★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1111.png
『アマゾン』は、出品者に対して身元を公開するように義務づけており、どの商品のページにもこんな欄がある。
【詳しい出品者情報】
・正式名称:○○○○
・住所:東京都△△△
業者であろうが、個人であろうが、名前と住所をきっちりさらしているのだ。そこでピンときた。アマゾンにはエロイ商品も売っているし、中には女の出品者もいるだろう。彼女ら女性出品者に、直接取引きを持ちかけ、会いに行くってのはどうだろう。エロいブツを処分したがってる女なんて隙がありそうだが。というわけでアマゾンを調べまくり、ターゲットの女性を探してみた。
 大人のおもちゃ、AV、セクシー下着——。思いつく限りのエロジャンルを漁ってみるが、明らかに女性とわかる出品者は見つからない。唯一、成果があったのは、“BLモノ”つまり美男子のホモセックスを描いた漫画だ。さすがオタク女が好むジャンルなだけに、出品者にもちらほら女性名が確認できる。その中から近場の4人に絞り、サイトのメッセージフォームから、古本買業者を装って直接取引を持ちかけてみた。
『ご相談です。まとまった数を買わせていただきたいのですが、アマゾンを通すと送料がかさむので。できれば直接取引でそちらにお伺いさせていただき、引き取らせてもらえればと思います』
200円程度の漫画を10冊ほどあなたから買いたいので、最寄りの喫茶店などで手渡ししてもらえないかという提案だ。果たして、オーケーの返事が1人からきた。さあどんな女なのやら。BLオナニーのしすぎで指がふやけてたりして。
当日。待ち合わせの駅前に、胸元の大きくあいたブラウスの熟女が立っていた。
「あ、どうも」
「すみません。わざわざ来てもらって」
ビッグダディの美奈子っぽい、地味顔だがどことなくスケベそうな雰囲気の女だ。悪くないかも。彼女が本の入った紙袋を出してきた。
「これなんですけど」
「はいはい。一応、パラパラっと確認させてもらいたいんで、そのへんの喫茶店にでも入りませんか?」「いいですよ」
喫茶店のカウンター席に並んで座り、紙袋から本を取り出す。さっそくページをペラペラペラ。ほー、男同士がえらいことになってますな。
「なかなかスゴイ内容ですね。こういうマンガが好きなんですか?」
「ははっ。そこはまあ突っ込まないでくださいよ」
彼女はニヤついている。もうちょっと攻めてみっか。男子同士のフェラのページを見せてみた。
「これとかスゴくないですか?」
「それくらいは普通ですよ」
「普通ですか? ということはこれくらいではドキドキしないと?」
「そうですね、って言わせないでくださいよ」
ノリがいいじゃん。
「じゃあどんなのがドキドキするんです?」
「それ聞く?」
お願いしますと本を渡すと、彼女はページをペラペラめくり、小柄な少年がバックでガンガンやられているシーンを開いた。
「たとえばこういうのとか。って何で言わせるのよ!」
うーん、さすがだ。「いやー、BLってのはなかなかなもんですね」
「はははっ」
「エロ話もいろいろ披露してもらって、ありがとうございます」
「それはまあ、そっちが聞くから」
「でも聞きたくなるんですよね、その胸元あたりからフェロモンがふわぁ〜と出てるし」
臭いをかぐように手をパタパタやって見せると、彼女がこちらの肩をポンポン叩く。
「ちょっと何やってるんですかぁ」
「最初からずっと気になってたんですよね、胸元。チラチラ見させてもらってたし」
「ホントに?」
彼女がブラウスの胸元をぐっと上げる。
「いやいや、下げたままにしてください」
「もー」
さあ、そろそろ勝負をかける時だ。なにせ買い取りのために2千円を投資してるのだから、もうちょい強引に攻めておきたい。
「何かもう気になってしょうがないですよ、その胸が。ちなみに何カップです?けっこう大きいですよね」
「普通ですって」
「そうなの?ちょっと見せてほしいな。けっこう大きいでしょ」
「ぜんぜんですって」
「お願い、少しだけ。見るだけだから!」
言ってみるものである。周囲をキョロキョロ見渡した彼女は、ブラジャーをちらっと下げてくれたのだ。そこには推定Fサイズのおっぱいが。マジで見せてくれるなんて!
しかし、そこまでだった。一気呵成に口説こうとしたが、ホテルへの誘いには乗ってこず、彼女は普通に帰っていった。ま、そもそも本を売りに来た相手なのだから当たり前だけど。
スマホ暗証番号の解読方法
風俗マニアの私には、いわゆるオキニと呼べる風俗嬢がおります。彼女の名前はマキノちゃん(22才)。某ホテヘルに在籍する、色白細身のそこそこな美人ちゃんで、3回目の訪問で、ようやく初めて本番をさせてくれたナイスな嬢です。
「お客さんとエッチしたの初めてやわ。普段はこんなこと絶対にしいひんよ」と言ってくれたので、たぶん僕に惚れてるんだと思っています。それからは一切浮気せずに、彼女一筋で遊びに行っているわけですが、本番させてくれるわりには、店外デートの誘いには一度も応えてくれないし、電話番号すら教えてくれない。なので、何とかして彼女の情報を少しでも多く手に入れたいと常々考えていました。そんなマキノちゃん、プレイ中はいつも、ホテルのコンセントで自分の携帯を充電するのがお決まりなので、彼女が1人でシャワーを浴びてる隙に携帯の中身を見てやろう!と考えたのです。プレイ前のシャワータイムは、まずは私が身体を洗ってもらい、先に風呂場の外に出ると、3分ほどして彼女も出てくる、というのがいつもの流れです。その間に、彼女の携帯の暗証番号を突破すればいいわけです。 
早速、トライしてみたのですが、4桁の番号ロックがなかなか開きません。最初は彼女の誕生日をいれみましたが失敗。続いて1234、9876、9999などの単純な並びを試してみましたが、すべてハズレです。でも4桁の番号なんて、誰もが自分で覚えやすい簡単な語呂合わせにしているもの。ちなみに私の場合は0721で「オナニー」です。ダメ元で、帰り際に話を振ってみました。
「そう言えば、1126なら『いい風呂』とかって番号の語呂合わせがあるやろ?この前、女友達に2951は何だって言われて『肉来い』やろって言ったら『福来い』やって。恥かいたわ」
「ハハハ、肉来いって意味わからんやん」
頭をひねって考えた作り話に、彼女はうまいことウケてくれます。
「マキノちゃん、何かそういう数字の語呂合わせとか知ってる?」
意図がバレバレな気もしましたが、彼女は何の疑問も持たずに、「2985は何やと思う?」と尋ねてきます。
「えー、わからん。なんやろ?」
「肉屋へゴー!」
「あーなるほど」
「お肉大好き!ってよく言ってたら、友達と焼き肉行くときは2985する?みたいに使ってたわ」
ふーん。2985ね。2週間後、まさかとは思いつつも、再びマキノちゃんを指名した私は、先にシャワールームを出たタイミングで、彼女の携帯に2985を打ち込みました。うそん!ホントに開いた!驚くことに、2985は携帯の暗証番号だったのです。時間はわずかしかありません。ドキドキしながらも、まずは写真フォルダを開いて中を覗いてみました。女友達と一緒に撮ったものや、食べ物や風景、家族の写真などに紛れて、男と2人の写真も…。男友達ということにしておきましょう。シャワールームの気配が変わったので、すぐにホーム画面に戻して画面を消しました。
2回目は、自分の携帯に電話して着信を残し、電話番号をゲット(かけてませんが)。
3度目以降、ラインの過去ログを漁っていくうち、想像以上に仲のいい男性が大勢いることがわかり、マキノちゃんへの気持ちは急激に萎えていきました。現在、オキニの数は3人いますが、さらにそのうちの1人から「焼き肉好きやから2989かな」という語呂合わせを聞き出し、携帯ロックを開くことに成功しました。フーゾク嬢って、こんなのにあっさり引っかかるんです
レンタルビデオ店のAVコーナーに現れる電話調教中のM奴隷
渋谷ハチ公口近くの某レンタルビデオショップは、国内最大の在庫量を誇る大型店だ。渋谷区で飲み屋を営むオレは、週末の午前中に、そこで借りたAVを返してはまた新しいAVを借りるのが習慣になっている。とある週末。いつものように1週間前に借りたAV4本を鞄に入れ、開店直後の10時半ごろ店へ入った。4Fのアダルトコーナーに直行し、借りたビデオを返却。最新作が並ぶ棚を軽くチェックしてから、マニアフェチ系ビデオコーナーに向かう。
 国内最大級のレンタルビデオでも、休日のこの時間帯のAVコーナーに客はほとんどいない。ましてやフェチ系コーナーはいつも独占状態だ。棚の前にしゃがみこんで吟味していると、不意にポワ〜ンといい匂いが。オレの真横に長身で細身の女が立っていたのだ。とっさに横にズレて女との間に少し距離を取る。丈の長いスプリングコートの膝下から白い生足が覗いている。歳は20代半ばぐらいだろうか。ショートカットでクリッとした目の、昔の薬師丸ひろ子似だ。しかしなんで女一人で?女は棚のAVに視線を向けながら、再びそろそろと近づいてくる。そして次の瞬間、女はオレの顔をスケベったらしい目で見つめて、コートの中身をチラりと見せた。うわ! スッポンポンだ!AVか何かの撮影だと思ったが、周りを見てもそんな気配はない。と、女が携帯電話をしきりに耳に当てていることに気付いた。男に電話で指示されてるのか? M奴隷として調教されてるとか?きっとそうだ。声をかけてやれ。
「それ、プレイ中?」
「…フフ」
「場所、移動しよっか?」
「はい」
 この後、女は公園のトイレで美味そうにチンポをしゃぶってくれた。ずっと“ご主人様”と電話をつないだままで。話はここで終わらない。変態女に遭遇した2カ月後、週末の午前中に同じAVレンタルのフロアでフェチビデオを物色していると、あのときの女がまたオレの横に立っていたのだ。同じ香水の匂いがしたのですぐにわかった。
「この前はどうも」「あ〜こんにちは」
最初は彼女もこちらに気付いてなかったが、顔を見て思い出したようだ。
「今日も相手探しにきたの?」
「フフフ」
 女はあのときと同じように、携帯電話を耳にあてたまま、長めのコートの胸元を開いて裸を見せてくれた。
「よかったら、またオレとどうですか?」
「いいですよ。行きましょうか」
今度はホテルに直行だ。移動の途中で少し質問してみた。
「いつもあそこのAVコーナーで男捜ししてるの?」
「そうですね。やっぱり変態さんが多いので」
「なんでオレを選んでくれたの?」
「うーん、優しそうで変態そうだったから、かな」
 安ホテルに入ると、彼女が予想外のセリフを口にした。
「実は、お尻も使ってもらいたいのでしてもらいたいんですけど」
 女が鞄から取り出し、オレに見せる。
「ああ、アナル…」
 オレは自他共に認める変態だが、アナルにはさほど興味がない。せっかくいい匂いの香水を付けてるのに、臭いなんて嗅ぎたくないなあ…。そんな気持ちが表情に出てしまったのかもしれない。女は少し残念そうに「無理しないでくださいね」と言い鞄にしまった。
 結局、フェラとセックスだけをしてプレイを終えた。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内