微乳専門や低身長専門の風俗店合法ロリの世界微乳専門や低身長専門の風俗店合法ロリの世界微乳専門や低身長専門の風俗店合法ロリの世界微乳専門や低身長専門の風俗店合法ロリの世界微乳専門や低身長専門の風俗店合法ロリの世界微乳専門や低身長専門の風俗店合法ロリの世界微乳専門や低身長専門の風俗店合法ロリの世界微乳専門や低身長専門の風俗店合法ロリの世界微乳専門や低身長専門の風俗店合法ロリの世界微乳専門や低身長専門の風俗店合法ロリの世界
ロリ系のコンテンツは、エロの人気ジャンルとして、マニアたちから熱烈な支持を受けている。 
しかし、本物のロリ画像は持っているだけで罪になる時代だ。 そんな時代に合わせて、合法的にロリを楽しむ男たちがいる。法に触れない範囲で、ロリに近づこうってわけだ。
いったい、彼らはどんな活動をしているのか。気になって仕方がない。 今回は、そんな合法ロリの世界に足を踏み入れてみよう。もしかしたら、俺も仲間に入っちゃうかも!
「成長を見守ってるパパの気分ですね」
まずは、Jアイドルの撮影会に参加することにした。現在、本物のロリっ子と合法的に交流するには、これが一番手っ取り早い方法だと思われる。さっそく、ネットで検索をかけてみた。すると、今週末に代々木公園で開催される予定の撮影会を発見。ナイスタイミングだ。費用は1時間で6千円とかなりお高め。撮影だけでこんな高額をブン取るとはロリ業界はえげつない。
撮影会当日は快晴で、公園内にはデートに来ているカップルや家族連れで溢れかえっている。まさかこんな場所で撮影会が行われていたとは。コソコソ隠れているイメージがあったので驚きだ。
集合場所の公園の奥に、バインダーを持った50才くらいのオジサンがいた。彼が主催者みたいだ。
「どうも、申し込みした野村です。撮影会に参加したいんですけど」
「ああ、はい。野村さんですね。承っております。開始時間まで、あちらでお待ちください」
参加費を支払って指定された場所へ。その周辺には馬鹿デカいカメラを首から下げた20名ほどの男たちがいた。かなり異様な光景だ。一人で座っている、ヒマそうなメガネの男性がいたので声をかけた。「どうも、初めての参加なんですけど、よく来られるんですか?」
「ああ、そうですね。いままで何度も参加してますよ」お、なかなかのベテランさんみたいだ。
やっぱりこの人もロリコンなんだろうな。
「ちなみに今日はどの子を撮影するんですか?」
「Kちゃんって子がスゴイ好きで応援してるんですよ!」
パアっと明るい表情になり、ここから熱烈なトークが始まった。実は彼、すでに何十回も彼女の撮影をしているらしく、初めて参加してから既に2年以上たつらしい。ものすごい偏愛ぶりだ。
「Kちゃんは今12才なんですけど、日々成長していて可愛いんですよね」「成長ですか…」
「はい!10代の女の子は1カ月会わないだけで、すっごく大きくなるんです」
大人になっていく彼女たちの変化に興奮するらしい。ロリコンってそんな風に考えてんだな。運動会で写真を撮る父親みたいなもんか?
「まさにそうです! 成長を見守ってるパパの気分ですね」
ふーん。それにしても気になるのは下心だ。そんなこと言っておいてエロ目的なんじゃないのか?「はは。まあ、少しだけね。でもエッチしたいとか、そんな風に思ったことはないですよ」
本当かよ〜。撮影した画像でシコったりしてるんじゃないのか?
「いやいや、僕はあくまで真剣に応援してるだけですから!」
うーん。純情ぶってるけど、エロ目的以外に6千円を何十回も払うなんて考えられないんだけど。まあそこまで言うならちょっとくらい信じてやるか。主催者が参加している男たちに向かって呼びかけた。ようやく撮影会のスタートだ。「やっぱ胸がないところじゃないですかね」
俺を含めた男たちがぞろぞろと移動し始めた。にしても、むさくるしい集団だなあ。主催者の案内で代々木公園の奥の雑木林へ。そこには6名の女の子たちが立っていた。
彼女たちが今日の撮影会のモデルらしい。年齢はそれぞれ、7才くらいから14才くらいまで。アイドルなだけあって、たしかにルックスは美形が多い。モデルたち数人が走回ってはしゃぐのを見てると、本当に小学なんだと実感が湧いてくる。
「よろしく、お願いしま〜す」
女の子たちが一斉に挨拶をして、それに対し参加者がパチパチと拍手を送る。大のオトナが休日になにやってんだよとツッコミを入れたくなる。主催者が説明を始めた。
「では、女の子たちには、それぞれバラバラになってもらいます。撮影したい子の後ろに並んでもらって、順番にどうぞ」
とりあえず人気がありそうな女の子の列に並ぶことにした。一番小さい子が人気かと思いきや大人びていてもルックスが整った子が人気のようで、その子の年齢は12才。それでも幼いことに変わりはないが。同じ行列には、これまたでっかいカメラを持った男たちが。撮影の順番が来るまでお話しましょう。「自分、初めてなんですけど、よく撮影会に参加するんですか?」
「え? うーん、まあね。結構長いかな」
この人もベテランさんみたいだ。やっぱり、あなたもロリコンなんですよね?
「もう生粋ですね。昔からちっちゃい子にしか興味が湧かないんです」
自信満々に答えてくれた。なんて清々しい人だ。変態なのは間違いないが。
「じゃあ、今日撮影した写真で、楽しんだりするんですか?」「え? 楽しむって?」
またまた〜。とぼけちゃって。
「やっぱり、写真を使ってね? 自分でしたりとか…」
「ああ、そういう意味ですか。まあ、そうですけど…」
何か話しにくいことでもあるのか、口がふさがってしまった。やっぱり後ろめたいのかな。
「あんまり、そういう話はしない方がいいですよ」突然、注意を受けた。
「え? どういう意味ですか?」
「この会場ではそっち系の話はタブーになってるんです」
彼によると、撮影会中は下ネタの話はしない暗黙のルールがあるようで、参加者同士でもそんな会話は滅多にないそうな。 最後にロリの女の子の魅力はどこにあるのか聞いてみた。
「うーん、やっぱ胸がないところじゃないですかね。そこに一番興奮してしまいます!」
結局、そこかい!性的な欲求は1ミリたりとも生まれない
ようやく、俺が撮影する順番が回ってきた。よろしくね〜。
「はい! よろしくお願いします」
モデルの女の子が、クシャっと笑顔になった。パッチリ二重でスラっとした身体。うん、健康的でかわいらしい女の子だ。この撮影会は男がポーズを注文する形式だ。それでは自由にやらせてもらおう。「まずは後ろに手を回してくれるかな?」「はーい」
言われたとおりのポーズになった彼女をパシャパシャと撮影する。満面の笑顔でレンズを覗いてくる。あどけなさの残る表情が印象的だ。
「じゃあ、次は体育座りになってくれるかな?」「はーい」
「そのまま上目使いで、こっちを見てくれる?」
嫌な顔一つせずにポーズをとってくれるのは、やはり撮影に慣れているからか。
「じゃあ、次はバンザイしてみようか」
その後も様々なポーズで撮影を続けたが、女の子との身体接触はもちろん、プライベートな話もほとんどできなかった。なんだか物足りないな。あっという間に時間がきてしまい。撮影は終了。
たしかに、カワイイ女の子を撮るのは楽しかったし、少しの元気をもらうことができた。
しかし、そこに性的な欲求は1ミリたりとも生まれない。さすがに小学ってのは幼すぎる。姪っ子の写真を撮るのと、そう変わらないのだ。ま、当然の結果のような気もするが。一方で他の参加者たちは、意気揚々と現場を楽しんでいた。ネコ撫で声でポーズを頼み、「いいねー」と声を掛けながらシャッターを押す。端から見たらただのキモい集団だ。 彼らの表情を見る限り、ロリコンの参加者たちにとっては天国のような環境であることは間違いない。モデルの女の子たちもオッサンの被写体になることに抵抗はないようで、満面の笑みでそれに答えていた。異様な空間である。かなり小ぶりな
ペチャンコ胸
お次は合法ロリの風俗嬢が在籍する店を訪れることにした。
昨今のロリブームの影響で都内には、微乳専門や低身長専門の店がいくつかある。
その中でターゲットにしたのは池袋のデリヘルに在籍する「アイ」ちゃんだ。プロフィールには、20
才のAカップで身長が143センチとある。これは小学5年生の平均身長と同じだ。
この数字が本当なら、まさに合法ロリの風俗嬢と言えるだろう。
さっそく店に電話して予約を済ませる。いやー、楽しみだ。
ホテルで待機していると、コンコンとドアがノックされた。待ってました!
「失礼しま〜す」あ! 小さい! すんごい小柄だ!しかも、ツインテールに赤チェックのワ
ンピースという、いかにもロリを意識した外見。こりゃ、テンションが上がってきた。身長が低いってのはわかっていたが、実際に会ってみるとプロフの数字よりさらに小さく感じる。俺の身長が180センチなので、その差は約40センチ。胸の位置に頭がくるぐらいで、何度も言うがマジで小さい。
「お兄ちゃん、このお店よく来るんですか?」
「いや、はじめてだよ。アイちゃんみたいに小さい人に会いたくてね」
「えー、本当ですか? やったー。うれしいな」
声が異様に高い。それも作っているような感じではなく、変声期の前の子供みたいに自然だ。身体の発達と声って関係があるのかな。
「それじゃあ、シャワーに入ろうか!」
服を脱ぐと、さらにロリ感が増した。下の毛は全部剃られて、キレイなパイパン。若干の剃り残しが見えたので天然ではないが、身体と完全にマッチしている。こりゃ興奮しますなあ。
「あんまり脱いでるところを見ないでよー」
小学が初めて買うような小さいブラジャーを脱ぐと、これまた小さいお胸が現れた。Aカップで間違いない。かなり小ぶりなペチャンコ胸だ。少しだけ触らせてもらおう。
「ちょっと〜、もうエッチになっちゃったの〜」
クサイ演技は気になるが、その体は間違いなくロリである。胸を揉んでも柔らかさは少なく、第二次性徴前の身体を連想させる骨ばった身体だ。アバラも少し浮いてるし。うーむ、こんな小さい女を触ったのは初めてなので何とも言えない奇妙な感覚だ。ただし乳首だけは例外的に大きく茶色くなっていた。そこだけはやはり風俗嬢である。身体が小さいだけにアンバランスに見えてしまい、ちょっぴり魅力が半減。やっぱりキレイなピンク乳首がよかったな。
「はーい、身体を拭くからちょっと待っててねー」短い手をいっぱいに伸ばして、甲斐甲斐しく全身を拭いてくれるアイちゃん。俺の身体がデカイせいで、かなり時間がかかってしまった。ゴメンね。
「うん。これでバッチリだよ」
風呂上りに彼女が自身の体にタオルを巻きつけたところ、ロングのワンピースを着たかのように、膝下までスッポリ隠れてしまった。身長が低いとこんな風に見えるのか。
ぷっくりした割れ目ちゃん
「それじゃあ、ベッドに行ってください」
促されるままベッドへ移動すると、アイちゃんが太ももの上に乗っかってきた。軽い!
「アイちゃんは体重何キロなの?」
「えええ、37キロくらいかなー。恥ずかしいから聞かないでー」
いやー、そりゃ軽いわけだ。そのまま太ももに乗っかった体勢で、手コキがスタートした。
「ふふ、どうかな? 気持ちいいかな?」
チンコを握ってもらい、上下にシコシコ動かしてもらう。あれ? いつもの手コキとは、なにかちがうような。おそらく、彼女の手が小さいおかげで、普段よりも手コキの1ストロークが長く、ピンポイントで刺激が伝わっているようだ。こりゃ、中々いいぞ。
「ふふ、次は両手でするねー」
おお! 亀頭とサオを同時にシゴかれた。これは相当気持ちいいぞ。普通のサイズの女が両手で手コキをすると、刺激がぼやけてしまい、イマイチ快感を得ずらい。しかし彼女の場合だと、カリとサオの刺激がそれぞれに主張されて、見事な同時責めを味わうことができるのだ。
うーん、たまらん。このままでは早々にイッてしまう。攻守交替ってことで、今度は俺が責めるとしよう。彼女を横に寝かせて、乳首を舐める。板の上に乗った小さな梅干しを舐めているような不思議な食感だ。
「あ、んっ、いいよ〜」「乳首舐められるの好きなの?」
「んっ、好き〜、あっ。気持ちいいよ〜」
何度も小さく喘いだ。貧乳の女は乳首が感じやすいってウワサがあるが、本当なのかな。ま、これはほぼ間違いなく演技だろうけど。お次はオマンコをご開帳。こちらはニオイも全くなく、キレイなピンク色だ。美味しそうですなあ。小陰唇もかなり小さくて、ぷっくりした割れ目ちゃんマンコである。これぞまさにロリの象徴だ。顔を近づけてクンニを開始。身体と同じようにマンコ全体が小さいので、非常に舐めやすい。
「んー、気持ちいいよー。もっと舐めてー」
お望みどおりにしましょう。猛烈なスピードでペロペロとクンニを続ける。
ふとしたときに目線を上げると、胸がないので彼女の顔をそのまま見上げることができた。なにこれ、すっげー興奮するんだけど。ペチャパイを見ながらのクンニは、本物のロリっ子のマンコを舐めてるようで罪悪感がわく。いけないことをしちゃってる気分だ。ますます興奮する。「じゃあ、次は俺のを舐めてくれるかな?」
「うん。わかった〜」
サオを中心に舐めてくれるアイちゃん。しかし最初はよかったのだが、実際はあまり気持ちよくない。下手な女にありがちなチロチロフェラなので、刺激が足りないのだ。これじゃダメだよ。
「次は、くわえてくれるかな?」「ふぁーい」
小さなお口で一生懸命にチンコをほおばってくれた。お、今度はいい具合だぞ。
「ジュッポ、ジュッポ」
口をすぼめて、頭を上下に動かしている。あれ? なんかチンコが奥に当たっているような。上下に動かすと、コツンコツンと亀頭が喉の奥に当たっている。どういうことだ?どうやら口が小さいおかげで、自然とディープスロートのように奥深くまで入り込んでいたみたいだ。これが、まあ気持ちいい。コリコリした喉の奥に亀頭がぶつかる度、得も言われぬ快感で頭の中がいっぱいになる。
ついには彼女の頭をつかんでイラマチオを開始。こりゃ最高だな。しかし、慣れていなかったようで、ゲホゲホとチンコを吐き出されてしまった。あーあ、もうちょっとでイケそうだったのに。
「ちょっと口が疲れちゃったから、素股に変えてもいいかな?」
彼女の一言で体位を変更。股間にローションを垂らして、チンコの上に乗っかってもらう。パイパンなのですべりがいい。うん、これもまたよし!腰を掴んで、前後に動かす。ほっそい! ウエストがほっそい!
「あっ、お兄さん、これ気持ちいいよ〜。すごいよ〜」
わざとらしいアエギ声に萎えてしまいそうだが、素股の実力はかなり高い。腰の動きが絶妙なのだ。
しかもパイパンかつ貧乳というロリ体形を目の前にすると、異常に興奮してしまい、チンコもギンギンに勃起する。この身体で素股をするのは反則だよ。もう、我慢できない!
ドピュドピュと自分の腹の上に射精してプレイは終了。最高に気持ちよかった。
興味を持った方のために、合法ロリ風俗嬢の探し方を紹介しておく。
風俗デラックスという情報サイトの中にある、「145㎝以下の低身長風俗嬢をまとめてみた」というページが一目瞭然なのでオススメだ。各店舗のプロフから、自動で低身長の風俗嬢をまとめてくれるので非常に使い勝手がよい。
合法ロリ界の神エロ動画2本
この1度のプレイだけで合法ロリのトリコになってしまった。それからというもの、オカズはもっぱら合法ロリ動画だ。そこで、皆さまに2本の珠玉の合ロリ動画をご紹介しよう。
① 奇跡のミニマムパイパン妹と濃密で背徳な中出しセックスを楽しむ。女優・川島くるみ
女優の川島くるみは、身長135センチで、現在最も小さいAV女優の一人だ。合法ロリ界をけん引する存在といっても過言ではない。特に本作はロリコン向けのシーンがふんだんに盛り込まれているのに注目してほしい。お医者さんごっこの最中、聴診器で乳首を刺激してたらエロい展開に。というあまりにもベタな設定である。しかし、Aカップの貧乳と、顔面の幼さによって、視聴者に違和感を抱かせることはない。集中してオナニーに没頭できる。さらにロリ動画にありがちな、女優はいいのにセックスがダメ、という欠点がないのもうれしい。身体を抱えてのバックや背面駅弁など、低身長でなければ難しい体位でも果敢に挑戦している。余すところなくロリボディを見せつけてくれる1本といえる。
② 少女のアナルは嘘をつけない。生まれて初めてのお尻。女優・苑田あゆり
日本一のロリ系AVメーカーとして名高い「ミニマム」が発売した、ロリとアナルを組み合わせたこちらの作品。小さな体をマンコとアナルの両方から串刺しにするハードな内容ながら、ロリに免疫のない人にこそ見てほしい1本だ。まず、女優のルックスがいい。特別な美人ではなく、幸が薄くて、いかにも男たちから標的にされそうな品のいい幼顔なのだ。あからさまなロリ体形ではなく、表情や声のしぐさが本物っぽくリアリティがある。さらに怯えている表情が絶品で、見ているとたまらなくイジメたくなる。マッサージという名目で体をオッサンに触られまくり、挙句の果てにアナルまで開発されてしまう、悲しいストーリーにピッタリだ。挿入の後に、大きく開いた肛門が奥までバッチリ撮影されており、恥ずかしそうな女優の表情と合わせて、ソソられること間違いない。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内