110_2020110721493972a.jpg111_20201107214940872.jpg98_20201107214941330.jpg99_20201107214943e9d.jpg100_20201107214944dbb.jpg101_20201107214946b19.jpg102_20201107214948b64.jpg103_20201107214949e0a.jpg104_20201107214950440.jpg105_20201107214952122.jpg106_2020110721495353c.jpg107_20201107214955eca.jpg
ネットで一枚の画像を発見した。そこに写っているのは、真っ黒にくすんだボロい建物と、薄汚れた浮世絵の暖簾、そして乱雑な文字が書かれた大量のダンボール。
なんじゃこりゃ!そう思って掲載されているページを読んで衝撃を受けた。なんと、ここ、風俗店らしいのだ。中はどうなっているのかと、詳細を調べてみたのだが外観の写真以外の情報は一切見当たらない。 
どこの風俗サイトにも登録がなく、掲示板の書き込みもゼロ。そもそも、いま、現在も営業しているかどうかすら怪しい。しょうがない。こうなったら実際に行って調べるしかなさそうだ。
なんとか、最寄り駅までは特定することができたので、急いで電車に乗る。
一体、どんなプレイが体験できるのだろう。嫌な予感しかしないのだが…。
この近辺ではかなり有名な店のようだ
JR総武本線の下総中山駅に降り立った。ここは千葉県の船橋市に位置しており、新宿から40 分とかなりの長旅だった。駅前はいたって平凡。バスロータリーと商店街が見えるだけの、よくある郊外の駅だ。詳しい場所はネットを調べてもわからなかったので人に聞いてまわるしかない。とりあえず、近くのベンチに座っている初老男性に写真を見せながら聞いてみた。
「すみません。この写真のお店を探してるんですけど、何か知りませんか?」
一目見ただけで、笑いながら答えてくれた。
「あははは、うん。よく知ってるよ。そこをまっすぐ行ったら、2、3分で着くよ」
まさか、一人目から場所を知っている人が現れるとは。この近辺ではかなり有名な店のようだ。言われたまんま歩みを進めると、寂れたスナック街が現れた。どうやら、この並びにあるらしい。見逃さないように、注意しながら歩く。と、突然、周囲に比べてひと際ボロい建物が現れた。
間違いない、これだ!
写真で見ても衝撃的だったが、やはり本物は迫力が違う。2階建てで、上部だけがトタンで補強されており、部屋の一部が外にハミ出ているナゾ設計。地震が起こったらスグに潰れてしまいそうだ。
その上、なぜか店頭には姿見が置いてあり、ネットで見た画像と同じように、大量おっ、あれか?
のダンボール片が掲げられている。
そこには以下のような文言が書かれていた。
『5千円あれば、だいじょうぶだよ。安心してください』
『会員様へ1万円サービス券差し上げます』
『非通知の方は別のお店へ。予約も承っておりす。080│〇〇〇〇』
一見、電波系の人が住む家のようだが、書かれているのは、たしかに風俗店の説明文だ。
暖簾をかき分けて、トビラに手をかける。あれ? 開かない。
力を込めてみるのだが、ウンともスンとも言わないぞ。うーむ、まだ、開店時間ではないのかもしれない。とりあえずダンボールに書かれている番号に電話をかけてみる。プルルルル。
一応、コールはできたので番号は生きているようだが、数秒で留守番電話につながってしまった。店を利用したい旨を録音して、その場を後にした。
時刻はまだ夕方の4時。気長に時間をつぶして再訪するしかないようだ。
「その代わりウチは日本人だから!」
夜の9時、ようやく折り返しのメールが携帯に届いた。どうやら、留守電を聞いてわざわざ送ってくれたようだ。店はボロいが親切だ。
『営業時間は6時から深夜の2時です』急いで返信を送る。
『今の時間はやってるってことですか?』『やってますよ〜』
よし、行ってやろうじゃないの。店の前までやってくると、先ほどまでとは打って変わり、煌々とライトがついている。それでもボロさが隠れていないの寂しい…。店先に初老の男性がキャンプ用のイスに座って、道行く男に呼び込みをしていた。
その様子をうかがっていると、向こうから声を掛けてきた。
「お兄さん、遊んでいかない?」
赤と黒のチェックのジャケットを羽織ってハゲ頭の男性。このオッサンが店主なのだろうか。いくつか、気になっていたことを聞いてみよう。
「ここってなんのお店なんですか?」
「うちはヘルスだね。シャワーもついてるから安心してよ」
つまり、店舗型のヘルスってことか。こんなボロい見た目じゃ、シャワーが付いてるからって全く安心できないんだけど。
「いくらなんですか?」
「えーと、前金で30分6千円だね」
ふーん、ってあれ? 掲げているダンボールには『5千円で大丈夫』って書いてあるのに。
「すみません。そこには5千円って書いてあるんですけど」
「この時間はプラス千円なのよ。その代わりウチは日本人だから!」
日本人だからどうだというのか。高齢のババアが出てきたら、意味がないだろうに。とはいえ、箱ヘルにしてはかなり安い部類なのは間違いない。金を払うとしよう。
「はい。まいどー。それじゃ外は寒いから中で待っててねー」
ゴミ屋敷特集で出てきてもおかしくない
いよいよ、このボロヘルスの中に入るのか。めっちゃドキドキしてきた。
「ほい、ストーブついてるからあったかいよー」
一歩、一歩、ゆっくりと足を踏み入れる。顔を上げて驚いた。なんと、そこに広がっていたのは、ゴミ、ゴミ、ゴミ。一面ゴミの山だったのだ。床に落ちているのは、洋服、弁当の容器に空き缶からエロ本まで。土足ならまだしも、こんなとこで靴を脱ぎたくない。それくらい汚いのだ。この生活感から察するに、もしかしたらオッサンが暮らしているんじゃなかろうか。
「もしかして、ここに住んでらっしゃるんですか?」
「いやいや、ここは待機所だよ。ちょっと散らかってるけどな」
ちょっとどころの騒ぎじゃねえよ。テレビ番組のゴミ屋敷特集で出てきてもおかしくないレベルだ。
「しかも、家賃1万5千円だ。安いだろ?」
そんなこと知るか! ムカムカしながら靴を脱ぎ捨てる。玄関脇には何枚もチェキが貼られていた。
これはなんだろう?
「ああ、昔働いていた女たちだよ。結構な美人ぞろいだろ?」
写真に注目してみてみたが、確かにまあまあアタリな嬢が写っている。しかし、メイクの雰囲気から察するに、どれも10年以上前に撮られているような気がしてならない。
「それじゃあ、ここに座ってくれるかな?」
イスの上に載っていたモノを、ガサっとどかして座らせてくれた。本当に足の踏み場もないほどに汚い。潔癖症ってわけじゃないが、ここまで汚いのはさすがに気分が悪い。スエたニオイが漂ってくるし。「すみません。どれくらい待たなくちゃいけないんですかね?」
「あと20分くらいだね」
うっそ、そんな長時間この部屋の中にいたら病気になっちゃいそうだよ。「おい、おめえビール飲むか?」
店主がなぜかマジックハンドでビールをよこしてくれた。部屋が汚すぎて動きづらいのだろう。
発泡酒じゃなくて、本物のビールが出てくるあたりサービス精神はあるようだ。念のため、賞味期限を確認してから飲む。うん、こんな汚い場所で飲んでもビールはウマイな。
「家帰ってセンズリこきゃいいだろ」
一息ついていると、ブーーンという音が聞こえてきた。2、3匹のハエである。それもハチぐらいデカい。今度は下からカサカサと音が。洋服をどかすと、小さなゴキブリが動いていた。それを見てもオッサンは無反応。まったく、不衛生極まりない。
「兄ちゃんは、今日はどこまでやりてえんだ?」
 ニコニコしながらオッサンが聞いてきた。
「どこまでってどういう意味ですか?」
「うちは、一応ヘルスだけどよ。追加で払ってくれればサービスするよ」
なるほどね、ヘルスプレイだけでなくそれ以上もできるらしい。
「んじゃ、最後までって言ったら、プラスでいくらかかるの?」
「1万円ポッキリだね」計1万6千円って、高いわ! どんな女が出てくるのかわからないのに払えるわけない。その値段なら普通にワリキリできるぞ。
「今回は遠慮しておきます」
「ああ、そうかい。それじゃ割引券をあげるよ」
割引券によれば、今月中にリピートすれば1万円だけで最後までサービスが受けられるとのこと。値段設定がガバガバだな。そして、小さく開業20周年と書かれている。玄関にあったチェキのメイクが古いのも納得だ。
「もう、20年もやってるんですね?」
「いや、去年で30周年だよ。それは10年前に作ったのが余っててね。まだ使ってるんだわ」
どんだけ客が来てねえんだよ。ま、この汚さなら納得だが。
「それとな、兄ちゃんは若いから、これをやるよ」
手渡されたのは一枚のチェキ。玄関に貼られていたものよりは、最近に撮られたモノのようで、結構かわいい女の子が写っている。「これ、なんですか?」
「美人だろ? ちょっと前に辞めちゃったんだよな」
たしかに、目がぱっちりしていて、巨乳ちゃんだ。にしても、辞めた女のチェキをもらってどうしろというのか。「そりゃ、おめえ、家帰ってセンズリこきゃいいだろ」「は、はあ」
チェキはありがたく頂戴し、カバンにしまう。ああ、早く時間になってくれ。心の中で願っていると、上の階からドタドタドタと音がした。なんとスーツ姿の男がおりてきた。オッサンが駆け寄っていく。「ありがとうございましたー」
信じられないが客のようだ。この店を利用してる奴が本当にいるなんて。親しげに店主と会話しているところを見ると、常連なのかもしれない。この駅には他に風俗らしき店は見つからなかったし、もしかしたら結構な繁盛店の可能性もある。
「さあ、次は兄ちゃんの番だよ。2階に案内するぞ」 ミシミシと音を鳴らしながら、階段を上
がる。2階には琴のBGMが流れていた。ヘルスにはそぐわないな。しかし、1階のようにゴミは散乱しておらず、和室の部屋が3つならんでいるだけで、こじんまりとしている。汚れていないのは嬉しいが、箱ヘルとは思えない雰囲気だ。ジイちゃんの家のように内装が古くて、何十年も時が止まっている。
「それじゃ、この部屋で女の子が待ってるからね」
ふすまを開ける。くー、どんな女が待っているのかドキドキだ。ベッドの上に座っていたのは、40
手前と思しき、幸が薄そうな女だった。ものすごいデブスババアが出てくるかもしれないとビビっていたのだが、案外普通だ。「こんにひは〜」
活舌が悪くて、「ち」が「ひ」に聞こえてしまう。ちょっとワケアリっぽいな。
「よろしくお願いします」「はひ、ベッドに座ってください」セーターにミニスカートという若作りが痛々しいことを差し引けば、ルックスもそんなに悪くない。というか、あれだけ汚い部屋を見た後では、プレイルームがキレイというだけで安心してしまった。キチンと整理整頓されている。
壁には本番注意の張り紙と、正月も休まず営業するという旨の張り紙がある。
「お姉さんはどれくらいここで働いてるんですか?」
「うーん、ちょっと覚えてないなー。結構長いよ」いや、それくらいは覚えておいてくださいよ。
「今日の出勤はお姉さん一人なんですか?」
「うーん。最近はそうだねえ」
彼女曰く、ここ数週間は一人でこの店をまわしているらしい。看板嬢ってわけだ。そわそわ緊張していると、女が気を利かして話しかけてくれた。
「お茶飲みますか?」「はい。お願いします」
「ちょっと待ってて、いま持ってくるから」
部屋を出て階段で下に降りていった。1階から「オジチャン! お茶ちょうだい!」という声が聞こえてくる。ああ、あのゴミの中にあるお茶を持ってくるのか。気分が滅入るなあ。嬢は駆け足で戻ってきて、ペットボトルを差し出してくれた。「どうぞ〜」
これがまさかの開封済み。誰が飲んだ後だよ!ただでさえ開封済みの飲み物はイヤだってのに、あの汚い中から持ってきていると思うとゾッとする。紙コップも渡されたが、飲む気にはなれない。
琴のBGMで現実に戻される
「それじゃ、シャワー入りましょうか」
シャワーは部屋を出て廊下の突き当りにデンと置かれたシャワールームで浴びるようだ。服を脱いで入るのだが、猛烈にカビ臭い。それに床が超ヌルヌル。水垢天国だ。適当に身体を流して部屋に戻る。うーむ、水虫になってなきゃいいけど…。女の方もシャワーを浴びてきていよいよプレイ開始だ!「はひ、横になってください」
言われるがままベッドの上に寝転ぶと、嬢も横に寝転んで、乳首舐めがスタート。動きは単調ながらも、丁寧な舌捌きでムクムクとチンコが大きくなってきた。プレイは上手そうだぞ。
嬢は何も言わずにチンコに手を伸ばし、シコシコ。乳首舐め手コキが始まった。
ここでおっぱいを触ってみる。完全に水分を失っていてダルダルだ。腹の贅肉は少ないが、まあまあたるんでいてブヨブヨだ。うーん、ソソるような体つきではないな。ちょっと萎えてしまった。
嬢の身体で興奮することをあきらめて目をつむっていると、お次は口を下半身に持って行き、フェラチオをしてくれた。しかし、これが単調すぎて、全く気持ちよくない。どうにか妄想で興奮しようとしても、室内に流れる琴のBGMで現実に引き戻される。つ、つらい。
そんな地獄のような時間が20分以上続いて、なんとか射精感がこみあげてきた。
「イクっ」
嬢の口の中に発射して、プレイはあっけない幕切れとなった。再び床がヌルヌルのシャワーを浴びてから、嬢と別れて下の階に降りた。1階のゴミ屋敷に戻ると、オッサンが満面の笑みで待っていた。
「おう、どうだった?」
「はい。まあ」
「おう、そうかそうか、またおいで、今度は割引すっからよ」
ま、部屋がキレイになったら、また来てもいいかな。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ