★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
224_202011110832540fc.jpg225_20201111083256f32.jpg226_20201111083257c57.jpg227_202011110832592e7.jpg228_202011110833001c1.jpg229_20201111083302e75.jpg
たまに酒の席で女たちが「待ち合わせで立ってたら知らないおっさんに『3万円でどうだい、おい』って声をかけられて超うざかった」みたいなことを話しているのを聞いたことはないでしょうか。もちろんその場ではこっちも「へー、そんなおっさんいるんだ、ひどいね、許せないね」とか言うけど、内心実際はどうなんだろうって思うわけです。訊ねてくるおっさんがそれだけ街中に存在してるってことは実際にそのおっさんたちはおいしい思いもたくさんしてるのでは。まったく可能性のないことを仕事帰りの疲れたときに延々とするほど、おっさんたちも暇じゃないだろうし。そりゃあ、たぶんほとんどが無視とは思うけど、中にはお金に釣られて突発的について行っちゃう女もいるに違いない。だいたい3万円って言ったらそこそこ高価な服は買えるし、イタ飯も食べれるし、軽い旅行もできてしまう金額。皆さん小室プロデューサーのニュースばかり見てるから麻痺してますが実際3万円っつ一金額は男にとってすら結構でかいと言えます。しかもこういう出会い方ならメールや電話の履歴も残らないし、お互いの名前も知らないで別れられるわけで、小時間回抱かれて万貰えるなら、〇する女は少なからず存在するのではないでしょうか。そこで天下の青山表参道で実験することにしました。賢明な裏モノ読者諸氏なら知ってると思いますけど、この青山表参道って言ったらもう、お洒落の最先端、流行はここから発信されるって町で、石を投げたらモデルに当たるし、雑誌の素人撮影なんかもいたるところでパシヤパシャやってます。芸能関係のスカウトも多くて、普通は「おねえさん、足長いね。わたくしホリプロの者でして」なんて言って声をかけられるけど、こっちは違うから。目を充血させて「万円でどう」だから。大変なんだから。切羽詰った感が違うから。でも、ここ歩いてる女も五反田歩いてる女も結局は同じ女。びびることはない。堂々と言えばいいんです。万でどう?って。往復の会話で「鬱陶しい」晩秋の平日、まっ昼間。まずは青山通りを外苑方面に歩きつつ、暇そうな女を探した。平日昼間からこんな服屋と力フェしかないところを排徊している女はそれだけではっきりとした目的がない可能性が高い。そこに付け込む余地が生まれる。ちなみにナンパやキャッチはその日の最初、人目へのコンタクトが最も大切らしい。人目を妥協して不細工に声掛けたり、こっぴどい断られ方したらその日はもう駄目。日中うまくいかない場合が多いってホットドッグプレスにも書いてあった。今日日のバロメー夕ーが決まる一人目、なるべくレベルの高い女に丁寧に声を掛けようと、信号待ちをしている派手めの若い女の横に立つ。「あのちよつとお金あるんですけど、ちらっと遊びませんか」「興味ないです」「なんと万円あります」「鬱陶しい」俺は「すいませんでした」と深く頭を下げたまま、秒でも早く信号が青に変わることを神様に祈った。これは最悪の出だしになったと言える。赤の他人に往復の会話で「鬱陶しい」と言われることってなかなかないだろう。いきなり心が折れそうで、正直帰りたくなった。続いて明らかにこの辺のではなさそうなワンピースの女に声を掛ける。「遊ばないですか」無視。「万円あげるから」まだ無視。「ホテル代は別だょ」テレクラみたいなことを言ってみるも反応はない。その後、人に声を掛けるも無視が続いたので、ひょっとして俺の声が聞こえていないんじやないかと思い、試しに「渋谷はどっち行けばいいですか」と道を尋ねてみると、髪を真っ赤に染めた女はにっこり微笑み「電車ならこうで、徒歩ならこう、タクシーならワンメー夕ー」と丁寧に教えてくれた。どうやら俺の声は彼女たちの耳に入っているらしい。たまたま通りかかったマクドナルドの中を覗くと、カウンター席で暇そうに携帯をいじっている一人の女を発見。どうせスタービーチでもやってんだろうと入店し、女の横に座る。肌がやや黒いのが気になるが代前半で間違いない。「ねえねえ、暇なの?俺も暇なんだよね。よしこうしよう、お金あげるからとりあえずこの店を飛び出そう」一気に捲くし立てると、女はこっちを瞬たりとも見ずに「無理」と言った。「万あげるから遊ぼうよ」女はポテトをロに入れながら携帯を凝視。長い沈黙。奥の席のサラリーマンが俺を不審そうな顔で見ている。通報されると困るからすぐに店を出た。3万うんぬんを口にするのは、まず会話がスター卜してからでなければ駄目かと、俺は作戦を編み出した。「あのー、アンケー卜にご協力ください」「いま、仕事中なんで」「謝礼3万円当たるんですけど」「忙しいんでごめんなさ一い」3万円で動じない青山女子たち。どういう金銭感覚をしてんのか。ならばいつそのこと第一声から5万でインパクトを与えるか。「すいません、万でえつちなことしませんか」若い女の耳元でささやくと女が険しい表情でこっちに顔を向けた。目線を下に落とすと女の右手は奥に平行して歩いていた男とガッチリ繫がれている。アベックだったのか。男は気付いていない様子だが、女が男になにか眩いた。これはまずいと歩道を全力疾走。後ろを振り返ると男が鬼みたいな顔してこっちに向かって何か叫んでいた。ロの動きが明らかに「ばかやろう」か、もしくは「このやろう」だった。ビッグチャンスは表参道ヒルズの前でやってきた。「仕事あるんだけど」そうやってとりあえず足を止めてもらうことを第に考えて声を掛け続けてみたところ、人目で、比較的背が高くスタイルの良い女の足がピタリと止まったのだ。
「どんな内容?」「すぐ終わるようなやつ。今日はもう人ぐらいにやってもらってるから」「怪しい」「怪しくないよ。俺この辺じゃ顔通ってるし。顔パスだし。そこのサテンで話だけでも聞いてよ」「じゃあ話だけ」
言葉の威力は凄まじい。俺みたいなもんでも表参道を歩いているこんなスタイルのいい女とお茶できるのだから。ヒルズのカフエに入り、話を訊く。女は某シティホテル勤務、今日は仕事が休みでブラブラと買い物に来たとのこと。しかも!芸能事務所に所属し雑誌やテレビに何度かモデルとして登場しているらしい。最初のヒットがモデルなんてさすがは世界の表参道。こうしてずっと話していたいとも思ったが俺には目的がある。恐る恐る「3万円で暖かいところ行かないか」と提案してみると女の反応は意外なものだった。「うーん、どうしようかな」コップの水をかけられることも覚悟したのに、女は悩みだしたのだ。「彼氏に怒られちやうからね」「そつちのことは名前も住所も携帯も何も聞かないし分だけ付き合って下さい。本当に一目惚れなんです。純粋な気持ちなんです。純粋に抱きたいんです。万で。お金の力で」と懇願する。今から買い物するのに万円はかなり大きいはず。女はなお悩む。「わかった万出す」「最悪、何もしなくてもいい。眺めるだけでもいい、オナ見だけでいい」「オナミつてなに?」「もしくはそっちの裸を見るだけとか。写真も撮らないし触りもしない。それで一万」「そういうお店行ったほうが早いんじやないの」「ひざまくらで千円とか」「それならいいかも。でもホテルに入るのが怖い」「ホテル入るだけで千円。何もしないし」「何もしないならここでいいじやん」「キスで千円は」「キスなんてできないよ」「パンツ1枚千円」「だからそういう店いきなって」だんだん軽くあしらわれてきたのて、初心に戻ることにした。「ほんとは予算3万の予定だったけど、5万出すから抱かせてください」女の出した答えは「やっぱりゴメン」だつた。その後も粘ってみたが「そろそろしつこいかも」と言われだしてジェンド。俺は「神のご加護を」とだけ告げ、席を立った。結果はあれだったが、このカフェでのやり取りは歴史的歩であった。とりあえず万をチラつかせればお茶ぐらいはできるということがわかったからだ。女の反応から察するにもう押しあれば最後まで持っていくのも不可能ではないだろう。
そうこうすること時間。向に成果が上がらない。長時間ウロウロしてるもんだから、なんかわけのわかんない男子学生にナンパ物の撮影だと思われて握手を求められもした。夕方時を過ぎたころにはもう声を掛けることに何の抵抗もなくなって「1発3万円、1発3万円」と年齢、見た目問わず声を掛けまくった。事件は、大学で起きた。用を済ませ出口へ向かう途中でベンチをふと見ると、威光を放つ女が人佇んでいた。女は頭に頭巾みたいのを装着し、メイドのコスプレに近い格好をしている。普段この手のタイプに興味は覚えないのだが逆にこういう子の方がついてくるのではないかと第六感が働き、隣に腰掛けた。「3万円でえっちなことしたりしない?」女は顔を強張らせ首をブルブルと横に振った。なんだまた駄目かと思ったその刹那、女は出口付近の警備員室に突進していく。嫌な予感がして足早に立ち去ろうとすると後ろから肩を叩かれた。振り返ると警備員だ。「お前ちよっとこっち来い」ややこしいことになったのは瞬時にわかった。「おたく、勧誘?宗教?なに?」「いえ、ちよっと食事に誘おうと…」「お金がどうとか言ってなかったか?ホストじゃないの」「俺のどこがホストなんですか」「免許証見せなさい。今、学生課に連絡入れたから」しばらくして複数の教員らしき男女が登場。「こんなことしてちゃ駄目だよ」とか「仕事何やってんの。頑張りなさいよ」
途方に暮れてウェンディーズに入店し、これからどうしようかと考えていると、カウンター席に女が一人でいることに気付く。しかももう30分以上も一人っきりだ。こいつで最後にしよう。女の隣に座り顔をチエック。ハイヒールのモモコに激似だった。俺もついにここまで落ちたかと思ったが、「3万円でどう?」とオーソドックスに話しかけてみた。モモコはこっちを見てニッコリ笑った。「何の人?」
俺は「強いて言うなら、君のことを好きになった男の人」と答えた。「何それ一」これは最後の最後でいけるかもしれない。どんなアイドルよりも今日はモモコを抱きたいと思った。「いきなりお金の話する人珍しいですね」「お金、困ってないの?」「困ってる」「どれぐらい」「そんな生活に困るほどではないけど」「3万円でちょっとだけ遊ばない?」「遊ぶってどんな?」「ちよつと道玄坂方面で」「そっちかー」「ゴムは付ける派だし」「そういう問題じやないかも」「3万円で君とエッチできたら思い残すことはない。1時間で3万なんて、こんな条件のいいバイト他にないでしよ」モモコは両手の人差し指でペケの文字を作った。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ