★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
164_20201030161911889.jpg165_202010301619120d2.jpg166_202010301619146bb.jpg167_20201030161915d99.jpg164_20201030161434efe.jpg165_2020103016143578d.jpg166_202010301614368e7.jpg167_20201030161438796.jpg164_202010301617511c7.jpg165_202010301617521f7.jpg166_20201030161753197.jpg167_2020103016175579d.jpg
忙しい時期のサポートスタッフだったんですが、彼女、非常に頑張ってくれてたんで、また忙しくなればスタッフで来てもらいたいんですけどね」
こちらは、忙しくなるまで待ってる訳にはいかない。どうやろ、よく頑張ってくれた清水さんへのお礼として慰労の飲み会でもやってあげたいんやけど。
「いやいや、慰労だなんてめっそうもありません。そのお気持ちだけでに十分です。清水も喜ぶと思いますよ」
わりと強めに固辞されてしまった。しつこく食い下がるのもなあ。こうなりゃ、直接アプローチすればいい。どうせ、彼女はフリーの身。誰にも遠慮することなく会うことができるのだから。さっそく女の部署にをかけた。都合良水さんが出た
「営業の〇〇さんから聞いたよ。今月末で辞めはるんやて?」「そうなんですよ。もともと今月末までの契約なもので。こちらからちゃんとごしないといけないのにすいません」「いやいや、短い間やったけど、ありがとう。で、来月からどうするの?」「おかしいんですが、まだ仕事決まってないんですよ。焦っても仕方ないので、ボチボチ探します」そろそろ誘ってみるか。
「清水さんにはお世話になったし、いっぺん『お疲れ様』の飲み会でもしよか」
「ありがとぅございます。契約中は色々ぅるさいんですけど月にはいったらぜひ誘ってください!」携帯の番号はゴールデンウィーク前にすでに教えてもらっていたが、メアド含めて、改めて交換した。なんか思っていたよりスンナリ、事が進んでいくぞ。この調子なら簡単に会えるんじゃなかろうか。いや、問題は実際の清水さんがどんな女性かだ。俺の中では完全に『鈴香』そっくりの、上品で落ち着いた大人の女性イメージが出来上がっている。もし期待はずれだったら、ショックは大きいだろうなあ。そのときはソッコウでヤルノー卜からけしてやる。時々夜はなるんメアドの交換以来、清水さんから日中にメールが届くようになった。内容はたわいもないことだが、ついついニヤケてしまう。しかし、俺のようなオッサンにマメにメールしてくるのはなんでだ?もしかしたら、俺と同様、でのやり取りだけで興味を持ってくれたのか?勝手に期待が膨らんでいく。
途端に心臓がバクバクし始めた。血液が倍のスピードでの中を駆け巡るように感じる。こんな夜中に、清水さんが俺からの!を欲しいつてどういうこと?すぐに店を飛び出し、ビルの階段からをかける。「河内さん、に遅くにごめんなさい。でも、声が聞けてうれしいです」声の調子からして、彼女もだいぶ酔つているようだ。が、その酔つている声も色が増していつも以上に魅力に感じる。で、今日は、どうしたん?「河内さんから何度か電話いただいてたのにお話できてなかつたし、もしかしたら河内さん、今話せるかなと思つてメルしてみたんです。よかった。河内さん、
家じゃなくつて。でも飲まれてる最中だし、すぐに切つてくださいね」いやいや、いくらでも話に付き合ぅよ。「清水さん、仕事、今日までじゃなかつたつけ?今日は送別会で飲んでたの?」「送別会なんてやつてくれないですよ、全然」それから分ほど話しただろぅか。お互いだいぶ酔つぱらつていることもあり、多少支離滅裂な内容だつたが、彼女のことがいろいろわかつてきた。年齢は才。声から想像していたより少し若かつた。福岡出身で、大阪にはり前にやつてきて、に人暮らし。こちらに来てからはずつと彼氏がいないらしい。「だから、時々、夜は寂しくなるんですよ」色つぽい声で「夜は寂しい」なんて言われるとドキドキしてくるやないか。話は、だんだん下夕になつていつた。清水さんは嫌がるどころか、食いついてくる。で、どんなエッチが好きなん?「やつぱり、何度も何度もキスをして、ギユッと強く抱きしめられながら、されるのが量丸持ちいいです」クーッ!たまらんーなんぼでもしたるやん、俺が。
今まで、俺が興味をもつたりヤツてきた女性は年上年下問わず、それぞれ色気を感じさせていた。色をまき散らす夕イプでなくとも、秘められた色気を感じるからこそ、ヤリたいと思う。俺は艷つぽいが好きなのだ。その点、彼女は、まつたのタイプじやない。じや、俺はなぜ彼女に興味をもつたのだろう?正直自分でもまつたくわからない。が、娘でもおかしくない歳の彼女と、朝会えただけでなぜかドキドキするのも間違いないなのだ。この気持ちはいつたい何なのだろう?彼女がこれからヤルノー卜に載る存在になるかどうかはわからないが、何らかのアプローチをして、俺の気持ちを確かめてみたい。さて、話は戻つて清水さん。週明早々、会う約束をすべ女に電話をかけた「金曜日はにすいませんでした」シラフの彼女はに申し訳なさそうだ。就職活動は進んでる?「いえ、全然です。夜も働いているのでそんなに急に決めなくてもいいかなつて」えつ、夜のバイトつてお水の仕事もしてるつてこと?「派遣だと雯定じやないですか。それにそれだけだと貯金もできないので」
ちよつとシヨックだ。清水さんにはお水のィメージを全く持つていなかつた。いや、待てよ。会社を辞めるのがわかつてから、メアドを交換し、メールを頻繁に送つてきたのはもしかして営業活動だつたのか?そうは思いたくないなぁ。気を取り直して、会う約束をしようとすると、つめんなさい。昼のお仕事を辞めたので、夜は毎日入ることにしたんです。お昼ごはんとかなら大丈夫ですけど」お昼ごはんか…。それもいいけど、それならいつそのこと!水さんが働いているお店に行つた方がいいかも。のホステスがィメージできないわけじゃない。いや、曼咼やないか。「えつ、河内さん、来ていただけるんですか?ちよつとかしいけど、うれしいです」店の名を聞き、日後にことにした。しかし、どんな店なんだろう。クラブとかだつたらならんぞ。
清水さんとミナミのキャバクラで対面を果たした。彼女はで想像していたイメージとはギャップがあったものの、まぎれもなく超癒し系の魅力的な女性だった。彼女との最高に癒されるセックスをなんとしても実現するベく、俺は行動を開始したのだが、その前に他の女性たちについての状況をお伝えしておこう。まずは、本気で惚れてしまい、昨年のクリスマスに精はれた小西さん。お互いに「会いたくなったら、会ぅ。ヤリたくなったらヤル」大人のでいよぅと決めたものの、彼女の仕事と家庭の事情でヤルどころか、会うことすらままならなかつた。そんな彼女から連絡があり、久しぶりに会うことができたのは月の終わり。夕方、パート帰りに待ち合わせたのだが、相変わらずのかわいい奥さんぶりである。「久しぶり!」まずはビールで。アルコールが入ると、途端に小西さんは甘えモードになつた。話しながら、俺の腕や手の甲に触れてくる。ヤリたいのか?だから連絡してきたのか?早めに切り上げて店を出て、ストレー卜にホテルに誘うと、彼女が俺の手を握つてきた。間違いない。している!相変わらずエッチではかしがり屋の彼女だが、前回よりはだいぶ的だつた。「ヤッたの半年ぶりやなぁ」「そうですね。ず一つと忙しかつたんですけど、仕事が落ち着いたら急に淋しくなつちゃつて。でも半年に回くらいがちよつどいいのかもしれないですね」俺としても、残念ながら初めて彼女と結ばれた時のような興奮や悦びは得られなかつた。単に、いい女とするセックスの気持ちよさと、以前好きだつたという少しの感傷があるだけだ。セフレとして頻繁に会つたとしてもだんだん楽しくなくなるだけだろう。バレるリスクもある。小西さんが言うように、忘れた頃にまた会いましよう。そして、毎朝出会う天使のように綺麗な女のコ女子大生か?だが、彼女とは全く進展がない。相変わらず穢れのない美しさで、ヤリたいという下衆な思いはまったくおきない。なのにこれだけ気になるのはなぜだ?せめてでも気軽に交わせる仲になりたいものだが、親子ほど歳が離れている彼女とはキッカケの作りようがない。梅雨時なので、突然雨でも降ってきたら「よかったら駅まで入る?」とでも言おうかと、曇りの日でも傘を携帯して彼女のそばを歩いたりしたが、そんな場面は実現しない。でも、客観的にみたら、俺がやってることってただのストーカー行為やん。気持ち悪がられないように気をつけないと。わがままな男がなん?さて、話を清水さんに戻そう。月初め、俺は彼女が働くキャバクラで約時間、気持ちのいい会話を楽しみ、「来週に食事でもいこう」と約束して店を後にした。当然だが、あくまでも彼女とは仕事が縁で知り合った男女としてこれから距離を縮めていかねばならない。間違っても「キャバ嬢と客」の関係になってはいけない。食事にいくにしても、同伴だ。さっそくアポを取ろうとメールを送ったところ、お昼ごはんにタィ料理が食べたいと返ってきた。慎ましくていいね。日後、梅田で清水さんに会う。やはり、店で会ったときの印象同様、安めぐみをチャラくした感じだ。私服の趣味も正直ちょっと安っぽい。てはそれなりに色っぽい服装だったので胸元や太股が非常にエロかったのだが、昼間の彼女にセックスアピールはほとんど感じない。まあからいいけど。「どう、昼簡の仕事はみつかりそう?」「なかなか厳しいですね。いい仕事がなくって」「まあ、気長に探したら。夜の仕事もすごく向いてそうやし」「はい、ありがとうごいます」にしても、によく気がつくコだ。料理がくれば、すぐ小皿にきれいに取り分けてくれる。驚いたのは、俺のタバコがなくなった瞬間に「はいっ」と新しいタバコの箱を渡されたことだ。さっき彼女がトイレに行ったとき、どうやら俺のタバコがなくなりそうなのを見て買いにいってくれたらしい。そこまでするか気を遣い、相手を気持ちよくさせる。奮に水商売が天職の女性なんだろう。こんなコと付き合ったら楽だし、癒されるんやろうな。実は、俺には女に甘えたいという欲求はぁまりない。こちらがィニシアチを持ったほうが楽しいからだ。でも、たまには相手に身を任せ、ゆったりと癒されるのもいいんじゃないか。セックスだってそう。相手のことなど気にせずに、こちらがマグロで至れり尽くせりの癒されるエッチも経験してみたい。ただ、話しているうちに彼女の生気のない眼元がだんだん気になってきた。もしかしたら、彼女は気を遣いすぎ、相手に嫌とは言えず、彗無理をしてるんじゃないか?その予想は当たっていた。何でも、清水さんは大阪に来る以前、福岡の専門学校卒業後、昼間はバィト、夜は中洲の二ユークラブで働いていたらしい。接客に厳しい店て、客への気遣いは徹底的に教え込まれたといっ。客を含め、付き合った男は何人かいたそうだが、皆わがままで自分勝手な男ばかり。暴力をふるう男もいたが、嫌とは言わず、とことん相手にしていたようだ。「男の好みに問題ぁるんですよね。わがままな男が大好きなんてす」かなり精神的に参っていたらしく、リセットしてから始めようと、親戚がいる大阪に居を移したらしい。「懲りたので、男は当分つくる気はないんてす」男は作らなくても、キャバ嬢の仕事でも無理してるようだ。しんどくて眠れない日もあるらしい。「期待されると何として為えないといけない」「嫌われたくない」「相手に嫌な思いをさせたくない」……。そんなことを思つてホステスしてるとキツイやろな。俺は間違つていた。彼女、水商売は絶対に天職じゃない。「そうかもしれません。昼間の仕事が見つかれば、夜の仕事は辞めようと思います」清水さんは弱つている。男を癒すどころか、癒しが必要なのは彼女の方だ。この状態なら十分落とすことは可能。いや楽勝じやないか。弱つているところに付け込むのは多少!!が引けるし、期待していた「癒しセックス」は無理だろうが、ここは俺が清水さんを心身ともに癒してやろうじやないか。ポロポロその後、一度、軽く昼食を緒に取つたり、何度かメールのやり取りをしていたある日、清水さんから会いたいとメールが届いた。相手から会いたいと言われたのは初めてだ。こりゃ期待できる。翌日、昼食を緒にとつた。午前中に面接がありスーツ姿の清水さん、髪も後ろで縛っており前とかなり印象が違う。就活中の女子大生にしか見えない。
「んで、今日はどうしたん?」
レストランに入り、問いかけると、清水さんは突然ポロポロと涙をこぼした。夜の仕事のこと、就職のこと、身体の不調、いろんなことを泣きながら話し続ける。かなりきてるなぁ。
「ごめんなさい。こんな話できる人が、河内さん以外に全然いなくって。辛くって。ほんとにごめんなさい」
「いやいや、そんな謝らんでもいいよ。……今日は、夜の仕事休んだら?」「週末なので、迷惑がかかるから絶対に休めないんです」
そんなやからしんどくなるんや。とりあえず、今日の夜、遅めに店に行くよ。終わった後ゆっくり話そうや。「いいんですか?でもうれしいです」
潤んだ目で俺を見る清水さんを見て俺は確信した。間違いなくヤレる。しかし、一方で気になることもある。ヤレたはいいとして、その後、重くならないか?すがってこられても正直困る。まあ、いい。彼女の様子を見ながら臨機に対応しよう。約束どおり、その日の夜店に行き、閉店後清水さんと和食の店で落ち合った。「今日はほんとにありがとうございました。もう大丈夫ですよ」「いつでも話ぐらいぞから、遠慮せんといてよ」就職などの相談にのりつつ、時間ほど話をした。清水さん、首や肩をしきりに動かしている。「肩こってる?」「そうですね、だいぶ」ストレスがかなり肩にきているようだ。「俺、肩揉むの、むっちゃうまいで」「えっ、そうなんですか。じゃ、揉んでくださいょぉ」「いいよ。いつでも揉んだるで」
どうする。すぐにホテルにでも誘うか?いや、もう少し飲ませたほうがいいだろう。
「今日は疲れているので、まっすぐ帰ります」あれれ、あかんやん。寝てる?店を出て、タクシーに乗る。
「今日でもよかったら、肩揉んだろうと思ったのに」「えっ、ほんとですか。ほんとにいいんですか?じゃ、私の部屋で揉んでもらってもいいですか。コーヒーやお酒くらいお出ししますし」これは、意外な展開だ。いきなり部屋に上がれるとは。完全に〇ということだろぅ。ヤッた後のことは心配だが、そんなこと今はどぅでもいい。据えわぬは男の恥だ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ