盗撮マニアの俺は、毎週のように大型プールで水着女の写真を撮りまくっていた。 
そこは、いくつものウォータースライダーがある、半ば遊園地のような施設。そのため近所の区民プールでは滅多にお目にかかれない、女子大生グループやエロいビキニのギャルたちが一斉に集まってくる天国のような場所だ。 
しかし、去る7月に事件は起こった。いつものように巨乳の姉ちゃんを探しながら、園内をブラついていたら警備員の姿を発見。俺は普段から警戒を怠らないので、自然と彼らの姿が目に入るのだ。どうやら園内をパトロール中のようで、無線で会話をしている。
耳をそばだてたところ、こんな声が聞こえてきた。
「えー、西A区域に怪しい男を発見。青の海パンに首からスマホをかけている注意されたし」
その警備員の視線を追うと、たしかにプールサイドを歩く青い海パンの男がいた。どうやら前を歩く女をスマホで盗撮してるっぽい。 内心ドキドキしながら警備員を見ていたら、その数分後に海パン男の方に寄って行って事情聴取を始めた。結局、その男は事務所に連れて行かれることになってしまったのだ。マジかよ。初めて同業者が捕まるところを見ちゃったよ。 
ショックと同時にある考えが浮かんできた。もし、あの無線を傍受することができたら、捕まらずに逃げることができていたんじゃないか?
家に帰りネットでプールの警備員が使う無線について調べてみた。 
今どきの無線は暗号化されているものかと思っていたが、そんなのは警察と自衛隊だけの話のようで、警備員は昔ながらのアナログ電波で通話をしているらしい。
つまり、素人の俺でもトランシーバーさえ手に入れてチャンネルを合わせれば傍受できるってわけだ。 チャンネルというのは無線機ごとに設定する回線のことで、一般的に20ほどの種類がある。
つまり、20の内ひとつに合わせられれば傍受できるということ。
いちいち20チャンネルの中から探すのは面倒くさそうに聞こえるが、トランシーバーの中には会話中のチャンネルに自動でつなげてくれる機能もあるそうなので特に問題はなさそうだ。 
早速、アマゾンで防水機能がついたトランシーバーと、これまた防水のイヤホンをポチる。
総額2万円ほどの出費だが、背に腹はかえられない。捕まったら何もかもパアだ。
後日届いたトランシーバーを海パンのポケットに入れてプールに舞い戻った。よし、これなら安心して盗撮できるぞ。 
幸い園内にはイヤホンをしている客も珍しくなかった。家族連れであぶれた父親がベンチに座って暇つぶしに動画を見てたりするのだ。好都合である。
俺もそれに倣って、椅子に腰掛けて警備員の目を盗みながら 後日届いたトランシーバーを海パンのポケットに入れてプールに舞い戻った。よし、これなら安心して盗撮できるぞ。
幸い園内にはイヤホンをしている客も珍しくなかった。家族チャンネルを設定する。 
最初は操作に手間取ったが、何度かチャンネルを切り替えるうちにようやく、このプールの監視員たちのチャンネルにつながった。かなりクリアで鮮明な音が聞こえる。通話の内容はこんな風だ。
「東Aのスライダーで迷子発生、5才の男の子。名前は…」
プールで行われる無線通話のほとんどが迷子の発生についてだった。他にもこんな通話があった。
「波のプールで上がってこない男がいる。至急、中に入って確認してください」「了解」
これは溺れたかもしれない客ってことだろうか。 
さっそくトランシーバーを耳につけたまま、園内を練り歩いて写真を撮影する。うひょー。若いピチピチの肌だよ。いつもならビクビクしながらだけど、今日は見つかる心配もないから大胆に撮影できる。やっぱり警備員の動きを把握してると楽勝だわ。 
その後はプールの中に入って、若い女たちに身体を密着させながら撮影を続けた。と、そのときイヤホンから無線機の通信が。
「東C地区の流れるプールで痴漢発生。黒のラッシュガードにメガネの男との情報あり」
ヤバい!これって完全に俺のことじゃん。
スグにメガネをポケットに入れて、ラッシュガードを脱ぎながらプールを出た。
しかし数秒後、警備員たちが駆け寄ってきて、あっさり御用に。 いくら無線を傍受していても、マークされたらおしまいってことだ。バカな真似はよしましょう。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




夏のおすすめ動画


プロ仕様の最強媚薬


要らなくなったエロDVDはお金に変えよう!
アダルトDVD買取

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ