19_20210520211749078.jpg20_20210520211750baa.jpg21_20210520211752d4e.jpg22_202105202117533c0.jpg23_20210520211755846.jpg24_20210520211757d24.jpg25_20210520211758b98.jpg26_202105202118008ef.jpg27_20210520211802d42.jpg
日本で最も人気があるピンク映画館はどこかと聞かれれば、誰もが「上野オークラ劇場」の名を挙げるだろう。なにせ、毎週のように新作をロードショーしているし、月に1度は出演者のAV女優を招いて舞台挨拶なんかもやっている。 
ピンク映画界の旗艦店と言っても過言ではない。しかし、人気の理由はそれだけじゃない。ここはノンケ男から変態女、女装子、ゲイに至るまで、幅広い性癖を受け止めてくれる映画館なのだ。実はここ、連日オールナイトで上映を行っているので、一度入場したら、翌日の朝まで居座ることができる。つまり、丸一日遊べるってことだ。
そこで今回は、劇場にいる変態どもに交じって24時間を一緒に過ごしてみることにした。いったい、どんな事件が起こるのか。露出女がわんさか集まってくれたらいいんだけど!
「なあ、ちょっとシャブってよぉ」
午前10時。上野駅から歩いて5分の場所にある、オークラ劇場にやってきた。まだ朝も早いからか、入口周辺には誰もいない。よし、まず最初は1階に入るとしよう。このオークラ劇場は、少々複雑なつくりになっていて、各々の性癖によって行くべき階が住み分けられている。あくまで目安だが、純男やカップルは1階のメインスクリーン。女装子とその愛好家は同じスクリーンの2階席。そして、ゲイたちは特選劇場という外階段から上がって入場する3階スクリーンに集まっているのだ。
というわけで、まずは1階のドアをくぐって入店。自動発券機に金をいれて、大人1枚を購入した。
お値段は1700円だ。普通の映画館よりはちょっとだけ安い。そのまま場内に続く扉もあけたのだが、思っていたよりもガラガラだ。数人の高齢者男性が、集中してスクリーンに見入っている。うーむ、彼らは本物のピンク映画ファンってことなのか。これじゃ、つまらないよ。
さすがにここにいても何も始まらないので、ゲイが多い3階の特選劇場に行くことにした。外階段から上にあがって入場。こちらのお値段は500円とかなり安い。さっそく場内へ。が、下のスクリーンと同じように、これまた客は高齢者ばかりだ。
ん? 後方で仲良さげにならんで座るジイさん二人組が目に入った。なにを話してるんだろう。後ろの席を陣取り聞き耳を立てる。
「なあ、ちょっとシャブってよぉ」「ダメダメ。まだ早いよ」
朝っぱらからなんちゅー会話してんだよ!しゃぶりを懇願された男性が、ポンポンとズボンの上から軽く相方の股間を叩く。焦らしてるのか?
「ダメかあ? シャブるだけでいんだよ?早くしねえと母ちゃん帰ってきちゃうよ」
「だーから、ダーメってよ」
劇場の中でフツーの声量で会話してるけど、他の観客は一切気にせず映画に見入っている。これが特選劇場の平常運転なのか。あまりに誘いがしつこかったようで、ちょっと不機嫌になるジイさん。
「じゃあ、母ちゃんにしてもらったらいいだろよ」
あーあ、フラれちゃった。にしても、これは現実の出来事なのか?ちょっと頭がクラクラしてきた。
「じゃあ、キスしてくれよ」「しゃあないなあ」
ブチュッ!あっ、キスは別にいいんだ!いまいちハードルがわからんぞ。
「じゃあね」「おうおう」
満足げにその場を離れたと思ったら、男は別の老人の横に腰かけた。俺も近くに移動して盗み聞だ。あらま、またも70以上の男にちょっかいを出している。
「なあ、ちょっとシャブってくれよお」「ヤだよバカやろう」
そうは言いつつまんざらでもなさそうだ。が結局、またフラれたみたいで、キスだけしてもらって他の人のところに行く男。結局、そのジイさんは1時間ほどかけて馴染みの常連客たちとキスだけして、シャブられぬまま劇場を出て行った。おれのことは見ても無視していたので、たぶん若造には興味がないのだろう。にしても、常連客も嫌がってる素振りも見せてなかったし…。オークラのアイドルおじいちゃんっだったのか?
「なあ、俺のオチンポ見るかい?」
時刻は13時。ジイさんたちのキスを見てたら時間が過ぎてしまいそうなので、また1階のスクリーンに戻ることにした(1時間以内なら再入場可)。
席に座って落ち着いていると、一人の男が俺の隣に腰かけた。館内はガラガラなのに、わざわざそんな場所に座るってことは…。
よくない想像が頭の中を駆け巡る。そのガタイのいい中年男性は、さりげなく俺の太ももの上に手をおいた。うう、男に触られるのは慣れないな。不快感が強い。
数分太ももをなでて、低いダンディな声で話しかけてきた。
「なあ、俺のオチンポ見るかい?」「は、はい?」「オチンポだよ。オ・チ・ン・ポ」
何だこの役に入り込んだ俳優みたいな演技は。竹野内豊の低い声を意識したような感じだ。ちょっとイケメンなのが余計ムカつく。
「はあ、じゃあ、少しだけ拝見します」
彼らのテリトリーにいるんだし、調子は合わせるべきだろう。郷に入っては郷に従えだ。
「はあい。じゃあ、これをどうぞ」
ズボンのチャックから、先端まで皮が被ったドリルチンコが現れた。包茎なのにサイズがデカい!
思わず目を見開いてしまった。すごっ。そのリアクションがうれしかったのか笑顔になる竹野内。
「どうだい…? お気に召したかな?」
どうだい、じゃねーよ。腹立つなあ。ただし、サイズが超デカいのは事実。長さというよりも太さが半端ねえよ。直径7、8センチはあるんじゃないのか。
「触ってみてもいいぞお」
うーむ、包茎チンコって不潔なイメージがあるんだけど、ちゃんと洗ってるんですかね。
「ほうら、緊張せずに!」
強引に俺の手をつかんで、チンコに手繰り寄せた。うわっ、竿をつかんじゃったよ。仕方ない少しくらいシゴいてやるか。あー、きったねえ。
「ほら、もうちょっと強く」
言われるがままシコシコ。ってあれ、皮が剥けないんだけど…。下の方に手を移動させても、亀頭が出てこない。これって真性包茎ってやつ? はじめて見た。チンコが固くなるにしたがって、プーンとチンカスのニオイが漂ってきた。もう限界! 気持ち悪い!席を立って急いでトイレに走る。石鹸で手を洗って、なんとか一命をとりとめた。うげえ真性包茎のチンコをシゴいちまったよ。
あれじゃあセックスもできなさそうだけどなあ、イケメンなのにもったいないな。
「ンホッ、ンホッ、ンホッ! ギモヂー!」
16時。夕方になって館内をうろつく人が増えてきた。そろそろ、別のフロアに行ってみるか。受付で追加料金の400円を支払い、女装子が多いという2階席に向かう。ここはスクリーンを見下ろすようなつくりになっていて、座席数も少なめだ。なにやら暗闇の中で人が密集している。なにをやってるんだ?近くによった瞬間、今まで映画のBGMにかき消されていた声が聞こえてきた。
「ンホッ、ンホッ、ンホッ! ギモヂー!」
男の裏声だ!密集した人の中で、オッサン女装子がケツにディルドを突っ込まれてアエいでいた。 周りの男たちも、女装子の乳首とかチンコを握っている。
「アーン、モッド、オグー!」
超大声で絶叫してるけど、大丈夫かよ。近くによって顔を見たけど、涙とヨダレのせいでメイクが落ちていて、ウィッグを付けた普通のオッサンだった。すごいもん見ちゃったかも。
ギャンギャン泣きわめいているオッサンもすごいけど、取り囲んでる男たちはより一層やべえ。
俺も一緒に混ざって、女装子オッサンの乳首をイジったりしてみたが、他の男たちの異様な熱気に当てられて、気持ち悪くなってきた。なんか酸素が薄い。
「ゲボッ、ゲボッ、モッドー」
ディルド係の男がラストスパートをかけたようで、思いっきりピストンしはじめた。
「ウウウウ、ダメー」
最後には小刻みに震えてしゃがみ込んでしまった女装子。「ウーウーウー」とヨダレを垂らしている。女装子がしゃがみこんだことで、密集していた男たちも三々五々、クモの子を散らすようにどこかに行ってしまった。プレイが終わったら興味がなくなったようで、女装子が2階席の外に出て、帰り支度を始めても、さっきまでの男たちは誰も声をかけようとはしない。映画館の中だけで楽しむ関係性ってことなのか。なんか見ちゃいけないもんを見た気分だ。オッサンの大絶叫のせいで少しテンションが落ち込んだ。
女ってだけで興奮してきた 
18時30分を回ったころ。女装子が多い2階から移動し、1階に戻ってきた。外も暗くなってきて、場内には仕事帰りのリーマンの姿が目立つ。そろそろ盛り上がってくる時間のようだ。館内ブラついていたら、女物のワンピースを着た人を発見。その周りにものすごい人だかりもできている。俺も行かなくちゃ。
近くに寄ってビックリ! 本物の女だったのだ! どうせ女装だと思って油断してた。そりゃこれだけの客が集まるわけだ、15人は取り囲んでるぞ。
彼女はマスクをつけているので年齢はわからないが、たぶん30台半ばくらいだろう。かたわらには連れ添いのイカツイ男が立っている。カップルで露出遊びでもしにきたのだろうか。
カップルは劇場のスミの方の目立たない場所に移動した。そして俺たちの目の前で濃厚なディープキス。そして服の上からオッパイをモミモミと。クッソー! 俺もお触りしたい!
男がワンピースをたくし上げて、裾を彼女に持たせた。ワンピースの下から現れたのは、白いレースの透け透けパンティちゃんだ! 暗い場内でもよく見えるぞ。
感動したのは俺以外の奴らも同じだったようで、「おおお!」と周囲から感嘆の声が上がっている。
イカツイ男は、俺たちのリアクションに気分よくなった様子で、パンツの上からマンコを刺激し始めた。いいね、いいねえ。やっぱり、女体が一番でしょ!
さっきまで男の身体ばかり拝んでいたので、女ってだけで興奮してきた。もう、フルボッキです。
みな一様にジリッ、ジリっとカップルを囲んでいく。それに気分をよくしたのか、男がパンティを少しズラして、ビラビラをチラ見せさせた。女も興奮していたようで、光沢のある愛液が染み出てるし。あー、もう我慢の限界。さわってやれ。そーっと手を伸ばそうとした、そのとき。
俺より先に、隣のオッサンの手が、彼女の太ももに軽く触れた。それをみて怒り心頭なのが、イカツイ男だ。「おいっ! 触るんじゃねえ!」と一喝。これには取り囲んでいた男たちも委縮してしまった。結局、その後もイチャイチャは続き、パンツの中で豪快に手マンをして、女をイカせまくっていた。せっかく女が来たのに全く触れないなんて生殺しだ。
「ジャパニーズゲイアグレッシブ!」
時刻は夜20 時。1階のスクリーンは生殺し女が出て行ってから閑散としている。3階のゲイ御用達の特選劇場が21時になると閉館してしまうので、今のうちにもう一度行っておくことにした。
再度チケットを購入し、3階のロビーへ。
そこではベンチに座った女装子とオッサンが横並びで何やら話をしていた。下の階に比べると、プライベートでも友達同士って感じの雰囲気だ。
それでは、劇場の中はどうだろう。場内後方では若い女装子のチンコをしゃぶる男たちがいて、その横ではオッサン女装子にしゃぶらせてる若い男の姿も。もう、メチャクチャだ。
そんな様子を眺めていたら、すぐ後ろから、英語の会話が聞こえてきた。え? どういうこと?
振り返ってみると、細い東南アジア風の男と、太った白人男が立っている。ちょっと! なんでオークラ劇場に外人がいるんだよ。話しかけてみようかな。
「ハイ! ウェアアーユーフロム」
東南アジア風が答えた。
「オウ! シンガポール。カレはアメリカ。ニホンゴオケー」
片言みたいだけど日本語がしゃべれるようだ。
「どうしてここに来たんですか?」
「オウ、アー、ワタシたちゲイ。それでここが楽しいトコロって聞いた」
詳しく聞いてみると、英語圏のゲイ情報サイトでオークラ劇場は「Ueno OkuraTheater」という名前で有名らしい。オークラすごいぞ! 誇らしい!さらに彼は続けた。
「コスチチュームがグレイト! ビューティフル!」
たぶん、女装子のことを言ってるのだろう。なるほど、外人の目からは、あれがビューティフルなのか。俺にはさっぱりだ。それにしても実際にプレイには参加せず、遠巻きから眺めているのはなんでだろ。旅の記念に遊んでくればいいのに。
「ノーノーノーノー!」あれ、断られちゃった。
「ジャパニーズゲイ、アグレシッブ! アグレッシブ!」
たしかに、日本のゲイはアグレッシブだな。それは痛感するわ。彼らからすると、普段はシャイな日本人が、ハッテン場にくると、急に尻をタッチするからビックリするんだと。まったくそのとおりだよ。気が付けば21時になり、3階特選劇場は閉館。これからオールナイトなので1階に移動だ。
さすがに疲れたぞ。コンビニでメシを食ってから戻ってこよう。あんなクサイもんをよく口の中に入れられるよ
深夜23時。夜が更けていくにつれ場内は静かにフェラを行うグループが増え始めた。おそらく特選劇場からあぶれたゲイカップルたちだろう。彼らの詳細をお伝えする。
1組目はイケメンリーマンとハゲたオッサンのカップルだ。イケメンのチンコを美味しそうに頬張っ
てるオッサン。なんともうれしそうな表情だ。そんな一途で純粋なオッサンをよそに、スマホでエロ動画を見てるイケメン。まあこのキモイ奴じゃ抜けないよな。と思って彼のスマホを見てみたら、なんと、流してる動画はゲイビデオじゃなくて、普通のAVだった。
つまり、彼はバイセクシャルってことなのか? じゃなきゃ説明がつかない。
2組目は小汚いジイサン同士のカップルだ。二人ともすげー汚い風貌なので、一目見たときはホームレスかと思ったほどだ。まあ、通常時はそれほどでもなかったんだけど、一人が下半身を露出させたときに、すえたニオイ近くまできた。それなのに片割れのジイサンは何も気にしないよ風で、いきなりチンコをしゃぶり始めて驚いた。あんなクサイもんをよく口の中に入れられるよ。
まあ、そいつがフェラしてくれたおかげニオイがやわらいで、俺としてはラッキーだったが。
たぶん、そのクサさもプレイの一環だったんだろうな。汚いのもご奉仕でキレイにする、みたいな。
口に何かが入ってきてるような…
早朝3時を過ぎると明らかに客の数が減っていった。場内に残っているのは睡眠中のオッサンばかりだ。俺の方も一日中神経をとがらせていたので疲れがたまっている。ちょっと寝よう。
しばらくして、ネチョネチョネチョ。という感触が。あれ? 口に何かが入ってきてるような…。
チュッ、チュッ。口になんか当たってるのか?
「うわっ!!」一気に目が覚めた。すぐ目の前にはオッサンの顔が。口から舌を出しているよ。おえー! ベロチュウかよ!「ちょっと、なんですか!」
あらためてオッサンの顔を見た。脂ぎった肌にニキビが目立っている。50才くらいだろうか。不潔感満点だ。こんなジジイとキスしてたのかよ。ペッペツ! 思わず床にツバを吐き出した。
「なにすんだよー」「ごめんね! ごめんね!」
俺の拒否反応を察したようで、オッサンは急いで外に出ていった。トイレで口をゆすいで、一件落着。はあ、まだチンコを突っ込まれなかっただけよしとするか。いや、待てよ。俺が寝てる間にチンコを口に当てることなんて簡単にできたはずだろうし…。おえ、想像するだけで気持ち悪い。
結局、その後は朝6時の終演まで、一睡もできなかった、こうして俺と上野オークラ劇場との激闘は幕を閉じた。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ