★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
164_202011020918210ac.jpg165_20201102091823ad6.jpg166_202011020918240f1.jpg167_2020110209182675b.jpg164_20201102091932811.jpg165_20201102091934dc6.jpg166_202011020919350f4.jpg167_20201102091937c2d.jpg164_20201102092036d6d.jpg165_202011020920389e3.jpg166_20201102092039b3b.jpg167_20201102092041a63.jpg
もしヤッていたら、清水さんが俺にすがってきてたに違いない。ずいぶん重い関係になっていただろう。だからヤラなくてきっと正解だったのだ……。そんな虚しい言い訳を自分にしてみたが、正直、あの黒いパンティの中に突入したかった。悔しいです!翌週、仕切り直しのつもりで、昼飯を奢ってくれるという清水さんとキタで会った。入ったのは、彼女オススメのエスニック料理店だ。
「先週は、ありがとうございました」彼女の表情は、先週より少し明るい。
「金曜に元気つけてもらって、土日ゆっくり休んで、だいぶ元一免になりました」「そりゃ、よかった。かなり疲れてたみたいやもんな。マッサージ中に寝てしまったし」
少しの沈黙の後、清水さんから衝撃の告白があった。「実は…あの日、眠ってなかったんです」えっ?どういうこと?
「辛くて、寂しかったし、このままエッチしちゃってもいいかなって思っていたんです。でも、なんかかしくって……。寝たふりしてたんです」
スヤスヤ寝息をたてていたけど、タヌキ寝入りやったってこと?嘘やろー
「今まで知りあった男は皆、部屋にあげたら、こっちのことはお構いなしの獣みたいなタイプばっかりだったんです。河内さんはいい人ですよね。女性を大事にするっていうか、大人です。まぁ、私に魅力がなかっただけかもしれませんけど」
いい人だなんて言われても全然嬉しくない。俺も獣みたいに清水さんに襲いかかればよかったんや。マッサージで気持ちよくさせてなどと策を弄した結果がこのザマだ。情けない。
「でも、河内さんのおかげで私も自分をもう少し大事にしようと思ったんです。時の気持ちや他人に流されたりするのは止めようって。早く昼の仕事を見っけて、夜の仕事も辞めようと思っています」清水さんが地に足をっけて、元気になっていくのはなことだ。でも、元々彼女のタィプではない俺としては、大きなチャンスを逃がしたことになる。これからは相手に流されないそうだし。昼食を終え、別れ際、あることについた。彼女、寝ていなかったということは、俺がスカー卜をめくり、パンティを覗き見たことも知っているということだ。トホホ……。
近所に住み、お互いのが同級生。もちろんうちの嫁さんも彼女のことを知っている。口説いて失敗したら洒落にならないし、もしうまくいったとしても、バレたら間違いなく生活が破滅してしまうであろう非常にリスキーな夕ーゲットだ。
大学の同級生だった紺野さんの年齢は46才。女性の中では最高齢となる。更年期を迎えていてもおかしくない、盛りをとっくに過ぎた年齢のはずだが、実際の紺野さんは才以上若く見えるし、女としての魅力を十分すぎるほど撒き散らしている。魅力的な今の彼女とヤリたいのはもちろんだが、くりの年月のなかで、どのようにしてこんなに美しく変身したのかも非常に興味がある。紺野さんと知り合って何年も経っのに、俺はまったく気付かなかったのだ。美しくて気になっていた紺野さんが、あのブサイクだった浜やんだったとは…。
紺野さんがまだ浜やんだった大学生時代に遡ろう。俺は男子校に通っていたこともあり、女とはまったく縁のない子、高校時代を過ごしてきた。女と出会う機会はほとんどないうえに、今では考えられないほど女の扱いはへたくそだった。女に縁のない、灰色の代の反動からか、大学に入った俺は、合コン、ナンパと手当たり次第にアプローチし、片っばしから女とヤリまくった。ただし、大学の同級生にはまったく手をっけなかった。「近場の女との面倒はゴメン」という義が当時からあったし、何より、うちの大学には魅力的な女がほとんどいなかったからだ。そんな低レベルの女性たちのなかでも、浜やんは中の下レベル。女としてしたことは度もなかった。どこで売っているのか、オバハンでも履かないようなダサいジーンズにトレナーが彼女のの浜やんルック。猫背ぎみの姿勢の悪さがオバハン臭さを強調する。真面目だがサバサバしたで、いいヤツだったよっだが、当時の俺にとっては、生きてちがないほどダサい女だった。結局二人で話したことは度もないまま年が過ぎ、大学をした。彼女がどこに就職したのかは知らない。そして、俺が紺野さんと出会ったのは今から年前だ。息子の校の父兄会での第印象は『セレブ夫だった。夫婦ともにすらっと背が高く、美男美女。上品で高そうな服を着ている。うちの夫婦を含め庶民的な雰囲気の父兄ばかりのなかで、紺野夫妻は非常に目立っていた。「紺野君のお母さん、すごくいいレザーのジヤケット着てはったなぁ。あれ、めちゃくちゃ高いで」と嫁さんが話していたのを覚えている。その後も、学校の行事やご近所で、時々顔を合わせた。紺野さんは、いっ会って麗にして、ちゃんとした身なりをしている。
姿を見かけるが、その時などはセレブオーラ全開である。会うたびに、いっも「いい女やなあ。いっぺんヤッてみたいなあ」と思わせるだった。とはいうものの、実際にアプローチするにはリスクが大きすぎる。俺が紺野さんに対して何か行動を起こすことなど、この年間で度も考えたことはなかった〇被女との接点は半年しか残されぃなぃ紺野さんが浜やんだったことがわかり、リスクを承知で夕ーゲットにすることに方針変更したのだが、近所の目もあるし、軽々しいアプローチは絶対にできない。いくら慎重に攻めても慎重すぎるということはないだろう。何か月かかったって仕方がない。先日、仕事の前に、息子の修学旅行を見送るため小学校に出かけた。嫁さんがっもりだったようだが「出勤のっいでだから俺がいくわ」と代わりを申し出た。もちろん目的は紺野さんだ。学校に着くや紺野さんを探すが、彼女の姿は見えない。しばらくして彼女が息子と緒にやってきた。朝早いにもかかわらず、相変わらずきちんとした身なりだ。と離れると、紺野さんは俺の近くにやってきた。「このあいだは、どうも」と声をかけると「おはよっございます」と笑顔であいさっする紺野さん。彼女と話すのは、同級生だったことを告げられて以来だ。「でも、ほんとにびっくりしたよね」「ほんまやな。俺もまったく!!がっかへんかったわ」いくら同級生だったことがわかったとはいえ、急にタメ口で話すのは、なんかかしい感じだ。ただ、二人の距離感がグッと近づいた気がしてドキドキする〇昔話や!の話をしていると、同級生の母親が話しかけてきた。「紺野さん、河内君のお父さんと知り合いやったの?」「そうやねん。大学の同級生やねん」「うそ、すごい奇遇やんか」そうか。男女の父兄同士がタメ口で親しげに話しているのは目立っよな。気をっけないと、何もしていないうちから、あらぬ誤解をされたり、噂が広まったりするかもしれない。母親たちは噂話が好きだし。話の中で、紺野さんの息子が子受験することがわかった。頭がよさそうだし、金持ちだし当然だろう。うちの息子は地元の公立に進学する。学校がバラバラになるということは、学校を通じての彼女との接点もこの半年しか残されていないことになる。ただし、悪いことばかりではない。接点が少なくなるということは、バレたりするリスクが多少は小さくなることを意味する。
いずれにせよ、この半年の間に、紺野さんとの距離をもっと縮めて、個別に連絡し合えるような間柄になることが望ましい。さあ、どうする?
思いついたのが、以前タケシヨーの連絡先を知り、アプローチのきっかけにした「同窓会」だ。大学の同窓会のは、卒業してから何度か届いていたが、度も顔を出したことがない。住所変更の届けをしないうちに、一すら届かないようになった。次回の疋があるのかどうかもわからなぃ。かといって、仲の良かった同窓生が集まって飲み会をするというのも無理がある。なにしろ、俺と浜やんは仲が良いどころか、話したこともない間柄なのだから。ここは、紺野さんに俺と同級生だったことを伝えたい。A子を利用してみようか。A子は女としてはしたことはないが、音楽の趣味が合い、大学の女性の中では仲が良かった方だ。紺野さんとは今も接点があるようだし。「どうしてるんやろ。久しぶりに会いたいよな」などと紺野さんに話し、人で飯でも行こうと誘ってみるのはどうか。正直、子がどうしているかなんて、まったく興味はないし、別に会いたいとも思わないが、俺が思いっく紺野さんとの距離を縮める方法はそれしかなぃ。紺野さんに会ったら、この作戦を実行しようと決めた俺だが、なかなか彼女と話す機会がない。先週の運動会の時も、お互いが家族と緒だったため、あいさっするだけで精一杯だった。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ