。あくまで払う意思があることだけアピールすれば十分です。
こうして女の子がスカートをたくしあげ、パンツを下ろし、白いお尻が見えたところで、その映像を目に焼き付けます。

下着売り場のオネーサンがどんなパンティを履いている??
下着フェチを自認する方なら、町中でキレイな女の人とすれ違うとき、一度くらいこういつ妄想をしたことはあるはずです。

ああ、この人はどんなパンティを履いてるんだろう、
スカートをたくし上げて、じっくりと見てみたい
もっとも、現実にそんなことなど出来るはずもありませんし、たとえ1万円払うからとお願いしても、白い目で見られるのが関の山です。

そこで僕は、その願望を半分だけ叶える方法を編み出しました。何がどう「半分」なのかは、説明を読み終えたときにわかるでしよう。まず向かうのは、女性の下着売り場です。ここで、なるべく好みのスタッフに声をかけます。
「あの、すいません。彼女に下着をプレゼントしたいんですけど、相談に乗ってもらえませんか?」当然、相手のオネーサンは「はい」と快く応対してくれるので、すかさずひとつ目の質問をぶつけます。

「今だと、どんなタイプのものが売れてるんですかね?」
オネーサンが、あれやこれやと売れ筋のパンティを見せてくれたところで、今度は第2の矢を。
「ああ、なるほど。あと、他にオススメがあれば、教えてもらいたいんですけど」
すると、オネーサンはまたなにかしらの下着を取り出してきます。
「そうですね。私なら個人的に、こういっのがよろしいかと思いますけど」とかなんとか言いながら。

さて、本番はここから。これまで放った2つの質問は、オネーサンに対してある問いかけをするための布石でしかありません。
その問いかけとは、「あ、ちなみになんですけど、店員さんはどんなの着けてるんですか?」
のっけからこんなことを聞いてもまず答えてはくれませんが、先にクッションをダブルで挟んだ流れでなら、こく自然に自分がいま履いている(あるいは自宅に所有している)パンティを教えてくれるって寸法です。これで「半分」の意味がわかっていただけたと思います。教えてもらったパンティを購入すれば、彼女のナマ下着姿を拝むことはできなくても、それを忠実に妄想することが可能になるのです。だって、本人が使用している下着と、まったく同じブツが我が手にあるんだから。話がややマニアックすぎたかもしれませんが、騙されたと思って、一度試してみてください。皆さんが想像する以上に興奮できますよ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★





夏のおすすめ動画

プロ仕様の最強媚薬


アダルトグッズが何でも揃う、大人のおもちゃ激安通販専門店


本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ