酒蔵見学ツアーナンパ即セックス 酒蔵見学ツアーナンパ即セックス酒蔵見学ツアーナンパ即セックス酒蔵見学ツアーナンパ即セックス酒蔵見学ツアーナンパ即セックス酒蔵見学ツアーナンパ即セックス酒蔵見学ツアーナンパ即セックス酒蔵見学ツアーナンパ即セックス酒蔵見学ツアーナンパ即セックス酒蔵見学ツアーナンパ即セックス
テレビのバラエティ番組を眺めていたら、関東近郊で開催される酒蔵見学ツアーの模様が取り上げられていた。一般的なツアーとは一味ちがい、見学後に行われる会食がメインイベントのようで、画面に映る参加者の中年男女は日本酒をガバガバ飲みながら歌え踊れの大騒ぎだ。
なんじゃこりゃ、めっちゃ惹かれるんですけど!
すぐに参加を決意し、ソッコーで見学ツアーに申し込んだ。
俺だって熟したオバ様たちと一緒に盛り上がりたい! あわよくば、そのままホテルに連れ込んで
…。うおー、興奮してきた!ツアーの参加者は酒を飲むのが目的
ツアー当日。都心から電車に揺られること1時間、最寄り駅に到着した。周囲にはコンビニが見えるだけで閑散としている。ここからはバスに乗り換えるようだ。バス停で並んでいたら、後ろのオバサングループのポッチャリ3人組の会話が聞こえてきた。ド派手な見た目で下品な雰囲気だ。
「楽しみよねー」「そうねえ。予約できてよかったわー」「今日は飲みまくるわよ」
会話から察するに、どうやら俺と同じようにツアーに参加する人たちらしい。ちょっと話しかけてみるか。「突然すみません。もしかして酒蔵の見学に行かれるんですか?」「はい、そうですよー」
「実は自分も参加するんですよ!楽しそうですよね!」「ははは、そうですねー」
笑顔で接してくれてはいるけどかなり警戒されてる様子。途中で
会話を切り上げられてしまった。まだ一滴もアルコールの入ってないこのタイミングで話しかけたの
は時期尚早だったか。ま、気を取り直していこう。バスに乗り込むと、車内には先ほどのようなオバサン集団が他にも何組かいた。彼女たちも見学ツアーの参加者だったようで、同じ場所でぞろぞろと降りて酒蔵へと向かい始めた。人の波に乗って歩くこと数分、ようやく到着だ。
「見学ツアーの方はこちらにお集まりくださーい」
従業員と思しき女性が案内をしてくれる。ここで4千円の参加費を渡すようだ。総勢50名ほどの参加者が集まっており、参加者は40才くらいの男女グループがほとんど。俺のような若い一人者は少ない。残念ながら単独参加の女性も見つからず。そう、うまくはいかないか。
酒蔵の社長が現れて、今回の見学ツアーのスケジュールを教えてくれた。
「まず、みなさまに日本酒を作る過程を40分ほどで見ていただきます。その後はお待ちかねの会食ですので、お腹を空かせておいてくださいねー」
女性社員に引き連れられて、全員で酒蔵の中へ。正直、ここからの解説は退屈な内容だった。米と麹の関係やら、辛口と甘口の製造法のちがいやら、そんなことより早く酒を持ってきてほしい。
他の参加者も静かに話を聞いてはいたが、中には小声で「早く飲みたいわねー」だとか「もう少しで終わるわよ」だとか愚痴をこぼしている。やっぱり、このツアーの参加者は酒を飲むのが目的みたいだ。6合以上の日本酒を飲んでいただきます
 さて、時刻は19時。周囲は暗くなり、いよいよ会食の時間だ。
「ただいま準備をしてますので、待合室で少々お待ちください」
社員の指示に従い時間をつぶす。他の参加者たちは知り合い同士で話をしているので、会話に割って入るのは難しい。これじゃアプローチもできないよ。にしても、こんな普通の人たちが大騒ぎすることになるのだろうか。全く想像できないんだけど。
「おまたせしました! それでは順番に入場してください」
会場に足を踏み入れると、大音量の音楽が聞こえてきた。ステージの上には5名のバンドマンの姿がある。彼らの生演奏だ。パーパーパパパーパパパー。
ボクシング映画「ロッキー」のテーマ曲だ。おかげでテンションが上がってきた。期待が膨らむぞ。
従業員に案内されて座席へ。テーブルの上には日本酒のオチョコが5つと和食料理が並ぶ。こりゃ美味しそうだ。全員が着席したところで、社長が登壇した。
「今日は6合以上の日本酒を飲んでいただきます。気分が悪くなった方にはエチケット袋も用意していますので、気兼ねなくお申し付けください」
吐いても気にするなってことらしい。てか6合って中々の量だよな。かなり酔っぱらうぞ。社長の説明の合間に、升に入った日本酒が回ってきた。これで乾杯するとのことだ。
「では、かんぱーい!」
ゴクゴクと飲み干して料理に手をつける。うーん、最高!隣に席に座っていたのは、美人の若い女性だ。もう酒も入ってるし、話しかけても大丈夫だろ。「ここのお酒はうまいですね」
「ふふふ、ですねー」
お、もう顔が赤くなっているぞ。
「お姉さんは常連さんですか?」
「いえ、初参加ですよー。なんかテレビでやってるのを見て楽しそうだったんで」
俺と全く同じ理由じゃん。
「それでこの子も誘ったんですよー!」彼女のお隣に目を向けると、これまた美人な黒髪女性が。女子二人の参加ですか。こりゃぜひとも仲良くなりたいですな。突然、会場内のスピーカーから男の声が聞こえてきた。「みなさーん。注目してくださーい」
壇上に目を向けるとバンドのボーカルが全員に向かって呼びかけてる。なんだよ、せっかくいいところだったのに。
「では、この酒蔵のテーマソングである乾杯の歌をみんなで合唱したいと思います!」
えええ、酒蔵のテーマソングってなんだよ。丁寧に歌詞カードまで全員分用意されてるし。
「かーんぱーい、かーんぱーい、酒をかわそう♪」
参加者たちもたどたどしく歌っている。異様な雰囲気だが、会場は盛り上がってるぞ。
「ありがとうございまーす!この曲は最後にもう一度合唱するので覚えておいてください!」
すごい場所に来てしまったな。
「俺も酔ってますけどね!ぎゃはははは」
その後も生バンドの演奏は続いた。あまりに大音量なので、隣の美人二人と話をすることもままならない。それにしても、みな盛大に酒を飲みまくっている。オチョコがカラになったら、社員が注ぎにきて、またなくなったら注ぎにくるという、エンドレスの日本酒三昧だ。
気づけばボーカルの歌に大声で合いの手を入れるオッサンまで現れた。この短時間で参加者のテンションが急激に盛り上がっている。飲めるのが日本酒だけってのも理由の一つかもな。
よし、俺も音楽に負けずに美人ちゃんとのトークに挑むとしよう
「ここに来るってことはやっぱりお酒は強いの?」
「えー強くはないけど、大好きですね。でも、この子はメチャ強いので私が先にダウンしちゃいますね」「えー、そんなことないよー」
順調に会話を続けていたら、スーツ姿の中年男2人組がやってきた。もうベロベロでくだを巻いている。「うわあ、すげえベッピンさんだよ。一緒に飲みましょうよ」
「あー、すみませんね。コイツもう酔っぱらっちゃってて。ま、俺も酔ってますけどね! ぎゃはははは」
オッサンたちにうまい具合に割り込まれてしまい、美人二人組を取られる形に。クソ、俺も酔いが足らないみたいだ。もっと、強引にいかねば。一気に酒をあおって他の獲物を探しに行く。一人で暇そうにしている30くらいの女性がいたので声をかけよう。
「どうもー、お隣いいですか?」「はーい、いいですよー」
おっ、中々いい反応だぞ。開始から30分。ひたすら日本酒を飲み続けてたら酔うのも当然かも。
「じゃあ、乾杯しましょう!」「ですね!」
「君の瞳に乾杯! なんちって!」「あはは、なにそれー。意味わかんないよー」
俺も酔っぱらってきたみたいだ。でも、このくらいのテンションの方がこの会場には合っているよう
な気がする。二人でグビっと飲み干した。すでに頭はグラグラだ。もう単刀直入に攻めていこう。
「お姉さんは彼氏とかいるんですかー?」
「えー、急になんですかー。秘密ですよー」
お、イヤがる素振りはみせてこない。恋バナでも聞いちゃおうかな。
「えー、教えてくださいよー」「うーんと、彼氏はいないよー」
お、ラッキー。こりゃいけるかも!思い切って身体を少し近づけてみたがヒラリとかわされてしまった。あれ、まだ早かったかな。「今日はガッツリお酒を飲みにきた感じですか?」「ふふふ、ですねー」「何かイヤなことでもあったとか?」
「いやいや、子供を義理の母に預けて久々のストレス解消です!」
は?子供?ニヤっと笑って口を開いた。「はい、あそこで大声歌ってるのがうちの旦那です!」
はあ? なんだよそれ。彼氏じゃなくて旦那ですってか。それじゃ手の出しようもない。次だ! 次っ!「もう男の人はコリゴリですぅー」
気が付けば壇上で歌うボーカルの周りで、オバサンたちが集まって手拍子をしている。よし、アソコに飛び込んでみようじゃないの。人だかりの中に見覚えのある顔が。あれ? 来る途中でバス停で話しかけたポッチャリオバサンだ。よし、彼女に声をかけよう。
「どうも〜! 盛り上がってますね〜」「あれ? さっき駅にいた人だよね? どうも〜!」
いきなりハイタッチをしてきた。さっきとは別人のようにフランクだ。酒の力ってスゴイ。
「ちょっとあそこで飲みませんか?」「いいですよー」
二人で空いてるテーブルに移動した。片手にはもちろんオチョコを握っている。ささ、飲みながらお話ししましょ。「オネエさんはよく参加するんですかー?」
「そうですねー。もう3回目くらいですよー」「じゃあベテランさんですね」「もう人生もベテランの年齢になっちゃいました。うふっ」
酔ってますなー。ぜひともこの人をモノにしたいぞ。
「他のお仲間はどちらにいるんですか?」「アソコー!」
彼女の視線の先には、壇上の目の前で腰をクネらせて踊る女性2人が。年甲斐もなくはしゃいでいるよ。
「毎回あの2人に誘われるんだけど、前の方で踊ると疲れちゃうんだよねー」
「へー、仲がいいんですね」「同じ仕事場だからさー」
なんでも彼女たちは毎週のように一緒に酒を飲んでいるらしい。その「女子会」が唯一の楽しみなんだと。しかもラッキーなことに独身とのこと。そりゃ結婚してたらそんな自由はできないよな。
「じゃあ、いまは募集中ですか?」「いやいや、もう男の人はコリゴリですぅー」
「えー、それは残念ですね」「もう、ダメなんですぅー」
ほっぺを膨らませながら、腕を交差してバツ印を作ってる。いかにもババアのすることだ。ちょっとウザイ。しかし、彼女の瞳は潤んでいて誘われてる雰囲気がプンプンしている。これ、いけるんじゃね?ここで例のボーカルから声がかかった。
「もうすぐ、会食も終わりなので、最後に肩を組んで、乾杯の歌をいきいましょう!」
言われたとおりに参加者全員が円陣を作って肩を組んだ。これ幸いとオバサンの肩を抱き寄せる。さ、身体を密着させて歌いましょう。「かーんぱーい、かーんぱーい、酒をかわそう♪」
始まったときとはちがい、全員が大声で大合唱し、会食は終了となった。すごい熱気だったな。よし、いまこそチャンスだ。彼女の耳元で囁く。
「ねえねえ、ちょっと二人で仕切りなおさない?」「えー、なにそれー」
「ほら、まだ飲み足りないでしょ?」
「うーん、ちょっとだけなら…」
よっしゃ! とりあえずサシで飲むとこまではいけるぞ!キレイに拭いてからパクっと口で
彼女の友達には先に帰ることを伝えてもらい、送迎のマイクロバスに乗り込んだ。これで駅まで連れていってくれるらしい。二人仲良く隣同士に座る。試しに彼女の膝の上に手を置いてみたら、自然に身を預けてきた。やったぜ。
「着きましたよ!」「ふぁーい」
千鳥足の彼女を抱きかかえて、何とか駅前に降り立った。さてここからどうしよう。スマホで周囲を検索してみたが、あまりにも田舎なので近所にラブホテルなんかない。タクシーで移動しようにも、肝心のタクシーすらいないのだ。うーむ、どうしたものか、泥酔オバサンを電車に担ぎ込むのは避けたいし。よし、カラオケにでも行くか。
「それじゃあ、カラオケに行きましょうか」「えー! お酒飲みたいー!」
突然、駄々をこね始めた。もう、子供じゃないんだから。
「いや、カラオケにもお酒はありますから。さ、行きましょう」
渋々了承してもらいカラオケに移動。さっきまであんなに飲んだのに、まだ飲みたいって、どんだけ酒豪なのよ。今度はビールで乾杯だ。このままじゃ俺の方が先に潰れちゃうかも…。
「じゃあ、歌っちゃおっかなー」
ビールを飲んで元気が出たのかテンションが上がっている。マイクを離さず歌いまくりだ。一方の俺はデンモク片手に曲入れ係。はあ、しんど。
「それじゃあ、次はT-BOLANの離したくはないを入れて!」「はいはい」
「んーと、次は米米CLUBの浪漫飛行!」
こんな調子で懐メロを連続5曲も歌いあげた。さすがに満足したようで、ふーっと息をついてソファに深く腰掛けている。よし、今のうちだ。彼女の近くまで移動し、肩を抱きかかえてみる。よし、抵抗はされない。身体をコチラに向けさせ、思いっきりキスをかましてやった。さあ、どうだ。
「んっ、ダ、ダメだよ〜」
さっきまでの酒豪が一転して乙女に早変わりだ。それにしても酒と加齢臭が混ざったニオイが強烈だ。ちょっと戻しそうになった。よし、一気にいっちまえ。ガバッと彼女をソファに押し倒す。そのままオッパイをモミモミ。ポッチャリしてるだけあって、いいモノをお持ちのようで。
さらにブチュっとキスをしながら、彼女の服を脱がしにかかる。しかし、突然、手をバシっと払われてしまった。え? ダメなの?
「ちょっと、そこまではさすがに、ね?」
「なんでですか? いいじゃないですか?」
もう一度キスをしようとしたのだが、顔を背けられてしまった。
「ちょっと、本当にダメ!」
正気に戻ったようで、強い語気で怒られた。
「カラオケでそんなことしちゃダメでしょ、店員さんに見られちゃうよ」
「えー、だけど、もう我慢できませんよ」
すでに俺のチンコはビンビンに勃起している。ここから、ヤラセろ、嫌だ、ヤラセろ、の押し問答が数回あって、彼女が一言。
「これでしてあげる」
俺の股間を手でスリスリと撫で始めた。まあ、セックスとはいかずとも、このムラムラを発散できるならいいか。ズボンとパンツを同時にズリ下ろして、チンコをボロンと露出した。
「ふふ、固くなってるね」
ニヤっと嬉しそうな彼女の手が優しくチンコを包んだ。そしてシコシコと手コキをしてもらったが、さっきまでビンビンだったのに元気がなくなっていく。あれ、いつもならスグに射精しちゃうのに。
まちがいなく日本酒を浴びるほど飲んでいたせいだろう。もうちょっとセーブすべきだったかも。
「うーん、ちょっと元気がないねえ」フェラしてくれたら立つんじゃなかろうか。
「口でしてくれたら、元気になるかもしんないから、ね! お願い!」
「もー、しょうがないなあ」
カラオケの受付で渡されたオシボリでキレイに拭いてからパクっと口で咥えてくれた。
あったけえ〜。そのままジュッポジュポとピストンをしてもらい。10分ほどで射精に至った。
ふー、気持ちよかった。「あっ、終電がヤバイから先に帰るね」
別れ際にラインを交換して、彼女は部屋を出て行った。こんなにオイシイ思いができるなら、今度は他の酒蔵見学にも行ってみようかな!
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ