★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
156_20201031163412a41.jpg157_20201031163413ff3.jpg158_202010311634155e6.jpg159_20201031163416847.jpg160_20201031163418162.jpg161_20201031163419052.jpg162_2020103116342144f.jpg163_202010311634223f4.jpg
オブラートに包んだ優しい断り文句に聞こえるが、こういう言葉こそ後々ボディプローのように効いてくるのだ。日くらい落ち込みました、はい。と、いつまでも落ち込んでる訳にもいかない。新たなターゲットを決めて、リベンジを狙います!今回も、ジメジメ天気を吹き飛ばすベく、爽やかな色白店員さんを狙って、お手紙配ってみました。
乾杯して、いろいろ聞いていこう。「真奈美さん、可愛いけど、彼氏とか男関係はどうなの?」「ハハハ、みのやさんいきなり直球ですね!もう少し先に聞きたいことないんですか〜?」やっぱり早すぎたか。「ごめんごめん。他にも聞きたいことはあるけど、一番聞きたいことから先に聞いておこうかなと思って」「みのやさんって、いくつなんです?」おぉ、俺も真奈美さんの歳は聞きたかったぞ。「俺は43才だけど、真奈美さんは?」「今年で36才になります。すいませんおばさんで…」へえ。もう少し若く見えたが結構いっててびっくり。「いやいや、こちらこそおじさんでごめんなさい。今まで年上とかと付き合ったりした?」「何人かはいましたけど…」
「マジ〜!でも20才上っていくつのとき?ほぼ親子じゃん!」「アハハ、ですょね」
サラッと年上が多かった、なんてセリフも出たし、この子、けっこう男性経験が豊富そうな感じだなぁ。となると、いきなり下ネタな質問を繰り出していきたいところだが、まだ会ったばっかりなのでもう少し待とう。「じやあ、俺くらいおじさんでも大丈夫ってこと?なのかな?」「全然、みのやさん若く見えるから大丈夫ですょ!」う一ん、社交辞令っぽけど、おじさん嬉しいです。
「手紙くれる人ってどういう人なんだろうって…会うくらいならいいかなって!」そっか、手紙が嬉しくて、単純な興味から会いに来たっていうことか。やっぱりお手紙パワはすごいね。でもこうして聞くと、彼女、けっこう純粋な感じがするなあ。ちやんと口説けばなんとかなるんじやないか。このあたりで生ビールを飲み終え、ハィボールに切り替える。「真奈美さんさ、その今お付き合いしてるカレのこと、聞いてもいい?」彼氏との関係を聞いておかなきやどう口説いていいのかわからないからね。
「いいですけど…」「どうやって知り合って、何年くらいになるの?」「まだ年くらいですかね…。知り合ったのは、お店の先輩の紹介です」なんでも先輩の紹介で知り合って付き合うようになったのはいいが、その彼が少し変わっていて戸惑ってるようだ。
「彼、全然怒らないんですよ。やきもちも全然しないし。だから今回もちよっと嫉妬させてやろうかなって…」おいおい、大丈夫か。面倒くさいことに巻き込まないでくれ上。「ってことは…、彼氏には今日、手紙の人に会うって言ってるの…?」「それは、まだ言ってないです」セーフ…。「そんなことは言わないでいいんじゃない?さすがに心配するでしよ!」「それがしないんですよ一—私が男の人と飲みに行ったりするのも平気らしくって。逆に、たまには男友達と飲みにでも行つてこいつて!なんか変な人ですよね…?」確かになんか変な男かも。でも彼女のことを信じてる、みたいなパターンかもしれないな。それは言わないでおこう。
「そんな彼氏なんてほっといて、遊べばいいんじやない」
「ハハハ、そうですね、みのやさんのほうが優しそうだし!フフフ」「アハハ」なんだなんだ、いい感じじやないですか?少し酔ってきたのかテンション上がっている。このままいい感じで進めていきたぃ。軽く引き寄せて軽めにキスをでも、ここで調子にのってはダメだ。これまでの話を聞いた感じだと、真奈美さん的には彼氏のことが大好きで、ヤキモチをやいて欲しいというだけにも思える。
「彼氏以外とは、よく飲みに行ったりするの?」「ほとんどないですね。今回は特別です!」
「じやあ、逆に彼の方はほかの子と遊びに行ったりしてそう?」「それが、そういう気配は全然ないんですよ一」
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ