★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
210_2020112217100998e.jpg211_20201122171011bd2.jpg212_20201122171012492.jpg213_20201122171013aaa.jpg214_20201122171015553.jpg215_20201122171016f6e.jpg216_20201122171018a03.jpg217_20201122171020320.jpg218_20201122171021f75.jpg219_20201122171022d1d.jpg

【概略・全文は上記記事をお読みください】
ガールスバー『フレイヴア』に、とある人物がニューハーフとして働いている。戸籍上は男性。しかし外見は完全な女性だ。勘違いしないでいただきたい。その人物は、昨今、巷でもてはやされている単純な性同性障害者ではない。アイデンティティ不詳という意味では、むしろもっと複雑な事情を持っ人間だ。その人物は、ひとっの体に男性器と女性器を同時に併せ持つ両性具有者である。生物学上のオスメスの区別が不可能な人間なのだ。魚住美桜。初めて知人から彼女便宜上そう呼ぶの話を聞いたとき、筆者は冗談だと思った。両性具有者、俗にフタナリとも呼ばれる人間は極めて珍しい存在であり、かっ当人自身、その事実を公にしたがらないものなのだ。しかし疑念は、魚住さん本人の股間を確認させてもらうことで解消した。確かに、あるのだ。薄い陰毛からちよろっと顔を覗かせる、センチ大の亀頭が。そして本来なら睾丸のあるべき場所に、大陰唇や小陰唇、膣、尿道を備えた女性器が。見、クリトリスが大きいだけの女性器のよぅにも見えるが、違ぅ。亀頭にはちゃんと裏スジもあり尿道ロもある。そう、そこにはしっかりとチンコとマンコが共存しているのだ。彼女は両性器をさらしながら照れ笑いを浮かべた。「もともとオチンチンは、センチくらいあったんですけど、女性ホルモンを打っよぅになってから、サオの部分がほとんど萎縮しちやったんです」チンコとマンコ。その両方を持っ人間の半生とは、いったいどのようなものなのか。彼女自身のことばで語ってもらおう。丸野父はどぅしても長男が欲しかった年、兵庫県三田市。私は、街の小さなメッキエ場で共働きする両親のもとに生を受けた。予定日より出産が力月も遅れたため、体の丸々と肥えた、とても元気な赤ちゃんだったらしい。初の子供の誕生によろこびを隠せない両親。それだけに、出産直後、医師の放ったひとことはシヨックだったにいない。「お子さんには男性器と女性器の両方がっいています。性別の届けはどうしましょうか?」こんなことってホンマにあるんやなぁ。医者はそう眩きながら、両親に私の股間部を見せたそうだ。女性器の上部にちょろんと突き出たオチンチン。陰嚢ふくろは子宮に吸収され、精巣もない。それはまさに、男女の性器の特徴を兼ね備えた珍妙な物体だった。原因は何なのか。後日、医者は両親の染色体を検査したものの、確たる答えは出なかったそうだ。後年、メッキエ場の薬品が何らかの影響を及ぼしたのではと指摘する医師もいたが、どうだろう。真実は今もってわからない。ともあれ、父は私を男として育てる決意を固め、栄次と名付けた。魚住家を継がせるために、どうしても長男が欲しかったのだ。
この選択が私の運命を複雑なものにした。もし両親が「女」を選んでいたなら、もっとわかりやすい人生を歩めたかもしれなかったのに。オチンチンとアソコの両方からしっこがおぼろげながらも、物心ついたときにはすでに、自分は女性だという自覚があった。だから当然、興味を持っのはおままごとや人形遊びといった女のコらしい遊びばかりで、仮面ライダーごっこなんかには見向きもしない。周囲の大人から男のコ扱いされるたび、いっも不思議な気持ちになったことを覚えている。では、分の体の特殊性に気づいたのはいっごろだろぅ。少なくとも、幼稚園のころはまだだったと思ぅ。驚くかもしれないが、トィレの際、私はオチンチンとアソコの両方からシッコを出せる。体内で尿管がっながっているため、力所同時でも、あるいはどちらか一方からでも、自在に使い分けることが可能なのだ。そして当時はそれが普通のことだと信じていた。一度、幼稚園の男友だちに尋ねたことがある。「ねえねえ、なんでそんな上手いこと、オシツコができるん?」
腹部に対して直角に突き出た、小さなオチンチンではどうしても狙いが定まらず便器を汚してしまう。いっもしやがんで用を足していた私は、友だちがうらやましくて仕方なかった。質問の意味がわからないのか、友だちは、えっ?と首をひねった。「なんでって、普通やん。栄次くん、でけへんの?」そのとき私は、自分がへたくそなだけで、大きくなれば、きっと立ってシッコができるょうになると思っていた。太ももを触ると直ハっ赤な血がのんびりと過ごした幼少期とは打って変わり、小学校に上がってからは、陰湿なィジメが始まった。私の女の子っぽい言動が理由だ。男子トィレに行けば「オカマが来た」とからかわれ、女子と一緒に遊べば「女好きのエロ男」と陰口を叩かれる。暴力を振る地獄のような毎日だった。あれは確か、小学の夏ごろだったと記憶している。夕方、自室で宿題をやっている最中、突然、差し込むような腹痛が襲った。同時に太ももには、生温かい感触が。思わず触ると、手に真っ赤な血が付いた。ななにコレ!私、どないしたん初潮だった。女のコなら事前に親や学校から教わるのだろうが、男子生徒として生活する私には何が起きたのかわかるはずもない。取り乱す我が子の様子に、両親はすべてを悟ったようだ。その夜、私を居間に呼んだ父は頭を下げた。「栄次、すまん。この通りや」取り返しの付かない罪を犯してしまったかのように、両親は涙ながらに打ち明けた。私が両性具有者であること。心が女性とは知らずに、男として戸籍登録してしまったことを。私も自分が普通の人間でないことくらい、なんとなには遠く及ばないのだけれど。小6のとき初恋を経験した。もちろん相手は男子なので、告白などできるハズもない。ただ遠くから相手を見守るだけの、幼くて淡い恋だ。おませな私は、すでにセックスが何であるかを知っていたがヽ同時に自分のようなオトコオンナには一生、縁のないものだとも思っていた。現在のようにニユーハーフやシーメールがやんやともてはやされる、ずっと以前の時代である。絶望的な気分になった。ある日の学校帰り。ふらっと立ち寄った両親の勤め先で、若い男が声をかけてきた。才そこそこの不良っぽい風体。工場経営者の息子だ。まだ陽が高いにもかかわらず、彼は酒くさい息を吐きながら言った。「おう、オヤジから聞いたぞ。何やら、両方っいとるらしいな」ただならぬ気配を感じて逃げようとする私の腕を、彼はガッシリと掴んだ。「おい待てや。ちよっと俺に見してみんかい」「い、いゃゃぁ」必死に抵抗するも、無人の事務所に連れ込まれた。あとは男のなすがままだった。「おお、すげ一。ホンマにあるやんけ」そこからの記憶は曖昧だ。覚えているのは、膣にペニスを挿入されたときの激痛と、恐怖と、パンツに染み付いた血の色だけ。その後、工場からどういう道順で帰り、宅でどう過ごしたのか、まったく記憶にない。ょほど恐ろしかったのだろう。以来、セックスは、私にとってただただ恐ろしいもの、不潔なものという認識に変わった。オチンチンを触るとアソコが濡れる初潮を境に少しずっ始まった体の変化は、中学に上がると、ますます盛んになった。日に日に膨らんでいくバスト周囲の目を気にし、常にサラシで締めていた。肌も女性らしい、柔らかな質感を帯びていく。なのに一方では、男子特有の兆候も出てきた。声変わりで声が低くなり、骨格までガッシリしてきたのだ。まさに男女ごちやまぜ状態。
その混乱がもっとも顕著に現われたのは肋骨だ。肋骨は男性本、女性本あるのが普通だが、私の場合は本あった。オトコとしては本少なく、オンナからみれば本だけ多い、ちょうど中間の数だ。そのせいか体のバランスが悪く、歩行もどこかぎこちなかった。自分では普通のっもりでも、友人から「歩き方、変やで」と指摘を受けることもしょっちゆうだった。しかし体は中途半端でも心は完全に女。男性に対する興味は強くなり、複数の男子生徒に恋心を抱いた。何人かには玉砕覚悟で告白し、ことごとく振られた。端からそうなるのはわかっていても、面と向かって拒否されるのはやっぱりツラィ。特に、本気で好きだった君に言われたひとことは、心にズンと効いた。「友だちとしてなら付きあうけど、交際は無理や。だってオマエ、男やん」上手くいかないのは恋愛
だけではない。性欲を満たす術もよくわからなかった。ある日の休み時間ヽクラスの男子が教室の隅っこで、こんな会話をしていた。「なあ、父ちゃんのエロビデオはよ持ってこいや」「俺まだ全部観てないねん」「お前どんだけシコりたいねん。手にタコできてんのとちゃうか」「しゃあないやん。めっちゃ気持ちいいもん」会話の内容から彼らがオナニの話をしているのは明らかだった。そんなに気持ちいいのか。私もやってみようかな。さっそく家に帰ってズボンを脱ぎ、チンチンに手を添えた。やり方はなんとなくわかってる。先っぽの部分を指でゴシゴシこすればいいのだ。…全然気持ちよくならなかった。指で触れている感覚はわかるのだが、どこをどういじっても話に聞くような快感は伝わってこない。勃起もせずにしなしなのままだ。
代わりに下腹部がジーンと熱くなり、アソコの穴の周辺に指を伸ばすと透明な液体で濡れている。この穴に指を突っ込めば気持ちよくなるのかも。寸前で止めた。アソコを触ろぅとした瞬間、忌まわしいレ〇プの記憶が蘇ったのだ。結局、私は後々までオナニーというものを知らないまま、貴重な青春時代を過ごした。気持ちは悶々としているのに、それを処理できないもどかしさ。こんな切ない青春もないだろう。女性ホルモンの影響で急激にオチンチンが萎縮年春。父の強い薦めで京都の工業高校に進学した。嫌々ながらも言い付けを守ったのは、実家を離れ、親戚の家に居候できると聞いたからだ。父の目が届かないところなら遠慮無く、女のコらしい振る舞いができる。生まれて初めて、自分の心に素直に従った。髪の毛を長く伸ばし、学校が終われば、スヵー卜に着替えて遊びに出かける。これこそ憧れていた自由だ。しかし周囲には、女装癖を持っおかしな男子学生に映ったのだろぅ。学校中の生徒に嫌われまくり、中には罵声を浴びせてくるヤンキーも少なからずいた。
「オマエ、女か?中途半端でキモィねん」在校中、ィジメはずっと続いたが、それを理由に退学しようなどとは考えなかった。私には私の生き方がある。逃げるのは自分を否定するのと同じだろう。高校卒業後、運送会社へ就職した辺りだろうか。突如、体の調子を崩し、性器の出血、めまい、吐き気などの症状に苦しめられた。医師の説明によれば、体内のホルモンバランスがメチャクチャになっているらしい。両性具有者にはよくあることで、症状を抑えるには永続的に女性ホルモンを投与しなければならないという。さもなければ稀にだが、アナフヱラキシーショック血漿成分が流れ出すショック症状等を引き起こし、最悪の場合、死にいたるとも。こうして始まった女性ホルモン投与だが、これが私にやっかいな副作用をもたらした。免疫力の低下だ。疲れやすくなったり、ちよっ
としたことで体調を崩すなんてのは日常茶飯事。おまけに視力もガクンと低下し、出血しても血が止まりにくい体になった。うれしい誤算だけれど、急激に
オチンチンが萎縮したのも女性ホルモンの影響だ。気がっけば、病院通いは完全に生活の一部となっていた。なんと因果で、手間のかかる体に生まれたのだろう。顔を埋めた彼は、オチンチンをペロっと舐めた男にも女にもなりきれない中途半端な人生。親友もいなければ恋人もいない寂しい生活。客観的にみても、才までの私は、他人の半分、いや分のの幸せもなかったろう。が、振り袖姿で臨んだ成人式で、私は運命の人と再会する。中学時代に告白し、あっさりと振られた君だ。不思議なモノで、数年ぶりに意気投合した私たちは、その後も人で食事へ出かけるょうになり、いっしか交際が始まっていた。あの頃と比べて格段に女らしくなった私を、っいに彼はフッーの女性として見てくれたのだ。彼に初めて抱かれた日のことはいまだにハッキリと覚えている。ラブホテルのベッドで、
彼は緊張で固くなった私の下着をゆっくりと下ろした。もうすぐ見える。オチンチンがもうすぐ出てくる。キヤー。彼には、私にオチンチンがあることを事前に話してある。そのときは驚いたような納得したような、よくわからない態度だったけど大丈夫かな。いざ実物を見たら気味悪く思うんじゃ?不安をよそに、下着を脱がし終えた彼は声を出して笑った。「ははは、何や。チンチンいうからどんなケッタイなやっかと田心ったら、カワイイやんか」
「やぁ一、見んといてぇ」「大丈夫、恥ずかしないって」股間に顔を埋めた彼は、オチンチンをペロペロっと舐めた。やっぱり快感はなかったが、私の性器をすんなり受け入れてくれたことがぅれしくて、すっかりリラックスできた。彼のオチンチンがアソコに入ってきたときの快感は、ちょっとことばでは言い表せない。膣の中を擦られるたび、頭のてっぺんからっま先までトロケそう
になるといぅか。これがセックスか。すごい。気持ちよすぎる!「ああ、君、君」絶頂感は、あった。男性のソレか、女性のソレか。もちろん女性のほうだと思う。亀頭から
はどんな液体も出なかったのだから〇彼とのセックスを重ねるぅち、私は分がトンでもなく感じやすい人間だと気づいた。膣だけじやない。乳首も耳たぶも背中も首筋も、言ってしまえば体中が性感帯。その気になれば、あっというまに絶頂へ上りっめることも出来る。性のよろこびに目覚め、バィブでのオナニーを覚えたのもちょうどこのころだ。笑わないでほしい。オチンチンが不感症なだけに、ずっと不安を抱えていたのだ。死ぬまでに性的なよろこびを一度も味わえないのではないかと。男としては失敗だったけど、女として生きていく信にっながった。以降も君との交際は続いた。こんな私でもずっと飽きずにそばに置いてくれるなんて、よほど相性が合ったとしか思えない。性格も、体も。いままでさんざん逃しまくった幸福を一気に取り返した気分だった。やがて、私はニューハーフとして水商売の世界へ入った。二ューハーフという人種が市民権を得たことが勇気をくれたのだ〇一方、君は念願だった司法試験に合格し、新米として京都
かった。オチンチンの付いてる、オトコオンナの私が。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ