このページの内容
・マスク生活でわかった美人かどうか判断するのは目元でなく口元だ
・出会い系はマスクのままアポを望む自信なし不美人をターゲットにすると会える確率が跳ね上がる
・マスク姿で顔が盛れる(イケメンにごまかせる)のは男も同じだった
・電車の女の顔を見ながらエアクンニできるマスク生活も悪くない
・婚活パーティでマスクをしてたらまずカップルになれません
162_20211017104541fbc.jpg163_20211017104539196.jpg

女性の目元だけを見て、美人かどうか判断するのはやっぱり難しいです。
目がキレイだったとしても、口元で大きく印象が変わるんですよね。
どなたか手紙を渡す直前に、店員さんにうまいことマスクを外してもらうセリフ、ご存知ないでしょうか? 
というわけで、今月もマスク姿の店員さんにお手紙配ってきました。

11月に入り、寒さも一段と増してきた平日の夜、香織さんをJRの某駅改札で待つ。
と、改札を出たところの壁際に、それらしき子を発見! 近づいて声をかける。
「どうも香織さんですよね?みのやです!」
「こんばんは~。どうもどうも!」
おぉ! マスクの上からでも可愛い笑顔がわかるぞ。彼女はたしか…1番の子だったかな?
まだ喜ぶのは早いけど、かなりの美人じゃないか? 
パンツスタイルに薄手のベージュのコートが似合っている。
ミディアムヘアーもいい感じだ。バストはあまり期待できなさそうだが、スタイルもいいですよ。
「近くに美味しい店あるので、そこでもいいですか?」
「あっはい、お任せします!」
小雨も降ってきたので、早速お店へ入ろう。
エレベータに乗り、ビルの5階のお店へ。

「香織さん、いつもは何飲まれるんですか?」
「私はいつもビールですね、飲むぞってときは日本酒とかも飲みますけど…」
かなりイケるくちなのね。そうかぁ~ちゃんと聞いておけばよかった。ここはどっちかというとワイン主体のお店。知ってればクラフトビールのお店とかもあったのに…。
「じゃあ最初は生ビールにしましょっか!」
タコとアボカドの和え物、イカのフリッター、生ハムのサラダをオーダー。
そして、ここでようやくお互いマスクを外して乾杯だ。
少し照れ笑いしながら、お互いの顔を見合わせる。予想どおりの美人で良かった。
年齢は30代半ばくらいかな。これはど真ん中のストライクゾーン。あと5才若ければかなりモテたんじゃないか? 
「マスクないの初めて見たけど、香織さん、めっちゃ美人じゃないですかぁ~!」
手紙を配るときも、最近はマスクのせいで、なかなか自分の好みを見つけにくいのだが、今回は大成功だ。
「そんなことないですよー! もう若くないし…」
確かに若くはないけど、いい女なのは違いない。
「え~全然若く見えますよ~。お幾つなんですかぁ~?」
「いきなり聞くんですね!? え~と35才です…。すみません」
おぉ、まぁそれぐらいかと思ってたよ。
「なんで謝るんですか! でも若く見えますよね、30才くらいかと思ってました」
とりあえず、これくらいのことは言っておかないとね。
「また~、みのやさん気を使って~! まぁまあ、飲んでくださいよぉ~!」
嬉しそうな表情だ。その流れでオレの年齢も言ったら、みのやさんの方が若く見えますよ~! 
とお互い社交辞令に。いつものお約束だね。
さて、これからが本番。色々聞いていこう。
「香織さん出身は?」
「東京です。○○区ですね」
「そうですか~。住みやすいですよね! 僕も一時期○○に住んでましたよ」
「そうなんですねぇ~。じゃご近所さんでしたね! もしかしたらすれ違ってるかも…!」
大した話題じゃないけど、楽しそうに返答してくれる。優しい人だ。
「香織さんって、今は彼氏とかはいないんですかぁ~?」
とりあえず確認しておきたい。
「もちろんいたら、ここ来てませんし、いないですよぉ~」
やっぱりそうだよね。
「でもモテそうだし、会ってる男の人くらいはいるでしょ?」
「本っ当に、今は全然なんですよ~。後輩も心配してくれちゃってますし。ヤバイですよね…ハハハ」
「でもそれはもったいないなぁ。やっぱりオレが口説いちゃおうかな~!」
「なんですかそれは! 私なんてやめた方がいいですよ~!」
とは言っているが少し嬉しそうだぞ。
と、何か思い出したように香織さんが目を見開いた。
「あっ、そーだ。この前みのやさんに手紙もらった何日か後ですけど、駅でナンパされたんですよー! 絶対年下だと思うんですけど…これからお茶でもどうですかぁ~って!」
「おお、すごい。ナンパっぽいナンパだね」
「そうなんですよ~。なんか短期間にこういうことが続くなんてびっくりですよ! なんかドッキリですかぁ~みたいな! フフフ!」
例えが古いぞ。でも美人だし、ナンパぐらい普通にされそうだと思うぞ。
「それは香織さんからフェロモンが出てるからじゃないですか~! すごく色っぽいもん!」
「えぇ~! ひょっとして、モテ期、来てますぅ~? 遅いって…!」
「じゃあ前の彼氏はどれくらい前に別れたの?」
「2年前ですかねー」
ふ~ん。2年も一人きりだとは本当にもったいない。
「ちなみにどんな人だったんですか?」
「う~ん、まぁちょっと変わってましたかね…ハハハ。2才くらい年上で。職人さんでしたけど」
「職人って?」
「あ、左官屋さんです」
なぜ販売員と左官職人が出会えたんだろう。
「え、どうやって知り合ったんですか?」
「地元の友達の紹介で知り合ったんですが…あんまりうまくいきませんでしたね。今考えるとアル中だったかも…ハハハ」
アル中か。あんま笑えない。
「半同棲みたいな感じになってたんですが、会うときはだいたいお酒が入ってて」
「まさか暴力とかも?」
「それはなかったですけど、機嫌いいときはいいんですけど、悪いときはちょっと怖かったですね…」
その彼は、いつも仕事が終わって彼女と会うまでの時間に完全に出来上がってしまっていたらしい。
そんなこと続けてたらフラれるのは当たり前だ。
「一度喧嘩した時、メーカーズマークの瓶が飛んできましたよ…」
 全然暴力ふるってんじゃん!
「まあ、わざと外して投げてきましたけどね。フフフ」
この子もなかなか手強そうだな。
あんまり楽しい話じゃなくなってきたので、話題を変えましょうか。
「香織さん、ご趣味は?」
「趣味ですか? う~ん、最近コロナで家時間たくさんあるじゃないですかぁ。だから料理始めたんですよー!」
「へ~いいね! 料理上手はモテるらしいよ!」
先月会った子も同じこと言ってたな。コロナで料理始めた人って多いのかも。
「ですかねー? あんまりやってこなっかったから、色々道具買うところからやってますよ!」
「じゃあ最近買ったものは?」
「それはですねー、これです!」
と言いながら嬉しそうにスマホの画面を見せてくれた。
美味しそうにふっくら焼けたパンが写っていた。
「これマジ美味しいんですよぉー!!」
うん、確かに美味しそうだけど…パンかよ。
「でもこれを友達に送ったら…病んでるの? って言われて。ハハハ」
「そう取られたんだね…オレはすごい食べたいけど…! 今度食べさせてくれない?」
「う~んそれは難しいですね…」
え? えぇ~!?そこは冗談でも﹃じゃあまた今度作りますね﹄とか言って欲しかった~~~!
「香織さん実家なの?」
「いえ、一人暮らしですよー!でも男の人は入れないようにしたんです! フフフ」
三十半ばで今の発言はナシでしょ~! 
そんなこと言ってたらなかなか相手見つからないよ? 
女の子も適齢期をすぎるとなんか変に凝り固まってくるよね。まぁ四十も近づいてくると慎重になっちゃうのはわかるが、そういうときこそケツを軽くしないと!
「それで、マッシャーも買ったんですよーー!!」
何を言ってるのかわからなかったが…最近買った調理器具の名前らしい。
「ふ~ん、じゃあそれでマッシュポテトを作ってるんだね?」
「そうなんですよ~粗めに潰してスモークサーモンに添えて…それで韓国ドラマ見てたらお酒止まらなくなりました、ハハハ」
ちょっぴりお酒が回ってきたのかテンションも上がってきたみたいだ。
「オレもトッケビ見てましたよ!面白かったよね!」
「あれは名作です! ゴウンちゃんがすごく可愛い! 梨泰院クラスも見ました?」
それはよくわからないけど…。
「うん、うん、見た見た。あれもいいよねー!!」
よく知らない韓国ドラマの話である程度盛り上がり、お酒もレモンサワーに変えた。この調子でガンガン酒を飲んでくれたらな。
もう一度あらためて、いままでの恋愛の話を聞いていこうか。
「さっきの前カレ以外には、どんな人がいたの…?」
「そうですね、結構自分勝手な人が多かったですね!最初は自分を持ってる人がいいなと思って付き合うんですが、自分を持っている人って、結局わがままな人が多いんですよ!なので難しいですよね」
ふ~ん、結構、豊富に経験してきた人から出る言葉だね…。ちゃんと聞こう。
「それで、あんまり続かないの?」
「最初は合わせていくので、まぁうまくいくのですが、それもだんだん疲れてきてしまうんですよね~」
ひょっとしたら、根本的に選ぶ相手を間違えてきた人なのかな?
「で、最近気づいたんですよ! やっぱり自然体でいれる人がいいって!」
ちょっと遠くを見つめながら満足げに言い放った。気づいたのそんだけかよ!さぁて、これからどうやって口説こうかな? もう一軒行くか? 
と思っていると、香織さんが急に時計を気にしだした。アレ? なんか帰りたがってる?
「香織さん、ひょっとして、明日仕事早いんですか?」
「いえ、仕事は休みなんですけど、実は予定があって…」
「早いの?」
「早いです………」
マジで? オレ、今日の会話で地雷でも踏んじゃった? まだ飲み始めて2時間くらいしか経ってないのに……。
「予定って…、何なの~?」
「……ディズニーです。友達と」
うえ~、本当に完璧な遊びだな。早起きして友達とディズニーに行くから、早めに帰りたいってこと? なんか…、ものすごい敗北感…。
「コロナでずっと我慢していたんですが、そろそろ友達が行ってみようかって!」
「へぇ~…、そうなんだ~」
う、うん。その気持ち、わかるよ。でも、オレの気持ちもわかってよ~!
なんとか説得して、このお店で追加のもう一杯だけは付き合ってもらえたが、飲み終わったタイミングで、2軒目を打診してみたら、やっぱりもう難しそうな雰囲気…。
うーん、特に地雷を踏んだというわけではないみたいだけど、彼女の口調がずっとデスマス調のままだったし、なんとなく心を開いてくれてない感じはしていたんだよな…。
会う前はそれなりに前向きだったけど、いざ会ってしゃべってみたらなんか違った、的なことだろうか。
それとも、いざマスクを取って俺の顔を近くで見たら、意外とおっさんだったので引いたとか…。
うん、その可能性はけっこう高いかも。なんだよ! 
久々の男との飲みだろ、抱かれる覚悟でこいって言うのっ!
なんて考えてるうちに、彼女が上着を着始めてしまった。あ~あ、なんかもう今日は無理っぽいね。
素直に会計を済ませ、エレベータに乗り込む。
とてもじゃないが、いつものようにキスを迫れるムードじゃない。
「じゃあ、また今度、ゆっくり飲めるときに飲みに行こうよ!」
「あっ、はい。必ず! 次回は私が払いますねっ!」
本当かね。世間話をしながら駅まで送り、そこで別れた。
あ~あ、2軒目に行って、もっと本腰を入れて口説いていくつもりだったのになぁ。なんとも消化不良な夜だ。 
30半ばにもなって朝からディズニーに行ってる場合じゃないだろう! 
…と一人心の中でグチグチ言いながら、帰りの電車に。

出会い系はマスクのままアポを望む自信なし不美人をターゲットにすると会える確率が跳ね上がる
SnapCrab_NoName_2021-9-14_10-31-0_No-00.jpg

どこに行くにもマスクをつけるのが当たり前になったせいか、出会い系サイト内にもマスクを着けたままの出会いを希望する女が増えている。
たいてい「コロナが怖いので」とプロフに書かれているものの、私のこれまでの経験上、このように書いている女は自分の顔面をさらしたくないという理由の不美人ばかりだ。
おそらく第一印象で断られることが多かったのだろう。マスクを着けたままなら、男もムゲにはしてこないし。
つまり彼女らは人気がないからこそ、マスクをつけたままの出会いを求めている。それなら私のようなオッサンにホイホイついてきてくれても不思議じゃない。
実際、この数か月間に「マスクつけたまま」の女性3人と直接会うことができ、そのうち1人とはホテルまでいけた。参考にしてみて損はないはずだ。

また同様の理由で50代のオバハンも狙い目だ
どんなに腹が出たオヤジでも、簡単にヤレる相手がいます。その相手とは大手出会い系サイトに登録している50代の女たちです。
事実、私も彼女たちをターゲットにして、週1度のペースでセックスさせてもらってます。
50代のオバハンなんて、わざわざコロナに感染するリスクを冒してまで、会いたくないでしょ?
そのおかげで他の男が誰も声をかけないので、極端な女余り状態になっていて、もう入れ食いってわけです。
この場を借りて、50代は楽勝で食えると断言しておきましょう。

マスク姿で顔が盛れる(イケメンにごまかせる)のは男も同じだった
SnapCrab_NoName_2021-8-2_21-33-19_No-00.jpg

マスク姿の美人がマスクを取った瞬間、とんでもないブサイクになった、という場面によく遭遇する。あれはつまり、どんなブスでも口元さえ隠せばアラが目立たなくなるということだ。この現象、男でも有効利用できることを知っていただろうか。

俺の顔は客観的に見て、絶望的にブサイクというほどではないが、点数をつけるなら40点クラス。いかにも売れない芸人にいそうなタイプで、唯一アピールできるのは、かろうじて二重まぶたなところぐらいか。

なのでマスクを着けた程度で超絶なイケメンになれるわけはないのだが、そこは問題じゃない。俺のターゲットは出会い系サイトの女たちだ。サイトナンパで大事なのは何と言ってもプロフ写真。ここにネットで拾ってきた別人のイケメン写メを使用する。そして対面するときはマスク着用で。写真とは別の男っぽいけど、マスクのせいで3割増になってるため、完全な別人とは言い切れない。そこが狙い目だ。

何人かの女の子とやり取りを続け、間もなく大学生のミキ(20才)といい関係になれた。彼女は俺のことをプロフ写真のイケメンだと思い込んでいるからか、たまに指オナニーするだの、体験人数は15人だのとシモ系の質問にも素直に答えてくれた。
さらには会えばセックスする約束まで。いざ初対面というところで軽く予防線を張っておく。

『実は昨日カゼ引いちゃったけど1日寝たらほとんど治ったよ。ちょっと咳がでるぐらい』
これで当日マスク姿で登場しても不自然さは薄れるはずだ。
約束当日、待ち合わせの駅前にミキが立っていた。いかにも地味な大学生といった雰囲気だ。マスクを着けたまま、彼女の元に近づく。
「こんにちは。ミキちゃん?」
「はい。初めまして」
不審そうにしているが、強引に手をつなぎラブホ方面へ。
別人疑惑50%といったところだろうが、マスクを外してくれとは言えないのだろう。世間話をしながらコンビニで買い物を済ませ、あっさりホテルに連れ込むことに成功した。
いざベッドの上で素顔を晒した瞬間、彼女の表情に一瞬戸惑いが見えた気がしたが、結局、最後まで文句は言われなかった。この成功で自信を付けた俺は、その後も同じ作戦で出会い系女にメールを送り続けた。

2人目の女、サチは、真面目キャラの22才の介護師さんだ。
彼女の場合、メールでは『早く会いたいです(^^)』などとテンション高めだったのに、対面した瞬間に無口な女の子になってしまった。どうやら怪しんでるようだ。
「じゃコンビニで何か買ってから行こうか」
「はあ…」
いかにも何か言いたそうな雰囲気だったが、トークを続けながら歩きだすと、彼女はトボトボと俺の斜め後ろを付いてきた。
やはり面と向かって「マスクを取って」とは言いづらいようだ。
そそくさとコンビニで買い物を済ませ、どうにか近くのホテルに連れ込むことに成功。
彼女がおとなし目な女の子だったこともあってか、結局、部屋でマスクを取っても最後まで文句は一言もでなかった。
このマスク作戦、4回ほど試したが、途中で「やっぱりやめます」とか「写真と違いますよね」などと言われたことは一度もない。
ブサ面男子は試す価値はあると思う。

電車の女の顔を見ながらエアクンニできるマスク生活も悪くない
コロナのせいで、人々がマスクを着けて生活する世の中になってしまった。
マスク警察みたいな連中に文句を言われるのも嫌なので、俺も外出するときは毎日着けているが、正直言って、鬱陶しくて仕方がない。
と、思っていたのは、実はつい先日までのことだ。
俺さまの天才的なひらめきによって、ここ最近、「マスク生活も悪くないかも」と思えるまでになった。
そのワケを、裏モノ読者の皆さんにお教えしたいと思う。
はじめに断っておくが、俺はちょっとした変態だ。表現を変えれば、少しマニアックなエロ趣味を持っている、とも言えるだろうか。
その趣味とは、満員電車の中で、見知らぬ女性を眺めながらイヤホンで女の喘ぎ声を聴く、という遊びだ。
と言われてもピンと来ない方もいるしれないが、この遊び、なかなかエロいのだ。
特に満員電車など、密着するほどの距離に美人ちゃんがいたときはすごい。イヤホンから流れるAV女優の吐息混じりの喘ぎ声が、目の前の女性が発した喘ぎ声だと本気で思えてくる。リアルにイメージするには少し慣れが必要だが、コツがつかめればかなりの興奮が得られるはずだ。
で、この遊びに深みを与えてくれたのが、マスクの存在だ。
マスクでこちらの口元が見えないので、卑猥な言葉を口パクで囁いても周囲にはバレない。
この口パクプレイで、さらに一段上の興奮が得られることがわかったのだ。
『おまえのオマンコ、ヌルヌルになってきたぞ(口パクで)』
『ほ〜ら、クリちゃんが、ぷっくり膨らんできたね(口パクで)』
喘ぎ声を聴きながら女のコの顔を見て、卑猥な言葉を口にする。
たったそれだけで、興奮倍増、勃起具合も倍増だ。
『ほらほら、俺のチンポもめっちゃ勃ってきた。舐めてごらん』
『君のオマンコ、すごくおいしいよ』
さすがに射精まではしないが毎回ガマン汁が滴るほどの興奮だ。
そんな感じで卑猥な口パク遊びを続けていたのだが、ふと、さらなるナイスなアイディアが頭に浮かんだ。エアクンニだ。どうせマスクでこちらの口元は見えないのだから、どんなに激しいクンニ(のフリ)をしてもバレないはずだし、めっちゃ興奮できるはず。
というわけで、すぐに実践してみた。
いつものように、前もってAVのクンニシーンをスマホに入れておき、駅のホームでタイプの女性を物色&近くにスタンバイ。
ターゲットと一緒に電車に乗り込んだら、女の子の顔が見える位置をキープする。すぐに動画を再生させ、イヤホンから喘ぎ声が聞こえてくる。
『ああ〜…、そんなに舐めたらイッちゃうよ〜(イヤホン)』
『遠慮しないでイッてもいいんだよ(口パクで)』
そしてイヤホンから聞こえるクンニのピチャピチャ音に合わせて舌を出し、レロレロレロ…、ペロペロペロ〜、と、その子の股間に顔を埋めて舐めまくるイメージでエアクンニだ。
『ああ〜イッちゃうイッちゃう〜(イヤホン)』
うん、やっぱこれ、最高にエロいわ。
というわけで、マスクのおかげで通勤時間が一段と楽しくなった。皆さんもぜひ試してみてほしい。

婚活パーティでマスクをしてたらまずカップルになれません
コロナの落ち着きと共に、各地で婚活パーティが開催されつつあります。
とはいえ、どこもまだマスク着用が義務づけられていて、男女ともにルックスがわかりづらい、なんともやりにくい状況となっています。
男が女の顔を気にするのは美醜についてですが、女が男の顔を気にするのは、イケメンうんぬんというよりは「ヤバそうな人じゃないかどうか」なんだそうです。それが、目だけでは判断しにくいんですって。
だから男は、ハンサムじゃなくても顔を見せたほうがだんぜん安心感を与えられるし、カップルになりやすい。
そこでこの半透明マスク。実際に使ってるぼくに言わせれば、かなり印象はいいです。絶対に使ってください。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★




夏のおすすめ動画


プロ仕様の最強媚薬


要らなくなったエロDVDはお金に変えよう!
アダルトDVD買取

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内