2011031.jpg2011032.jpg2011033.jpg2011034.jpg
ついに取引先のアイドル新入社員、多田さんとヤルことに成功した。落とせる可能性はかなり低いだろうと思っていた強敵だったが、まさにワンチャンスをモノにした奇跡のゴールだったと言えるだろう。かわいい多田さんとのエロいセックスを思い出すたびに震えるような興奮がよみがえる。思い出しオナニーを何度もしてしまったほどだ。これで勢いをつけて、残りの3人を一気にヤッてしまおう!といきたいところだが、現実はなかなか難しい。
ターゲットに多少の動きもあったので、それぞれご報告させていただく。まずは、興奮冷めやらぬ多田さん。翌日にお礼のメールが届いた。ヤッちゃったことには一切触れずに、自分の有休に付き合ってくれたことへのお礼が述べられているのみ。その後も何度か仕事で顔を合わせたが、以前と変わらずにこやかに俺と接している。彼女の顔を見るたび、あの夜を思い出し、もう一回ヤリたい! という思いに駆られるが、多田さんのいつも通りの態度が俺を現実に引き戻す。取引先の女性と面倒なことにはならないほうが良いにきまっているのだが、少々寂しい気もするなぁ。ちなみに喧嘩をしていた彼氏とは仕切り直しのデートを楽しんだそうだ。続いて、巨乳の元ファーストフード店員、北村さん。『バイト決まった?』とメールを送ったところ、『すいません。まだ決まってません』との返事。よかったらまた会えへん? と誘うと、昼休みだったら大丈夫とOKしてくれた。誘えば嫌がらず会ってくれる。押せばヤレる相手なんじゃないだろうか? 期待を胸に、学校近くのカフェレストランで久しぶりに会った。
「すいません、バイト決まってなくて。学校の実習が結構キツイので、バイトは無理かなって思ってるんです」
俺が話したニセ企画の役に立てなくて申し訳なさそうだ。俺としても、彼女がバイトしないのなら企画を続ける意味がない。
「実は、あの企画、ボツになりそうやねん。こっちこそゴメンね」
ちょっとホッとした表情の北村さんと、昼食を食べながら世間話をする。前回よりは話がかみ合っている感じがする。いいぞ。
「北村さん、彼氏おれへんかったよね」
「はい。っていうか、今まで一度も付き合ったことないんです」
それってどういうこと?
「好きになった男の人、一人もいませんし。付き合うのもめんどくさいですしね」
でも、この可愛さ、このスタイルなら男が放っておかんやろ。
「あはは、そんなことないですって。全然モテないですもん」
ホントかどうかわからんが、聞けば男とキスしたこともないらしい(女性とはあるらしいが)。ということは、処女?この奇跡のロケット型オッパイを揉んだ男がいないっていうこと?もったいない。もったいなさすぎるやろ!男と距離を置こうとするのには何か原因があるのかもしれない。もしかしてレズだったりして。いずれにせよ、処女だし、ちょっと面倒なターゲットであることは間違いないなぁ。
動画サイトの女で、現ホテヘル嬢のM子さん。こわーい男の存在が理由で攻めるのをためらっていたのだが、1カ月ほど前に彼女からメールが来ていた。
『ご無沙汰しています。お元気ですか?よかったら今月中にお店に来ていただけませんか?』
なんや、久しぶりやと思ったら営業のメールかいな。行けたら行くよと適当に返事を送っておいた。2週間ほどして、ふと彼女を思い出し、動画を数ヶ月ぶりに再生した。やっぱりいい女だ。多田さんとはまた違った大人の女の魅力があふれている。やっぱりヤリたいなぁ。店で会う分にはリスクはないだろしなぁと考えながら、彼女が働いているホテヘルのホームページをチェックしてみると、『コンパニオン』の一覧に彼女の源氏名〝H子〞の名前がないじゃないか!?
もしかして辞めたのか? 店に電話で問い合わせると、先日お店を辞められましたとのこと。『今月中に来て』とは、もしかしてこういうことだったのか? くっそー! こんなことなら、会いにいっとくんだった。
『店、辞めたみたいやね』とメールを送ったが、送信エラーで返ってきた。すでにあのタワーマンションも引き払っているかもしれない。もうM子さんとの接点は完全に途切れてしまったのか? こちらからは敢えてアプローチすることを控えてはいたものの、こういう状況になっては残念で仕方がない。もはや、動画でしか彼女とは会えないということなのか…。最後に、大学の同級生で、近所に住む紺野さん(浜やん)。彼女の息子が私学に進学してからは、子供の学校行事で顔を合わせることもなくなった。ここ2カ月ほど顔も見ていない。近所の目もあるので、動きづらいということもあるが、それ以上に俺自身の彼女に対する〝ヤリたい度〞が低下していることは間違いない。やはり、スッピンでジョギングしている姿を見てしまったのがまずかったか。ターゲット、それぞれ事情はことなるものの、いずれもが非常に厳しい状況に陥っている。それじゃ、彼女たちに見切りをつけて新しいターゲットを見つけるのはどうか?
単にヤリたいと感じる女性なら何人でもいる。
近くのコンビニの店員、電車で時々みかけるOL風の女性、歯医者の受付嬢、友人の奥さん…。もともとストライクゾーンが広めの俺にとっては、街中ヤリたい女だらけだ。が、それは「もし簡単にエッチできるのなら」という前提での話。〝ヤルノート〞に載せるのにふさわしい、時間と労力をかけて、場合によってはリスクを冒してまでターゲットにしたい女はそうそういるもんじゃない。いや、それだけじゃない。
俺の中で、ヤリたい女の基準が上がってきているのではないだろうか。紺野さんへのヤル気が萎えてきているのも、そうだ。小西さんとの気持ちを大きく揺さぶられたセックス、そして超かわいい多田さんのピッチピチの身体。これらを超える悦び、興奮が得られそうなターゲット、ルックスはもちろんのこと、なにか大きな付加価値をもった女性でない限り、ヤルノートに名前を載せようという気にならないのだ。この俺の〝ヤル〞気を奮い立たせ、挑戦したいと思わせる魅力的なターゲットは現れるのだろうか?
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




レアおすすめ動画



本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ