おデブなぽっちゃり熟女はやはりドMおデブなぽっちゃり熟女はやはりドMおデブなぽっちゃり熟女はやはりドMおデブなぽっちゃり熟女はやはりドMおデブなぽっちゃり熟女はやはりドMおデブなぽっちゃり熟女はやはりドMおデブなぽっちゃり熟女はやはりドMおデブなぽっちゃり熟女はやはりドM
近ごろ、チンコに元気がない。オナニー時も一応、射精はできるのだが、歳のせいだけとは思えないレベルでフニャフニャのヘロヘロなのだ。原因はこの連載以外に考えられない。化け物との死闘を長らく繰り返しているうちに身も心もやつれ、その挙げ句、下半身にもダメージが及んだのではないか。つまりトラウマだ。これってマジでヤバい状況なのでは…。
そうやって悩んでいるうちに、またテレクラデイが巡ってきた。舞台は東京・竹の塚だ。今回の死闘が終わったころ、俺のフニャチン症はまたさらに悪化していることだろう。鬱すぎてハゲそうだ。
「中出しとスカはお断りしています」
入室から30分、待望のコールが鳴った。
「はい、もしもし?」「こんにちは。オニーサン、声が若いですね。私、47才なんだけど大丈夫ですか?」「はい、大丈夫ですよ」「年上が好きなんですか?」
「ええ、まあ」「うふふ、よかった」
まだほんの少ししかしゃべってないが、好感が持てた。何というか、話し方や声にナチュラルな素直さがにじみ出ているように思えたのだ。
「あ、私、ナルミといいます」「和田です。で、ナルミさん、ご結婚は…?」「はい、してます」
週に何日かパートをやっている主婦だそうで、大学生の子供が2人いるという。
「私、ワリキリで会える人探してるんですけど」「僕も同じです」
「あら、よかった。もしよければ家の近くまで来てほしいんですけど、どうですかね」
「どちらですか?」「○○○駅なんですけど」
埼玉県南部の駅だ。乗り換えも必要だし、なんだかんだ片道30分コースってところか。
「うーん、ちょっと遠いですね」
「やっぱそうですよね…」ナルミさんの声が沈む。
「本当はそちらの方に行ければいいんですけど、今日はちょっと用事があって、地元から出られないんです…。ふう」
いつもなら電話を切るところだが、この善良そうなキャラは捨てがたい。パスするのはもう少し彼女のことを知ってからでも遅くないだろう。
「とりあえず、ナルミさんの身長と体型教えてもらえます?」
「170センチでちょっと太っています」
かなり大柄だ。おそらく女子レスラー体型だろう。
「体、大きいんですね」「はい。でも見た目はあんまり悪く言われないですよ。女優の松下由樹に似てるって言われたこともありますし」「なるほど。で、希望額は?」
「できたら1万円いただけると助かります」
松下由樹はさすがに信じられないとしても、やはり彼女の言葉にはどこか誠実さを感じる。もちろんとんでもないブスかもしれんが、少なくとも異常キャラの女に振り回され、精神的ダメージを負わされる心配はなさそうだ。よし、会ってみるか。
「じゃあ、これからそちらへ行きますよ」「ありがとうございます」
一拍、間を空けてから彼女が続ける。
「あの、前もってNG項目をお伝えしたいんですけど」「はいはい。何です?」
「中出しとビデオ撮影は無理です。あとSMプレイとかスカみたいなのもお断りしています。大丈夫ですか?」
なぜにこんなマニアックなハードプレイを次々と挙げるんだ? 過去に強要された経験でもあんのかな?
知り合いに見られたらヤバいんじゃねえの?
待ち合わせ場所のコンビニへ足を運ぶと、店内のイートインコーナーでそれらしい女を見つけた。縦にも横にもボリューミーな体格に貫録を感じる。
「ナルミさんですか?」
「あ、和田さん? わざわざ来てくれてありがとうございます」
くるりとこちらに向いた顔は、松下由樹というよりは森三中の黒沢といった感じだが、想像したほどのブスでもない。30キロほどぜい肉を落とせばまあまあ見られる。そんなレベルだ。
「私で大丈夫ですか?」「ええ、もちろんです」
「よかった。じゃあ、行きましょうか」
ローソンを出た彼女は、店の軒先に停めてあった自転車を押して歩きはじめた。どうやら本当に地元らしいが、いったいどういう了見なんだろう。知り合いに見られたらヤバいんじゃないの?
「既婚者なんですよね? 自宅の近所で男の人と会って大丈夫なんですか?」
 柔和な笑顔が返ってきた。
「私の家はどっちかっていうと隣駅のほうが近いから平気です」
「じゃ、家族や知り合いと鉢合わせになる危険はないんですね?」
「はい、たぶん。…いや、わかんない、どうなんでしょ」
ゆる〜っ。こんな大事なことを運任せにしていいのか?やがて行く手にホテルらしき建物が見えてきた。
「あ、あれです。あのホテルがこの辺で一番キレイなんですよ。料金も高くないしオススメです」
「この辺のラブホ事情、詳しそうですね」
「はい。元カレとよくこの辺で遊んでたので」
「元カレ?それは結婚後に付き合ってた男性ですか?」
「ええ。半年前に別れたばかりですけど」
「へえ、どれくらい付き合ってたんです?」
「2年以上ですかね。もう会うことはないと思いますけど、正直、元カレには人生観を変えられちゃったって感じです」 
20才で結婚して以来、ずっとマジメに暮らしてきた彼女は、元カレと知り合ったことで性の喜びに目覚めたのだという。
「とにかく初めて尽くしだったんですよ。潮を吹かされるとか、お尻にバイブを入れられるとか」
「なるほど」
「あと電マっていうんですか?あれをアソコの奥に入れられたときはイキッ放しで頭の中に電気が走りましたもん。あれは本当に感動しました」
「そんな楽しかったのに何で別れちゃったんですか?」
彼女の顔にスッと寂しげな表情が浮かぶ。
「それがよくわからないんです。急に『僕に君みたいな女の人はもったいない』とか言い出して、連絡が取れなくなったから」
ま、そんだけやりたい放題に遊んでりゃ、彼氏も飽きるわな。
「じゃナルミさんがテレクラにかけるようになったのは彼氏と別れてから?」
「はい。できれば新しい彼氏が見つかるといいなって」
ここでふと、気になっていたことを思い出した。
「そういえば電話でNG項目のこと言ってたじゃないですか。あれは何でなんです?」
「ああ、中出しとビデオ撮影、あとSMプレイとスカのことですよね。あれは前にテレクラで会った男の人にやらされたんです。全部違う人にですけど」
「え、中出しもスカも実際にやったんですか!?」
「はい、これも勉強かなと思って。でもすごくイヤな気持ちになったので懲りたんです」
こうなると素直なキャラってのも考えものだな。元々マジメなフツーの主婦がここまで堕ちてしまうんだから。いや、単なるバカ?
「スケベマンコも、もうヌルヌルよぉぉぉ〜」
ホテルに入った。ベッドにデカい尻を沈め、たばこを一服したところで、ナルミさんがゆっくりと近寄ってくる。なぜか妙に目がトロンとなっているのが不審だ。
「和田ち〜ん」わ、和田ちん? なんだ急に、何が起こったんだ!?突然の豹変に呆然としていると、今度は体を力強く抱きしめられた。耳元に流れ込んでくるのは気色の悪いささやきだ。
「あーん、イチャイチャしたかった〜ん。たくさん気持ちいいことしようね〜ん」
「ど、どうしたんですか、いきなり」「え〜、どうって何がぁ? うふふふ」
そう言うと彼女はぺろりと俺の耳を舐めてから風呂場へ。どうやら湯を張りにいったようで、またすぐに戻ってきた。こちらにジーっと熱い視線を送りつつ、彼女が服を脱いでいく。乳にだけ注目すれば大そう立派だが、全体的な構図はモンゴル人力士・逸ノ城のヌードを見せつけられているような案配だ。思わず女体から目を背けて、聞いてみる。
「ホテルに入ると、いつもこんな感じに?」
「ん〜ふふふ、そうよ。だって自分をさらけ出すとどんなに気持ちいいか知っちゃったんだもん」
たしかにそうなのかも知れんが、とりあえずこのさらけ出し方は間違ってるような。
「もしかしてそれも例の元カレに仕込まれたんですか?」「そう、正解」
元カレの言葉責めを受けて、しつこく淫語を言わされ続けるうちに、この性癖が開花したと誇らしげに言う。改めて俺は、元カレの罪深さに思いを馳せた。風呂に入ると、やはりと言うべきか、淫獣が文字どおり舌なめずりしてにじり寄ってきた。浴槽の水面にチンコが顔を出すように仕向け、パクっと先っぽを咥える。
「ああ、このチンポ、美っ味しいぃぃ〜。スケベマンコも、もうヌルヌルよぉぉぉ〜」
「あ、あの、ちょっと…」
手でフェラを制そうとしても、顔の上下運動を止めない。浴室には下品な鼻息が響きわたるばかりだ。「んふ〜、んふ〜、んふ〜」「舐める?それとも噛む?」
フゴフゴと豚のようにフェラする女をどうにかなだめ、急いで体を洗い部屋に戻った。淫獣はすでにベッドにスタンバイし、妖しいほほ笑みを浮かべている。しかしその光景はセイウチの日光浴と変わらない。恐る恐るベッドに上がると、さっそく抱きしめられた。
「どうする、和田ちんが攻める? それとも私から攻めようか?」
「じ、じゃ攻めてもらえますか?」「和田ちんのチンポを?」「はい」
「どう料理されたい? 舐める? それとも噛む?」
一瞬、「噛む」に興味を覚えたものの、すぐさま思い直した。こんな予測不能の女に軽はずみなチャレンジをしては事故の元だ。
「…な、舐めるでお願いします」「んふふ、じゃいただきます」
やはりフェラのテクは悪くない。圧力強めに亀頭周りに舌を這わす技術はむしろ上級の部類に入るだろう。さらに四つん這いにさせられ、手コキとアナル舐めの同時攻撃を受けたとき、ここ最近フニャ
フニャ状態だったチンコが、カチンコチンに。なんというテクニシャンだ!
勃起をすると興奮さえ覚えてきた。よーし、このままブチ込むぞ。しかし、いざ正常位の態勢を取りかけたとき、女から「待った」の声が。
「和田ち〜ん、私の前戯がまだだよぉ〜。そのいやらしい指をマンコに入れてぇ」「あ、はい」
デブの肉汁つきマンコにクンニするなどマジで勘弁だが、手マンくらいならやってもいいだろう。愛液でベトベトの膣に指を入れた途端、女が腰を浮かした。
「ホーッ、ホーッ、いい、マンコいいっ!」
Gスポを刺激することで、下品な喘ぎ声は一層高まった。
「あーマンコ! マンコ! 和田ちーん、マンコ気持ちいい!気っ持っち〜〜〜!」
太ももが小刻みに震えている。イッたようだ。1分ほどインターバルを置いたのち、もう一度フェラで勃たせてもらってから、今度こそ挿入だ。ブスリ。直後に女が絶叫する。
「セックス! このセックス!ああ、このセックスいい〜〜!セックス!」
腰を振るたびにチンコが軟化していくのがわかった。
「セックス! ああセックス!」
はあ、どうしよう。こんなオカシな女たちと交流し続けていると、いずれ本物のインポになっちゃうかも。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内