SnapCrab_NoName_2021-8-13_11-34-46_No-00.jpg
何かしらターゲットと一緒に酒を飲む名目を作ってしまうのが一番だ。たとえばこんな風に。
男︿最近、仕事の調子どう?﹀
女︿すごく忙しかったんだけど、やっと一段落ついたの﹀
男︿そいつはお疲れさん。大変だったね。あ、そう言えば、銀座にシャレたフレンチレストランが出来たらしんだけど、そこでお祝いでもしようか﹀
あるいは、こう。
女︿昨日、上司にこっぴどく叱られてさあ﹀
男︿そっか、大変だったね。あ、そう言えば浅草に旨い鰻屋があるって聞いたんだけど、そこでパーツと気晴らしでもしようか﹀
このように多少強引でも「集う理由」を提示すれば、普通に誘うよりギラついた感じをカモフラージュできる。その意味では
「あ、そう言えば」のひと言もマストだ。

デートに誘ってもその日は用事があると断られそう
︿一度、飲みにでも行きません? 今度の土曜はどうかな?﹀せっかく勇気を出してメールしても、これでは相手がよほどこちらに好意を持ってない限り、サラッとかわされるハメになる。
︿ごめんなさい。その日は予定が入ってるの﹀と。そこで推奨したいのが『択一法』である。
︿新宿でいい居酒屋みつけたんだけど行ってみない? 木金土あたりで空いてる日教えて﹀
おわかりだろうか。求める答えを「飲みに行くか行かないか」ではなく「3日のうちのいつか」にすり替えているのだ。居酒屋に行くことをすでに大前提として。面白いもので、女というのはこの手の択一問題を出されるとつい本気で回答してしまうものだ。むろん、ハナから脈ナシならそれでも断られるだろうが、当確ラインぎりぎりの場合は、かなり有効だ。

飲みに誘ったら「彼氏いるけどいいですか」飲むだけムダか?
結論から言うと、落胆せず臆することなく、かといってガッツいたところはおくびも見せず、普段どおりの態度で誘えばいい。というのも、こんな台詞を口にする女の心理というのは、微妙繊細なところをゆらゆらと漂う、不安定な状態にあるからだ。飲みの誘いに応じるからには、決してこちらに興味がないわけではない。ただ、完全に信用しているわけでもないので、予防線の一環として、亭主の存在を打ち明けたと考えられる。あるいは、単に亭主のグチを聞いてもらいたいだけなのかもしれない。もちろんその場合も、こちらに多少の興味があってのことだ。モノにするチャンスは十分あると言っていいだろう。

声かけした女に「なんで私?他にカワイイ子歩いてるじゃん」
こういう台詞を吐く女の心理はズバリ、自分を誉めてもらいたい、だ。であれば、
「そんなことないよ。見渡す限り、キミが一番キレイだよ」
 と、おだてておけば良さそうだが、トンでもない。大間違いである。なぜなら、非常にウソくさくなるからだ。誉めてもらいたいと思う一方で、ターゲットは自分よりキレイな女がいることもちゃんと理解している。下手なお世辞は白けムードを招くだけだ。
 かといって、「確かにキミよりカワイイ子はいるけど」と同調するのも論外。瞬間、ターゲットはスタコラと去っていくだろう。当然だ。行けば地獄、戻るも地獄。では正しい対応とは何か?無視である。即座に別の話題を振り、聞かなかったことにする他ない。
消極的な戦法だが、次の展開につなげるには、これがもっとも無難な手なのだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




夏のおすすめ動画


プロ仕様の最強媚薬


要らなくなったエロDVDはお金に変えよう!
アダルトDVD買取

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ