デリヘル嬢とアフターデート体験談デリヘル嬢とアフターデート体験談デリヘル嬢とアフターデート体験談デリヘル嬢とアフターデート体験談デリヘル嬢とアフターデート体験談デリヘル嬢とアフターデート体験談デリヘル嬢とアフターデート体験談デリヘル嬢とアフターデート体験談

ここんとこ、全く顔を合わせていなかった紺野さんだが、先日、帰宅途中にコンビニから出てきたことろでばったり出くわした。彼女、ジョギング中のようで、ジャージ姿にキャップをかぶり、腰にはボトルポーチと完全武装で気合いが入っている。
「あら、河内くん、久しぶりっ!」
話しかけてくれるその笑顔は、まったくのスッピン。化粧っ気のない20代後半の女の素顔はシミ、シワが目立ち、さすがにちょっとキッい。俺がヤリたいセレブで、色っぽい紺野さんとのギャップは大きすぎるやないか。はぁ.ちょっとガッカリや。
結麗なスタイルを維持するために努力を惜しまない姿勢は素晴らしい。でも、できればその姿を見たくはなかった。「じゃ、またね」
さっそうと走り去る後姿を眺めながら、しばらく紺野さんは放置することに決めた。残念ながら今、リスクを張ってまで積極的に攻めていく気分にはなれない。それより、今はM子さん、多田さんの二人に集中だ。まずは、取引先のアイドル新人の多田さん。なんとか彼女との距離を縮めていきたいのだが、様々な障壁が俺の前に立ちはだかっている。特に彼女の上司の部長がやっかいだ。男女の付き合いには非常にうるさいらしい。
同じ部署内での恋愛はご法度だし、不倫なんて論外。そんな中、取引先の俺が新人の女の.にちょっかい出そうという
動きに気つかれたなら大問題だ。俺だけの責任で済まないかもしれない。また、コンブライアンスかなんだか知らないが、取引先との飲食については必ず上司に届け出なくてはいけないという非常にお堅い会社。気楽に多田さんを食事に誘うこともできやしない。なかなか社外で会う機会をつくりにくい状況なので、打ち合せ中に二人の距離を縮めるしかないのだが、先方の応接室内ではやはり限界がある。なんとか、社外で会う方法はないものか。
あれこれ考えた末、一つの作戦を思いついた。打ち合わせ時にわざと忘れ物をし、彼女に届けてもらうのだ。ベタな方法ではあるが、やりようによってはうまくいくかもしれない。
では、何を忘れるか。無くては困るものじゃないと、

「次の打ち合せまで預かっておきますね」

「宅急便で送りましょうか」となりかねない。腕時計なんかどうだろう。
そして、肝心の、どうやって多田さんに届けてもらうかという点だが、彼女の住まい
(会社のマンション寮) の場所を考えると必ず梅田を経由するはずだ。できれば帰宅時
に梅田で渡してもらえるように仕向けたい。
次回の打ち合せの時、さっそく実行にうつした。打ち合せ終了は夕方4 時半。帰宅時に届けてもらうにはちょうどいい時間だ。
多田さんの目を盗んで、腕時計をソファに腰掛けた俺の尻あたりに忍ばせる。今、ここで忘れものにのっかれなければ意味がない。仕事の話をしながら応接室を出ることで、ソファに彼女の視線がいかないように気を配った。
あとは反応を待つしかない。さあ、どうだ?多田さんは俺の腕にいてくれるのか?
会社に着こうかという時に、携帯が鳴った。
「河内さん、時計、忘れてません?」
多田さんだ
「あぁ、多田さんの会社に忘れてたんや。よかった。ついつい腕時計を外すクセがあるからなぁ。どこに忘れてました?」
「ソファの上にありましたよ。ゴメンなさい。すぐにつけばよかったんですけど。それでどうしましょうか?河内さん。ないと不便ですよね。御社までお持ちしましょうか?」
「わざわざ持ってきてもらうなんて申し訳ないわ。それに今からまた外出して会社にいないしね」
梅田で仕事があるわけもない。あくまで多田さんの帰宅時に会うための方便だ。
「あつ、そうや。多田さん、今日、何時頃に仕事終わる?もしよかつたら、帰る途中に梅田ででも渡してもらえればめちゃ助かるんやけど」
「梅田やつたら、だいたい7時位になりますけど、大丈夫ですか?」
「それなら、ちょうどいいわ。ごめんね、無理言って。助かるわ」
よしゃ!『忘れ物』まずは成功。社内の決まりで、取引先との飲食届ける義務があるとはいえ、この流れの中で、軽くメシでもいこうというのはアリでしょう。

彼女と会う以外に梅田に用事がない俺は、社内で仕事を済ませてから7時に間に合うように会社を出た。ドキドキしながら彼女からの電話を待つ。そう言えば、私服の多田さんに会うのは初めてや。私服姿もいいんやろな。7時5分見たことのない携帯番号からの着信が入つた。多田さんや!
「すいません、遅くなりまして。河内さん、今からでも大丈夫ですか?」
「ぜんぜん良いよ」
彼女がいる場所に、ダッシュで駆けつける。いたいた、いたぞ。多田さんや!でも、ちよっと服装が微妙やぞ…。フリフリの超短いスカートに籍のレギンス、派手なTシャツにジャケット。まとまりがないというか、なんというか。多田さん、センス悪い!?
「ゴメンね。助かったわ!もし時間あつたら、お礼にサクッとメシでも奢らせて」
「ゴメンなさい。今日これから合コンなんです」
「え?」
シヨックで倒れそうになった。それで変に気合が入った格好をしているのか?
7時半集合ということなので、気を取り直して、少しの時間でも多田さんと社外の時間を楽しもう。すぐに近くの喫茶店に入る。合コンの相手は、同じく新人のサラリーマンたちらしい。まあ、そうやな。普通は男がいいに決まっている。
「でも、ほんとは私、若い男のコよりも、もっと年上がいいんですけどね」やった!うれしいこと言うやん。
「やっぱり5 つ位上がいいかな。MAX35才でもOKですよ」
MAXでもひと回りも下の年齢やん。ということは俺のような歳のオッサンはといろんな話を振るのだが、音楽、スポーツ、お笑い…まつたくかすりもしない。倍以上の年齢なのだから仕方がないんだろうが、こんなんじや、お先真っ暗だ。彼女の上司や会社の障壁なんて大した問題ではなかった。わかっていたことではあるが、年齢の差という大きな壁が俺の前に立ちはだかっている。うれしそうに合コンに向かう多田さんを見送ると、俺は思わずため息をついてしまった。
「メシでもいけへん?」
「うんいくいく」
一方のM子さん。デリヘルの客として彼女と過ごした時間は最高だった。
生身の彼女の匂い、声……なぜか時間がたつにつれて、俺の中でその魅力がだんだん増幅されていく気がする。一度、M子さんのエロ動画も再生してみたのだが、あんなにお世話になった2次元の彼女がまつたく色褪せてしまっていた。やっぱり生身のM子さんに触れたい。エッチしたい!
彼女をプライベ—卜で落としてみせると気合は入れたものの、打ち手がなかなか思いつかないのがだ。マンションの前で待ち伏せて、偶然を装うとしても、どう声をかけていいものかイメ—ジがわかない。それにベンツの怖いおにいさんとバッタリなんてことになれば酒落にならないしなぁ。
うん、情けないが、もう一度、デリヘルで会うしかないか。そう決めると、彼女に会いたい!M子さんにはメアドをもらっているので、彼女の出勤状況を確認したうえで会うことが可能だ。さっそくメールで確認し、2日後に予約を入れた。
仕事帰りにラブホに入り、M子さんの到着を待つ。前回はドキドキの緊張した時間だったが、今回はワクワクした気持ちだ。
部屋のベルが鳴りM子さんが入ってきた。今回はデニムに鋪フラカゴス瞳というカジュアルな服装だが、避暑地のセレブという感じで、これもいい!美人はどんな格好しても絵になるなぁ
(あっ、多田さんはそうでもなかった)。
こんな結麗なM子さんと、何も考えずにイチャイチャを楽しみたい。でも、今日はそういう気持ちはグシと抑えて、彼女とプライベートでも会えるだけの関係をつくり上げることに集中しよう。

「こんばんは。今日は、暑いですよね」
本当に暑そうなM子さんを見て冷蔵庫から冷えたビールを取り出した。
「えっ、うれし!いいんですか?」
彼女、本当にうれしそうだ。
結果的には、最初にビールを勧めたのが大正解だった。二人でお酒を飲みながら、リラックスした雰囲気の時間が過ぎていく。結局、冷蔵庫のビールを全部飲みつくしてしまったほどだ。途中、1回口でヌイてもらったのを含め、終始恋人のようにイチャついたことに調子こいた俺は、M子さんに切り出した。
「今日は、もう終わり?」
「うん、だって、そうじゃなかったらこんなに飲まへんよ」
「じゃ、今からメシでもいけへん?」
「うん、いく、いく!」

M子さんを、デリヘルのアフターに誘うことに成功した。キタの街を彼女と腕を組みながら歩く。正直、メッチャうれしいーモデルばりのスタイルに綺麗な顔、いやでも彼女は目立つ。横を歩いていると、すれ違う街ゆく男たちのがM子さんに投けかけられるのがよくわかる。俺もいつもこんな感じで女を見てるんやろなと思うと少し恥ずかしくなるほどだ。
同時に、腕を組んでいる俺に対して「ええなぁ」「なんでこんなヤツが」という男たちのうらやましそうな顔を向けられるのも、なんか気持ちいい。
今日は、M子さんとのデー卜、楽しむぞ!
意外にもオタッキーな女性
「なんか辛いものが食べたいな」という彼女とエスニック料理店に入る。ビールで今日2回目の乾杯だ。「ありがとう、今日はご飯まで誘ってくれて」
いやいや、それはこっちのセリフです。酒が入っているからか、M子さんの黒くて大きな瞳が少し潤んで見える。ほんまに結麗な女やなぁ。いきなり彼女が聞いてきた。
「河内さん、子供いたよね」
「うん、いるよ。ふたり」
「いいなぁ。子供、欲しいなぁ」
「まだまだ若いんやか一はよ結婚して、作ったらいいやん」
「結婚なんて、まだまだできそうにないわ。あんなことしてるうちは」
M子さんの表情が少し険しくなった。
あんなことって、デリヘルの仕事のことか?最初から、話が暗く、重たい方にいきそうなので、趣味や仕事がない時の過ごし方といった差し障りのない話題に変えよう。
意外なことに、M子さんは時間がある
時はほとんど自宅でゴロゴロ、ビデオやゲーム、ネットで過ごしているややオタッキーな女性であることがわかった。こんな椅麗な女が家で龍っているなんてもったいない話だ。外に出て、男たちの目を楽しませてくれないと。そして、M子さん、どうやら独り暮らしの様子。ということは、あのベンツの男とは同居していないということで、ちょっと安心した。
楽しく飲み食いして、お腹がいっぱいになったので、エスニック料理店を出て、2軒目に誘う。
「うん、私も、もう少し飲みたい」
よしよし。まだ彼女と二人で過ごせるぞ。落ち着いて話ができる大人な雰囲気のバーに連れていった。酒が大好きで、かなり強いと思われるM子さん、俺よりハイペースでカクテルを空けていく。口もどんどん滑らかになっていき、こちらから聞き出そうとした
わけではないのに、彼女の身の上話になった。

専門学校を中退した後、彼女は京都の祇園で2年、キタ新地で3年、ホステスを経験した。この美貌だ。人気ホステスだったことは間違いないだろう。
「調子に乗ってたんかな」
絶好調の彼女に「金の心配はせんでいいから、店を出さへんか」とベンチャー企業の社長がパトロンを買って出たらしい。新地に自分の店を出すことになったが、オープン直前にパトロン社長の事業がコケてしまう。梯子をはずされた格好になったM子さんは、結果として、かなりの金額の借金を背負うことになってしまった。契約などの条件がどうだったかはわからないが、もしかしたら、この社長にいいように甘い汁を吸われていただけなのかもしれない。
「働けへん?って誘ってもらったお店もあったけど、店、出すの失敗してすぐに雇われに戻るのもイヤでね..」
それで風俗の仕事を紹介してもらったのだそうだ。今、銀座や新地の元ホステスを売りにしている風俗があるが、どうやら、不景気でホステスで稼げなくなった彼女たちを風俗に紹介するブローカーがいるようだ。
「収入を考えたら、福原(ソープ)がよかったんやけど、どうしても最後までするっていうのがイヤで、今の仕事に決めてん」
「M子さんは今の仕事を始めてどれくらいになるの?」
しまったぁ!言った瞬間に気がついた。「M子」は動画サイトの源氏名。デリヘルでは「H子」なのだ。これじゃ、俺が動画サイトのM子さんを知っていると言ったのと同じだ。ヤバい。最悪や!あまりにもうかつすぎるやないか、俺は。
「……河内さん、もしかしてネットのビデオ見たの?」
あかん、バレてしもた正直に答えるしかないか。
「うん、見たよ」
「それやったら、そう言ってよ。恥すかしいやん」
彼女の表情には不信や怒りはまったく感じられない。なんでや?
「いまでも何人か、いたはってん。見たことあるっていうお客さんが。あれ、私、最後までヤっちやってるし。ネットってどこで誰が見てるかわかれへんから、やっぱり出なきゃよかったって後悔してんねん」
どうしても短期で金が必要で、しかたなく出演したらしい。しばらく話しているうちに、少し悲しそうな顔をしてM子さんがポッリと言った。
「もう、こんな生活、イヤやねん。」
デリヘルの仕事が辛いらしい。
「河内さんみたいな優しいお客さんばっかりじゃないし。どうしても生理的にムリっていう人のを口でしたりするのは、申し訳ないけど気持ちが悪くなっちゃって」
そりゃ、M子さん、この仕事に向いてないでしよ。風俗嬢してるコは、ほぼ100%お金が目当てなんだろうが、「エッチが大好き」とかどんな男とでも平気っていうのがないと続けらへんちやう?
「だから、風俗の仕事は減らして、新地でもバイトでホステスを始めてるんやけど、どうしてもお金のこと考えたら辞めることはでけへんねん」
あといくら借金が残っているというのか。そんなに辛いのなら、親や知人に助けてもらうことはできないのか。いっそのこと自己破産しちゃうっていう手もあるんじゃないか。そんなことを彼女に聞いた方がよかったのかもしれないが、止めた。知り合って問もない俺が、事情もよくわからないのにいろいろ質問するのは失礼かもしれないし、聞いても俺が力になれるわけではないだろう。
いや、正直に言うと違う。そんな面倒くさい話に関わりたくないだけだ。俺は近所で見かけた動画サイトの美女とヤリたいだけなのだ。それ以外の関わりは避けたい。それが本音だ。
「ゴメンなさいね。なんか暗い話ばっかりして・・・ゴメンなさい」
だいぶM子さんのろれっが回らなくなってきている。そりゃそうだ。今日一日でかなりの量の酒を飲んでいる。バーを出てタクシーを拾った。かなり酔っている彼女を誘えばエッチできたかもしれない。でも、そんな気にならなかった。俺もだいぶ酔っていたからかもしれない。すでに1回ヌイてしまっていたからかもしれない。でも、一番の理由は、今のM子さんとヤっても楽しい、興奮すると思えなかったからだ。タクシーの中で俺にもたれかかるM子さんの手を握りながら、酔っ払っている俺の頭の中ではいろんなことがグルグルと回っていた。借金をしながらも住めている高そうなタワーマンション、ベンツの男、やめたくても辞められない風俗の仕事……。俺の中で、ヤバいストーリーが勝手に展開していく。タクシーが彼女のマンションの前についた。
「へえ、結構ご近所なんやね」としらじらしく話す俺に、M子さんは「今日はほんとにありがとう」とハグして、タクシーから降りた。
ドアが閉まる前に、彼女ばもう一度俺に話しかけた。
「ほんとにありがとう。カオリです。名前カオリです…・・・」
歩いても帰れる距離をタクシーで移動しながら、俺が彼女にできることはないんだろうかと考えていた。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内