★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
カップル喫茶でスワッピング体験談カップル喫茶でスワッピング体験談カップル喫茶でスワッピング体験談カップル喫茶でスワッピング体験談カップル喫茶でスワッピング体験談カップル喫茶でスワッピング体験談カップル喫茶でスワッピング体験談カップル喫茶でスワッピング体験談カップル喫茶でスワッピング体験談カップル喫茶でスワッピング体験談
いまのフーゾク業界に戸惑いのようなものを感じているのはおれだけだろうか。プレイの過激さばかり追求する昨今の風潮に、むしろ味気なさを覚えてしまう人も意外と多いのでは。そこで注目したいのが、昭和に生まれ、いまも現存している昔ながらのフーゾクだ。
流行りすたりの激しいこの業界でしぶとく生き残ってきたからには、当然それなりの理由があるはず。今時のフーゾクでは味わえぬ何かがそこにはあるのだろう。
あらためて、本ルポのテーマは温故知新だ。平成最後の年に昭和のフーゾクを訪ね歩き、新しい発見を得たいと思う。
神経質に盗撮を警戒しているらしい
まず最初に取り上げる昭和フーゾクはのぞき部屋だ。簡単に言ってしまえばストリップショーとほぼ同じだが、のぞき部屋は以下2つの点で、一般のストリップ劇場とは一線を画している。
① 客席が個室になっているため、周囲に気兼ねせずオナニーが可能
② 上演中、追加料金を払えば踊り子(上演中とは別の)から手コキやフェラを受けられる
要するに、通常のストリップ小屋と比べて、フーゾク要素がより色濃くなっているわけだ。
現在、都内に残されたのぞき部屋は2店のみで、いずれも歌舞伎町に存在する。が、おれ自身はこれまで一度も遊んだ経験がない。単純な話だ。そんな古臭いフーゾクなど面白いはずがないとの先入観があり、ずっと避けてきたのである。さて、この企画でイメージがくつがえるといいのだが。
夜、いざ新宿へ。目的の店「M」は歌舞伎町のど真ん中、ゴジラビル(新宿東宝ビル)の目と鼻の先にあり、入り口には「のぞき部屋」と書かれたド派手な看板が。
受付は古いラブホのソレに似ていて、四角い小窓からちょいイカツめのおっさん店員が顔をのぞか
せている。目が合うと、店員から声が飛んできた。
「おひとり様2100円になります」
今日日、この料金よりも安く遊べるフーゾク店は存在しないのではないか。少なくとも遊び終わった感想が「つまんなかった」でも、この金額設定なら財布へのダメージはほとんどない。言われたとおりカネを支払うと、続いて店員が言う。
「ケータイ類はこちらで預かることになっています。持っているなら出してください」
かなり神経質に盗撮を警戒しているらしく小窓の上にはでかでかと「盗撮禁止 罰金50万」の威圧的な文字が。ここはおとなしく従うとしよう。
受付に要した時間はほんのわずかだった。しかし、おれの背後に他の客がすでに2人も並んでいたことから察するになかなか繁盛しているようだ。
閉所恐怖症ならガタガタ震えだす
受付後、いったん6畳ほどの待合室へ他の客と一緒に案内されたものの、数分もしないうちに個室へ移動することに。のぞき部屋は上演ごとに個室内の客を入れ替えるのだが、所用時間が15分と短いため、回転が早いのだ。
個室への通路は極端に狭く、深紅のカーテンで覆われている。こんなアングラな雰囲気のなか、客が一列になってゾロゾロと進むわけだ。
この時点でおれのテンションは相当ハイになっていた。いまどき、これほどのいかがわしさを味わえるフーゾクなんて他にないだろう。個室の入り口はカーテンになっており、客はそれぞれに割り当て
られた場所へと消えていく。そしておれも中へ…。
なんじゃこりゃ! 個室が想像以上に狭いのだ。
体感で言えば縦横わずか50センチ四方。そのうえスペースの真ん中にはパイプ椅子が設置してあるため冗談抜きで体の方向を変えるのさえ難儀する。閉所恐怖症の人なら間違いなくガタガタ震えだすレベルだ。しかしそんな不快さはすぐに消えた。のぞき部屋のユニークな構造に好奇心を持っていかれたのだ。個室は左右が木製の壁に挟まれ、背後はカーテンだが、前方だけは大きなマジックミラーの窓になっている。その向こうは踊り子のパフォーマンススペースだ。
さらに客の個室は直列でつながっており、どの部屋からでもパフォーマンススペースを一望できる仕組みのようだ。何よりおれが気に入ったのは、踊り子側から客が見えないようになっている点だ。ターゲット(踊り子)のあずかり知らぬところでこっそりと視姦し、シコる。つまり、本物ののぞきに限りなく近い状況を作り出しているわけだ。いいじゃないの、いいじゃないの。窓へ移動するたび、
個室から「ガタガタッ!」
やがてパフォーマンススペースの照明が落ち、踊り子が登場した。驚いたのは彼女のルックスレベルの高さだ。これはいったいどうしたことでしょう。整った顔といい、すらっとしたスタイルといい、料金高めのデリヘルのランカー嬢並みなのだ。正直、2100円の低コストからこのレベルは想像できなかった。めっちゃかわいい!
当然のように、この後スタートしたストリップショーに夢中になった。チンコを握った手を上下にスライドしながら、あっちこっちへヒラヒラと移動する彼女を目で追う。のぞきって興奮するなあ!
ストリップの構成そのものに特筆すべき点はなかったものの各個室の窓を順に回っていく演出にはなかなかニクイものが。踊り子が窓に張り付くような態勢でマンコを開帳するため、ストリップ小屋のかぶりつき席よりも至近距離で拝めるのだ。
おかげで踊り子が窓から窓へ移動するたび、個室から「ガタガタッ!」と物音が上がるのだが(おそらく、イスから飛び上がって窓に顔を張り付けているのだろう)、それが客同士の奇妙な連帯感を生む。みんな張り切ってるなあ。ストリップが始まって5分ほどで、突然、背後のカーテンがシャっと開き、キャミソール姿の女が室内をのぞき込んできた。
「サービスは希望されますか?」
サービス。ヌキのことだ。手コキは2千円、フェラなら3千円で彼女自身がヌイてくれるらしい。しばし悩んだ挙句、2千円を渡して手コキを頼む。にしても突然、ノックもせずに個室へ乱入してくるとは。おかげでオナニーしてるとこを見られてしまった。が、こういう昭和っぽいガサツさは嫌いではない。ちなみにいま乱入してきた彼女は現在の上演が終わると今度は踊り子を担当する。その際のヌキ担当はいまショーに出ている子だ。
要するに上演ごとにそれぞれの担当をチェンジするため、どのヌキ担当に当たるかは運次第なのだが、その意味でおれはラッキーだったといえる。だって今のヌキ担当は、ストリップ担当よりもさら
にイイ女なのだから。もう、どこまでハイレベルなんだよ!お金を受け取っていったん奥に引っ込んだ彼女がすぐに戻ってきた。
「お待たせしました。手のサービスですよね?」「うん」
「イスに座ったままします? それとも立ってやります?」
「じゃ狭いから立ってやってもらおうかな」「はーい」
ウエットティッシュで軽く拭いてから、ローションを用いた手コキが始まった。マンコ以外はタッチOKとのことなので、サクランボ色の乳首をいじりながら身をゆだねることに。ストリップを横目で眺めつつ、激カワ嬢に手コキされるというやや現実離れした状況は、しかし、唐突に終わりを告げる。手コキちゃんが言う。
「ゴメン、もう時間なの」「え! 3分も経ってないよ」「でも、他のお客さんのところも回らなきゃいけないから」
そんなわけで結局、射精には至らず店を後にすることになったのだが、正直、おれは十二分に満足していた。わずか15 分、しかしこれほど濃密な15分をかつて経験したことがあっただろうか。のぞき部屋、アリです!お次の昭和フーゾクはカップル喫茶だ。と言っても、「喫茶」を名乗っておきながら、実際はハプニングバーのようになってる店のことではない。
これから向かうのは昭和生まれの「同伴喫茶」や「連れ込み喫茶」の名残りをのこす、本物のカップル喫茶だ。昭和タイプのカップル喫茶は都内でも上野と荻窪(杉並区)にそれぞれ1軒ずつあるだけ。のぞき部屋同様、絶滅寸前の状態にあるようだ。
平日の夜、旧知のフーゾク嬢A子に同伴を頼み、荻窪の店に足を運んだ。場所はJR荻窪駅からほど近い雑居ビルの3Fである。入り口のインタホーンを鳴らすと、しばらくしてドアが開き、初老の男性が顔をのぞかせた。店長らしい。
「当店のご利用は初めて?」「はい」「じゃあ、中でいろいろ説明しますのでどうぞ」
案内されたのはバーカウンターのあるスペースで、席につくや店長が口早に話し始めた。そこでまず驚いたのが彼のこの言葉だった。「当店は入会の際、身分証の提示が不要です」
今時のハプバーなりカップル喫茶なりはまずどこも身分証は必須だ。そこに抵抗を覚え、この手の遊びを断念する人も多いと聞くが、この店なら安心して通えそうだ。
次は遊び方の説明。それによれば、入店後のカップルは専用の個室を割り当てられるらしい。個室の両側にはそれぞれ小窓があり、開ければ隣接する別の個室内の様子をのぞける仕組みになっているんだとか。さらに、
「個室の入り口ドアを開けると通路を挟んだ向かい側の個室が見えますので、そのドアが開いていれば中の様子が見えます」
つまり、前方と左右にある個室は、窓やドアを開ければのぞけるってことだ。なるほど。最初からオープンスペースで他のカップルの様子が丸見えなのではなく、昭和タイプはのぞくとこからスタートしていくんだな。
「そういうことです。そこからはカップル様同士で話し合ってもらったうえで、ご自由に発展してください」
ふむふむ、合意があれば相互鑑賞も、相手交換もありってわけか。
「あたしもチョー濡れてきた〜」
店長の案内で細い通路をクネクネ曲がり、個室へ。そのまま備え付けのベンチシートにA子と並んで座った。きょろきょろと室内を見回しながら彼女が言う。
「けっこう狭いんだね」
圧迫感を覚えるほどではないが、大人の男女2人でジャストサイズという広さだろうか。個室の窓は左右とも来た時点から開けっ放しになっており、両側と向かい側の3室にはすでにカップルが入っている状態だった。とはいえ、特に店内が込んでいる様子はまだないので、おそらくあの店長が意図的にそいういう配置にしたのだろう。
チラッと周囲の部屋を見た感じ、どの部屋のカップルもまだ各自のパートナーと談笑しているのみで、エロモードには入ってない様子。窓から互いをのぞこうとする気配も感じられない。もっとも、おれとA子がそうなように、内心めちゃくちゃ意識はしているのだろうが。ちなみにおれはハプバータイプの店には過去に何度か行ったことがあるが、そういったところではカップル同士がもっと気軽に会話を交わしていた記憶がある。
このシラジラしくもよそよそしい独特の雰囲気は、明らかに各カップルが個室に入っているせいだ。
さて、ここからどんなに展開になっていくのか、ちょっとワクワクしてきましたよ。徐々に周囲の空気が変化しはじめたのは、個室に入って15分が過ぎたあたりからだ。まず右部屋の窓が閉まり、それからしばらく後に向かいの部屋のドアもクローズした。両方の部屋からかすかに女の短い声が聞こえ
てくるあたり、おっ始まったらしい。まだ何も行動を起こしてないのはおれたちと左部屋のカップルだけだ。
こういう状況ではいっそう左部屋が気になるもので、ちらちらと様子をチェックしていると、向こうの女(30手前くらい)と視線があった。おれとの視線を合わせたまま、彼女が相手の男とキスを始めた。唾液の糸が垂れるほどの熱烈なヤツだ。エッロ! なんかおれ、挑発されてる?思わずA子の手を引き、2人で左部屋の窓に顔を突っ込む。
こちらを見つめながら左部屋の女が口を開いた。
「見せ合いしませんか? もしよかったら、その窓のあたりで彼女さんと絡んでくれるとうれしいんですけど」
もちろんだ。すぐにA子の同意を得てペッティングを開始した。その後、左部屋カップルが見やすいように、A子に片足を窓枠にかけさせてクンニもがっつり披露してやる。すぐに左部屋から反応があった。クンニするおれの耳にカップルのひそひそ声が。
「やべ、お隣さん超エロいわ。ねえ、フェラしてよ」
「いいよ。あたしもチョー濡れてきた〜」
こっちはこっちで左カップルのエロシーンを見ながらのバック挿入だ。
「あん! あんあん!」
A子のあられもない声に触発されたのだろう。カップルもおれたちから見えやすい位置に移動し、合体した。体位は、女がベンチシートの上で四つん這いになった状態の変形バックだ。「ああん、ああん!」「あはん、あん、気持ちいい」
あられもない女たちの喘ぎ声が、こっちの部屋とあっちの部屋で上がり続けた。一戦の後、左部屋のカップルはあっさりと帰ってしまった。それからしばらくして、向かい側の男女も。彼らは他のカップルと一切絡まあたりから察するに、きっと初体験だったのだろう。カップルはまだプレイ真っ最中のようだ。窓は閉め切った状態ながら、大音量のセックス音が筒抜けである。
「あっあっ! あん!」
すっかり場に慣れしまった様子のA子が笑みを向ける。
「ねえ、のぞいてみようよ」「勝手にいいのかな?」
「いいに決まってんじゃん。そういうお店なんだし」
それもそうかと、窓を開けてみる。ただし全開じゃない。ほんの5センチ程度だ。その隙間の先に見えたのは、床の上で正常位合体する男女の姿だ。両者とも40手前といった感じの中年だ。
他人のセックスシーンなど何度も見てきたはずなのに、こうして窓からこっそりのぞいていると味わったことのない複雑な感情に襲われた。罪悪感と背徳感と興奮がない交ぜになった気分というか。
それにしても驚くしかない。他のカップルにセックスを見せてもいい、あるいはこっちが見てもいいんだという暗黙の了解があるにもかかわらず、こんな精神状態になれるのだから。あらためて個室というものの影響力を思い知った次第だ。
やがてカップルの男性が、こちらの視線に気づき、振り向いた。精悍な顔にニッと笑みが浮かぶ。
「やっと窓を開けてくれましたね。地味〜に待ってたんですよ。僕ら、のぞくよりのぞかれる方が興奮するんで」
彼らのプレイをしばらく鑑賞させてもらった後、スワッピングを提案されたものの、実現はしなかった。A子が頑として承諾しなかったためだが、ま、それはそれでよしとしよう。昭和カップル喫茶の魅力はがっつりと体感できたのだから。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内