★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
138_202011211530578be.jpg139_20201121153058c44.jpg140_20201121153059882.jpg141_20201121153101905.jpg
緊張してカチカチの地味でまじめでシャイな女性が、恥じらいながら徐々に乱れていく…。そんな俺の願望を満たす恰好のターゲットが現れた。女医の伸子先生だ。
彼女の特徴、情報を整理してお伝えしておこう。
職業………医師︵本人が特定されるといけないので何が専門かは伏せておく︶。
週に1回、俺が診察してもらった医院で診療している。
年齢………40代半ば︵大学卒業年より推測︶だが、30代後半に見える。
既婚………結婚指輪をしている。
スタイル………身長160センチ前後のやや痩せ型で胸も小さめ。やや猫背。
顔………色白で一重の超薄口。黒髪でセミロング。顔面偏差値52点。
性格………シャイなのか、顔を見て話せない。自信なさげで、声が小さい。
こんな伸子先生だが、病院以外の接点を見つけようにもSNS等での発信は全くなく、生活、趣味などの情報が得られない。
となると、今まで何度か使った勤務帰りに偶然を装って声をかけるという作戦も考えられるが、俺のことを覚えてくれているかどうかも定かではない状況では勝算は限りなくゼロに近い。やっぱり病院でどんどん距離を縮めていくしかないということか。
前回の診察では「1カ月ほど様子を見て良くならない場合は再度お越しください」と言われていた。正直、すっかり良くなっており、何の問題もないのだが、それでは伸子先生と再会できない。よし、ここは治っていないふりをして再度受診してみよう。
まだひと月は経っていないが、待ってはいられない。伸子先生担当の水曜に予約を入れた。さて、どのようにアプローチしていこうか? 具体的な作戦はないが、彼女がほとんど話してくれない状況で距離を縮めるには、俺から積極的に話しかけていくしかあるまい。さすがにガツガツ行くと引かれてしまう可能性が高いので、ソフトに紳士的にお話ししていこう。いよいよ、待ちに待った2回目の診察の日がやってきた。もともと綺麗、スタイルがいい、色っぽいといったわかりやすい魅力に乏しいターゲット。再会したときに『なんでこんな女、いいなって思ってたんやろ』と夢から覚めたようにガッカリしないかと、少々不安ではあったが、診察室の彼女を見て安心した。俺が求める「完璧の地味さ」だ。
「河内さん、その後いかがですか?」
相変わらず、目を合わさず、蚊の鳴くような小さい声で訊いてきた。
「そうですね。だいぶ良くなってはきたんですが、まだ少し痛みというか、違和感がありまして」
本当は全然痛みも違和感もないのだが、こう言うしかない。
「そうなんですか…。おそらくもう少し様子を見ていただければ治まるかと思いますけど」
よし、俺の方から積極的に話しかけてみよう。とりあえず自然な流れで病気について色々訊いてみる。「他に原因があるとしたら、なにか考えられるんでしょうか? 日常生活で気を付けたらいいことってありますかねぇ」
質問に対して、一つ一つ非常に丁寧に答えてくれる。決して不愛想、ぶっきらぼうというわけではない。相変わらず目は合わさないが…。目が合わないので、今日も伸子先生をこっそり観察しよう。前回より少し短めのスカートで、膝上10センチくらいまで生足が露出している。細くて白い不健康そうな脚にはうっすらと青い血管が。あぁ、なぜかこれがタマらん。あれこれ病状について話をした後、診察の最後に、伸子先生が俺の方を向いて言った。
「うーん、どうしましょうか? もう少し様子を見てみます?」
初めてちゃんと目が合ったのでちょっとドキドキする。
「そうですね。じゃぁ、来週また来ます」1週間分の薬をもらって、翌週の水曜日を予約した。治っているのに仮病を使って毎週会いに行く作戦。さすがにだいぶ無理があるので、あと3回が限度だろ
う。3回の診察でどこまで距離を詰められるかが勝負だ。この日、あらためて間近で伸子先生を見てヤリたい気持ちがますます高まった。日常生活の様々な場面で出会う他の地味な同レベルの女たちにはそんな欲求は起こらないのに、彼女はいったい何が違うのか。おそらく理由は2つ。
 一つ目は伸子先生が醸し出している空気感だ。少し暗めで、じめっと湿度が高い感じにそそられる。もう一つは見た目だ。決して美人ではないが、一重の目、薄い唇、さらさらしていない黒髪、白くてきめの細かい肌、華奢な身体にグッとくる。実生活においては、こういう好みの地味タイプの女性とエッチした経験はもう10年以上記憶にない。ここは何としても伸子先生とのエッチを実現しなければ。よし、後3回の機会、気合を入れて臨むぞ!
翌水曜日の夕方、診察室で伸子先生と再会した。
「その後、少しは良くなりましたか?」
「そうですね、少しずつですが、マシにはなっていると思います」
「それじゃ、ちょっと触ってみますね」
初めて患部に触れられた。ドキドキ感と冷たい手の感触に思わずピクッっと身体が反応する。
「ごめんなさい。手、冷たいですよね」
いやいや、この冷たい手に俺のムスコを握らせたいもんだ。この日の伸子先生は、今までとはちょっと違った印象だった。相変わらず小声だが、過去2回よりはよく話すし、ときどき目も合うようになった。俺に慣れてきたってことか? それじゃ、少し踏み込んでみるか。
「なんか、女医さんっていうと、キツい感じの人が多いってイメージがあったんですけど、先生はシャイっていうか、優しい感じでいいですよね」
「いや、あの、私、緊張しいで人見知りなんで、なんか感じ悪いな、愛想悪いなって思われるんです。すいません…」
「いや、全然そんなことないですよ。親切だし、話しやすいですし」
「ありがとうございます。私も河内さんは話しやすいので助かっています」
うつむき加減ですこし微笑みながら話す伸子先生。初めて笑顔を見たぞ。なかなかいい感じでコミュニケーションが取れるようになっているじゃないか。
翌週に訪問した際には、医院が空いていたので、少し時間に余裕があったからか、俺に気を許してきたからか、プライベートについても踏み込んで話すことができた。「診療終わるの遅いですけど、めっちゃお腹すくんじゃないですか?」と訊いた後のやりとりで以下のことが判明した。
★ 帰りに一人で夕食を食べて帰ることが多い。
★ お酒は一切飲まない。飲めない。
★ 旦那さんはサラリーマンで、去年から東京に単身赴任中。子供はいない。
友達付き合いもそんなになさそうだし、趣味もなさそう。なんだか寂しい生活を送ってそうだなぁ。でもそのぶん、俺がつけ入る隙もありそうだ。都合よく考えれば、身近にいる男性の中で、俺が一番親しく話せる存在かもしれないし。よし、次回いよいよ最後の診察で勝負をかけよう。診察終了ギリギリの時間に予約を入れ、その後の食事に誘う作戦だ。なんだかキャバクラでアフターに誘うような手口だが、いつも診療帰りに独りで外食している伸子先生、もし寂しい思いをしているのなら、勝算もあるはずだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ