★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
48_202010311150438a5.jpg49_20201031115041250.jpg
いくらSNSを使ってセフレを作ろうにも、ツイッターやインスタなんかは、若者ばかりが元気なだけでオッサンはまるで相手にされていない。そんな悲しき中年たちに朗報だ。ついに我々でも真正面から戦えるアプリを発見した。それこそが50代以上限定のSNS「おしるこ」だ。子育てが落ち着いてきた50代後半の女性も多く登録しています。
サービス内容は各々が日記をつけたり、興味のある趣味サークルに加入したりと、一般的なSNSとそう大差はない。
しかし、一つだけ他のSNSとの決定的なちがいがある。それは男のガツガツ感が少ない、というかほとんどない点だ。
50代以上しか登録者がいないため、ゆったりとした生ぬるい雰囲気が漂っている。これは俺の予想だが、紳士的にふるまうほうがモテると考える男が多いのだろう。
例えば女が日記に食い物の画像をアップしていれば、「おいしそうですね。実は私の地元にも有名な郷土料理がありまして」と、こんな風に紳士なコメントで女と仲良くなろうとする男が多い。ツイッターのようにいきなりDMで飲みに行こうと誘う奴はいないわけだ。アプリを使い始めた当初は、俺も彼らにならって紳士的なコメントを送ったり、日記に読書の記録なんかをつけて渋いオッサンを演じてみたが、女からのレスポンスは悪く、返事はゼロだった。
しばらくして作戦を変更。今度はあえてガツガツとしたメッセージを送りまくることにした。記念写真を上げているオバハンがいれば、「すごく魅力的ですね。お食事でもご一緒できればうれしいです」だとか、習い事で合唱をやっているババアがいれば、「ぜひ生で歌声を聞きたいです。カラオケに行きましょう!」、などなど、他の出会い系なら当たり前の戦法だ。
すると、これが功を奏したようで返信率が飛躍的にアップした。たぶん褒められるのに慣れていない女が多く、照れながらお礼の返事をくれたのだ。中でも実際に会うことになったのは、隣県に住む52
才のアユミさんだ。彼女は「おしるこ」でフランクに話せる茶飲み友達を探していたみたいで、すんなり喫茶店に二人で行くことに成功。正直ここまで楽勝だとは思わなかった。小一時間の雑談を済ませて店を出たタイミングで手を握って一言。
「アユミさん。お話をしていたら好意をもってしまいました。もっと一緒にいられませんか?」
彼女の返事はこうだ。
「えっと、今日は帰って家事をしなくちゃなので、また別の日にお会いしましょう」
さすがに即日は難しかったようだが、再会したときは居酒屋で軽く飲んでから、すんなりホテル行きに成功した。現状、身体の関係が続いているのは彼女一人だけだが、他にも2人のオバサンと食事に行く約束を取り付けている。50代SNSでセフレを作るにはガツガツ褒めるのが正解のようだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ