★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
64_20201109110931d1f.jpg65_2020110911093213d.jpg66_2020110911093491e.jpg67_20201109110935feb.jpg結婚願望の強い女に軽々しく手出しするほど危険な行為はない。20代までなら付いたり離れたりは当たり前でも、30オーバーともなれば、彼女らに遊びの恋を楽しむ余裕はない。セックス結婚前提、の意識は持つていて当然だ。結婚系の出会い系サィトで数名とやり取りをするぅち、人の女性が食いついてきた。自己紹介文に「いつの間にかこんな年齢になつてしまいました浩子仮名」。
都内に実家暮らしで、経理の仕事をしているといぅ。30才で両親と同居とあらば、プレツシヤーも並大抵じやないだろぅ。出会い系にすがった気持ちも理解できる。『日の時以降と、日の時以降なら大丈夫です。いかがでしょぅか』向こぅから日時を振ってきたことからも真剣度が見える。よっぽどあせっているんだろぅか。待ち合わせに現れた浩子は、平原綾香似の地味な顔立ちだった。これぐらいの容姿なら、プロポーズしてくる男もゼロではなかったろうに。性格に難ありなのか?「なんか、アタシ素直になったり、甘えるのがヘタなんですよ。だからキミは一人でも生きていけるよねみたいな感じで放っておかれて」よくわかる。男は強いオンナを避けたがるものだ。特に結婚相手としては。「ふ一ん、俺の理想の女性は、一人でも生きていけるけど、やっぱりお互いが必要!みたいなのだけど」「いいですね、そういうの。前のカレシなら絶対言ってない、そういうこと」飲みながら彼女は真面目な表情で言った。「私なんかでもいいですか?」出会い系の初回アポで出てくる台詞ではない。本来なら顔合わせの感覚だろうに。ょもや、すでに未来を思い描いているとか?「うん、こちらこそ俺なんかでいいのかなって」「はぃ」マジで怖くなってきたので、さすがにその日は強引に誘わず、セックスは次回以降に持ち越すことにした。終電で別れた後、すぐにメールが届いた。今日は楽しかったです。優しい方で安心しました。今度のお休みにランチでもどうですか昼食に誘ってきたあたりにかえって真剣さを感じる。遊びづかせぬょう正常位に限定して翌日曜、陽の高いうちから、こじやれたレストランでワインを空けた。「久保さんって兄弟は?」「アニキがいるけど」「へえ。そういえばお仕事つて転勤ないの?」彼女はさりげなく装いつつもかなり露骨に、結婚後の生活を意識した質問を繰り返してきた。「お母さんってどんな人なの?」「ぅ一ん、まあ並日通だと思ぅけど」婚期を逃した理由は、おそらくここにあるのだろう。こんな質問されりや誰だって逃げたくなるって。でも俺は逃げちやいけない。抱くのだ。抱いてその怖さを味わうのだ。昼時という中途半端な時間に食事が終わった。かえって誘いやすくて好都合かも。「部屋見にくる?」「うん、いいの?」来た。ついに来た。本当に取り返しの付かないことになるんじやないだろな。俺は知らんぞ。ワンルームの自室で俺は浩子を抱いた。遊びと感づかせぬょう、フェラもクンニもあえて避け、しっかりスキンをつけて、正常位に限定して腰を振った。さあ、本当の恐怖はここからだ。浩子、かなりの證かも知れん夜は家族と食事するという浩子を駅まで見送った。バイバイの直後にメールが届く。く想像したより部屋キレイだったね。また遊び行くね。ゴハンも作ってあげたいな当然のような恋人気取りが始まった。うまくかわしきれるだろうか。とりあえず手料理に関していっさい触れずに返信する。そうだね。また時間が合えば遊びましようこの気のない返事。勘のいい女なら遊びと気づくところだが、浩子には伝わらなかった。うん!今週は日の時以降と日の時以降なら空いてるよ二択にしてどちらかを選ばせる手法、まるで裏モノの出会い系達人君のようだ。思わず日に会おうと返事してしまった。約束の日、彼女が昔バィトしていたという中華料理屋へ連れて行かれた。ドアを開けると店員たちが「久しぶりだねえ」と口々に言う。「あれ?彼氏?」「はぃ」照れくさそうに返事する浩子。ハナから紹介する目的だったょうだ。周囲からかためる戦法か。店長らしき男性がわざわざテーブルにやってきて、食後の杏仁豆腐をサービスしてくれた。「これからも仲良くね」どうせ二度と来ないんだろうからと平静を装っていた俺だが、こうして祝福されるとどうにも居心地が悪い。あっさり捨てにくいというか。浩子、かなりの策士かも知れん。店を出て地下鉄に乗ると、向いの席に子供を抱きかかえた若い母親が座っていた。「カワイイね」「え、うん」「そうだ。姪の写真見る?」うんとも言ってないのに、写メ丨ルを取り出す浩子。写っているのは、ありきたりな赤ちゃんだ。「へえ、カワイイね」「でしょ、やっぱり女の子ってかわいくていいょね。男の子のほうがいい?」返事を濁らせ、その日は調子が良くないからと、早々に解散した。
翌日からもメールは定期的に届ぃた。今日は会社の友達と六本木で会食ですすごく素敵なお店見つけたので、よかったら今度一緒にどう?ットム君は何してるのかな?友達が一緒にゴハンどう?って言ってるけど行く?今度お姉ちゃんの家族とバーベキユーするけど、一緒にどう?曖昧な返事しか返していないのに、浩子は疑問文で終わる圧迫メルを止めようとしない。はっきり別れを告げるベきか、着信拒否にすべきか。どちらを選ぶ勇気もない。男らしくないけど無視で進めよう。日を追ぅごとに、メールの着信は減っていった。このままフェイドアウトが無難なとこか。しかし恐怖は去っていなかった。コトが起きたのは月下旬の夜のことだ。ピンポーン。まさかと思った。まさかそんなことはないだろぅ。そのまさかだった。ドアの向こうにいたのは浩子だった。深夜のファミレスで俺は別れを告げた。結婚まではどぅしても考えられないのだと。渋っていた浩子も、最後は納得した様子で帰っていった。
翌週、大切な人ができましたと敬語のメールが来た時点でょやく肩の荷が下りた。こんな危険な遊びはもぅ懲り懲りだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ