★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0094_20180523084222f38.jpg 0095_201805230842236f7.jpg0092_201805230842190b9.jpg 0093_20180523084221c8e.jpg0013_201810032230241f9.jpg0012_201810032230235ae.jpg0090_20180522213025b37.jpg0091_2018052221302788c.jpg0088_201805222130228b9.jpg0089_2018052221302430d.jpg
1_201911142051195a7.jpg2_201911142051205cc_20200114095754c68.jpg3_2019111420512158e.jpg4_20191114205122cee_20200114095835c75.jpg
ナンパ場として相席系飲み屋が大はやりだが、オッサンにはなかなかハードルが高いというのがオレの印象だ。主流の居酒屋タイプでは、何度ホゾを噛んだかわからない。このタイプは2対2でのグループトークが基本なので、十八番のエンコー提案も切り出しにくいし。しかし、オレは狙い目の店舗を見つけた。近ごろ都市部を中心に増えつつある、ラグジュアリーな内装で高級感をウリにした『相席ラウンジ』である。システムは、居酒屋系とだいたい同じで、男は有料、女はタダ。そしてポイントは、1人客の女がやたら多いことだ。ここなら得意技を出せそうでしょ?実際に向かってみたところ、状況は期待以上だった。豪華な内装の雰囲気に釣られてか、パパ活オンナが集まってきており、援交が切り出しやすいのだ。おっさんが向かう相席系飲み屋は、ラウンジタイプで決まりです。
ふらっと入ったラブホでデリ嬢を呼んで一発ヌく。若いころならこういう遊びも決して悪くはないんだろうが、齢を重ね、いろんな社会経験を積んできた俺のようなオッサンには、どうもそれだけでは味気がない。同じフーゾクで遊ぶにしても、もっと情緒のある、落ち着いた環境でのプレイにより心が引かれてしまうわけで。こういう考えに賛同してくれるご年配の同志はきっと少なくないだろうが、ならばそういう方たちのために、ぜひオススメしたいものがある。
『ホテルDEデリヘル』なる口コミサイトだ。デリヘルが呼べるシティホテルやビジネスホテルの情報が都道府県別に集められたきわめて便利なサイトなのだが、実はホテル以外に、温泉宿や温泉ホテルの情報も多数、掲載されていたりする。つまり、ゆっくり温泉に浸かり、晩酌を楽しんだそのあとで、デリ嬢と落ち着いた和室でしっぽり、などという贅沢な大人の遊びが可能なわけだ。静かに一人旅を楽しむもよし。あるいは男友だちを誘ってにぎやかにやるもよし。いずれにしろ、オッサンの温泉旅行が数倍グレードアップすること間違いなしだ。
単独でやってくるパパ活オンナにエンコーを切り出す
視姦されるためにハミ毛させてるんだから見てやんなきゃ損!
「最近のコスプレイヤー過激すぎ!」というようなネット記事を見かけないだろうか?エロコスプレイヤーを生で見てみたいけど、アニメに興味はないし、行っても馴染めなさそう…と気後れしている方もいることだろう。もったいない。そんな理由でせっかくのエロチャンスを逃すなんて。イベントと聞くと敷居が高く感じるかもしれないが、実際のところ、コスプレイヤーを囲んで撮影しているカメラマンは小汚いオッサンばっかりだし、俺のように視姦目的と思わしき、ただブラブラしているだけのオッサンもかなりの数いる。事実俺もアニメなんか全く知らないが、毎回イベントがあるたびに出かけ、若い女の生ケツやハミ毛をたっぷりと鑑賞させてもらっている。女たちもエロ目線で写真を撮られたり、視姦されるのには慣れっこで、「もっと足広げて~」なんてリクエストにも笑顔で応えている。このようなイベントは関西なら「ストリートフェスティバル」、名古屋は「ロムこみ」、「こみっくトレジャー」、関東なら「コスホリック」「ロー協」などが規模も大きく、鉄板のイベントだ。是非、生でエロコスプレを楽しんでほしい。
ブスの友達はブスだでもその友達がブスとは限らない
おっさんでも飲み屋ナンパできるおごるよスタンプの威力
この時に二人が馬鹿にしたような顔をしていたら脈ナシです、あきらめましょう
スタンプ風の絵ってのが、おどけたおっさんアピールになるんですね
ブスを交えたグループLINEで美人に好印象を与える
グループではブスにも女としてちゃんと接します
当然こういうやり取りを美人も見ているわけである段階で個人攻撃です
下心があると思われていないので、サシ飲みまで容易です
街コンからいきなりこの段階に持っていくのは至難の技だけどこの方法なら楽チンですよ
こういう刷り込みができるわけです
美人店員への手紙は断られても恥ずかしくない文面で
40男と20代女の出会いなど、日常的にそうそうあるものではない・声をかけるにも躊躇する。
しかしこの組み合わせ、女側から言わせると、我々が卑屈に考えるほど相性の悪いものではないらしい。ゴルフ下手の石田氏が2年前、会社の関係者とコースに出たときに、キャディをしていたのが真奈美だった・キャディといえばおばちゃんの多い世界だが、日焼けを気にしない若い子がたまにバイ
トに精を出していたりする。
さて下手クソ石田氏、誰も見ていないことをいいことに、崖下に落ちたボールを手で投げた。それを見ていた真奈美が笑いながら言う。
「投げたでしよ」
「見てた?黙っててね」些細な会話である。しかし翌週、翌々週と続いた接待ゴルフでも、まるで計ったかのように彼女がキャディに付けば、石田氏が何かしら進展を目論んでも不思議はない。
「ご飯でも行こうか?」
コースを移動しながら軽く誘う。
「いいですよ」
携帯番号を交換し、その日の夕方、さっそく2人は車で待ち合わせて居酒屋に向かった。この段階ではまだセックスの匂いはしない。ただの「食事に連れてってくれるオジサン」を演じ続けるだけだ。
しかし飲み始めて2時間ほど経ったころ、話題はだんだん下ネタ方面へ進む。
「なんだか、彼氏からすぐ体を求められるんだけど、痛いから好きじゃないって言うんですよ」
彼氏はよっぽどいいモン持ってるんだなぁと、石田氏は話を深く掘り下げる。すると、
「違うの。私あまり濡れないの」
「オレは濡らす自信あるよ」
「男の人はみんなそう言うけど、私、気持ちよかったことってないから」
「ダマされたと思ってやってみる?」
口説き文句のレールを相手がここまでわかりやすく敷いてくれることなど滅多にない。
石田氏自身も後にして思えば、「痛い」から始まる一連の会話の流れは、彼女の誘惑術だったのかもしれないと言う。なぜなら、その後に入ったラブホで彼女は驚くほど濡れていたのだ。以前にも石田氏は、得意先のOLと不倫をしたことがある。しかしその女は本気になり、自宅にやってきて「離婚してくれ」とまで言い出した。思い出したくない醜態だ。
しかし真奈美は違った。実際に彼氏もいるらしく、滅多に連絡などよこしてこないがこちらから呼べば喜んでやってくる。単なる人柄の違いか?
石田氏によればそれはおそらく最初の扱い方の差だろうとのことだ。女が横にベタッとくっついてきても「近寄るなよ」とあしらい、「お前とはエッチするのが目的だから」と口にする。これなら女も勘違いのしょうがない。「すぐ逃げられてしまいそうに思えるけど、逆なんですよね。こちらの顔色を伺うような感じでズルズル付き合ってしまうみたいで」20代のイケメンにあしらわれるならまだしも、40才のオッサンに優しくされることもなく付いてくる女がいるとは、とても信じられない。オジサンの強みは財力と包容力だけのはずなのに。
「そういう部分で勝負したら、僕なんかまるっきり無理ですよ。小遣いも少ないし、いいレストランなんか連れて行かないし」
メールも送らず、悩み相談にも乗らず。ならば真奈美のメリットは何なのだろう。こればかりは皆目見当がつかない・元々がセフレ体質だったのか。しかしそんな子がキャディなんて肉体労働に励むだ
ろうか・いや、バイトすら周囲に流されるまま始めたのか。キャディだった彼女は昨年、石田氏にそそのかされてキャバ嬢に転身し、一人暮らしを始めた。おかげで営業マンの石田氏は、外回り中にマンションで一発抜いてすぐ帰るだけの、うらやましい毎日を送っている。
初な医大生の焦燥感を突いてセフレに
酸いも甘いも知り尽くした大人同士のセフレもいいが、何も知らない子に性のイロハを教え込むセフレもまた格別である。出会いの場はやはりネットだ。土曜の夜中になると、松本氏はパソコン前に座り、無料の2ショットチャットにアクセスする。顔写真にプロフィールを付けて待機し、女の子の入室を待つタイプのチャットだ。毎日夕方5時半以降は暇だらけの公務員だが、ナンパや合コンに精を出すタイプではなく、出会いはネットに頼るしかないのだ。
さて松本氏、優しい顔はしているものの、まともな写メで女を引きつける力はない。そこで、露出過多、ばりばり美白のプリクラに1人こもって、玉木宏風の奇跡の1枚を撮影。そいつを携帯で接写した。裏モノでも紹介した手法である。写真効果プラス、全国規模チャットの中での「高知在住」というキーワードのおかげで、地元の女子大生、直美が入室してきた。
「彼女もたまに使ってたらしいですけど、高知の男に出会ったのは初めてだったみたいです。だから最初は地元の祭りの話や出身高校の話題で盛り上がりましたね」会える女かどうか探るにはチャット
から電話へ移行するのが手っ取り早い。彼の理由付けはいつも決まっている。
「親がパソコン使いたいって言ゆうき、電話でしゃべらんかえ?」ここで番号を教えない女は深追いしてもムダ。さっさと切り捨てる。うまく聞き出せば、電話でエロ会話に突入だ。
「土曜の夜にチャットを覗く時点で、エロ会話をしたがっているはずなんです」
その日は相手が19才ということもあり、今どんな格好か、最近いつセックスしたかと、ソフトな内容に終始した。それでものんびり話すうち、翌日ドライブの約束にこぎつけるのだから、玉木宏のパワーは凄い。実物が写真と違っても、事前にしっかり会話がなされていれば問題はないと氏は言う。ギャップに引かれて逃がしてしまうのは、写真のみを想像の材料にさせているからであり、人柄さえ電話と実物で一致させれば、女は安心するものなのだ。
さて、翌日やってきたのは正真正銘の女子大生だった。さほど可愛くはないものの、その瑞々しさはやはり10代である。
「ご飯食べてドライブして、外やったら人に見られるかもしれんき、ホテル行こうか?って誘いました」
素早い展開は、事前の軽いエロ会話があったからこそだろう。その日だけでなく、以降も直美は松本
氏の玩具となり続ける。実は彼女は高2のころに同級生と数ヵ月付き合った経験しかなく、ほとんど
処女同然だった。受験勉強からようやく解放されたものの、出会いの方法がわからず、チャットに顔を出す日々・パソコン上で知識だけは得たが、実体験は増えずにあせっていたところ、松本氏に出会った。大人のセックスにハマる下地は十分にあったのである。
電話ナンパの法則「人妻は夜中に狙え」「喋るより相手の話を開け」
ツーショットやテレクラの場合、相手がサクラであっても、話術でなし崩し的に口説き強引な展開を計ることが可能なのに対し、伝言ダイヤルはメッセージのやり取りだけで女の気をひかねばならない
ため、サクラを口説き落とすのは至難の技なのである。そのことから一般に伝言ダイヤルは、テレクラやツーショットなどに比べて女のゲット率が低いジャンルだと考えられているようだ。
私のいた業者ではツーショットと伝言ダイヤルの両方の番組を運営していたのだが、ユーザーのほと
んどがツーショットを利用。売上の比率で言えば、おおよそ20対1くらいの割合だった。
ところが、素人の見極めさえできれば伝言ダイヤルほど効率の良いナンパツールは他にない。伝言ダイヤルはオープンにプロフィールを録音すれば最低でも10人以上からの返事がくる。ほとんどがサクラの中、何人かの素人を集中的に攻めさえすれば、少ない投資で複数の女の子を一遍にゲットすることができるのだ。
実際、両者の見極めが可能な私などが伝言をやった場合、1万円もあれば、まず5,6人は楽々ゲットできる。私の中では、ツーショットやテレクラは一本釣り、伝言ダイヤルは投網漁といった認識でいるくらいだ。さて、肝心のその見極め方だが、これが呆れるほど単純なもの。メッセージの録音時間が長ければサクラ、短かければ素人女なのである。にわかには信じ難いかもしれないが、そう断言する根拠を説明しよう。ツーショットでも伝言ダイヤルでも同じなのだが、業者は番組を運営するにあたり、自らの不利益となる要素を排除するべくコンピュータ上で様々な設定を施している。その方法は繁雑な手続きになるので割愛するが、たとえば、利用時間のリミットを過ぎると自動的に電話が切れてしまう仕組みも、この設定によるものだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ