ご近所の隣人の新妻のお風呂や着替えを盗撮男は右手でイチモツを握り、激しくこすり始めた。
はぁはあと次第に声を大きくし、最後は大量の精液を左手のティッシュに飛び散らせる。
全身が痺れつく快感に、体を震わせる男。それは他ならぬ、この私だ。
隣家の長男の嫁に来た23才の新妻
実家に隣接する酒井家(仮名)の長男の元に、恵子(仮名)が嫁いできた。当時流行りの聖子ちゃんヵットの似合う可愛いらしい子で、童貞だった私には、ただ眩しい高嶺の花でしかなかつた。
初めて恵子をセックスの対象として意識したのは、ゴミ捨て場に荷物を運ぶのを手伝ったときのことだ。戻りしな「ありがとう」と肩をポンと叩かれた瞬間、シャツの脇から覗いた黄色いブラジャーを私は見逃さなかった。思ったよりふくよかな胸だつた。乳首は何色なんだろう。旦那に吸われているのだろうか。唾を飲み込むと、鼻の奥に甘酸つぱい香りが広がる。股間が膨らんだ。
「今度、ぜひ家に遊びにいらっしゃい」
私の異変に気づくことなく無邪気に声をかけ、そのまま玄関へ消えていく恵子。
1人残された私はそのままボーッと立ち尽すしかなかった。恵子の乳房を弄ぶ自分の姿を想像しながらペニスをしごいたその夜から、私は彼女の虜になった。買い物、ゴミ捨て、井戸端会議。
近所で姿を見かけるたび、さりげなく近寄つて全身を吟味した。パンツの線が見えたらその晩は尻を責め、色つきのブラがシャツに浮かべば乳を後ろから揉みしだく。恵子は人妻だから初めはするだろう。
しかし、イジられる内に禁断の快感を知り、最後は必ず私の言うことを聞く。まだ見ぬ肉体に思いを馳せながら、私は若い妄想を限りなく膨らませていた。階の着替え部屋で白くたわわな乳房をその年の秋のことだったと記憶している。
夕方、学校から帰ってきた私は、何気に酒井宅を眺めていた。
恵子が現れた。心臓がバクバクと高鳴り、大量のヨダレが口元から流れ始めた。恵子がバスタオルを剥ぎ取る
ポロンツ白くたわわな乳房が現れた。肩から鎖骨にかけて薄く白い肌が、急なカーブを描いて膨らみ、その先には眩しいばかりの乳頭がツンと上をいている。ぁぁ恵子
畳の上に放たれる大量のそれでもペニスはエレクトを止めない。しかも、恵子は私に見せつけるように尻を向け、バンティをはきだしたではなぃか。
今、彼女の家を訪ねたらどうなるのだろう。
台所の勝手口から忍び込み、後ろから羽交い締めにして、あの肉体を舐め回す。
再び窓に目をやる。恵子はすでにいなかった。恵子を見張る生活が始まった。私が学校から戻るのが午後3時。恵子が旦那の焼肉屋へ手伝いに出かけるのが5時。猶予はたったの2時間だ。この時間だけ私は、カーテンのスキ間から目を上下左右に光らせる。パンティ1枚のまま鏡の前でハミ毛をチェックする恵子。ブラのホックが、うまくハマらずイライラする恵子。私は叫びたかった。なぜ呼んでくれないんだ。呼べば、いくらでも手伝ってあげるのに
精液を放出し、私は恵子に謝る。ごめんなさい。本当は汚すつもりなどなかったんだ。ただ恵子が好きなだけなんだ。けど、恵子は振いてくれない。なぜ?私にはわからない。ほら、フザけるのも、たいがいにしろ。オラ。
何考えてんだよ。テメー、マジで犯しちまつぞ
オラア旦那さんと性器をナメまくったの?
高校を卒業し、地元の会社に就職した。童貞も捨てた。好きだと言ってくれる女も現れた
しかし、恵子への思いは変わらない。愛してるのはオマエだけだよ、恵子。ある日曜日のことだ。いつものように隣家を監視していると、ふいに恵子と旦那がジャレる姿が目にび込んできた。
純白のパンティで現れ、乳房と同色のブラを装着、パンストに足を通そうとする恵子。そうはさせまいと、右手で乳を揉みながら、左手でストッキングをスルスル脱がせていく且那。おまえ、ナニしてんだ、私の恵…ゴメン、恵子、大きな声を出して。
君が人の妻であることはよくわかっている。誰も、恵子の肉体を本気で奪おうなんて思っちゃぃなぃょ。窓の向こぅでは相変わらず人がジャレ合っていた。私は、あらかじめ購入しておいた白のバンティを恵子の下着に見立ててペニスと玉に卷き付ける
目をつぶり首を後ろに反らしてシシシシ
ぐえ、キモチい決めたよ、恵子。八日から私は下着やパンストを君と思い、自分で慰める。そこでひとつ提案があるんだ。私が仕事に行ってる昼間、キミの姿をビデオで撮らせてもらえないかな。それなら人とも誰かに気を遣っ必要はないし、毎日一緒にいられるだろ。そりや、汚れたパンツを目の前で脱いで欲しいけど、旦那に変に勘ぐられたら元も子もないからね。ふふふ
こぅして私は、まもなくビデオカメラと三脚のセットを購入する。カーテンの隙間から着替え室にレンズをセット。ビデオデッキに接続したら録画で撮影できる。仕事の途中、家に立ち寄り、テープを交換すれば時間の記録が可能だ。ビデオを再生して時間が過ぎた。テレビの画面は隣家の階を映しているだけ。何の変化も起きない。午前、ようやく恵子が現れる。ネグリジェじやなく、ピンク色のパジャマ。それも可愛いね。恵子が、パジャマを脱ぎ去りノーブラのままシヤッに着替え始めた。
パンッは黒のスキャンティだ…。もしかして、昨晩旦那と性器を舐めまくったのアソコにチンコ入されたの?気持よかった?
着替えを終えた恵子が朝食をこしらえる。30分後に起きてきた旦那が、それを平らげ焼肉屋へダッシュする。残された恵子が洗濯に取りかかり、メロドラマを見てからソファで昼寝する。
夕方シャワーを浴び、午後、夫の焼肉屋へ出かける。恵子の日は実に平凡だつた。
録画テープを再生し、思わず背筋が凍りついた。恵子が執拗にレンズを睨みつけてくるのだ。恵子、ナニをそんなに怒ってるんだい?私が昨晩風俗で遊んだことに嫉妬しているの?それとも明日のデートが気に入らないの?女はヒステリを起こすと見境なくなるから恐いんだよな。恵子、頼むから警察になんか訴えないでおくれよ。が、恵子はちゃんと言うことを聞いてくれた。ゴミ集積所で顔を合わせても「おはようございます」と、いつもの笑顔で挨拶してくれる。いい子だ。いい子だよ、恵子。もしかしてこういうことかな?
カメラを睨みつけてたのは私に対する愛情表現だったのかな。アナタが好きです。だからもうこれ以上焦らさないで。早く2人で会いましよう。
と、こういうことかな。なんだ。それならそれで、ゴミ置き場で会ったときに言えばいいのに。恥ずかしがり屋さんなんだね。でも、いきなりセックスはまずいんじやないかな。モノには順序ってものがあるし。で、昨日、手紙を書いたんだ。照れるけど読んでくれないかな。
『突然のお手紙で恐縮です。以前から女に好意を寄せている男性です。理不尽なお願いと知りながら筆をとりました。率直に申します。貴女のパンティもしくはパンストをいただけないでしょうか?よろしくお願い申し上げます。もし、了解して頂けるのであれば公園のベンチに放置しておいて下さい。あなた様を慕う男より』
付近一帯を警官がウロつき始めたのは、ポストに手紙を投げ込んだ翌日のことだった。
「ちょっとアンタ。お隣さん、変質者に狙われているみたいょ」
母親が好奇心満々の表情で私に言う。
「パンツをよこさないととかいう手紙が送られてきたらしいの。怖いわねぇ〜」
ハハハ、恵子さん、これどういうことか
恵子がアプローチしてきたから、それに応えただけだろ。最初に好きだと言ってきたのは恵子の方じやないか。なのに警呼ぶだなんて、頭がおかしくなったとしか思えないよ。これ以上、恵子と関わっていたら、こっちが破滅しそぅだな。もう恵子の裸を見てオナニーしてあげない。それでもいいの?わかったよ笑。そんなに泣くなよ。だったら最後にもう一度チヤンスをあげよう
1週間後にビデオを設置そのときは必ず裸になるんだよ。お尻を舐め舐めしてあげる代わりに、私のペニスを可愛がるんだょ。
恵子に待望の赤ん坊が生まれた。母子手帳片手に出向いた定期検診。
初めて制服を着せた幼稚園の入園式。漏らして泣き崩れる息子を優しく迎えた笑顔。本当に恵子は幸せそぅだった。でも、失礼だけど、30才を超えてから急にオバサンになったよね。スウェッ卜の中に手を突っ込んでアソコをボリボリ搔いたり、窓の外に尻を向けて爪先でつまんだり。
もちろん、それで嫌いになったりなんかするもんか。たとえ昔のよぅに張りのある乳房でなくても、下着が汚れていても、私の気持ちは変わらない。安心していいよ。なのに、恵子は私を裏切ったんだ。息子さんが中学に入学して、国道沿いのファミレスで働き始めたよね。そのころ私は見ちゃいけないものを見ちやったんだよ。
東北に初雪が降った日の夕方のことを覚えてる?
私は愛犬と河川敷へ散歩に出かけて、向こ、序の駐車スペースに恵子の愛車を見つけたんだ。夕日を浴びてボディが反射する眩しいシートの中に、君はめかしこんで座っていたよね。てっきり私のことを待っているんだって思ったよ。ここが愛犬の散歩コースだつてことは知ってるもんね。
あぁ、バンストを渡すために私を待ち続けてるんだって、本当にそう思ってたよ。でも、恵子は、その後やって来た高級車の助手席に乗つたよね。運転席の男、あれは誰?あの後どこに行ったの?
数日間悩みに悩んだ挙句、私は最終計画に乗りだした。恵子を盗撮したビデオを見ながら、オナニーに励む私のィチモツを自分で撮影する。そして、そのテープを送り付ける。果たして恵子はどんな反応を示すのか。それを隠し撮って、もう一度自慰に耽ってやる。警察に訴えたければ訴えればいい。しかしそんなことができるかな。恵子は私が少し放っておいただけで不倫に走る欲求女だろ。私のナニを拝んだ瞬間、がしたくなる女だろ。このメスブタが!
子供を学校に送り出し、洗濯を済ませる
旦那が出ていく。それからしばらく姿をくらまし、居間に戻ってきたのが正午。そこで私ははっきりと見た。恵子の右手にビデオが握られている。あれは確かに私が送り届けたもの。さぁ見ろ。見て、思いきり興奮しやがれ。デッキにテープが差し込まれる。画面に私のィチモツが映しだされる。恵子がそれを食い入るょうに見つめだす。恵子、教えてやろう。私はチンポをこうやつてシゴくんだ。ほ〜ら、大きくなっていくだろう。ダメだょ。欲しくなっても、もう挿れてやらないから。他の男をくわえこんだ罰。せいぜい自分の指で慰めなさい。いいね。
あれ?どうしたの?急に立ち上がってカメラの方を向いちやって。そぅ、隣の家だよ。今さら何をびっくりしたような顔をしてるんだい。私が盗撮してるなんてこと、とっくの前から気づいてんだろ。それが嬉しくてたまらなかったんだろ。なのにそんなに驚いた顔して。変なだなぁ、恵子は笑。
そして恵子は家を出ていった
貴女浮気をしてますね。私はすべて知っております。誰にも知られたくなければ、女の使用済みの下着を下さい。受け渡し場所はスーパ—〇の駐車場。ご内密に…。あなた様を慕う男より
最後の仕上げに、私は再び筆をとった。今や恵子は私に完璧にひれ伏している。秘密も握っている。恵子は絶対断らないぞ。手紙を渡して4日。そのころ実家を離れたアパートで1人暮らしをしていた私に、オフクロが電話をかけてきた。
ご近所の隣人の新妻のお風呂や着替えを盗撮
「お隣の奥さん!」「な、なに?」「あの人、お子さんと旦那さん置いて出て行ったそのよ〜」「えつ!」「なんでも駆け落ちらしいわ。一昨日のことだって」
一昨日と言えば手紙を出した翌日ではないか。あはは、そんなバカな。私に頼りっきりの恵子が、どこの馬の骨ともわからん不倫野郎と逃げるなんてありえない。オフクロの間違いだって。念のため実家へ走らせ、勉強机の上から彼女の家の様子をうかがってみると…
確かに人の気配はない。急いで旦那の焼肉屋へ出向いてみても、玄関に『都合によりお休みをいただいております』といった貼り紙が一枚だけだ。ウソだろ、恵子。ちょっとした気の迷いだろ。それとも何か。旦那が不甲斐ないからココへは来たくないってか。よし、わかった。私のケータィを鳴らしておくれ。恥ずかしがることはない。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内