1_20210505132631c4c.jpg2_20210505132633352.jpg3_20210505132634ce2.jpg4_202105051326366db.jpg5_20210505132637ab7.jpg6_20210505132639080.jpg7_20210505132640573.jpg8_20210505132642e29.jpg9_20210505132643170.jpg10_202105051326458cc.jpg11_20210505132646e03.jpg12_20210505132648154.jpg
ついに、渡瀬さんを攻略した。思い起こせば、街中を走っている彼女に目を奪われ、ヤリたいと思ったのが去年の3月。そこからはまさにマラソンのような耐久戦だった。
会社帰りに公園で走ったり、子供の同級生の母Mさん含めた3人でランニングサークルを作ったり、フィットネスに入会したり…。同じマンションの住人ということもあり、いつもよりじっくりとアプローチし、1年近くの月日をかけてやっとの思いで落とすことができたのだった。渡瀬さんは今までヤッた女性の中でもおそらくベスト5に入るであろういい女だ。上品な顔、鍛えられて締まった肉体、香り、声、積極的なセックス…。いずれも高いレベルで備わっている。同じマンションだという背徳感も味わえた。「二人で会うのは最後にしましょ」

Mさんに疑われるのを避けるため、これが最初で最後のセックスと決めたのだが、それを守るかどうかは俺と渡瀬さん次第だ。こんなにいい女、すぐにヤリたくてたまらなくなるんじゃないか?
と思ったが、不思議とそんな気が起こらない。思い出してオナニーのおかずにすることもない。2回戦が激しすぎたことで、ちょっとしんどいなぁと思ったのは事実だ。でもそれ以上に、大きなターゲットを攻略したことによる燃え尽き症候群のような状態になっている。他の女に対しても、なかなか「ヤリたい」という気持ちが湧いてこないのだ。あかん、あかん!1年前に渡瀬さんに出会って「ヤリたい」気持ちを取り戻すことができたのに、彼女とヤレたら元に戻ってしまったやないか。
仕事が早く終わったので、久しぶりに気分転換で身体を動かそうと会社帰りにフィットネスクラブに立ち寄った。 渡瀬さんと会うことを期待していたわけではなかったのだが、マシンで軽く汗を流していると、奥のスペースにいる渡瀬さんの姿を見つけた。彼女とは、あの夜以来1回マンションの駐車場で会って「こんにちは」とあいさつを交わしただけだ。 

彼女は、パーソナルトレーニングに申し込んでいるようで、男性スタッフのサポートでストレッチを行っている。このスタッフ、若くてなかなかのイケメンだ。渡瀬さんの腰と太腿に手を置き、下半身を捻るストレッチを入念に行っている。楽しそうに若い男に身体を触れさせている渡瀬さんに、少し嫉妬のような気持ちを感じながらチラ見していたのだが、スタッフを見つめる彼女の視線を見て俺は確信した。渡瀬さん、絶対にこの男を狙っている!燃え尽きてヤル気が萎えている俺とは対照的に、男にギラついている渡瀬さん。俺は寝た子を起こしてしまったのかもしれない。今日は声をかける気にならないなぁ。彼女が俺に気づかずパーソナルトレーニングをしているうちに帰るとするか。そう思って、フィットネスエリアから出ようとしたとき背後から「河内さん!」と声がした。渡瀬さんだ。トレーニングを中断して声をかけてくれたようだ。

「来てたんですね。もう帰るんですか?」
「うん、腹も減ったし」
「そっか。私はもうちょっと頑張りますね。明日、KEIKO先生のヨガですけど、来ます?」
あぁ、すっかり忘れてた。もう一人のターゲット、KEIKO先生のヨガのクラスがあるんだった。
「私、明日は無理だけど、河内さん、頑張ってくださいね。私も、頑張ろうっと」 
そう言って渡瀬さんはイケメンスタッフのもとへ戻っていった。更衣室で着替えながら、彼女が何を頑張れと言っているのか考えていた。もちろん最初はトレーニングのことだと思っていたが、もしかして次のターゲットのことじゃないのか?

『私はこの若いスタッフを狙ってるけど、KEIKO先生を狙ってるんでしょ。お互いに頑張って落としましょうね』ってことか? 
考えすぎなのかもしれない。そもそも渡瀬さんがスタッフを狙っていると言うのも俺の勘違いかもしれない。しかし、もしそうだとしたら…。
燃え尽きだなんだと後ろ向きになっていた俺だが、そう考えることでなぜかヤル気が湧いてきた気がする。よし、まずは明日のKEIKO先生のクラスに参加しよう。渡瀬さん、ありがとう!

翌日、気持ちを新たにKEIKO先生のソフトヨガのクラスに臨んだ。現在、唯一のヤルノートのターゲットだ。心に沁みわたる優しい声、神秘的な微笑み、小柄だが柔らかい身体。相変わらず神々しい魅力を湛えながらヨガのクラスを優しくリードしていく。
「気持ちを穏やかに。周りを気にせず、自分自身の呼吸と身体に向き合いながらゆっくりと身体を動かしましょう」 
ヒーリングミュージックに合わせてゆったりと身体を動かしていくと、心身共に力が抜けてリラックスできる。あぁ、気持ちいいなぁ。ヤルとかヤラんとかどうでもいい感じだ。でもKEIKO先生とヤッたら本当に気持ちいいんやろなぁ。

渡瀬さんがわかりやすい魅力と、とことんフィジカルな肉食系セックスを極めた存在なのに対して、KEIKO先生は、神秘的な魅力で俺を惹きつける。セックスもスピリチュアルで、めくるめく気持ちよさがあるんじゃないか?
プログラムの後半は、ゆったりと穏やかな気持ちはどこかにいってしまい、エロい妄想で頭がいっぱいになっていた。昨日までの状況が嘘のように、俺の体内にヤル気がみなぎっている。よーし、何としてもKEIKO先生を落としてみせるぞ!

ターゲットは、神秘的な魅力を湛えたヨガのインストラクターKEIKO先生ひとりに絞られた。フィットネスクラブでKEIKO先生が受け持っているクラスは週2回。できるだけこまめに参加して距離を縮めていこう。このアプローチは、地道で大変だが絶対に外せない。 
ただ、漫然と参加し続けても仕方がないので、先生との距離感を明確に段階分けして、それをクリアしていくことにした。段階は以下のとおり。


段階①挨拶を交わす。
段階②顔を覚えてもらう。
段階③世間話ができる。
段階④名前を憶えてもらう。
段階⑤SNSなどでつながる。
段階⑥インストラクターと受講者という枠を超えたコミュニケーションができる。
段階⑦フィットネスクラブ外で会う。


⑦まで行ければ、かなりの確率でヤルことは可能だろう。現時点での段階はまだ②。積極的に関わっていくことで、どんどん段階を上げていくぞ。KEIKO先生の2つのクラスのうち1つは夜の7時半開始。これは会社帰りにほぼ毎週参加できるのだが、もう1つは夕方6時開始なので、早めに直帰するなど仕事をさぼらないと参加はできない。月に1、2回、クビにならない程度に参加することにしよう。  あと、大事なのが情報収集だ。最初は受講者としていろいろ相談するテイで会話していくとして、そのあとコミュニケーションを深めていくには何か話題につかえそうなネタがあった方がよい。
そういえばKEIKO先生のことは何も知らないよなぁ。本名も知らないし、年齢も不明だ。わかってるのは外観の特徴のみで、身長が155センチ前後。推定B83、W58、H85のB〜Cカップ。年齢も20代後半から30代半ばくらいと正直よくわからない。


仕事中に「KEIKOヨガ」とググってみた。ふーん、KEIKOって名前でインストラクターしてる人は結構いるんやなぁ。でも俺のKEIKO先生は見当たらない。「大阪」というワードを加えて絞り込んでみると、大阪でヨガインストラクターをしているKEIKO先生は二人見つかったが、違う人だった。画像検索でも俺のKEIKO先生は見つからないし、本名がわからないのでフェイスブックでも検索のしようがない。 


とりあえず情報収集は置いといて、地道にクラスに通うしかないなぁ。よし、今日は営業先からフィットネスに直行や。ウェア、シューズをレンタルし、着替えてスタジオに向かうと、渡瀬さんを発見した。身体にぴったりフィットしたトレーニングウェアが汗で染みている。形のいい胸、プリンとしたお尻が一層エロく感じる。思わず、あの夜の渡瀬さんを思い出してしまった。一回限りと決めたハードなセックスで完全燃焼し、もう彼女とヤルのはいいやとそのときは感じたが、撤回させてもらう。やっぱりもう1回、渡瀬さんとヤリたいなぁ。

 
いかん、いかん!今日はKEIKO先生に集中しなくては。まもなくプログラムが始まってしまうので、渡瀬さんには声をかけずにスタジオに入った。ギリギリだったからか、スタジオ内はすでにほぼ満員状態。何とか後ろの隅の方にスペースを確保して参加することができた。今日はKEIKO先生が遠いなぁ。クラスの最中の接触はほとんど期待できないので、終わった後にあいさつし、少し話しかけてみるとするか。さあ、どう話しかけようか?


「なかなか身体が柔らかくならないんですけど、なんかいい方法ないですか?」
「骨盤をうまく立てられないんですけど、どうやったらいいですか?」
身体を動かしながら、あれこれ考えたが、こんなのしか思い浮かばない。まぁ、ええか。プログラムの途中、一息入れているときにKEIKO先生からイベントの告知があった。野外の公園でのヨガイベントで、そこそこ著名なインストラクターが実施するらしい。KEIKO先生はサポートのインストラクターとして参加するそうだ。これは、何としても行きたいもんだ。


「●●先生ってご存知ですか? テレビにも時々出られたりされてるんですけど」
受講者のほとんどが無言で首を横に振る中で、「知ってます!」と大きな声がスタジオの中に響き渡った。スタジオの前の方に陣取っている30代らしき男性だ。
「レッスンに参加したこともあります」「そうなんですね。では、ぜひこのイベントも参加してくださいね」「もちろんです!」あぁ、ウザい!  なんかイラつく男だ。小学校のころクラスにいた、なんでもハイハイ手を挙げる目立ちたがり屋のウザい奴。そんな感じだ。その後、レッスン中にそいつが声を出すことはなかったが、KEIKO先生から受講者への語りかけに対して、オーバーアクションでうなずいている。あぁ、うっとうしいなぁ。頼むから死んでくれ!


ウザい男にイライラしながらクラスが終了。さあ、頑張って先生に声をかけよう。最後に出れば長めに話しやすいので、ゆっくりとヨガマットを片付け、スタジオを出る列の一番後ろに並ぶ。先生が近づいてきてドキドキしていると、またあの男だ。先生になれなれしく話ししてるやないか。漏れ聞こえた会話は「やっぱり●●さんと同じ師匠に学ばれてたんですか。ヨガのスタイルが似てると思ったんですよ」などと、ヨガにまつわる内容。

「ありがとうございました」とあいさつする我々にKEIKO先生は会釈してくれるが、横から男が話し続けている。全員が退出した後も2人は話し続けていた。
クッソー!本当にむかつく!! この関根勤似のウザい男にも死ぬほどむかついているのだが、そんな男に先を越されてている不甲斐ない自分に対しても腹が立ってしようがない。 

この男、すでに段階③、もしかしたら段階④まで進んでいるかもしれない。今回だけの参加だったのならいいが、今後、毎回参加するのなら強力なライバル、障害物になるに違いない。頼むから、消えてくれ!

プログラムの後半は、ゆったりと穏やかな気持ちはどこかにいってしまい、エロい妄想で頭がいっぱいになっていた。

昨日までの状況が嘘のように、俺の体内にヤル気がみなぎっている。よーし、何としてもKEIKO先生を落としてみせるぞ!


ヨガのインストラクターのKEIKO先生を落とすべく、フィットネス通いを続けている。7段階のステップを設定して徐々に距離を詰めていく作戦だったが、ライバルの出現のんびりステップを踏む余裕がなくなってきた。 関根勤似のライバルは、前回のプロラムの際に、俺にはわからないヨガの話題でKEIKO先生と親し気に会話して距離をぐっと縮めていた。明らかに一歩先を行っている。むかつくわ。 アイツはKEIKO先生が先日話していた土曜日の野外ヨガイベントにも参加する可能性が高い。俺も参加し、何とか挽回したいところなのだが、どうしても外せない家族の予定が入ってしまった。くっそー、タイミングが悪すぎる。関根勤に大きく差をつけられるんじゃないか、もしかしたらもう俺の入る隙もないほど仲良くなってたらどうしよう、と気が気でない状態で週末を過ごした。関根勤はただのヨガ好きの男だったようだ
週が明け、KEIKO先生のプログラムに参加。スタジオの真ん中あたりに陣取ることができた。先生の姿がよく見えるいいポジションだ。スタジオ内を見渡したが、関根勤の姿は見えない。アイツ、今日は参加しないのか?

「周りのことは意識せず、自分自身の身体と呼吸に集中してゆっくりと身体を動かしましょう」 


いつもの先生の優しい声が心に沁みわたる。ただ、俺の意識は自分自身ではなく、KEIKO先生に集中している。(やっぱり、いい女やなぁ。どんなセックスするんやろなぁ?できるんやろなぁ…) あかん、こんなこと考えてたら下半身が反応してきた。トレーニングウェアだと勃起してるのバレバレや。自分自身に集中、集中今日こそはと、プログラムの終了後にKEIKO先生に声をかけた。退場の列の一番最後だし、関根勤もいないので、ゆっくりと話せそうだ。


「お疲れさまでした」透き通るような白い肌、なんでも許してくれそうな慈悲深さを感じる微笑みに、つい引き込まれそうになる。
「ありがとうございました。土曜日の野外のイベント、残念ながら参加できなかったんですよ。盛況でしたか?」「おかげさまで、このクラスに参加された方も何人か来られてました。こないだ大きな声で手を挙げてた男の人、いらっしゃったでしょ。彼も来られてましたよ」 やっぱり関根は参加してたんか。
「イベントをメインで担当してた●●さんとも知り合いみたいで、熱心にヨガの話されてましたよ。あの方、めちゃくちゃヨガマニアですね」


ほっ。どうやら関根勤はKEIKO先生目的ではなく、ただのヨガ好きの男だったようだあまり長く話をしても迷惑になるだけなので、いったん「ありがとうございました。まろしくお願いします」とスタジオを後にした。ばったり偶然を装って一緒に帰る作戦でいこう さあ、この後、どうする? せっかく少しは話もできたんだし、今日はぐっと距離を詰めておきたいところだ。ここはやっぱり待ち伏せして、『ばったり偶然を装って一緒に帰る作戦』でいこう。こんなことするのはウブな学生か、ストーカーしかいないと思うが、今までヤルノートにおいては成果を上げてきた作戦である。


とりあえず、早々に着替えを済ませ、KEIKO先生を待とう。さすがにフィットネス内で待ってるとバレバレなので、ビルの1階にあるコンビニのイートインスペースで待機だ。ペットボトルのドリンクを買って、カウンター席に座る。ここからはエレベータホールが見えるので、見落とす心配はない。なおかつ、先生の姿を発見してすぐにコンビニの出口から外に出れば、彼女の前に出られるので、非常に偶然っぽく装える。
さあ、後はKEIKO先生が現れるのを待つばかり。ドキドキ緊張感が高まっていくが、かなか現れない。まだかなぁ…。 15分くらい待って、やっとKEIKO先生がエレベータから出てきた。ノースリーブのシャツに裾が広がったパンツ。OLか若奥さんのおしゃれな普段着って感じだ。もっとエスニックな普段着かと思っていただけにちょっと意外だ。


急いでコンビニを出る。おそらくKEIKO先生は俺の5メートルくらい後ろにいるはず。歩く速度を少し落とすと、先生が横に並んだ。「あ、どうも」 俺から声をかけると、先生はにこやかに応えてくれた。「あぁ、どうもお疲れさまでした。今からお帰りですか?」「はい」「お近くにお住まいなんですか?」「○○です」「わりと近くですよね。私は××なんですよ。ちょっと辺ぴでしょ」 方向違いなのは残念だが、スムーズに会話には入れた。地下鉄の駅までは歩きながら話せそうだ。時間はたった5分ほど。非常に重要な時間だ。
「年齢そんなに変わらないですよ、私と」 待ち時間の間、何の話をしようかと考えていたのだが、いざとなると何を話せばいいのかなかなか出てこない。焦るなぁ。しかし、ありがたいことにKEIKO先生からどんどん訊いてきてくれたおかげで、どんどん会話がつながり、膨らんでいった。すごく幸せな気分で駅まで歩いていく。あぁ、駅がもっと遠くにあったらよかったのに。


「なんでヨガやろうって思ったんですか?」 KEIKO先生とヤリたいからだとは言えない。

「もともと友人に誘われてフィットネスに入ったんですけど、ハードなトレーニングは向いてないし、身体も硬いしヨガやってみようかなって」
「友達って、あのきれいな女性ですか?奥さんだと思ってましたよ」 
それって渡瀬さんのことか。一緒にプログラムを受けたことはあるが、よく覚えているな。「でも、この歳になると、全然身体が柔らかくならなくって」
「いや、年齢そんなに変わらないですよ、私と」 
いや、そんなことないやろ。「私、46才ですから」
えっ、嘘やろ!そんなにいってるんや。
「おいくつなんですか?」53です」
「えーっ、もっと若いかと思ってましたよ」


いやいや、それはこっちのセリフだ。どう見ても15才は若く見える。 今まで多くの女とかかわってきた俺。いくら若づくりの女でも、歳を大きく外すこと
はなかったが、今回はびっくりだ。若返りの神秘の術でもあるのか?46才と聞いて、ヤル気が失せるどころか、逆にヤリたい気持ちがいっそう高まった。 幸せな5分間はあっという間に過ぎ、時間があればお茶でもと誘ったが、次の予定があるらしく無理だった。でも、今日1日でかなり距離が縮まったのは間違いない。この調子で一気に畳みかけるぞ!

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ