女性ランナーの口説き方女性ランナーの口説き方女性ランナーの口説き方女性ランナーの口説き方女性ランナーの口説き方女性ランナーの口説き方女性ランナーの口説き方女性ランナーの口説き方女性ランナーの口説き方女性ランナーの口説き方女性ランナーの口説き方女性ランナーの口説き方
ずっと女の尻を追いかけまくってきた。
単純に「女とヤリたい」といつも思っていたし、ヤレるためなら労を惜しまずに行動に移してきた。性欲自体も強い方で、疲れていようが、風邪をひいていようが毎日のオナニーも欠かさなかった。そんな俺が、今、女に関して廃人のような状態に陥っている。振り返ってみると、50を過ぎたあたりから急に性欲、体力、気力が衰えてきていたように思う。若い女にしか目がいかなくなったのも、元気だったからではなくて、〝自分の衰え〞を〝対象の若さ〞という魅力でカバーしようとしていただけなのかもしれない。そして、その若い女たちとヤルことが不調に終わっている状況のなか、俺は抜け殻になってしまった。

街でいい女を見かけても「ヤリたい」という気持ちがまったく起こらない。ナンパもしていない。もちろん嫁さんともセックスレス。オナニーの時にお世話になっていた動画サイトも長いことアクセスしていない。ムスコに触れるのは小便する時だけだ。長いこと射精していないのに、夢精すらしない…。さすがに、この状態はマズい。それはよくわかっている。でもどうすればいいのか、どうすれば元気な俺に戻れるのかは全くわからない。今まで気にもならなかった、新聞やネットで見かける『男の自信を取り戻す!』といったサプリや漢方薬の広告にさえすがりたくなる自分が情けない。 あぁ、ほんまにどうしよう。これじゃ、ヤルノートどころか、普通の男としても危機的状況だ。俺、もしかして、このまま終わってしまうのか…。会ったことがあるような気もしないではない

3月初めのある日、仕事帰りの駅から家への道すがら、女性ランナーとすれ違った。まだまだ寒い時期で、背中を丸めてとぼとぼ歩いている俺の横をさっそうと走り抜けていった彼女。俺は『おっ、なかなかイイ女やん』と思わず目で追っていた。ヤル気は起らなくても、いい女にはとりあえず反応するようだ。年齢は30前後、身長は160センチくらいだろうか、本格的なランニングウェアに身を包み、綺麗なフォームで走り去っていく。(毎日走ってるんやろな)

彼女に興味が湧いたというより、毎日続けて走れるのは偉いよなぁという感想だ。ここ数年のマラソンブーム、そして一駅先に大きな公園があるからか、近所の道路を走るランナーの姿はかなり増えている。ダイエット中の夫婦もいれば、体脂肪率ひと桁と思えるような本格派ランナーまで、様々な人間が様々な走り方で夜の道路を駆けている。共通しているのは、みな派手なランニングウェアでばちっとキメていることだ。ダサいスウェットやジャージ姿は許されない雰囲気。それだけでも俺は街を走る気にはなれない。まぁ、最近のたるんだ身体、落ちた体力を考えると、ホンマは俺も走った方がいいんだろうが。

2日後、再び彼女と駅近くの交差点で出会った。今度は信号待ちのタイミングで一緒だ。ぼーっと突っ立っている俺の横で、彼女はその場でジョグをしている。髪はポニーテールに束ね、蛍光色のキャップをかぶっている。スッピンだろうが、整った顔立ち。ピッタリ目のウェアから均整のとれた無駄のないいいスタイルだとわかる。お尻もプリッと絞まってるし。以前の俺だったら、この瞬間に『ヤリたい!』と欲情し、ヤルノート入りが決定していたかもしれない。でも今の俺は『やっぱりいい女やなぁ』と冷静に彼女を観察している。公園との位置関係からすれば、今は帰り道ってことか? じゃ、俺と家への方向は一緒かもな。そんなことを考えて彼女を見ていると、彼女が俺の視線に気づいたのかこちらを向いた。

「こんばんは」
ニコッと微笑み、挨拶する彼女。俺を知っているのか? 反射的に「あぁ、どうも」と応えると、ほどなく信号が変わり、彼女は俺の前方を走り去っていった。
誰なんや? 確かに会ったことがあるような気もしないではないが、どこのだれかはまったく思い出せない。その辺に転がっているような並の女ならまだしも、結構な美人だ。出会っていたなら絶対に覚えているはず。うーん、気になるなぁ。家までの10 分ほどの帰り道であれこれ思い出そうとしてみたが、無理だった。もしかしたら俺が見てたんで、知り合いなのかもと挨拶したのかもしれない。こんなこともあり、彼女は、俺の中で少し気になる存在になった。

会社の帰り道、彼女にまた会えないかと気にしながら歩いている。走っている女性を見かけると、彼女かと目で追ってしまう。ヤリたいって訳じゃないけど、なんか気になる存在だ。また会いたいよなぁ、そう思いながら1週間以上が経った。脈打つペニスを握りながら、「絶対に彼女とヤル」
そして、その日がやってきた。その日、俺は仕事でチョンボしてしまい、心身共にヘトヘトになって家にたどり着いたところだった。マンションに入り、エレベータに乗り、自分の階のボタンを押す。扉が閉まりかけたところで、駆け足で近づく足音がした。しんどいし、無視して閉めたかったが、反射的に「開」ボタンを押してしまう。扉が開き、入ってきたのは〝彼女〞だった!

「あっ、ありがとうございます!」
 さわやかにお礼を言う彼女、なんと同じマンションの住人だったのだ。なぜか今まで全然気づかなかった。なんか急にドキドキしてきたぞ。少し汗ばみながら、息を整えている彼女、明るいエレベータの中で改めて見ると、やっぱりかなりの美人だ。そしてえくぼがめちゃくちゃ可愛い!そして、香水か何かの香りと彼女の汗の香りが交じり合って、なんともいい匂いがする。何か話しかけないと、と思うのだがすぐに言葉が出てこない。
「毎日、走ってるんですか?」
ようやく出てきたのは凡庸なセリフだった。

「そうなんです。続けてるとやめられなくなっちゃって」
ひとこと話しかけただけで、あっという間に俺の階に着いた。あぁ、低層階に住んでることがうらめしい。

「じゃ、さよなら」「おやすみなさい」
エレベータを降りた後、彼女が降りる階を確認する。最上階の1つ下だ。あの階は広い間取りしかない。結構金持ちなんだろうな。その夜は、エレベータの中の少し汗ばんだ彼女の姿、甘い香りが忘れられなかった。同じマンションの住人だということがいっそう俺の気持ちをざわつかせる。家族が寝静まった後、部屋で彼女を想像した。

エレベータの中でグイッと抱きしめる。汗で身体に貼りついているウェアを乱暴に脱がして胸を揉み、キスをする。あの香りが俺を刺激する。久しぶりにギンギンになったペニスを、締まった尻を両手でつかみながらバックで挿入し、突きまくる。リズミカルに腰を振って応える彼女。あぁ、イキそうや…。久しぶりの射精で、ドクドクと脈打つペニスを握りながら、俺は「絶対に彼女とヤル」と決めた。

「ふぅ、長かったなぁ…」受刑者が刑期を終えてやっと娑婆に出られた時のような、いやいや、スランプにもがき苦しんでいたバッターが何十打席ぶりかでホームランを打った時のような気持ちだろうか。久々にヤリたいと思えた女をオカズにした久しぶりの射精の余韻に浸りつつ、ティッシュで拭き拭きしながら俺はそうつぶやいていた。いや、あかん。あかん! オナニーしたくらいで何を満足してるんや。俺はまだ何もヤッてはいない。ただヤリたいと思えるターゲットが見つかったに過ぎないのだ。ヤル気が枯れ果てそうになっていた俺の救世主、回春剤となった彼女について、名前も含めて知らないことだらけで、唯一わかっていることは同じマンションの住人だということだけだ。

そしてそれが彼女を落とすうえで最も困難なハードルになるのは間違いない。同じマンションの住人ということは、当たり前のことだが、俺や彼女の家族やご近所にバレるリスクが非常に高い。アプローチの行動を慎重に行わないと、取り返しがつかないことになる。それに、バレずにアプローチできたとして、彼女を口説いて失敗した場合や、うまくヤレたがその後面倒なことになった場合、同じマンションだと洒落にならない。

実は、14年前に「隣家の奥さんと寝てみたい」というテーマで、同じマンションの住人、しかも隣の奥さんを寝取るというチャレンジをしたことがある。当時の俺はまだ30代。住んでいたマンションも新婚家庭が多く、各家庭同士にあまり関心がなかった。俺は、アプローチしていることがバレるリスクよりも、どちらかと言えば口説いた後のリスクや面倒さを気にしながら、結構大胆に攻めていた。隣ということもあり、顔を合わす機会も多い。徐々にコミュニケーションを増やしていった結果、転勤族で大阪に友達がいない寂しさにつけ入るような形で仲良くなり、ヤルことに成功したのだ。しかし、今はまったく事情が異なる。

マンションはファミリータイプで、子供の同級生が5人も住んでいる。結果、家族同士で話をしたり、挨拶したり、住人間のコミュニケーション量が非常に多くなっている。それに、井戸端会議というか、主婦同士で、他の家族についても情報交換や噂話をしているようだ。本当に慎重にコトを運ばないと、何もしないうちから噂になってしまいかねない。そして、俺もこの14年でだいぶ変化した。二人の子ができ、だいぶ大きくなった。50も過ぎて、失敗したときに失うものが非常に大きくなっている。ネガティブなことばかり書いたが、今回の彼女に対して、ヤル前からあきらめているわけでも、腰が引けているわけでも決してない。絶対にヤル! 

でも今まで以上に、慎重に繊細に、そして戦略的にアプローチをしていく必要があるということだ。成功へのキーワードは3つ俺なりに、彼女を攻略するための作戦をじっくり考えてみた。作戦成功のキーワードは「情報収集」「偶然の積み重ね」「秘密の共有」の3つだ。まずは、「情報収集」。彼女についてわかっているのは同じマンションの高層階に住んでいるってことと、夜に近所を走っているということだけだ。もっと彼女について知ることでアプローチの仕方が見えてくる。次に「偶然の積み重ね」。近所の目が最大のリスクである以上、長時間話したり、一緒にいたりすることはできるだけ避けなければならない。彼女との距離を縮めるためには、偶然を意図的に作り出し、できるだけその接点を増やしていくことが重要だ。そして「秘密の共有」。

これは14年前の成功の鍵でもあったのだが、ある程度仲良くなれたとして、どんな些細なことでも、お互いの夫や妻に言えない秘密を共有することでドキドキ、ワクワクする気持ちを醸成する。
 ここまで持ってこられれば、かなりの確率で成功が見えてくる。
「あの美人の奥さんでしょ。やっぱり気になります?」まずは情報収集からだ。同じマンションに住んでいながら、しかもあれだけの美人(加藤あいを健康的にした感じだろうか)なのに俺が全く知らなかったということは、最近引っ越してきたばかりなのかもしれない。せめて名前だけでもわかったらなぁ。住んでいるフロアはわかっている。その階は全室広めで、ワンフロア4戸しかない。1階の郵便受けで名前を確認してみる。名前が記載されているのは1軒だけ。しかも子供の同級生のお宅だ。まさか郵便受けをゴソゴソ漁るわけにはいかないしなぁ。ある朝、新聞を取りに行くと、彼女と同じフロアの、子供の同級生のお母さんと一緒になった。挨拶を交わした後、おもわず尋ねた。

「○○さんのフロア、最近引っ越してこられました?」
「え、何でですの?」
「いや、あんまり見たことない人が○○さんのフロアで降りはったので」
「あっ、あの美人の奥さんでしょ。やっぱり気になります?」しまった! 軽率だった。「あっ、いや男の人だったんですけど」
「あぁ、旦那さんはすごい背の高い人で」
「そうそう」適当に話を合わせる。
「そうですねん。ひと月くらい前に引っ越してこられて…」

これ以上、根ほり葉ほり聞くのは不自然だし、リスキーだ。やっぱり自力で情報収集するしかないか。彼女の行動をある程度把握できると、アプローチの作戦も立てやすくなる。よし、今週は仕事も結構落ち着いているし、ちゃっちゃと仕事を切り上げて早く帰り、彼女のランニングの実態調査といこう。以前彼女と道で出会ったのは2回とも午後7時半頃。マンションのエレベータで一緒になったのは8時頃。おそらくは、午後7時から8時の間くらいでランニングをしているはずだ。

月曜日、午後7時過ぎから、駅近くの交差点で車を停め、彼女を待つ。自宅から公園へ向かうには、ここを経由するはずだ。まるで刑事ドラマのハリコミのようだが、絶対に見落とさないように注意しながら辺りを窺う。結局、1時間以上待ったが、彼女は現れなかった。あぁ、腹減ったし、今日はあきらめよう。翌、火曜日。同じ場所、同じ時間帯で彼女を待つ。ほんまに俺はアホやなぁと思いつつも、こんなバカげたことを再びやろうという気になれたことがなんかうれしい。
『きたっ!』思わず声が出たかもしれない。俺の車の横を、黒とピンクのツートーンのランニングウェア姿の彼女が走り抜けていった。
さすがに車で並走するわけにはいかないので、しばらく彼女を走らせた後、気づかれない距離を保ちながら車を走らせる。それを繰り返しながら公園に到着した。

車で公園に入ることはできないので、彼女が入った入口辺りで待機。待つこと30分ほどして彼女が再び現れた。あとはマンションに帰るだけなので、つける必要はないのだが、もう少し彼女が走る姿を見ていたい。自宅近くはさすがにまずいので駅近くの交差点まで彼女の後をついて車で走り、そこで彼女を追い越してマンションに帰った。
 結局、ストーカーのように月曜から木曜まで4日間張り込んだ結果、2回彼女と会うことができた。さすがに2回目は後をつけなかったが。2日に1回くらいのペースで、午後7時頃から約1時間かけてランニングを行っていることはわかった。走っているコースも押さえた。次なるステップ、彼女と「偶然の積み重ね」をしていくうえで、自宅近くでの接触は非常にリスキーではあるが、夜の公園内だと問題はない。夜に彼女と公園でバッタリ出くわすためには…、やっぱり俺も走るしかないか?

同じマンションに住む美人ランナーの彼女について、いろいろわかったことがある。
彼女についての情報を簡単に整理してみると、
・姓は渡瀬さん
・30才前後
・顔は加藤あいをキリッと健康的にしたような美人で、笑うとえくぼが可愛い
・身長は160センチくらいで、きゅっと引き締まった身体
・俺と同じマンションの高層階に最近引っ越してきた(その隣には俺の子供の同級生家族が住んでいる)
・旦那はおそらく大手企業勤務のビジネスマン
・旦那の車はアウディ
・子供はいない(旦那と二人暮らし)
・2日に1回くらい、夜に約1時間のランニングを行っている

こんなところか。プライベート情報のほとんどは、子供の同級生のオカン↓俺の嫁さんというルートで知り得たものだ。女の情報収集力と共有力は侮れない。渡瀬さんとヤルという目標ははっきりしているこのセレブな人妻、渡瀬さんを落とすために、次なるステップは「偶然の積み重ね」だ。彼女とバッタリ出くわす場面を多く創りだし、距離感を縮めていく。そのための手段で今思いつくことは、「俺も走る」ことしかない。

ものぐさで運動嫌いの俺にとっては気が進まないことではあるが、これも渡瀬さんとヤルためだ。さっそく走り始めるとしよう。ただ、唐突に始めて嫁さんに怪しまれてはいけない。一応、話しとこ。
「最近、俺、運動不足やろ」
「最近って、ずっとやん」
「ちょっと身体動かさなアカンかなぁって思って。走ってみよかな」
「そんなんゆうて、続いた試しがないやん。とりあえずやってみるって感じやったら絶対に続かへんから、やるんやったら月ごととか目標決めてちゃんとやりや」
まぁ、渡瀬さんとヤルという目標ははっきりしているので、続ける自信はある。でもせっかくなので、嫁さんが言うように、月々の目標を立てて取り組むことにした。渡瀬さんへのアプローチ目標と俺のシェイプアップ目標の両方を設定するのだ。ちなみに開始前の俺の肉体は、身長170センチ体重66キロウエスト85センチ体脂肪率22・5%
着やせするタイプなので、実際より痩せて見られるが、裸になれば少々情けない弛んだ50男の肉体だ。で、設定した目標がこれ。

【目標】
●渡瀬さん目標
何度かランニング中に遭遇しあいさつする。走りながら世間話でもできる関係になる。
●シェイプ目標
 体重65キロウエスト83センチ体脂肪21%
【目標】
●渡瀬さん目標
 連絡先を交換する
●シェイプ目標
 体重64キロウエスト81センチ体脂肪19・5%
【8月目標】
●渡瀬さん目標
 ランニング以外でデートする↓ヤル!
●シェイプ目標
 体重63キロウエスト79センチ体脂肪18・5%

シェイプ目標は頑張れば何とでもなるだろうが、正直、渡瀬さん目標のハードルは高い。でも大変な分、やりがいはあるし、渡瀬さんはそれだけの値打ちがある女性だ。さっそく、ランニングの準備を進めようと、週末にスポーツ用品店に行った。ランニングウェアのコーナーには、派手でカッコいいウェアが並んでいる。でもなんか気合が入りすぎていて、これ着るのは恥ずかしいよなぁ。それに、渡瀬さんにアプローチする時も「走るの始めたばっかりなんで、いろいろ教えてくださいね」というスタンスで攻めるのがいいだろう。よし、ウェアはユニクロで十分や。シューズだけ購入し、店を出た。さっそく月曜日から作戦開始。基本的には、会社からの帰りに走ることにした。

荷物を持って走るのは大変だが、いったん家に帰ってから走るとなると、渡瀬さんが走っている時間帯より少し遅めになる可能性があるし、時間が合ったとしても、渡瀬さんと同じようにマンションを出て、同じように帰ってくることで怪しまれたり噂になるリスクがないとも限らない。ルートとしては、会社から電車で、公園のある駅まで移動↓公園でしばらく走り、その後走って帰宅というパターン。会社から公園までも走れない距離ではないが、そこにかける時間と体力を、渡瀬さんと会える可能性がある公園での時間に割り振りたいのだ。

会社帰り、午後7時前に公園に到着。トイレでウェアに着替え、スーツと靴はリュックの中にしまい、背負いながら走ることにした。日ごろからろくに運動をしていない鈍りまくった身体なので、まずは、準備運動をしっかり行う。そして、ほとんどのランナーが公園内の周回コースを走っているようなので、そこを走ることにした。周回コースには、平日の夜だというのに多くのランナーたちが走っている。多くは30代から50代の中年ランナーだ。ほとんどデブはいない。お前ら走る必要ないやろと言いたくなる絞まった身体に派手なウェアを着て、ストイックに黙々と走っているランナーがほとんどだ。

今日は渡瀬さん、来てるかなぁ?最初は余裕があったので、周りをきょろきょろと、彼女を探しながら走っていたのだが、あっという間に下腹が少し痛くなってきた。走っても走っても、なかなか周回コースを1周できない。いったい何キロあるんや?結局、1周するのに30分近い時間がかかってしまった。こんな風に周回コースを走っていて、渡瀬さんと出会えるのか?かといって、公園の出口で待ち伏せというのもわざとらしすぎる。走りながら彼女と「偶然に」ばったり出会えるシチュエーションをうまく創りだせる方法はないだろうか?

周回コースを1周半したところで、公園の出口が見えてきた。もう1周は絶対に無理だ。家までも20分くらいかかるし、今日はこのまま帰るとしよう。そう思った矢先、俺を颯爽と追い抜いていった女性が。渡瀬さんやん!初回から出会えるとは、なんてラッキーなんだ!!

ところが、早速コンタクトをと思ったものの、まったく彼女についていけない。もう1周走ってくれれば、俺は休憩しておいて体力を戻し、再度接触を試みることもできたかもしれないが、残念ながら渡瀬さんは出口から家へ向かってしまった。初回からせっかく出会えたのに、気づかれもせずに終わるという残念な結果だ。
走り去る渡瀬さんの、プリッと絞まった魅力的なお尻を眺めながら、何もできないのが歯がゆくて仕方がない。俺が立てたこの計画は、いきなり走力の差という大きな壁にぶち当たってしまった。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ