555_202105231459074be.jpg
足を伸ばしたのがエチオピアだった。向かった先は北部のアクスム。
遺跡も点在するこの街には、どこか神聖な空気が漂い、見慣れたアフリカの風景とはまるで違っていた。なんて素敵な場所だろう。よし、しばらく住むことにしよう。

瞬時に浮かんだのは、ここへ来るバスの中で知り合ったサミュエルの顔だ。彼の家に転がり込んでを浮かそうっと。こうして始まった同棲生活はなかなか楽しかった。もちろんセックスの相性もいい。タダで住まわせてもらうのは悪いと、私は毎日ヤギの世話を手伝った。

いつもように小屋でヤギたちの世話をしていたある日、職場からサミュエルが早めに帰宅してきた。が、ナゼかイライラした様子で「おかえり〜」と声をかけても返事もしない。とりあえずお茶でも入れようと小屋から出たそのとき、いきなり彼に突き飛ばされた。
きゃ、ナニ?土壁に両手をつく形で踏みとどまった私は、そのままのでパンティを脱がされた。どうやらそういうプレイがしたいらしい。

「今日は生理なの。お願い、止めて!」
悲鳴のような声にさらに興奮した様子のサミュエル
フーフーと荒い息を吐きながらオチンチンをブスリと突き刺してきた場所は、アナルだった。後ろの穴はすでに米軍基地時代に経験済みだったので、痛みや恐怖はさほどない。むしろ、ヤギに囲まれて自分が獣のように犯されることになよろこびを覚えた。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★





夏のおすすめ動画

プロ仕様の最強媚薬


アダルトグッズが何でも揃う、大人のおもちゃ激安通販専門店


本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ