140_20201207085926eee.jpg141_202012070859280ad.jpg142_20201207085929f1d.jpg143_20201207090140674.jpg140_20201207090141775.jpg141_20201207090137684.jpg142_2020120709013938d.jpg143_20201207090140674.jpg
オサセ歯科衛生士の田島さんと深夜のビルの階段でやったセックスは最高に興奮した。発情した二人が、何も考えずに本能のままに交わる。こういうセックスはやっぱり痺れる。過去の性病の話を聞いていたので、ナマで挿れて病気がうつっていないかと念のため検査に行ったが、幸い大丈夫だった。よかった、よかった…。その後、彼女から『またご飯に行きませんか?』と連絡があった。もちろんご飯ではなく、セックスのお誘いなんだろうが『ごめん、最近いそがしくて』と断った。田島さん、さほど可愛くないが、そのエロさは一級品。ただ、次回にヤッた時、先日のような興奮が得られることはないだろう。どうしてもヤリたくなった時の相手としてキープしておくとして、しばらくは会わないでおこう。さて、ヤルノートの次なるターゲット探しを始めないと…。 と、ぼんやり考えていた11月のある日の昼休みに、会社近くのコンビニに立ち寄った。片手でスマホを触りながら、選んだ弁当をレジカウンターに置く。
「●●円になります。どうも、お久しぶりです」
聞いたことのある声にハッと顔を上げると、そこには懐かしい女性が微笑みながら立っていた。
『樫木さん!?』 皆さんは覚えているだろうか? 昨年の夏に『ヤルノートダービー』と銘打ち、日常生活で接点があった6人の女性を追いかけていたことを。その時の3枠の女性が樫木さんだ。
簡単に彼女を紹介すると、
▼ 昼休みに行った会社近くのコンビニで働いていた30才前後の主婦っぽい女性。
▼ 吉瀬美智子に似ていて笑顔が魅力的。
▼ いつも両手で優しく挟むようにお釣りを渡され、ドキドキする。
▼ 名札から、名前は『樫木さん』と判明。
▼ こまめに通った甲斐もあって、レジで一言二言、会話できるようになった。
昨年9月、突然コンビニを退職し、接触不可能になってしまった彼女が目の前にいる。しかもうれしいことに俺の顔を覚えているようだ。
「お久しぶりです! 1年以上ぶりですよね!!」
 テンションが上がってしまう。
「帰ってきました。またよろしくお願いいたしますね」
そんなの、もちろんや!細かいお金もあったが、ここはやっぱり1万円札を出さなくては。
「●●円のお釣りになります」と 言って俺の手を優しく両手で包み込んでお釣りを渡す樫木さん。そうそう、この感触や。あぁ、この柔らかい手で、俺のムスコも優しく包んでほしい…。
樫木さん、ヤルノート復活や! せっかく再度つながったこの縁を絶対に無駄にはしたくない。彼女から「お久しぶりです」と声掛けしてもらえたのだから、彼女にとって印象が悪くない客であることは間違いないだろう。それ以上のところは、俺が彼女の名前を知っている以外には互いに何も知らない状況だ。樫木さんを落とすには、現状からいかに距離感を縮めていくかが重要になる。『拝啓、美人店員さま』のようにストレートに好意を伝えるという方法は、彼女に対しては失敗したときのリスクが高すぎる。俺なりに、互いのことをあまり知らない女性を落としていくときに意識しているステップがある。時間はかかるが、着実な方法だ。
ステップ1客として顔を覚えてもらう
       ⇩
ステップ2お互い自然に挨拶できる関係
       ⇩
ステップ3フランクに話ができる関係
       ⇩
ステップ4話題や趣味などで共感し合える関係
現状、ステップ2はクリアしている。再度こまめに通うことで、ステップ3、4へと進めていこう。再会の翌日から、出先で昼飯をとる日以外は樫木さんのコンビニで弁当を買うことにした。お昼時はレジが2つ開いているので、うまく彼女のレジになるように調整するのが大変だ。
「いつもありがとうございます。ちょっと寒くなってきましたよねぇ」
樫木さんの笑顔と柔らかな手のひらに癒される…。この気持ちよさ、俺以外にも絶対に彼女目当ての客はいるだろう。並んでいる他の客も心なしか、もう一つのオバハンのレジを避けたがっているように感じられる。やはり、ステップ3に進むには、混んでいてはあまりゆっくり話せない。ライバルの男たちもいるかもしれないしなぁ。そう考えた俺は、夕方4時ごろ、会社を抜け出してコンビニに行ってみた。彼女、いるんやろか?いた、いた。今日も綺麗やなぁ。店内は空いており、レジには誰も並んでいない。少し長めに会話できるチャンスだ。ペットボトルのドリンクを買って、彼女のレジに向かった。
「いつもありがとうございます」「あぁ、どうも」
さぁ、どういう風に会話を切り出そうか?そう考えている俺に、樫木さんがこう話しかけてきた。
「あの、もしかしたら先月、●●さんのライブにいらっしゃいました?」「ああ、いましたよ」
「あぁ、やっぱり。どこかでお見かけしたことがある人やなって思ってたんですよ。その時は思い出せなくって」
そうなんや。樫木さん、あのライブハウスに居てたんや。不覚にも全然気づかなかった。その後、レジに他の客が来るまでのほんの数分だが、この話題で盛り上がった。
「ほんま、世間せまいですよね」「ほんま、そうやなぁ」
大阪の世間の狭さのおかげで、一気にステップ4まで進めていけそうだ。現在のヤルノートのターゲットは、久しぶりに会社近くのコンビニ店員に復帰した樫木さん。
30歳前後の吉瀬美智子に似た素敵な女性だ。
彼女との距離を詰めていこうと、
ステップ1▼客として顔を覚えてもらう
ステップ2▼お互い自然に挨拶できる関係
ステップ3▼フランクに話ができる関係
ステップ4▼話題や趣味などで共感し合える関係
という段階を設定して、コンビニに足しげく通い詰めていたが、樫木さんと俺が昨年11月に同じライブを見に行っていたことが判明。共通の話題ができたことで、一気にステップ4にレベルアップすることが可能になった。世間は狭いというか、ありがたい偶然というか、そんなに有名でもないシンガーの小さなライブ会場で顔を合わせていた︵俺は気づかなかったが︶とは、ナンパの神様がくれた大きなチャンスだと言っていい。それによく考えれてみれば、小さいライブハウスだと言っても数十人の客がいるわけで、だいぶ前に客の一人としてコンビニ来ていただけの俺の顔を覚えていてくれたというのは、もしかしたら彼女の中で俺は少し意識されてた存在だったんじゃないか?
よしよし、いい流れだ。この好機を必ず活かさないと。共通の話題をすることで彼女との距離をどんどんつめて仲良くなり、ステップ
5▼連絡先の交換に早く持っていきたい。過去の経験上、連絡先さえ手に入れられればこっちのもんだ。ここまで来たら回数をかけてじっくりと仲良くなるというよりは、2、3回で勝負をかけたい。そのためにもできるだけ二人で話ができるように昼休みを避けて、店が空いてそうな時間帯に行くことにしよう。翌日訪れたときは残念ながら樫木さんの姿はなく、俺の仕事の都合もあって、彼女と会えたのは翌週の木曜日の午後3時ごろだった。
「あぁ、どうも」「いらっしゃいませ。あっ、どうも」
ちょっと照れ臭そうに微笑む樫木さん、可愛い!他にレジを待っている客はいないし、もう一人の店員も店の奥で作業をしている。じっくり話すチャンスだ。
「●●のライブはなんで行かれたんですか?」
「あの、うちの旦那がバックでベース弾いてた▲▲さんと友達でして、絶対いいからと勧められたんです」
えっ、俺、ベースの▲▲、知ってるし。もしかしたらどっかで樫木さんの亭主と会っているかもしれない。世間が狭くてラッキーだと思っていたが、これは、関係が近すぎてリスキーなんじゃないか。
それに、既婚であることは予想していたとはいえ、樫木さんの口から『旦那』という言葉が出てきたのはちょっと気持ちが下がってしまう。いかん、いかん。気を取り直して話を続けよう。
「●●のライブ、よかったですよね」
「むっちゃよかったです。また行きたいなぁ」
「でも、よく俺のこと覚えてくれてましたよね」
「常連さんの顔と、あと、たばこの銘柄とか何をよく買われているかは覚えているんですよ」
うーん、俺だけじゃなかったのか。またまたちょっとがっかりだ。そして、俺の後ろにデザートを持った女性が来てしまったので、残念ながら樫木さんとのお話はこれで終了。商品の精算を終わらせると「ありがとうございました。またよろしくお願いしますね」と笑顔で俺を送り出してくれた。あれあれ、そう言えば、いつもの両手で手を包んでお釣りを渡してくれるやつ、今日はやってもらってないぞ。ほんまに今日はガッカリ続きだ。いやいや、ここは前向きに考えよう。どの客にもやっているルーチンの作業を忘れたってことは、俺との距離が縮まり、ただの客だと思えなくなったからだとか⋮。やっぱり、違うか。3日後、コンビニを訪問。レジ周りに人も多いので雑誌を立ち読みしながらチャンスをうかがう。しかし、ここまで来たら、樫木さん目当てなのは完全にバレバレだ。この際、今日、思い切って連絡先の交換にチャレンジしよう。レジが空き、他の店員の姿も見えない。すぐに読む気もなかった雑誌を持ってレジに向かう。
「どうも」「あっ、こんにちは。いらっしゃいませ」
バーコードをピッとする樫木さんにこう話しかけた。
「また、よさげなライブがあったらお伝えしますね。逆にお薦めのがあれば教えてくださいね」
「いいですね。ぜひぜひ!」「じゃ、LINEとか交換してもいいですか?」「はい、いいですよ」
よっしゃー!!思ったよりすんなりとステップ5達成や!
交換したラインを見ると『MEGUMI』と表記されていた。そうか、樫木さん、めぐみっていう名前なんや。連絡先が交換できたので、嬉しくてにやけそうになるところをグッと押さえながら店を出た。あれ、今日は手を包んでお釣り渡してたな。なんや、やっぱり前回は忘れてただけなんか。
さっそく、『よろしくね!』という可愛いスタンプが樫木さんから届いた。俺は気の利いたスタンプは持ってないし、こっぱずかしいので『こちらこそ、よろしく!』と文章で返信した。
世間が狭すぎ旦那含めてなんか繋がりがあるんじゃないかというリスクは少し気になるが、それは色々わかってきた時点で気をつければいいことだと考えとりあえずどんどんアプローチしていこう。
とはいうものの、なかなかLINE で送る用件がない。おすすめのライブっていってもそんなにあるわけじゃないし。あれこれ思案していたら、ある日の昼間に樫木さんからLINE が届いた。
『これ、今のお気に入り。聴いたことあります?』
ある女性シンガーのYouTube動画がリンクされている。聴いたことはあったが、『おぉ、かっこいいなぁ』と返信した。そうか、この手があったか。俺からも好きなアーティストの動画を貼り付けて送信する。
『こんなん、どうです?』今日は仕事が休みなのか、しばらくしたら返信があった。
『こんなん、大好きです!』
それからも、ほぼ毎日、1日1回、互いに好きな曲を互いに送り合った。まるで文通か交換日記でもしてるみたいや。時々、コンビニに行っては、あまり話はできなくても、視線を合わせて微笑み合う。実は、こっそり繋がっているんだぞというこの感じ。あぁ、なんか、すごく楽しいぞ。 
しかし、いつまでも、こんな中学みたいなことで満足していても仕方がない。そろそろリアルに二人で会ってみたい。ライブにでも誘ってみるか。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ