1_20210509202110c5c.jpg2_20210509202111637.jpg3_202105092021135e1.jpg4_20210509202114457.jpg5_20210509202116c48.jpg6_202105092021179da.jpg7_20210509202119c7f.jpg8_20210509202120d36.jpg9_2021050920212255b.jpg10_20210509202123b6a.jpg11_20210509202125353.jpg12_202105092021269e9.jpg

電話の向こうの早希の寂しそうな声を聞いて、俺は迷わず東京行きを決めた。都合よく東京への出張を入れられるわけじゃないし、そんなつもりもない。2日後の午後、会社には「今日は打ち合わせが長くなるので直帰する」と告げて、新幹線に飛び乗り、東京に向かった。翌日どうするかはまだ決めていない。

まあ、会社へは体調が悪いなどと言って遅刻か欠勤すればいいだろう。嫁さんには急な出張が入ったと伝えている。早希は研修期間中の約1カ月、会社が用意したウィークリーマンションで生活している。相部屋なので、彼女の部屋に行くのは無理だ。なので泊りは、彼女が研修を受けている東京のはずれ、A駅付近にあるビジネスホテルにした。一緒に泊まれるという保証はないが、一応ダブルの部屋を押さえておいた。色気もお洒落さもない安いビジネスホテルだが、他に選択肢がないのだから仕方がない。


彼女がなぜ俺に来てほしいと言ったのか理由はまったくわからないが、俺を頼りにしている、すがっているのは間違いない。彼女の状態が心配であると同時に、そんな彼女を受けとめて、二人っきりで一夜を過ごせる(かもしれない)ことに俺の期待は膨らんでいった。男性経験がない早希との初めての夜。しかも彼女は幼いころの経験がもとで男性と深い関係になることに対して抵抗感を持っている。どうやって、彼女の不安を取り除き、エッチな気持ちに持っていくのか。そして、いかにやさしく彼女を包み込み、ソフトにじっくりと攻めていくのか。
のぞみの中で、2時間以上も脳内シミュレーションを行う。

30年以上のナンパ人生の中には、何人も処女はいたし、男性に対して非常に奥手な女性もいた。今こそ、この経験を生かす時だ。愛しい早希と結ばれる大きなチャンス、絶対にモノにしてやる!女になった歓びでホロリと涙を流す裸の早希をそっと抱き、頭を撫でている、ちょうどそんな場面でのぞみは東京駅に到着した。


A駅に着き、まずはホテルにチェックイン。落ち着いて食事できる店がないかスマホで探してみるが、残念ながら気の利いた洒落た店がまったく見つからない。仕方がないので街に繰り出し、店を探す。落ち着いて話せそうなイタメシ屋を見つけたところで、時刻は夜の7時前。早希には7時ごろに行けそうだと伝えていたので、「着いたよ」とショートメールを送る。2、3分して電話が入った。

「ホントに来てくれたんや。メッチャうれしい! 今どこにいるの?」

電話の向こうで、早希の声が弾んでいる。俺もすごくうれしくなってきた。東京に来てよかった!

「じゃ、私も一緒に泊まっていい?」20分ほどして、待ち合わせ場所に早希がやってきた。スーツ姿の彼女はすっかり社会人っぽく見える。

「河内さ〜ん!」
彼女は、手を振りながら俺に近づき、抱きついた。なんか映画のワンシーンみたいで感激や。しかも俺、主人公やし。すっかり浮かれた状態で、さっきチェックしたイタメシ屋に入った。飲み物を注文したあたりで少し落ち着いてきて気づいたのだが、早希、全然明るいやん。あの涙声の電話は何やったの?
「河内さん、心配かけてごめんね。あの日はほんとにいろんなことがあって、自信も無くして、不安で、ちょっとホームシックだったし、寂しかったし…。でも、河内さんが来てくれるって言ってくれて、それですごく気持ちが落ち着いて。一晩寝たら、だいぶ元気になったの」
 なんや、それなら俺が来なくても大丈夫やったんちゃうの?
「そんなことないって。ほんまにうれしいんやから!」
 まあ、ええわ。 元気になったのは何よりや。それより、今夜のことに集中しよう。寂しがっている彼女を慰めながらいい雰囲気に、というシミュレーションだったので、若干方向修正が必要だな。
「実際に会社に入ってみてどう?」と尋ねると、結構思っていたのと違うことも多く、ストレスを感じている様子。彼女のボヤキを聞きながら、励ましていく。


「やっぱり、河内さんと会えてよかった。元気が出てきたわ」
楽しい時間を過ごしてはいるが、これじゃ、今までの大阪の夜と変わらない。どう雰囲気を変えていこうかと思っていたら、早希から思わぬアプローチがあった。
「河内さん、ホテルとってるの? じゃ、私も一緒に泊まっていい?」
 これって、「河内さん、して…」と言ってるのと同じだよな。やった〜! ついに今日、早希と結ばれる。あとは、早希が急に不安になったりしないように、優しくじっくりと行動するのみだ。
 まだまだ時刻は9時前。もう少しアルコールを飲ませて、コンディションを万全にしよう。2軒目は彼女が発掘したというショットバーで1杯だけ飲んで終了。手をつなぎながらビジネスホテルまで一緒に帰った。30年のナンパ人生などと偉そうに言ったが、俺はドキドキ、ソワソワと落ち着かない気持ちだ。少々テンパっているといっても過言ではない。これじゃ、どちらが初めての経験なのかわからないくらいだ。とりあえず、二人並んでベッドに腰掛けながら、ホテルまでの道すがらのコンビニで買った酒で再び乾杯。そして、久しぶりのキス。酔っているせいか、初めから積極的に舌を絡めてくる。よし、このままベッドに押し倒して…と思ったら、
「汗の匂い気になるし、シャワー浴びてもいい?」と早希。
 そうだよな。初体験だし、さっぱりした気持ちいい状態で臨みたいんだろう。先に入って、と言われたので、とっとと入浴を済ませる。とはいうものの、下半身は念入りに洗い、歯磨きも済ませる。次は早希の番だ。


「あーん、着替え持ってきたらよかったな」と言いながら浴室に入る早希。着替えと入浴シーンを覗いてみたい気持ちをグッと抑えて、これから始めるエッチの準備だ。コンドームを枕の下に忍ばせてっと。ホテルのバスローブを身につけた早希が浴室から出てきた。まったく色気のないバスローブが逆にエロく見える。さあ、はじめようか。ところが早希は、テレビのスイッチを入れると、さっき開けた缶チューハイを飲みはじめた。いやいや、風呂上りでくつろいでいる場合じゃないでしょ。
「なんか、久しぶりにリラックスって感じで、うれしーっ!」
そんなリラックスモードの早希にちょっかいを出しながら、なんとかイチャイチャモードに切り替えられたのが0時過ぎ。よし、これからや。テレビを消し、二人で布団に入る。心拍数が急激に上昇し始めた。キスした後、バスローブの胸のところをペロッとめくると、ピンクのブラジャーに包まれた推定Dカップのたわわなバストが露わになった。「もう、河内さん、エッチ」たまらず、揉もうと手を伸ばすと、払いのけられてしまった。強い拒絶じゃない。バズローブの紐を解くとブラとおそろいのピンクのパンティーが。下着姿の早希のスタイルは想像していたよりもずっとエロい。細い腰に手を回し、引き寄せる。


「もう、エッチやねんから。ダメ、ダメ」
そう言いながらも、足を絡めながらキスを続けると早希もだんだん興奮してきたようだ。もう大丈夫かな?とキスしながら彼女の股間にスルッと手を滑り込ませる。
「ダメ!」
明らかに口調も、払った手も今までとは違う。強い拒絶だ。その後時間をかけてもう一度試みたが、下半身どころか、ナマ乳も触らせてもらえなかった。下着姿で抱き合い、キスをするまではOK。でもそれ以上の行為は身体を硬くし、拒む早希。彼女の抱える悩みを考えると、無理に求めることはできない。
「河内さん、ゴメンね」
そういう早希をギュッと抱きしめ、ブラジャー越しに俺の胸にあたる乳房の感触を味わうしか術がない。そんな状態で30分もすると早希はスヤスヤと寝息をたてて眠ってしまった。俺はムシャぶりつきたい衝動と闘いながら、悶々と眠れぬ夜を過ごした。朝方になってやっと眠れた俺が目を覚ますと、早希はもう服を着ていた。
「河内さん、ごめん。起こしちゃった。私、部屋に帰って着替えてから会社に行かないとだめだから、もう行くね」
キスして部屋を後にする早希。残された俺は枕の下のコンドームを財布にしまい、大阪への帰り支度を始めた。はぁ、やるせなく、つらい…。俺と早希が結ばれる日は来るのだろうか?


東京まで出向いて一夜を一緒に過ごしたにも関わらず、早希とは結ばれることなく、すごすごと大阪に帰った俺。期待が大きかった分、ガッカリ感は半端なく、帰りの新幹線でため息をつきまくり、隣の席のおっさんに「大丈夫? 具合でも悪いの?」と声をかけられてしまったほどだ。それにしても、早希の抱えているトラウマはかなり大きいのだろうか? 
結ばれるには結構時間がかかるのを覚悟しておいた方がいいかもしれない。まあ、いいや。半月もすれば早希は大阪に帰ってくるんだ。いつでも会いたいときに会える。ゴールデンウィークには1日だけでも、どっかでゆったりとデートしたいなぁ。
なんて思っていたのに、早希からゴールデンウィークになっても東京から帰らないと連絡が入った。聞けば、会社が用意してくれたウィークリーマンションにゴールデンウィーク中は居られるので、関西の新人たちと東京に滞在してたっぷり遊んでから大阪に帰るそうだ。
「さみしいねん。東京に来て…」って泣いていたのはいったい何だったんだ。いや、ちょっとまてよ。関西の新人で女性は早希だけだって言ってなかったか?東京に居残って遊ぶ相手って男なんじゃないのか…?思い通りにならない苛立ちと、東京で男と遊んでいるんじゃないかという嫉妬心から、俺の気持ちはザワザワと落ち着かない。それは、時間が経つにつれて落ち着くどころか、怒りに似た気持ちになってきた。あぁ、あかん! 

なんとかこの気持ちを鎮めないと。俺は、早希の母親、菜々子にメールしていた。今、一番簡単にヤレる可能性が高い女だということもあるが、もしかしたら、早希に対するイライラした気持ちを母親である菜々子にぶつけてしまいたいと思っていたのかもしれない。いずれにせよ、後から考えると非常に不健全な気持ちで、菜々子に会った。
「しんちゃんからメールしてくるって珍しいやん」
少し嬉しそうな菜々子は、相変わらずアラフィフには見えない美魔女っぷりだ。
「早希な、初任給も出たし、ゴールデンウィーク帰らずにずっと東京で遊ぶらしいわ。ほんま、何しに東京に行ったんかわからんわ。初任給で親になんか買おうとか思わんのかなぁ。別にいらんけど」
俺が東京に行ったことも知らずに、楽しそうにペラペラと話す菜々子。俺と早希のことはまったく疑っていないようだ。今日はダラダラと時間を使うつもりはない。食事が終わって店を出ると、単刀直入に「ホテル行こか」と誘った。

「えーっ、なんか今、そんな気分じゃないねんけど」という菜々子に構わず、少し強引にホテルに連れ込んだ。部屋に入ると、話もせずにキスをして、ベッドで覆いかぶさる。少々乱暴に服を脱がし、下着の中に手を入れる。そして、ペニスを彼女の口の前に突き出し、しゃぶらせる…。前までのどちらかというとソフトなエッチとはちょっと違う感じなので、はじめは少し戸惑っていた様子の菜々子だったが、すぐに嬉しそうに絡んできた。
「この人、こんなに私としたかったんだ」と好意的に解釈してくれたようだ。「あぁん、あぁん、もっと。ギュッと抱いて」
どんどん興奮していく菜々子に対して、なぜかサディスティックな気持ちになった俺は、彼女の小ぶりな二つの乳房を両手でギューッとつかみながら激しく腰をふり、そのまま正常位で果てた。終わった後、イライラした気持ちが鎮まるというよりは、前回と同様に自己嫌悪というか虚しさを感じた。前は早希に対してだったが、今回はどちらかというと菜々子に対してだ。
「なんか、今日は自分勝手で、悪かったなぁ」
「ううん、会いたいって言ってくれてうれしかった」

菜々子は、こうやってときどき会える関係を続けたいようだ。3日後に「来週、会える日はある?」とメールが来た。これじゃ、なんか普通の不倫カップルやん。そんな関係続けたって、後腐れができるだけだ。もう菜々子と会うのはやめよう。そして、早希に対してしっかり向き合っていこう。自分に嘘をつくのはもうやめだ!
ゴールデンウィークが終わり、早希が帰ってきたので、大阪で対面した。3週間ほどしか会っていないだけなのに、すごく久しぶりな気がする。
「河内さん、こないだはゴメンね。ほんとに来てくれると思ってなかったから、すっごくうれしかった。ほんま、涙出そうになった」
そうか、それならヤラせてくれてもよかったのに。
「なんか、すごく長いこと会ってなかったって感じるわ。会いたかったよぅ」
ホンマか?それならすぐに帰ってきたらよかったのに。東京で男と楽しく過ごしてたんとちゃうんか?彼女の母親とヤッたことは棚に上げて、まだすねている。我ながら情けない。
でも、一緒にご飯を食べて、飲んでいるうちにすっかり気分はよくなり、早希といることが楽しくてたまらなくなった。やっぱり、早希が好きなんやなぁ。結局この日もハグしてキス止まり。翌週にまた会った時もそうだった。東京の出来事があって、なかなか攻めていけない俺。いつまでこの状態を続けるんだ。こんな蛇の生殺し状態に、そろそろ俺も限界が近づいてきた。よし、はっきりと言おう。「早希が欲しい」と。
「お前を抱きたい」と。彼女を気遣うあまり、いい人のふりをして自分に嘘をつくのはもうやめだ!そう決意して迎えた次のデート。さすがに一滴も酒を飲んでいない状態で「抱きたい」とは言えないので、まずは晩飯でもゆっくり食べようとイタメシ屋に入る。乾杯した直後、早希が唐突に切り出した。

「河内さん、ごめんなさい。私、付き合おうと思ってるねん」
いやいや、とっくに付き合ってるやん。と最初は何を言いたいのかよくわからなかった。「好きやって言われてん。絶対に早希を幸せにするって。結婚しようって」
ようやく早希が言っている意味が理解できてきた。辛く切ない夜が始まった。
突然、他の男と付き合うつもりだ、と早希から告げられた。今日こそキメるぞ!
と心に決めて、気合を入れて乾杯した直後の俺は、パニクりながら「なんで?」
と訊くのが精いっぱいだった。
 早希は少しうつむきながら、相手の男について、そして事の経緯について話し始めた。付き合うと決めた男は、早希と同じ新入社員。知り合ったのは去年の10月の内
定式で、4月の新人研修でよく話すようになった。ゴールデンウィーク、東京に残って一緒に遊んだ仲間の一人でもある。

 早希によると、大阪に帰るまでは、ただの仲良くなった同期の一人としか思っていなかったそうだが、大阪での勤務が始まった後、会社帰りに彼から誘われ、二人でよく食事にいくようになった。
 そして、2日前、彼から告白されたそうだ。
「店を出た後、突然、ギュッと抱きしめられて…。好きやって。こんなに女を好きになったことは今までないって。絶対に幸せにするから結婚しようって…」
 早希の言葉を聞いて、想像したくもないのにその光景が浮かんでくる。嫉妬心
がメラメラと大きくなっていく。
 でも、なんで早希は付き合おうと思ったんだ。好きになるということに対して慎重で、特に同世代の男についてはあまり関心がなかったんじゃないのか?
「正直、付き合ってうまくいくかどうかはわからへん。それに彼のこと嫌いじゃないけど、まだそんなに好きって思ってるわけやない」
 じゃ、なんで?
「でも、私、こんなに好きになってもらったことないねん。ここまで強く、好きやって、一緒になりたいって言われたことなくって。河内さんのこと大好きやし、付き合っててうまくいくと思うし、自分らしくいられるし。でも河内さんとは一緒になれへん。もちろん奥さんと別れてほしいなんて思ってないし、そんなこと全然したくないし。でも、ほんとに私のことだけ死ぬほど愛してくれる人が現れて、こんなに愛してもらえるのって幸せなんやなって思ってん」

 早希は、ずっと年上の俺が好きで、付き合ってるとも伝えたらしい。それでも、絶対にあきらめない、いつまででも待つし、なんなら俺に会って別れてくれるようにお願いするとまで言ったそうだ。
 早希のことを考えない、独りよがりな愛だ。でも早希に対する真っ直ぐで強い想いが彼女の気持ちを動かしている。
 俺はどうだ。早希を好きだと思う気持ちに嘘はない。
でも、嫁さんと別れる気はない。安全で、刹那的な愛を楽しもうとしているだけだ。その男のように盲目的に早希を愛しているわけではない。
 若い早希と付き合っているんだから少しでもシェイプアップしようとジム通いを始めた程度の自分が、すごく陳腐で情けなく思えてきた。
「だから、河内さん。彼と付き合います。ほんとにごめんなさい。河内さんのことほんまに大好きやし、男の人にちゃんと向き合えるようになってきたのも河内さんの優しさのおかげやし。ほんとに付き合ってて幸せやったし。でも、ほんとにごめんなさい」

 俺の顔を見て、目を潤ませながらもはっきりと話す。早希の想いは強い。
「…そうか、よくわかった。…でも、女々しいかもしれんけど俺は早希と別れたくないなぁ。早希のこと大好きやし、もっと早希と遊びたかったし、早希とエッチもしたかった」
 俺の正直な気持ちだ。
「河内さん、アホやなぁ。でも、ありがとう」
 早希は嬉しそうな、でも少し寂しそうな顔で微笑んでいる。可愛いなぁ。この可愛いコと別れないといけないなんて、辛すぎる…。
 そして、少しの沈黙の後、
「河内さん、ありがとう。エッチしていいよ。っていうか、エッチして」
「えっ?」
「私も河内さんとエッチしたいねん。私、なんか訳わかれへんけど、今そんな気持ちやねん」
 俺はもっと訳がわかれへん。急に心臓がバクバクしだしたけど、迷っている場合じゃないのは間違いない。食事には全く手を付けていないが、すぐに店を出る。
最後の最後に、小悪魔の本領発揮か?
彼女の真意が全くわからないまま、「気が変わるなよ」と祈りながらいちばん近いラブホに入った。抱きしめながら、ポロポロと涙を
部屋に入り、一安心という訳じゃないが、少し落ち着いて、ソファーに腰掛け、真意を確かめる。
「あはは、河内さん、ふつうはホテルに入る前にそれ聞けへん? いきなり店を出て、ホテルに向かったからびっくりしたわ」
 そう言われりゃそうだ。早希によると、エッチしたかったと言われ、ちょっとキュンとなったそうだ。最初の男は俺なんだろうと思っていたそうだし、東京の夜も、最後は拒んだけどかなりエッチな気分になっていたそうだ。なんや、それならそうと言ってくれれば、もうひと押ししたのに。
「それにこんなこと言ったら最悪の女と思われるかもしれないけど、彼が初めての私をうまく受け止められる気がせえへんし」
俺の役目は〝筆おろし〞みたいなもんか。確かに男からすれば、ある意味とんでもない女だろうし、俺の気持ちも複雑だ。でも、こんなことをあっけらかんと言ってしまえるのも早希の魅力なんだろうなぁ。

まあ、あれこれ考えるのはやめよう。こんな形ではあるが、俺の想いも成就することだし、早希の初体験、うまくいくように集中しよう。
 ソファーで抱き合い、キスをする。この小さくて甘い舌の感触、ずっと味わっていたい…。お互い下着姿になってベッドに移動。キスしながら抱きしめ合う。早希の髪の匂い、白い肌の柔らかな感触。これで最後かと思ったら切なくなって、思わず強く抱きしめてしまった。
 早希の肩、背中、腰、太ももを時間をかけてじっくりと優しく愛撫していると、「はぁはぁ」と吐息が漏れてきた。お尻の方から股間の方へするりと指を動かすと、早希も少し腰を上下に動かしてくる。興奮しているし、感じているんだ。パンティの上からでも感触で濡れていることがわかる。
 パンティの股の部分から指を滑り込ませると、早希はヌルヌルにあふれるほど濡れていた。
「あぁ、恥ずかしい…」
 そのまま、指を動かし、クリトリスを中心にやさしく愛撫する。
「あぁ、あぁ」声を出して反応する早希の姿に、俺は興奮のあまり体中が痺れたような感覚になってきた。もしかしたら挿れなくても、このままイッてしまえるんじゃないかと思えるほどの感覚だ。
「河内さん、気持ちいい。ねぇ、して…」
 初体験だし、本当なら、もっとじっくり前戯をしてからの方がいいのかもしれないが、俺も早希も今すぐ一つになりたいと思っている。早希の下着を脱がし、俺も裸になる。初めて見る早希の裸体。なんてきれいでエロいんや。真っ裸で抱き合い、キスをする。そして「いい?」と訊くと、早希は黙って頷いた。ゆっくりとペニスを挿入する。早希は少しだけ眉間にしわを寄せたが、大丈夫そうだ。正常位で抱き合いながら、キスをして、ゆっくりと腰を動かす。

 早希は小さく「あぁあぁ」と声を出していたが、途中から俺をギュッと抱きしめながら、ポロポロと涙を流し始た。
「続けて大丈夫?」
 うなずく早希。痛いからか、うれしいからか、寂しいからかわからないが、涙を流す早希を見ていると俺も涙があふれてきた。
 これで早希とは終わりなんだ…。寂しさがこみあげてくるなか、お互いにギュッと抱きしめ合いながら、早希との最初で最後のセックスは終わった。
「河内さん、ほんとにありがとう。またいろいろ相談すると思うけど、これからもよろしくね」
 そう言って駅の改札に消えていった早希。その明るく、あっけらかんとした表情は、俺の今のぽっかり穴が開いた気持ちとギャップがありすぎる。
 早希の本当の気持ちは最後までよくわからなかった。そして小悪魔のままで俺の気持ちを翻弄して、急に目の前からいなくなってしまった。俺は明日からどうすればいいんだろう。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ