★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
180_202011061343227d6.jpg181_202011061343238d9.jpg182_20201106134325fad.jpg183_20201106134326ed5.jpg164_20201106134414111.jpg165_20201106134415667.jpg166_2020110613441768b.jpg167_20201106134418498.jpg
夕食デー卜の翌日、彼女からちそうさまてしたとお礼のメールが届いた。俺も「どういたしまして。また行きましょう」と返事を送る。お互い表面的なやり取りだ。先日は、酒のせいもあってか、俺への好意を匂わせた小西さん。恋愛感情ヌキが前提の二人にとって、ちょっとビミヨーな空気になってしまったようだ。しかし、日がたつにつれ、俺も小西さんへの想いが募ってきた。電車に乗ってるときも、虱呂に入っても、彼女のことを考えている。ダメだ。猛烈に小西さんに逢いたい。我慢できず、メールを送った。『忘年会、しましよか』時間ほど後に返信。『忘年会、いいですね。夜、出られる日を調整して、また連絡します』うれしい。素直にうれしい。そして翌日ざらに俺を喜ばせるメールが届いた。『ちよつと先になるんですけど、日はどうてすか?クリスマスだし、河内さん、やっぱり無理ですよね?』日の夜なら空いている。しかし、わざわざイヴではないもののこの日を選ぶっていうのは、やはり俺とクリスマスを過ごしたいってことなのか?彼女の真意はどうであれ、クリスマスに会うなら、当然プレゼントを渡さないと。営業途中にいろんな店を回り、プレゼント候補を探す。何を贈れば小西さんは喜んでくれるだろうか…。プレゼントでこんなに悩むのは久しぶりだ。良いモノを思いついた。前にあったとき、俺のを見て『あ、いいなぁ。やっぱり私も買おうかな』と言っていた。少々値は張るがこれにしよう。さっそく俺とは色違いを購入。せっかくだから、曲を入れてプレゼントすることにした。どんな曲をどんな曲順で?
まるて付き合い始めの中高生みたいや。完全にうかれてまくってる俺だが、方で冷静な自分もいた。もし、お互い本気になって付き合うってことになったら、どうしよう?俺は結婚してから年以上になるが、好きな女を作り、付き合ったことは一度もない。それは決して倫理感からじやない。家庭を壊す勇気も、二人の女性とうまくやっていくなんて面倒なことをできる自信もない。要は臆病なだけ。いや、本気で女を好きになつて、自分をコントロールてきなくなることが怖いのかもしれない。まあいい。難しいこと考えずに、とりあえずいくところまていったらいいやんか。その後のことは、それから考えれば。俺は小西さんが好きだ!会いたい!そしてエッチしたい!なんとしても、日に決めてやるぞ。聖夜に結ばれるなんて、こんなロマンチックなことが他にあるか。ホテルへの誘いに被女は無富で頷いたクリスマスの夜、小西さんは今までで番おしやれな格好で現れた。短めのフレアスカー卜にふわふわした白いセー夕ー、そしてファーのついた長めのコー卜。いつもは可愛い感じの彼女だが、今夜はグッと大人つぽく、色つぽく見える
「居酒屋さんみたいなところの方がいいです」といぅ彼女のリクエストに応えて、事前にチェックしていた新地の落ち着いた店に入る。「メリー・クリスマス!」ビールで乾杯すると、小西さんからプレゼントを渡された。包みを開けると名刺入れが入つてる。シンプルで実におしやれな一品。ありがとぅ。さつそく明日から使わせてもらいます!
かめへん、かめへん。喜んでくれてなによりや。「あつ、曲も入ってる。河内さん入れてくれたんですよね。感激てす!ちよつとだけ聴いてみていいてすか?」うれしそうにイヤホンをつけ曲を聴く小西さん。俺も感激だ。「今日、夜でてきて大丈夫やったの?」「はい、昨日家で簡単なパーティは済ませてますから。今日は女友達同士の忘年会ってことになってます」「ハハハ、同じパターンや」俺も昨晩、家で嫁さん子供とクリスマスパーティをして、今日は同僚と忘年会といって出てきた。いかにも不倫してるって感じやなあ。楽しい時間はあっと言ぅ間に過ぎていった。お酒も結構飲んだ。さあ、これからどうする?時間に余裕があるわけでもない。店を出たら、ストレートに誘ってみるか!心で決めたものの、なかなか勇気が出ない。無言でしばらく歩いた。寒そぅな様子の小西さんを見て、腕を差し出した。黙ったまま、寄り添ってくる彼女。言ぅしかない。言ってまえ!「ホテル、行こか小西さんは黙ったまま、コクッと頷いた。心臓が破れそうだった。
実は私、年以上セックスしてないんです俺の腕を岡手で抱きながら黙つてついてくる彼女と、夢見ごごちでホテル街を歩いた。クリスマスだが、空いてるホテルもある。さつさと入つてしまおう。ずつと無言のままだつた小西さんが、ホテルのエレベー夕の中で、いきなりロを開いた。「実は、私年以上セックスしてないんです」ぁまりに突然の台詞に驚く。どういう意味だ?全然遊んでないつてことを言いたいのか、それとも長いことしてないのでやさしくしてほしいということなのか?いずれにせよ、こんないい女が年以上もほつたらかしとは、もつたいなさすぎる。日本の損失だ。部屋に入り、コー卜を脱いでソファに腰かけた。お互い、心臓の鼓動が聞こえそうなくらい緊張している。抱きしめた。そしてキスをした。寒い中、歩いていたので彼女の顔や唇は氷のように冷たい。でも、その小さい舌は熱かつた。頭の中が真つ白になってくる。生きてて良かった。本当に良かった。セー夕ーの上から胸を愛撫する。服の上からでも大きくて柔らかい感触がたまらない。キスしながらスカー卜の中にも手を伸ばし、タイッの上から下半身を愛撫する。
「ああ、恥ずかしい」改めて思う。なんて可愛くて色つぽい声やねん。以前から、俺は小西さんの声に大きな魅力を感じていた。エッチのとき、どんな声を出すんだろう?これまで何度となく想像しては興奮を覚えていた。しかし、今日はその声を本当に聞くことができる。思わず気合いが入り、服を脱がせにかかる。と、小西さんからストップがかかつた。シャワー浴びてからじやないとダメらしい。恥ずかしいから照明も落としてほしいという。
「ほんとにごめんなさい。でも、すごく恥ずかしくつて」いいよ、いいよ。小西さんが望むようにしてあげる。先にシャワーを浴びた俺がベッドで待つているとまもなくバスタオル姿の彼女がやつてきた。羞恥にまみれた表情がたまらない。取る。薄暗くても、白い肌はよくわかる。想像していた以上に少し厂だけ肉付きが良い。色っぼい身体だ。キスをして、胸を愛撫。続いて乳首を舐めながら手を下半身に滑り込ませる。クリトリスを触ると、すぐに愛液が溢れてきた。「あぁ、あぁ」か細い喘ぎ声にいっそう興奮が高まり、今度はクンニで攻めようと、下半身に顔を近づける。
「いや。それは絶対にいやです」強めに拒まれた。「恥ずかしいから…。ごめんなさい」でもフェラはのようて、まったくテクはないが、自分からペニスを頰張ってくれる。正直、小西さんがしゃぶってくれるなら技術なんてどうでもいい。フラしてる彼女の顔を見られるだけで興奮は最高潮だ。そして、ついに正常位で合体する。恥ずかしがりの彼女のことを考えたら、体位は変えない方がいいだろう。小西さんは、俺の身体にしがみつきながら、切なそうな顔をして可愛いあえぎ声を出しまくった。夢じゃない。俺は今、小西さんとつながっている。夢中で、腰を振った。先にイクわけにはいかない。必死に我慢した。と、彼女が俺の腕の中でぶるぶるふるえ出した。「ああ、ああ、イッてもいい?ああ、イク…ィク」小西さんが果てた後、少し遅れて俺もフィニッシュ。体の奥の方から精液がドクドクと放出されていく。興奮の最高潮でする射精は言葉で言い表せないほどの快感だ。しばらく抱き合つたままキスした後、身体を離す。ンドームには乳白色の愛液がべっとりからみついていた。得も言われぬ幸福感が俺の身体を包み込む。今、この悦びと比べると、いろんな女と後腐れなくヤッてきたセックスが色褪せて感じられる。好きだ。俺は君が好きだ。これからも君に会いたい。もつともつと君と愛し合いたい。ふとんを首までかぶってまどろんでいる小西さんが、つぶらな瞳で俺を見つめる。彼女もまた同じ思いなのだろう。しかし、次に小西さんのロから発せられた言葉は、耳を疑うものだった。「もう、会うのはやめましょ」え「だって、これ以上会うと河内さんと別れられなくなるような気がする。それってお互い絶対にダメてしょ」強い意志が感じ取れる口調だった。もしかしたら、クリスマスの日に会ったのも、今日が最初で最後って決めていたからなのかもしれない。でも、それならそれで、事前に言ってほしかった。こんな気持ちでセックスした後に、今日で最後って…。辛すぎる。俺は小西さんのふとんをはがし、再び彼女に覆いかぶさった。二度目のエッチも快感と興奮で狂いそうだった。が、俺の心の中には寒い風が吹いている。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ