36_20201126090138e53.jpg37_202011260901408e4.jpg38_20201126090141e7d.jpg39_20201126090143ab3.jpg40_20201126090144b4b.jpg41_20201126090146738.jpg42_202011260901486be.jpg43_20201126090149275.jpg44_20201126090150fc3.jpg45_20201126090152268.jpg
50代のマダムたちが、セックスに飢えているらしい。50代といえば、まだ女として見られたいギリギリの年頃なのに、旦那はもちろん、周りの男たちにも相手にされなくなっていく。子供も手がかからなくなって時間を持て余すタイミングだ。 
そんなマダムの前に、女として扱ってくれる男が現れたらどうなるか。どっぷりと愛欲の虜になりそうではないか。昔なら彼女らも貞淑な妻でいつづけたのだろうが右も左も欲望だらけの現在は、簡単にタガを外してしまうのだろう。
わずか3日で会う約束を
大手マッチングアプリを使って50代マダムを探すことにする。まずはプロフを作成だ。写真は3年ぐらい前に撮影した写りのいい笑顔の1枚を選び、仕事と趣味、友人たちとの交流を楽しんでます、と前向きなコメントを載せて準備は完了。
さっそく、都内に住む50才から59才の女性を検索してみると大量のプロフィールがズラリと並んだ。こんなに大勢の50代マダムが出会いを求めているのか…。
ひとまず写真を見て、少しでも若くて綺麗そうな女性に「いいね!」を押していく。すると、5人の女性に「いいね!」を押したわずか10分ほどの間に、そのうち3人から「いいね!」が届いた。なんて反応が早いんだろう。ほんとに飢えてるんだな。
いいねをくれた1人目は、前髪で顔半分が隠れた写真を載せていたFさん(イニシャルしか表示されない)、52才だ。
現在、子供と同居中のバツイチ50代マダムで、コメント欄には、休日はまったり過ごし、たまにお酒を飲みに行くのが好きです、とある。マッチングアプリは互いに「いいね!」し合えばメールできる仕組みなので、さっそく送ってみよう。
『こんにちは。いいね押して頂いてありがとうございます。タイプだったので連絡させてもらいました。女性にこんなこというのは失礼かもしれませんが、なんか格好いい方だなって思いました。良かったら仲良くしてください。名前は棚網って言います。よろしくです!』翌日、返信が届いた。
『こんばんは。返信おそくなりごめんなさい。こちらこそいいね!とトークありがとうございます(*^^*) 史絵といいます。よろしくお願いします(*^^*) ちょっと恥ずかしいですが…私もタイプだなと思いました☆』
タイプだそうだ。絵文字も散りばめられてテンションも高い。これ、もうヤレちゃうんじゃないの?
『史絵さん、こんばんは。嬉しいメールありがとうございます! ぜひとも仲良くしてください。よかったら今度ゴハンでもご一緒しましょう。お子さんておいくつぐらいなんですか? 史絵さんのこと気軽にお誘いしても大丈夫なんでしょうか?笑』
『棚網さん、こんばんは! こちらこそです(*^^*) よろしくです!子供は成人してます。私はよく飲み歩いてます笑』
メールのやり取りで、その週の土曜日に飲みに行くことが決まり、ラインの交換も済ませた。水曜日にメールのやり取りを始めたので、わずか3日で会う約束を取り付けたことになる。マダムは話が早いな。寒波のせいで雪がチラつく土曜日の夜。待ち合わせの新宿アルタの1階で史絵さんと待ち合わせる。約束の時間ちょうどに、それらしき女性を発見した。
「どうも、はじめまして。雪がふっちゃいましたね」
「はじめまして。まさかこんな天気になるとは思いませんでしたね〜」
長い髪の毛と落ち着いた声、そして高そうなダウンコートとバッグ。第一印象は上品なおばさんといった感じだ。プロフ写真とほぼ同じイメージだし、平均的な50代よりは若い感じがする。彼女の普段の飲み歩きの話を聞きながら、キレイ目な焼き鳥屋に入った。
「いや〜、緊張する! なんか、すみません」
どうやら彼女が恐縮している理由は、自分がおばさんだからってことみたいだ。わきまえてるな。可愛らしいじゃないか。メニュー表を彼女に差し出すと、「すみません、ちょっと見えなくて…」と言いながらバッグから老眼鏡を取り出し、慣れた手付きでかけた。ふむ、さすが50代。
彼女がビール、俺がハイボールでまずは乾杯だ。
「一杯目にハイボールなんですね」「ええ、わりと多いですよ」
「私は、いきなり日本酒ってこともありますけどね」
どうやら彼女、日本酒の会というのに頻繁に参加するほどの酒好きらしい。遠慮しないでガンガン飲んでください。最初は互いの仕事や家庭の話になり、成人した子供との暮らしぶりなどを聞いていく。彼女が結構なハイペースで一杯目のビールを飲み干したところで、男女関係についても突っ込んでみることに。
「離婚されてるんですよね?円満離婚だったんですか?」
「うん、円満。いまも会ってお酒飲んだりもするし。もう離婚して10年になるかな」
10年か。それじゃさぞかし体も疼くことだろうな。史絵さんは、ビールを続けて2杯、さらにハイボール2杯と、結構なペースで開けていく。こちらにも過去の恋愛について質問されたので、適当な作り話をして、場をつないでいく。
「史絵さんのタイプってどんな男なの?」
「うーん、なんかね、手を繋げるかどうかなんらよね。それがバロメータになってる」
いつの間にか、史絵さんのろれつがまわらなくなってるぞ。
「じゃ、ちょっとつないでみようか」
彼女の手を握ってみた。少しカサついて骨ばった手だ。50代という年齢のせいなのか、やっぱり潤いが少ない。「どう?」「うん、イヤな感じはしないよ」「そっか、よかった。じゃ嫌いなタイプは
どんな男?」「臭い人、かな」過去には体臭が苦手で付き合えなかったこともあるそうな。
「俺の匂いは大丈夫? いま臭くない?」「うふふ、大丈夫だと思う」
「俺も匂いは大事だと思うんですよ。ちょっと史絵さんの匂い、嗅がせてください」
「え〜、やだ〜」
カサついた手を取って匂いを嗅ぐ。彼女の顔をチラ見したら目がトロンとしているじゃないか。まだ一軒目なのに。もうホテルに連れ込めちゃうんじゃないの?
「ああ、またいぐっ!いっちゃう!」ただいま夜の9時。
「史絵さん、まだ帰らなくても大丈夫でしょ?」
「う〜ん、このあとはアレですよ」
「何か用事あるんですか?」「いや、ないです。終電で帰れればOKかな」
よし、大丈夫だ。手をつなぎ、世間話をしながら、ホテル街に向かって歩いていく。途中、当然のようにコンビニに立ち寄り、飲み物を買って、近くのラブホへ入った。こんなにスムーズに進むとはおもってもみなかった。びっくりするぐらい簡単だったな。2人でホテルのソファに座りコンビニで買った酒で乾杯だ。ソファに並んで座って、しばらく雑談。ふと静まったところでキスをする。
「んん…」柔らかい唇の間から舌がヌルっと出てきて、こちらの唇に吸い付いてくる。静かな部屋にぴちゃぴちゃといやらしい音が響く。ニットワンピースを脱がせようとしたら「ダメ!」と制された。「なんで?」「タイツはいてるし」「見られたくないってこと? じゃ目つぶるから」
目をつぶり、強引に立たせてタイツを脱がせると、すべすべの太ももが現れた。なんだか肌も柔らかくてエロいじゃないか。太ももにキスしながらパンツの上から股間に手をのばす。すでにヌルンヌルンになってるのがわかる。隙間から指を入れると、「んん〜」と色っぽい声が漏れた。
そのまま、ベッドの上に押し倒して、ニットワンピを脱がし、同時にブラのホックを外しておっぱいを舐めまくる。胸はそれほど大きくないが、肌が白くて柔らかいし、感度も良好だ。互いに貪るようなキスをしながら、マンコにやさしく手を当て、ヌルンと指をすべりこませる。
「やん、や、ああ、ああん、ダメ! いぐっ、ああん、いぐっ! いぐっ… ううう!」
キスをしながら俺の首に腕をまわし、身体をビクンビクンさせてのけぞる史絵さん。1分も経たないうちに絶頂に達してしまった。はあはあと肩で息をしながら、彼女が俺の上に移動してきて、ペロペロフェラが始まった。すばらしい。体さばきが自然で滑らか。セックスに慣れてる感じがします。
フェラテクも素晴らしかった。ペロペロと舐め上げたり、ねっとりとねぶるようなフェラをしたかと思えば、のどの奥までズッポリ咥えてゆっくりと上下する。この早すぎず遅すぎない動き。勘どころ
がいい。しばらくねっとりフェラを堪能したところで、クンニのお返しだ。少々長いが少なめの陰毛をかき分けて、ヌルヌルのマンコに舌を這わせると、「んあああ〜!」と大きめ、かつ太めの喘ぎ声がもれた。
「舐められるの好きなの?」
「うん、好きい! 舐めて欲しい!」
淫乱だな〜。じゃペロペロぺロ…。
「ああ、またいぐっ! いっちゃう!」
身体をビクビクさせて2度めの絶頂だ。そろそろ入れちゃいましょう。キスしながら覆いかぶさった。彼女はごくごく自然な感じで両脚で挟み込んでくる。そのまま当たり前のようにナマ挿入だ。
子供を産んでるわりには、締り具合は悪くない。どころかアンアン喘ぎながら子宮口のグリグリをチンコに押し当ててきて、「ああああ〜っ」と大きな声を上げてまた絶頂。ほんとにスケベですよこの人。さらに騎乗位でも身体をガクガクさせて絶頂、また正常位、寝バックからのまた正常位と、体位を変えるたびに絶頂に達し、そのまま2時間近く、ずっと挿入しっぱなしのイキっぱなし。結局、終電で帰るという話はいつの間にか流れてしまい、何度か休憩を挟みながら、朝の4時までハメ倒したのだった。こんなにエロくて長くて充実したセックスは久々だ。
ずいぶん軽い調子の50代だな
時間をマッチングアプリを始めた初日の水曜日に戻そう。実際にはいいね! をくれた3人の女性と、同時にメールのやり取りをしていたのだ。
2人目は色白で細身のYさん、51才だ。プロフによれば、彼女も離婚歴があり、現在は実家暮らしとある。すぐさまメール送信だ。
『いいねして頂いてありがとうございます!棚網っていいます。よろしくお願いします!』『陽子って言います。神奈川の◯◯に住んでますっ!!宜しくお願いしますっ!!どちらに住んでますか!?』
最初のメールを送ってから、わずか1分後に返信が届いた。めちゃくちゃ早いぞ。
『僕の家は都内の◯◯です。意外と近いですよね』
『え〜そうなんだっ!!なんでマッチングしてくれたんですかぁ〜!?』
『素敵だし、お話できたら楽しそうだと思ったからですよ!』
このあと、しばらくファッションやオシャレカフェの話題などが続き、ライン交換することに。ラインで挨拶を済ませ、さらに何度かのやり取りが続き、こちらの休日の予定や、カノジョの有無などの質問に答えていく。『陽子さん、よかったら近々軽くゴハンでも食べにいきませんか?』
『いいよぉ〜!♪』
ずいぶん軽い調子の50代だな。最近はこんなもんなのか?トントン拍子に、その週の日曜日の昼間に、都内で会うことになった。前日の土曜日に1人めの史絵さんとの約束があったので日曜日アポになったのだ。
マダムは話が早いんです。恥じらいがないんでしょうね
史絵さんと朝までセックスしたその日のお昼、待ち合わせた渋谷のビックカメラ前に立っていると、細身の女性が近づいてきた。
「あ、どうも、陽子さん?」「どうもどうも〜 ハハっ! うける!」
独特のノリでしゃべる人だ。顔には少々シワが目立つが、色白の美人熟女さんで、若いときはかなりの美形だったと想像できる。まずはランチへ。互いの仕事や家族の話になり弟さんがガチのオタクで恐いだの、某ショップで働いてる一人息子が自慢のイケメンだなんてくだらない話をしばらく聞く。
「旦那さんとはどうして別れたんですか?」
「え、借金だよ借金。すごいんだよ。借金あること隠して私と結婚して、半年後にヤクザが金返せって来てバレて、それで別れたんだから」
そのわずか半年の結婚生活で妊娠したので、結局1人で子供を育てたんだそうな。
「で、彼氏はいないんですか?」
「いたいた。最近までいたんだけど、私ドレイのような感じだったから別れたの」
 ドレイ? この人、ひょっとしてドMなのかな?
「ねえ、陽子さんってMでしょ?」「違うって。違うよ」「てかドMでしょ?」
「違うって。ドMはヤダな。え、棚網くんってSなの?」
「まあ、どっちかって言ったらSかな。でも変な性癖はないよ」
「うふふふ! やだ〜」
やっぱり50代って何でもあっけらかんと話すもんなんだな。恥じらいがないんでしょうね。
「頑張ってくれるの。いっぱい舐めてくれたり」
ランチを食べ終え、ブラブラと渋谷の街を歩きながら、唐突にホテルに誘ってみることにした。
「ねえ、陽子さんさ、今日は何時までに帰るみたいのはあるの?」「え、ないよ」
「そうなんだ。じゃあさ、外寒いし、ホテルにでも入って軽く飲みながらお話しようよ」
「え、やだよ」「どうして?」「だってまだ明るいじゃん」「え、暗くなったらいいの?」
「そういうわけじゃないけどさ」「じゃさ、暗くなるまで軽く酒でも飲む?」
「え〜、うん。まあいいよ」いいんだ。暗くなったらホテルに行けるってことかな。やっぱこの人、押しに弱いのかもしれない。ドMだよ。まあいいや、ひとまず飲める店に入ろう。
少し歩いたとこにあった小洒落たダイニングバーに入り、ビールとカクテルを頼んで乾杯する。
「陽子さんさ、元カレって俺様な感じはあった?」
「うん、そんな感じだったかも。なんでわかるの?」
「いやなんとなくだけど。その人って、どんなセックスする人だったの?」
「あ〜、セックスはね、すごかった。なんか普段は自分勝手なのに、そういうときだけ頑張ってくれるの。いっぱい舐めてくれたり」
これが初対面同士でする会話というのが驚きだ。いいね〜50代マダム。
「あの、一応僕もアピールしたいんだけど、女の人を喜ばせるのが好きなんですよ。なんなら射精とかしなくてもいいから」
「アハハ! 何言ってんの! え、そうなの?」
「そうなの。女の人が喜んでくれないと、自分も興奮できないから」
「んん! そうなんだ。あ〜、いいじゃん。そういう人じゃないとつまんない」「でしょ?」
もう外も暗くなってきたし、ホテルいっちゃおうかな。
「ね、そろそろ出ませんか?」
「え? うん、いいよ」
よ〜し、じゃ参りましょうか。お尻の方まで大量のヌルヌルが渋谷のホテル街の方へ歩き、手を握ると自然に握り返してくれた。
「ねえ、いま私たちどこに向かってるの?」「え? ホテルだよ」
「ほんとに行くの? 今日会ったばかりなのに?」
あれ? 陽子さん、意外と面倒なこと言うんだな。
「じゃ、2回目のデートだったらいいの?」
「そういうわけじゃないけどさ。初日はさすがに早いでしょ〜」「いや、早めに2人の相性を確かめといた方がいいって」「そうかな〜」
なんて会話をしているうちに、ホテルに到着。ここまで来たら、面倒な話は一切しなくなった。昨日に続いて楽勝だな〜。2人で部屋に入り、ソファに座って一息だ。さて、キスしちゃおうかな。
「え、なになになに」「いや警戒しないで」「てかさ、いつもしょっぱなから行くの?」
またいきなりホテルに連れ込まれたことを言ってるのか。
「行くよ。過去に付き合ったコは、全員会ったその日にしてる」
「ほんとに〜! すごいね」
隙をみて、首元にキスをする。
「くすいって! きゃははは、くすい! なにしてんの〜」
首元から口元に移ると、ようやく静かになって唇を重ねてくれた。そのままベッドに押し倒し、服とブラを剥いでいく。陽子さん、細いな。そして肌が白い。 揉みしだきながら乳首にキスをする。は
あああ〜っと長いため息が漏れた。胸はAカップあるかないかの小さめサイズだが、感度はかなり良好のようだ。首元にキスしながら股間を確認だ。お尻の方まで大量のヌルヌルが流れ出てる。えっろいな〜。徐々に下がっていき、パンツをズラしてクンニ開始。ヌルヌルの愛液を舌ですくうようにして、マンコ全体を柔らかく舐めていく。
「ああ〜いいよ〜、ああん、あああ」
舐められるのが好きだと言っていたが、この感じ方は尋常じゃない。ヌルヌルの膣に薬指を一本入れてみる。おおっ、ものすごいキツキツじゃないか。そのままクンニ&指入れプレイをつづけていたら、両脚をピーンと揃えて「イクイクイクイクッ!」と小刻みな絶叫が。イッたみたいだ。
間髪入れずに、正常位の体勢で挿入していく。またもやナマ挿入でも物言いは入らなかった。
「んんんあ〜!!」
本日一番の大声が出た。そのままガンガン腰を振って、騎乗位になると、陽子さんが狂ったように腰を前後に降り出した。なんてエロいんでしょう。しかもめっちゃ気持ちいい。それにしても本当に締りがいいな。子供を産んでるはずなのにこの締め付けはおかしいぞ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


カテゴリ
タグ