★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
74_202011041100587cc.jpg75_20201104105854602.jpg76_2020110411031555b.jpg77_20201104105857116.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
ここ数年、複数の人間がひとつの賃貸住宅で共同生活する「ルームシェア」が都市部の若者の間に浸透しつつある。ネットの専門サイトや掲示板を覗けば、どこもルームメイトを募る書き込みでいっぱいだ。
どなたかシェアしませんか?家具類は揃ってます貸す側は家賃の節約のため。借りる側にとっては、好立地の人気物件に格安で住めるのが最大の利点だ。そんなブームを背景に、卑劣な連続犯が。
東京青山の賃貸マンションに住む男が、ルームシェア希望の女性を睡眠導入剤で次々と強かんを働いたのである。
毎年その時期が賃貸物件の繁忙期に当たるからに他ならない。魅力的な価格を提示してやれば、応募が殺到すると踏んだのだ。読みは当たり、内見希望者が相次いだ。女性に警戒心を与えぬよぅ、ルームメイトの募集を男女問いませんとしていたため、中には男性からの問い合わせも少なくなかったが、そんなときは「もう決まりました」と体よく追い払った。「クスリを盛ったのはいたずら半分のつもり」当初、Aが計画していたのは、まず女性をルームメイトとして同居させ、その後セフレにするという比較的穏やかなものだった。
錠剤はカゼ薬ではなく、睡眠導入剤だった。以前、離婚のショックで自分が軽い鬱傾向にあると疑ったときに、街のクリニックで手に入れたものだ。検察が明らかにしたところによると、その時点で明確なレ〇プの意志はなかったらしい。A本人も初公判で、動機について触れている。
「もともとそういうこん睡レ〇プの願望はなく、クスリを盛ったのはいたずら半分のつもりでした。突発的にやりました」ともあれ、Aを信用し、クスリを飲んだ。やがて頭がコクリコクリと揺れ始めたのは、眠剤が効いてきた証拠だろう。朦朧とする子さんに、Aがそっと近寄る。「きっと風邪のせいだね。ちょっと横になっていけば?」ベッドに横たわった子さんはうっすらと寝息をたて、やがて完全なこん睡状態に陥った。
眺めるうち、抑えきれない衝動が湧き上がったAは、とり憑かれたょうに子さんの服を脱がせ、体じゅうに愛撫をたっぷり施し彼女を犯した。子さんが目覚めたのは、それからかなりの時間が経ってからだ。衣服はすでに元通りにされている。「すいません。何だか急に頭が痛くなって…」
恐縮する彼女に、Aは素知らぬ顔でとぼけた。「カゼのせいじやん?」犯行の一部始終をビデオカメラで撮影無抵抗な女性を意のままに凌辱する。この鬼畜な行為に魅了されたAは、さらなる快楽をもとめ本格的な犯行準備に乗り出した。手持ちの眠剤だけでは心許ないと、かかりつけのクリニック以外に複数の病院でも診察を受け、効き目の異なる眠剤を大量に入手したのである。一方、青山のマンションには連日のよぅにルームシア希望者が訪れていた。Aが次の獲物として狙い定めたのは、代半ばの子さんだ。「僕にとってルームシェアはボランテイアなんだ。ルームメイトになった女の人たちは、みんな夢を実現させて巣立って行ったよ」
歯の浮くような台詞も、どことなく柔和な雰囲気を漂わせるAが言えば、それなりに聞こえるらしい。いかにも女性に理解のあるように振る舞うのが、この男のやりロだった。すっかりリラックスした様子の子さんに、Aが言う。「そうだ、カクテルを作るから飲んでいってよ」シェーカーに酒とシロップと氷を加え、慣れた手つきでシェイクする。カクテルを注ぎ込んだグラスがつ、子さんの前に並んだ。東京の一等地青山のマンションでカクテルを振る舞う。そのしゃれた演出とアルコルの力で、Aはセックスに持ち込むつもりだった。眠剤は最後の手段。こん睡レ〇プの味を知ってしまったとはいえ、背負うリスクを考えれば、やらずに越したことはない。ところが子さんのガードは想像以上に堅く、なかなかスキを見せない。合意でのセックスが不可能と悟ったAは、あっさりと作戦を変更する。「酔い覚ましにお茶でも出すよ」運ばれてきたウコン茶を子さんは疑いもせず飲み干した。お茶に溶けた眠剤が効きだしたのは、数十分後である。Aは意識を失った子さんをベッドに寝かせ、三脚にビデオカメラを取り付けた。全裸にした彼女の乳房や股間に舌を這わせる様子を撮影するためだ。この日、Aは二度射精を遂げた。一度目は子さんの膣で。そして最後はアナルで。その一部始終は、もちろんビデオカメラに収められている。以降、犯行に及ぶ際、Aは必ずアナルセックスをするよぅになった。強かんしたときが初体験だったのか、もともと慣れ親しんでいたプレイなのか。そのあたりの事情はよくわからないが、いずれにせよ、Aがアナルに強く執着していたことは、紛れもない事実である。居眠りしている間に警察へ駆け込まれ……検察の説明によれば、Aがルームメイ卜募集を始めた年末から翌年に逮捕されるまでの約4力月で、青山のマンションには計24人もの女性が訪れたといぅ。そのうちの5人は、好みのタイプではなかったとの理由で被害を受けておらず、別の10人は合意の上でAと肉体関係を結んでいる。こん睡レ〇プの被害者は未遂を含めて残り9人で、最後の人目に当たるのが子さん当時20代後半である。夕方。約束通り彼女がマンションに現われると、Aは部屋の説明もそこそこに例のカクテルを勧めた。一連の流れはもはやすっかり板についている。次々と酒を飲ませても、相手が落ちそうにないとわかるや、パッと眠剤作戦に切り替えるのもお馴染みの手口だ。「ウコン茶飲まない?日酔い防止に最高なんだょ。血液もサラサラになるし」いつもと勝手が違ったのは、その日、Aの性器がまったく役に立たなかったことだろう。熱心に口説くあまり、自分自身、飲み過ぎてしまったのだ。はやく挿入しないと彼女が起きてしまう。焦りにも似た気持ちで格闘すること分。Aはついに目的を達せぬまま、その場で眠りこけた。日未明。先に目を覚ました子さんの驚きは尋常ではなかったろう。部屋に散らばった自分の下着。全裸姿でイビキをかいている男。何より気味が悪いのは、三脚にセットされ、こちらにレンズを向けたビデオカメラの存在だ。事態を飲み込んだ子さんは警察署へ駆け込んだ。そのままAは強かん未遂の容疑で逮捕となり、押収されたビデオテープから、一連の犯行が次々と明るみに出たのである。東京地裁で開かれた初公判で、検察官はAに質問を投げかけた。「あなたの身内が同じ被害に遭ったらどぅ思いますか?」「娘が同じことをされたら、犯人を絶対に許さないです」本人は当然のことを言ったまでなのだろぅが、それだけに被害者の家族には寒々しく聞こえたに違いない。判決は懲役年。Aはそれを不服とし控訴するも棄却。同日、刑は確定した。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ