98_20201104130003816.jpg99_20201104130107687.jpg100_202011041259186cd.jpg101_202011041259191a5.jpg
女性は、容赦なく首を切り裂かれ、半顔を自らの血に染めていた。着衣の乱れも甚だしく、胸は捲られ、パンテイもずり下ろされて陰部が露出した状態だったといぅ。遺留品から、被害者の身元は、遺体発見現場近くに住む会社員とわかった。当日、子さんが勤務を終えて自宅最寄り駅に到着したのが午後過ぎ。そこから自宅に帰る途上で何者かに襲われたのである。犯人は、近所に住む中学時代の同級生だった。まさに犯人は目と鼻の先にいた現場となった畑地は、近隣住民が花や野米を細々と育てていた共同菜園で、周辺には民家も多い。だが、犯行時間帯と推定される午後時ごろに悲鳴を聞いた人や、不審者を目撃した人はいなかった。犯人に結びつく有力な情報もほとんどなく、捜査は難渋をきわめた。何度か告白しようとしたがとても無理だと思つたAは、子さんとは中一のとき同じクラスになつたこともあつたが、話をしたことは一度もなかつた。中学時代の子さんは色白で美人と評判で、性格も明るくクラスの人気者だったといぅ。一方、Aは陰気な性格で友人も少なかった。後の調べでAは、「中学時代から子さんのことが好きだった。何度か告白しょぅとしたが、とても無理だと思った。中学を卒業後、子さんが近所の書道教室に通っていることを知って、自分もその教室に入ったが、やっぱりロに出すことも態度に示すこともできなかつた」と供述している。人は同じ町内に住み、度々顔を合わせることもあつたょぅだが、Aは子さんの前では一言もロをきけず、憧憬だけを募らせていつた。事件直前のその年の夏、当時歳だつたAは悶々と日々を過ごしていた。地元の高校を経て、横浜の栄養専門学校を卒業後、いくつかの会社で働いたが、いずれも長続きせず半年ほど前から失業中だつた。騒いで共に憂さを晴らす友人もなく、彼女もいない。これといつてすることもなく、日がな一日、家に籠もつてはエロ本片手にマスばかりかいていた。そんなある日の朝、自宅前で偶然、自転車に乗つた子さんの姿を目にする。朝陽の中でペダルを漕ぐたびにめくれるスカー卜の下から艶めかしく白い太ももが見えた。「その瞬間、私は、子さんのマンコを触り、セックスもしてみたいと思つたのです」Aの供述以来、寝ても覚めても子さんの姿が頭から離れない。その姿はいつも裸であつた。弾力に富んだ白い乳房とくびれた腰、そして濡れた秘部へと童貞男の妄想はエスカレートしていく。そうやって躍動する実物の女の裸体を想像して、エロ本では得られない快感を夢想するのだ。しかし、いくら劣情を膨らませても所詮、マスターベーションに変わりなかった。とにかく実物のマンコを見てみたい。そう考えたAは、ついに犯行を決意する。置き忘れてしまうのでナイフを刺したままに事件当日の月日、午後時半過ぎ。父親が所有する「トヨタ尺八」を無断で持ち出したAは、エンジンを切ったまま運転席に身を沈め、子さんを待ち伏せした。すでに何度か下見はしている。予定通りなら、間もなく家路に向かう子さんが前を通り過ぎるはずだ。時分。紫色のセーターを着た子さんが歩いて、Aの車の前を通り過ぎた。直後、Aは車を急発進させ、後方から子さんをはね上げ、失神させる。「子さんは、目がうつすらと開いているようで、意識も薄れ、ボクシングでいうとKOされている状態ですが、呼吸はしていると思いました」同そんな子さんを、Aは強引に暗闇の畑に引きずり込んだ。無論、犯すためだ。レ〇プ中に騒がれたりしたら面倒になると考えたAは、彼女を殺してから〃楽しむことにした。供述では「そのときまで殺すかどうか決めていなかった」と話しているが、予め凶器となった包丁を用意して犯行
に及んでいることからみても、初めから殺すつもりだったのは明らかだ。Aは後に、陰惨極まりない犯行の様子を詳細に供述している。供述調書から引用する以下、内は供述調書からの引用。子さんの右耳の下センチメートルくらいのところに、包丁の先を付けてから、真上から真下に向けて体重をかけるょぅにして一気に刺しました。中略包丁は、スーツと何の抵抗も無く入っていき、包丁の根元まで入り込みました。包丁で首を刺した感じは、丁度ナタデココをフォークで刺したときと同じ様な感じでした。ナタデココは、私が高校生時代に流行っていたデザートで、寒天を少し堅くした感じのもので、フルーッと一緒に食べるとおいしく、コンビニなどでも売っていた物です息が途絶えたのを確認した後、Aは子さんの上着とスカートをめくり上げ、パンテイを脱がせた。子さんのパンツを脱がしたのは、この時が初めてだったのでマンコを実際に見たり触ったり出来ると思うと、少し性的に興嵆してしまい、心臓がドキドキしたのですこのとき子さんの首にはナイフが突き
刺さったままの状態だった。く包丁をすぐに抜かなかった理由は、テレビドラマで、包丁を抜く時に返り血を浴びるシーンを何回も見たことがあることと、ナイフは直ぐ抜いてしまうとレ〇プした後で逃げるときに置き忘れてしまうと思い、刺したままにしておいたのですそんな無惨な姿のまま、Aは嬉々として子さんの体を弄ぶ。く私は、子さんの右側の腰辺りの位置にしやがみこんで、左手の中指でマンコを触ったり、回くらい中指の第間接まで入れたりした後、子さんのマンコに入れた指を舐めました。マンコを触った感触は、ヌルツとした感じでした。マンコに入れた指を舐めたのは、マンコがどんな味がするかという興味があったからです。マンコに入れた指を舐めたとき、塩っぽい味だった覚えがあります。私は、子さんのマンコに指を入れた後、マンコを舐めてから、はいていたズボンとパンツを脱いで子さんの上に乗って、セックスするつもりでいましたところが、その時どこからか自転車の車輸が回転する音が聞こえた。
セックスすることを諦めて、自転車の人に見つかってはまずいと思い、逃げることにしました。ですから、子さんのおっぱいは舐めていませんまさに鬼畜の所業である。「お前らが迎えに行かなかったから」犯行も鬼畜なら、さらに裁判中の言動もやはり鬼畜以外の何者でもなかった。まずAは、自首しておきながら初公判で一転「供述はすべて妄想だった」と否認し、無罪を主張した。当然、反省の態度もなければ、謝罪の弁もない。それどころか、時に傍聴席の遺族を愚弄するかのょぅに、被告人席でニタニタ笑ぅことさえあった。終始、支離滅裂な言い訳を繰り返したAに対して下った一審判決は、求刑通り無期懲役。裁判長は、「極めて卑劣かつ無慈悲で、凄惨かつ残酷なものであり、まれにみる極悪非道の所業」と断じた。これに対してAは、「一言いわせろ」と叫ぶと、くるりと傍聴席を振り返り、遺族に向かってこんな悪態をついた。「お前らが駅に迎ぇに行かなかったから、娘は死んだんだ」「ざまあみろ」と言わんばかりの口ぶりだった。こんな男に娘を殺されたショックからか、その後、子さんの母親は電車に飛び込み自殺した。父親は悔しさを滲ませ「娘と妻、ふたりともAに殺された」と涙ながらに訴ぇた。Aは一審判決を不服として控訴するが、審も同じく無期懲役。その後、最高裁に上告するが棄却され、年月日付で無期刑が確定した。最後までコトに及べなかったことが悔しかったらしく、拘置所の中でもAは、「童貞のまま刑務所に行くのはいやだ」とほざいていたといぅ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来★★★
一つの出会いで世界が変わる
おすすめの厳選出会い2選。18禁。
≪会員数1000万人突破≫≪フリーメール・匿名での登録OK≫
PCマックス

≪女性誌等への掲載多数、女性登録者多し≫
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
日本で唯一全国展開している交際クラブユニバース倶楽部をのぞいてみよう!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

二次元の彼女のエロシーンやボイスに病みつき
【にじげんカノジョ】

★★★女性が喜ぶ最強のペニスを作る★★★
☆☆自信の増大アップサプリ☆☆
【サイズアップXL】

☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
今がチャンス!赤字覚悟の還元プレゼント中!
【ヴィトックス】

☆☆早漏対策なら☆☆専門医推奨!TENGAのトレーニングツール


☆☆遅漏対策なら☆☆TENGAの遅漏改善トレーニングツール☆☆
⇒遅漏改善用TENGA

☆☆TENGAの男の活力サプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ

☆☆包茎対策なら☆☆ ⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる
SnapCrab_NoName_2018-9-30_13-17-15_No-00.png


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内


タグ