201301116.jpg201301117.jpg

秋、それは人肌恋しきクンニの季節。そんな折に一通のメールが届きました。
〈国田さん、初めまして。ぜひ私も舐めて欲しいです〉
さっそく快諾の旨を返信しました。女性は千葉県在住の26才OLさん。
彼氏いない歴はかれこれー年ほどで、クンニも久しくされていないそうです。メールのやりとりが続くうち、〈ー日中ずっと舐めててほしい〉〈夜は私が寝るまでずっと舐めてて〉〈朝はクンニで起こしてほしい〉
などと率直な欲望をお伝えいただくようになりました。元より長時間のクン二というご経験がないとのことで、クンニ道である僕に興味を持ってくださったようです。
というわけで、OL様のご要望どおり、のっけから泊まりでお越しくださることになりました。彼女のクン二欲求は、いきなり見知らぬ変態男の自宅に泊まることすら辞さぬまでに高まっているのです。そう思うと僕もなんだか興奮いたします。
迎えた当日、駅でOL様との初対面です。長い黒髪、そしてスカートからのびた長いおみ足。お嬢様っぽい上品な私服で、こ登場されたOL様は、遠目からも美人だと認識できるほどのルックスの持ち主でした。
「どうも。想像してたより普通だね」
OL様は変態男と会うにあたり、それなりのキモさも覚悟されておられたようですが、意外に普通な僕の容姿に安心されたようです。部屋に着くなりラフな格好に着替えてスタンバイはOK。下半身丸だし、大の字で横たわるOL様にクンニ奉仕を始めさせていただきます。「うわあ…、気持ちいい・・」すぐに声を出していただけました。下かり上へ、下から上へ。何度も何度も丁寧に舐めあげ、それを延々とくり返します。
「この状態で過ごせるとかマジ最高。ホントにー日中舐めててね」
その、こ満悦なご様子に、僕も幸せを噛みしめます。ゴ口寝しながら過ごすOL様は、心身共にリラックスしておられるようでした。
テレビを観たり、漫画を読んだり。机に向かってネットをしたり。時にはうたた寝をしたり。のんびりまったりお過ごしになられる間、もちろんどの状況でも「絶対に口は離さないでね」とこ忠告をいただきます。僕はそれぞれの態勢に合わせて常にクンニ奉仕やアナル舐めをして、OL様が心地よく過ごせるように役目を果たさせていただきました。夜はOL様が寝付くまでお舐めして、朝はクンニで起こさせていただきました。
「ん…ああ…朝のクン二が一番気持ちいいかも。毎日これで起こされたい」
結果、6畳半のこの部屋に、泊まりで24時間以上も滞在していただきました。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




夏のおすすめ動画


プロ仕様の最強媚薬


要らなくなったエロDVDはお金に変えよう!
アダルトDVD買取

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ