200_20201214085044643.jpg201_2020121408504582e.jpg202_20201214085046d76.jpg203_20201214085048a3c.jpg204_20201214085050d09.jpg205_20201214085051e56.jpg206_2020121408505230a.jpg207_202012140850549e2.jpg208_20201214085055729.jpg209_20201214085057972.jpg
ネカフェや漫画喫茶に1人で来ている女の子を見かけると、いつもソワソワしてしまう。あんなにステキな女性が、どうして1人でこんな場所に?
彼氏はいないのかな。
1人で寂しくないのかな。
そんなに漫画が好きなのか。
話しかけて仲良くなりたいな。
などと考えてるうちに、女の子はその場を去って、自分の部屋に戻ってしまう。もしもあのとき、彼女に声を掛けていたら、どうなっただろう。こちらも1人、あちらも1人。だったら同じ寂しい者同士、仲良くなるのは難しいことじゃないんじゃないか?
好きな漫画の話で盛り上がり、「それじゃ一緒に読もうか?」と狭い個室に移動して、親密な時間を過ごせたとしたら…。「面白かったヤツ教えてもらえません?」
週末の昼すぎ、都内の漫画喫茶ダイスに向かった。
ここはまだ比較的設備が新しく綺麗で、女性利用者が多いと言われているお店だ。
受付を済ませ、自分の部屋に荷物を置いて館内のパトロール開始。まるで図書館のように漫画の棚がズラリと並んだ静かな空間をゆっくりと歩きながら、お1人さま女性を探していく。漫画喫茶の客は、飲み物やトイレ、漫画を探す以外、基本的に部屋の外に出てこないので、人の往来はまばらだ。
ようやく1人女性を見つけても、近くに店員や男性客がいたりして、なかなか声掛けのタイミングが合わない。 30分ほどうろついて、ようやく本棚の前でマンガ本を何冊も抱えた20代の女性を発見した。すぐに近づき、小声で話かける。
「あの、いきなりすみません。最近読んだマンガで面白かったヤツ教えてもらえません? どんなジャンルでもいいので」「……」
女性はビクッと身体をこわばらせて後ろに引いたが、こちらの質問の意図を理解すると「そうですね〜」と考えはじめた。「最近だと、てんせいしたらスライムだったけんがよかったですよ」
「てんせいしたら…ええと、もう一回いいですか?」
「転生したらスライムだった件、です」
 結構有名な漫画らしい。
「どんな漫画なんですか?」
「え〜と、ファンタジーなんだけど、主人公は現代の人みたいな…説明むずかしいですね…」
と言いながら、元は小説でアニメにもなってるなどと追加情報も教えてくれた。うん、とりえず会話は成立してる。しかもなかなかいい流れだ。
「それ、どこにあるかわかります?」
「たぶん、新刊コーナーの近くだと思いますけど…」「お姉さん、いま忙しいですか? よかったらちょっと案内してもらえません?」「あ…、すみません。もう行かないといけないので…」
女性は申し訳無さそうな顔でペコペコしつつ、手に持った漫画を棚に戻すと、そそくさと出口の方へ行ってしまった。残念。その後も館内をぐるぐる巡回しつつ、1人女性をみかけるたびに声をかけまくったが、立て続けにギョッとされて逃げられたり、ガン無視されてるうちに、だんだん心が折れてきた。ダメだ。お店を変えよう。
「おじゃましちゃってもいいですか?」
お次は、完全個室タイプの漫画喫茶カスタマカフェに入店。ここも店内がキレイで女性客に人気らしい。漫画喫茶と言いながら漫画の棚エリアが小さいので、個室エリアの廊下やドリンクコーナーなどをうろつくしかなさそうだ。いざ巡回開始。そこそこの頻度でお一人女性客と遭遇できるが、狭い廊下では声を掛けづらい。と、洗面所の前でやけにゆっくり歩く茶髪のちょいポチャ女を発見した。体型も中身もユルそうな雰囲気だ。すぐに後を追いかけ、女が個室のドアに手をかけた瞬間に声をかける。
「すみません、ちょっと」「え? はい?」「いきなりすみません、漫画のオススメがあったら教えてもらえませんか? いま色んな人に聞いてまわってまして」
「あー…。すみません、あんまり漫画詳しくないんで」「あれ、漫画を読みに来たんじゃないんですか?」「はい、映画を観ようと思って」「え、ここって映画も借りられるんですか?」
「いえ、ネットですね。ネットフリックスで色々観ようと思って」
「なるほど。ボクもネットフリックスで色々観てますよ。ドラマが多いけど」「わたしもほとんどドラマですよ」「そうですか。え、ちょっと、観たヤツでオススメとかあったら教えてくださいよ」
「あー、えー…なに観たっけな」「ちなみに、今日は何を観てたんですか?」
「あー、ハンドレッドって知ってます?」「いえ、知らないです」「じゃあ…」
おっと、彼女がドアを開けたまま部屋の奥へ入っていき「わたし、けっこう恋愛系のドラマが多いんですよねー」などと言いながらパソコンのマウスをカチカチやりはじめた。これはひょっとして、部屋の中に入ってもいいってことか?
「えーと、ちょこっとおじゃましちゃってもいいですか?」「あ、どうぞどうぞ」
マジで? ホントにいいんだ。見ず知らずの男を個室に招いてくれるなんて。よっしゃ〜!
さらなる関係に進みたいところだが
静かにドアを閉めて、彼女の隣でパソコンの画面を見せてもらう。ちなみに彼女、例えるなら化粧をバッチリキメた森公美子を、少しほっそりさせた感じ。愛嬌のある顔立ちで、ポチャにしてはそこそこの上玉と言っていいんじゃないでしょうか。
「私の履歴は…こんな感じですね」
立ったままテーブルの上のマウスを操作する彼女。画面にはネットフリックスの履歴ページが表示されている。「これとか良かったですよ」「あ〜、なるほど。あ、それも知らないなー」
「あーこれ、すごいよかったですよ。確か何か賞を取ってたんじゃないかな」
さっき声を掛けたばかりの女の子と、密室で肩をならべて映画の話をしている。なんかドキドキしてきた。「あの、よかったら、今から一緒に何か観ませんか?」「え、ここでですか?」
「はい。ボクはその小さい椅子に座りますんで」
「あー…。そうですね、あ、これ見てます? わたし、めっちゃ好きなんですよ、マジ歌」
「あ、ボクもよく観てましたよ。最近のは知らないなー、いっぱいありますね。それ観ましょうよ」
「うん、いいですよ」
これは予想外の展開だ。でもお笑い番組なら時間も短めだし、ちょうどいいかもね。彼女は落ち着いた様子でマウスを操作している。この部屋は上も下も空いてない完全な密室。なんとも不思議な気分になる。まだお互いの名前も知らないのに。結局、彼女が小さな足置き用の椅子に、俺がリクライニングシートに座り、2人並んで鑑賞開始だ。お互いの膝がくっつくほどの距離で座ってみて、あらためて気が付いた。タイトスカートから覗く生足が妙にやらしい。
なんとかこの流れで、さらなる関係に進みたいところだが、さすがに強引には動けない。30分ほどの番組は思った以上に面白くて、2人で大笑いしながら楽しめた。「いやー面白かった。爆笑しちゃった」「ですね〜。劇団ひとりヤバかった」
しばらくああだこうだ言い合ったところで、彼女が机のスマホを手に取った。
「すみません、ワタシそろそろ出なきゃなんですよ」「えっ」
待てよ、ここからが本題だろうに…。結局、互いの自己紹介も連絡先の交換もしないまま、そそくさと彼女の部屋をでた。
まあ、よしとしましょう。
販売機のボタンを連打するスカート女子
個室系の漫喫を出て、お次は女性をターゲットにした老舗の漫画喫茶マンボーに入る。同じ要領で館内をぐるぐるしながら、お一人様女性に声かけまくっていく。軽く二言三言会話はできても、決定打に欠けたまま2時間ほど経ったとき、ドリンクコーナーで販売機のボタンを連打するスカート姿の女子を発見した。歳は20代後半ぐらいか。スタイルも悪くないし、顔もまあまあ可愛い。すぐに近づいて声をかけてみる。
「飲み物が出てこないんですか?」「あ、はい」
「こっちの販売機はどうです?」「あ…、飲みたいのがコッチにしかなくて…」
と言いながら、またもや販売機のボタンを連打する彼女。
「んーやっぱりダメみたいですね」
「壊れてるんですかね。あ、ほらここ、補充ランプが点いてる。いま使えませんよ」「あ〜…」
と言いながら、あきらめきれないのかさらにボタンを連打。よっぽど飲みたいんだな。なんでそんなにこだわるんだ。
「何を飲みたかったんですか?」「あ、ココアを…」
「ココアか。だったらこのカフェモカってやつ、味が似てますよ」「え、ホントですか?」
彼女が隣の販売機でカフェモカを押し、飲み物が出てくるまで横で待つ。彼女が出てきたアイスカフェモカを一口飲んだ瞬間、笑顔になった。
「ホントだ、これココアですね。ありがとうございます」
おお、笑うとめちゃくちゃ可愛いじゃないか。
「よかった。お姉さん一人で来てるんですか?」「あ、はい」
「何か読みたい漫画があるとか」「まあ、そうですね」「ちなみになんてヤツですか?」
「王家の紋章です。けっこう古い少女漫画なんですけど」「面白いんですか?」
「面白いですよ。ミュージカルにもなってるんですけど…」
それから、彼女はまあまあ長い時間、販売機の前で王家の紋章について語りだした。喋り方も舌っ足らずな感じで、少しテンションがオカシイ気がする。俺の考えるオタク女ってこんな感じの子です。
「じゃ、マンガ持って行けばいいですか?」
彼女は、月に2回は1人で漫喫に来て、コミックを読みまくるほどの漫画好きだと判明した。ほかにもおすすめの作品はないかと尋ねたら、口早にいくつかのタイトルを並べてくれたので、思いきって提案してみる。
「おすすめの漫画もメモっておきたいし、ボク、1人で漫画読んでると、なんか煮詰まっちゃうっていうか、集中できなくなるんですよ。よかったら、一緒に読みませんか? 静かにしてるんで」
「あ、別にいいですよ」
え? ホントにいいの? 軽いな〜。
「じゃあ、どうしましょうか。こっちの部屋に来ます?」
「はい。じゃ、マンガ持って行けばいいですか?」よっしゃ! すごいぞ、これは嬉しい。ということで、いったん彼女の部屋に行って読んでいたコミック数冊を取り、すぐに俺の部屋に向かう。
「どうぞどうぞ…」「はい…お邪魔します…」
この漫喫は半個室のタイプなので、周りからクレームが来ないよう、かなりの小声で会話しなくてはいけない。
「あの、すみません、名前はなんてお呼びしたらいいですかね?」
「あ、タナベです…」「タナベさん。ボク、棚網です。よろしくどうぞ」「あ、どうも」
笑顔で頭を下げるタナベさん。いや〜ホントに笑顔が可愛らしいですね。
あらためて、彼女のオススメ漫画のタイトルをいくつか聞いてメモったので、今度は彼女自身のことを教えてもらおう。
と、思ったら、タナベさんは持って来た漫画を手に取り、無言で読書をはじめてしまった。「………」
 集中している。何だかとてもじゃないが
話しかけられる雰囲気じゃないぞ。
仕方ない。俺も静かに彼女に勧められた漫画を読むことにしよう。
「ずっと見てたら、興奮してきちゃった」
2人で漫画を読み始めてから30分ほどが経過した。途中何度か、タナベさんの横顔をチラ見していたが、彼女はずっと漫画に集中していて、俺の存在を忘れているかのようだ。
出会ったばかりの2人が、狭い空間で肩を寄せ合い漫画を読んでいる、というだけでも十分満足なのだが、俺としてはもう一段上のステージを目指してみたい。実はこのとき俺は、2つの選択肢のうち、どちらに進むべきか悩んでいた。一つは彼女としっかり会話して色っぽいムードを作り、隙をみてキス。その先の展開を狙うというもの。
もう一つはいきなりチン見せをかまして、一気にエロい展開に持ち込む、というものだ。こうして個室に来てくれてるわけだし、少しは俺のことを気に入ってくれてるんだと思うけど、今からトークで色っぽい雰囲気に持ち込むのは大変そうだ。一方のチン見せは、実行してドン引きされたときの気まずさはあるが、チンコを見せるという目的自体は、確実に達成させる自信がある。
答えは決まった。「タナベさん、ちょっといいかな?」「え、はい。なんですか」
あらたまった雰囲気の俺の見て、彼女が漫画を閉じた。彼女に顔を近づけ、小さな声でささやく。
「タナベさんのことずっと見てたら、興奮してきちゃった」
「え?」「ほら、見て。こんなになってる」
彼女の前で立ち膝になり、ズボンの中で勃起したチンコを見せつけた。さあ、どうなる?
アレ? 笑いをこらえてるじゃん! よし、このまま行っちゃえ!そのまま急いでズボンのベルトを外してパンツを下ろし、勃起チンポを出した。
「え、ちょっと! 何してるんですか!」
「し〜! 大きい声出したらダメでしょ。ほら、これタナベさんのせいだからね」
「え〜………」
笑顔が消えた。目を見開いて、俺のチンポを凝視してる。その表情からはまったく心が読めない。
「ちょっと触ってみて」
「……」「ほら、触ってみてって」
タナベさんの右手がゆっくりと俺の股間に近づいて、2本の指が勃起チンポに…触れました!よし。さらに無言になった彼女の手を握り、上下に動かしてみる。そして…手を離す。はい、やりました! 手コキです! 手で生チンポをシコシコしてもらってます! ものすごくぎこちないけど、エロい! めっちゃ興奮です! これはすごいことですよ!
「すげー気持ちいい。ねえ、ちょっと舐めみて」
耳元で囁いたら、即座に首を左右にブンブン振って拒否された。さすがにフェラは無理みたいた。結局、彼女のぎこちない手コキもすぐに止まり、射精も失敗に終わってしまったけど、それでも大満足だ。
★この後また30分ほど一緒に漫画を読んだところで、彼女が「そろそろ…」と部屋を出て行った。漫画喫茶ナンパ、悪くはないのでは?軽く手コキしてくれました!
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ