★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
164_202011100900172f0.jpg165_2020111009001840a.jpg166_2020111009002031c.jpg167_20201110090021af0.jpg164_20201110092542c9d.jpg165_20201110092543714.jpg166_20201110092545d06.jpg167_202011100925465c1.jpg131_202011100944361ab.jpg
小西さんとは「お互いに会いたくなったら、会う。ヤリたくなったらやる」、そんな大人のでいようと決めた。俺としては、毎日でも会ってヤリたいが、そこは我慢。お互い既婚者だし、無理せず、たまに会って楽しくエッチできればいい。とはいえ、偶然かもしれないが、彼女とはクリスマス、バレンタインと記念日に会ってきた。
メールを送ったところ、彼女から残念な返事が届いた。『お誘いありがとぅございます!私も久しぶりに会いたいんですが、月中は時間が取れそぅにありません。新しい仕事が忙しく、遅くなる時もあるので、仕事が終わればすぐ家に帰らないといけないんです。休みも取れないし。河内さんと‘また食事や映画にいきたいんだけど、しばらくは我慢します。ゴメンね』彼女の場合、気持ちに余裕がないと会ったり、エッチしたりということは考えられないんだろう。主婦という立場だし、仕方がない。彼女が会いたい、したいと思うまで気長に待つしかないよなぁ。会つたら必ずオトしてやる!さて、しばらく行動を起こせなかつたもう人の夕ーゲット、タケシヨーだが、今回大きな進展があった。まずは、改めて彼女のプロフィールについてお伝えしておこぅ。本名、武田祥子。彼女は俺の年下の後輩として同じ会社で勤務していた。地味だが知的な既婚女性で、秘めたる艶っぽさに魅力を感じていた。そんなに社交的でない彼女が、なぜか俺にはなついてくれ時々飲みにいったりしたが、社内の女は後腐れが面倒なのでご法度と決めていた俺は、彼女に手を出すことはなかった。
そんなタケショーが、旦那の転勤が理由で退社することに。辞めるならヤレる。退職直前の彼女と最後の食事の後、ドラィブに連れだしたものの、彼女のはつきりしない態度に結局オトせず仕舞い。後日、タケショが友人の子と「詰めが甘い」と陰口をたたいていたことがわかり、俺は深く傷つき、後悔した。決して忘れることができないこの悔しい想いを晴らし、年前の自分にリベンジすべく、俺はタケショーの名をヤルノー卜に記した。彼女のはまつたくわからなかつたが、同窓会を企画することまでしてやつと居所が判明。タケショーは、横浜に住んでいた。そして月、俺は無理やり仕事を作り、出張することにした。不景気の真つただ中、わざわざ仕事をつくり、出張するなんて許されることではないかもしれないが、許してちょうだい。月に死ぬほど頑張つた俺へのご褒美ということで。昼飯でもどう?メールを出すと、すぐに返事が来た。『ホント久しぶりですね。楽しみです!もうすつかりオバサンになつちゃつたので会うのが少し恥すかしいけど』時間を調整し、夕方に横浜で会うことになつた。仕事は昼間に完全に終わらせてしまい、夕方以降はタケショーにだ。あまり遅くまでは無理らしいが、裏をかえせば少しぐらい遅くなつても大丈夫だということだ。早めの夕食をとればたつぷり時間はある。今回の遠征の目標はズバリ、タケシヨーとヤルこと。惠乐出張など滅多にないし、彼女が大阪に来ることもないだろう。まずは距離を縮めるなんて悠長なことは言ってられない。速攻あるのみ、即クロジング、一撃必殺だ。詰めが甘かった年前の俺ではない。絶対決めてやる!正直、自信はある。かつて彼女が俺を慕ってくれていたという。メールでの前向きな反応。あとは俺次第だろう。女性には効果的な攻め方がある。代に時間を巻き戻してやるのだ。若くてシワもなく、子供もいなくて遊びまくっていた頃に。リバィバルディスコでアラフオー女が遊びまくり、ナンパされて喜んでいるのも、若さがほとばしっていた頃の自分を晚だけ取り戻したいのだ。アルコールが入り、昔話で盛り上がり「あの頃と変わらず、いい女やなあ」と持ちあげれば、間違いなくできるはずだ。老けたがセレブみたいだ当日、待ち合わせ場所に早く着き、ドキドキしながら彼女を待つ。タケショーはどうなっているんだろうか?俺の知っている年前の彼女は、小雪を少し地味にした感じ。長いストレ卜の黒髪で、落ち着いているが妙に艶っぽさを感じさせていた。
残念ながらそのとおり。「おいしいイタリアンのお店があるんですけどいいですか?」タケショーの車に乗り、店に向かう。真っ赤なボルボのハンドルを握り、颯爽と車を走らせる彼女の姿を助手席で見ているうち、何か感情が動いた。かっこいいやん。なんかセレブな感じやんか。少し短めのフレアスカー卜でアクセル、ブレーキのペダル操作をする。すらりとしたタケショの右足が左右に動く様子に、すごく色っぽさを感じる。う一ん、タケショー、やっぱイイなぁ。だんだんムラムラしてきた!おしやれなイタメシ屋で年ぶりの再会に!
まずはお互いに近況の報告。彼女の子供はもう手がほとんどかからないので楽になったそうだ。今日は応夕食の支度をして出て来たので大丈夫。月に回ほどは女友達と食事にいくそうで、少し遅くなっても旦那には特にうるさく言われないそうだ。昔話に花が咲き、酒抜きでも大いに盛り上がる。彼女が退職した際の話になったとき、俺は思いきって聞いてみた。
「箕面いったよね」「うわー、なつかしい一!」「あのとき、タゲショーとヤリたかったんやけどなあ。キスもでけへんかった」
「あはは、そうですね」「あとで子に『詰め甘い』って言ってたそうやんか」「えっ、私そんなこと絶対言ってないですよ。あれ、帰っちゃうの?って思ったとは言いましたけど、詰め甘いって言ったのは子ですよ」まあ、いい。いずれにしても人で俺のことをヘタレだと笑っていたのは事実だ。「でも、女性はいったんは断らないといけないもんなんですよ。軽い女に思われたくないから。はいいかなって思っていてもね」そう、そのことを俺は君に教えてもらったんや。今の私でもキスしたいんですか?店で時間以上話し込んだが、タケシヨーはまだ時間は大丈夫だという。でも店を出て、厶からどうしよう。俺は、土地勘もなければ、ハンドルを握っている訳でもない。ぶっちゃけて「ホテル行こうや」と言いたいところだが、まったくシラフの状態で唐突過ぎる。ワンクッション置いて、まずはエロい雰囲気にもっていこうか。「酒も飲まれへんし、ちよつと車の中ででもゆつくり話そうや」
「じゃ、少しドライブしましよか」彼女の運転で、海沿いの景色を楽しみながらおしゃべりしたが、そのうち話も尽きてきた。少し沈黙が続く。車は公園近くの人気がまったくないあたりに差し掛かった。ここで、俺は突然、言った。「タケシヨーとキスしたいなあ」「あはは、河内さん、いきなりなに言うんですか」タケショーは笑っている。「今の私でもキスしたいんですか」「うん、したい!」「私もしたいな」その瞬間、心臓がバクバク音を立て、ほぼ同時に勃起した。彼女が車を停めるやいなや、ロを近づけた。タケショーの小さい舌が絡んでくる。ねっとりといやらしいキス。もう俺のペニスはズボンの中ではちきれんばかりの状態だ。「もう少し、人が来ないところに車を動かしますね」すぐにでもホテルに行きたいところだが、タケショーはでいちゃつきたいようだ。それもいい!まったく人気のない、真っ暗な道端に車を停め、シートを倒す。そして再びキス。キスしまくる。付き合い始めの若いカツプルのようだ。薄手のセー夕ーの上からタケショーの小ぶりな胸を揉む。続いてスカー卜の中に手を入れる。俺の手首を掴み、タケシヨーが拒む。
「ごめんなさい。アレなんです」生理中?どれどれ、再度スカー卜に手を突つ込んで触ってみると、股間が興奮している様子。もちろん俺も大興奮で鼻息が荒い。彼女の手を取り、俺の股間に導くと、ズボンの上からスリスリと触り始めた。ベルトとチヤツクを外し、彼女の手は俺のパンツの中に入ってくる。直接ペニスを握りシコシコと動かすタケシヨー。冷たい手だが実に気持ちいい。
「ああ、ああ」声とともに、俺のムスコをしごくスピードも速くなっていく。彼女のスカー卜のファスナーを下し、パンスト、パンティの中に手を入れる。「タメです」そぅ言いながら、タケシヨーは拒まない。ナプキンの奥にを滑り込ませると、愛液でヌルヌルだ。「はあ、はあ、ダメです。指が汚れちやぅから」その言葉に俺の興奮も最高潮。すつかり暖かくなったタケショーの細い指に握られた俺のペニスはギンギン状態だ。年ぶりに再会した日に彼女の車で触りあう。なんて興奮するシチュエーションなんだ。タケショーのクリトリスも固くてリコリだ。「あぁ、もう〇あぁ、もう」そんな声出されたら、俺、もうあかんー「ああ、イキそうや」タケショーは右手でしごきながら、左手でバッグをまさぐり、ハンカチをとり出した。数秒後、ドクドクと。彼女のきれいなハンカチをザーメンで汚してしまった。なんかこれも興奮するなあ。彼女がイッたかどうかはわからない。でも二人にとってすごく興奮した時間だったのは間違いない。さて、今からどうする。生理中だといってもホテルならやれそうだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ