★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
204_20201030153815e0c.jpg205_2020103015381756b.jpg206_20201030153818dfe.jpg207_20201030153814137.jpg204_202010301540070e5.jpg205_20201030154008801.jpg206_202010301540100c8.jpg207_20201030154011738.jpg
初めまして。今月から友人の伊藤に代わり、連載を受け持つことになった平井美加です。現在は都内の貿易関係の会社に勤めてます。現在の大人しそぅな雰囲気とは違い、小さいころの私はずいぶんオマセな子でした。初恋は幼稚園のころで、相手はシブガキ隊のモックン似の男のコ。彼が家に遊びに来たとき、大好きなあまり布団に誘ってイチヤイチヤしてたのを今だに覚えています。もっとも、そんな積極的な性格も小学まで。中学高校ではどちらかというとマジメグループに属していました。異性に対しても奥手で、憧れの先輩に片思いすることはあっても、告白なんて絶対できません。当然、ボーイフレンドは人も出来ませんでした。初めて男性と交際したのは、大学年の夏休みです。相手は学校の仲良しグループのひとりでした。当時、私は別の男性に片思いしていたのですが、そのことで相談をしていた友人に「好きだ。俺と付き合ってくれ」と迫られたのです。男性にコクられるなんて生まれて初めての経験だし、めちやくちやビックリしました。結局、コクられた彼と付き合うことにしました。高身長だし、字もキレイだし。何ょり私のことを好き好きいってくれる男性なら、絶対浮気もしないと考えたのです。初エッチは才の冬、交際から半年くらいたったころでしょうか。ずいぶん時間がかかったのは、エッチに妊娠や激痛のイメージがあり、なかなか決心がつかなかったからです。エッチの感想は「痛い」のひと言でした。何度やってもなかなか痛みが引かないので、彼氏に「いつになったら気持ちよくなるの?」と尋ねたくらいです。もちろん、だんだんエッチの良さもわかってきたんですけど。そのころ、私は長年の夢だったオーストラリア留学の真っ最中で、彼とは遠距離恋愛を続けていました。ところがある日、突然、彼から「もう待てない。別れよう」とロげられたのです。どれだけ泣きまくったか。近い将来、結婚を漠然と考えていただけに、彼がずっと私を待っていてくれると信じていただけに、突きつけられた現実をどうにも受け止められなかったのです。私はちゃんと女として見られている以来、今日に至るまでの年間、彼氏と呼べる存在は人もいません。過去に気になる男性やひと目ぼれした人も少なからずいました。でも、そこから一度も恋愛につながらなかったのは、消極的な性格が原因でしよう。せつかく好きな男性に話しかけられても、意識しすぎて話せなかつたり、ときにはワザと「アナタなんか興味ないわ」的な態度をとつてみたり。男友だちとは普通に接することができるのに、好きな人にだけスキを見せたがらないのは自信がない証拠。自分をさらけ出すのが怖いんだと思います。だからいつも、友だちで終わつてしまうのです。そんなことをくり返すうち、いつしか私もの大台になつていました。年々、オンナとしての自信は減る一方です。年間、彼氏もできず、一度もエッチしていない自分が、今さら人並みに結婚なんてできるのでしようか。でもそんな中、少しだけ自信が生まれたのは今年月の出来事のおかげです。その日、友人の結婚式に出席した帰り道、突然、私の目から涙があふれ出しました。素敵な式だつただけに、今の自分の置かれた状況がどうにも情けなくなつたのです。しばらく道端で泣きじゃくっていると、自分よりずっと若い男性が声をかけてきました。
「大丈夫?どうしたの?」酔っ払っていたせいか、聞かれるまま私は涙の理由を答えました。幸せそうな友人を見てとてもうれしかったこと。でも自分にはそういう縁がないんだと痛感し、悲しくなったこと。見ず知らずの男性に、私は愚痴を延々分もこぼし続けたのです。
彼に自宅まで送ってもらぅことになり、途中、何度もキスをされました。抵抗しなかったのは、酔いのせいだけじゃありません。愚痴にずっと付き合ってくれたことに好感を抱いたのと、何より彼自身が超イケメンだったからです。数歩あるいてキス。歩行者がいなくなれほまたキス。キスキスキスキス。普段なら自宅まで分で辿り着く道のりを時間もかけて歩きました。さすがに彼のアパートへ誘われたときは丁重にお断りましたが、それでも翌日のテンションの高さといったら半端じゃありません。代の、しかもイケメン君にナンパされた。カラダ目的だったとしても、私はちゃんと女として見られている。この事実は、私に自信を取り戻させてくれました。私だってまだまだイケるのかも。
ってくれば?」飲み会やスキー合宿などの活動を通して男女が交流する、お見合いパーテイのカジュアル版のようなもののようです。もともと私は、知らない人が大勢いるところは苦手だけど、いつまでもこんなこと言ってちゃダメ。もっと積極的にならなきや。意を決し、中学時代からの親友、純子を誘って参加することにしました。彼女はカレシ持ちなのでうまくアシストしてくれるかも。迎えた週末、多摩川の河川敷に到着した私は軽く溜息をつきました。参加者は約人で、男女比も対と中し分ないのですが、悲しいことに男性陣は近いおじさんばかりだったのです。彼らは、男同士でかたまり、静かにお肉を食べていました。ときどき女性陣の方にチラチラと視線を送ってはくるけど、誰も話しかけてこようとはしません。なんでこんなに暗いんだろう。もっとみんなでワイワイ騒げばいいのに。ま、ガッツリ寄って来られたら、それはそれで面倒ですが。このまま誰とも交流せず帰るのもなので、たまたま隣りでビールを飲んでいた男性に話しかけてみました。「こんにちは。アウトドアが好きなんですか?」
隣りに移った私は大いに場を楽しみました。飲んで踊ってまた飲んで。イケメン君たちとも自然におしやべりできただけでなく、この後の二次会にも誘われました。大収穫です。もしかして恋のチャンスがあるかも。淡い期待が現実になったのは、二次会が行われるバーに着いてすぐのことでした。「今日は楽しかったね。とき、ハジけてたつしよ?」隣りの席にいたハーフっぽい男のコが気さくに声をかけてきました。実は彼、私が密かに良いなぁと思っていた人だったのです。渋谷くん、才。写真が趣味で、ヒマを見つけては海外旅行に出かけているのだとか。普段は、気になつた男性に話しかけるのが苦手な私ですが、ここぞとばかり、勇気を振りしぼりました。「海外によく行くんだあ。私も昔、オーストラリアに留学してたよ」「あ、いいねぇ。オレもまたどっか行きたくなっちゃった」「行けばいいじゃ一ん」気がつけば、終電の時問が近づいていました。会計の際、渋谷くんが人懐っこい笑顔を向けます。「ね、赤外線しない?」よろこんで応じました。思わずニャけたくなる衝動を必死で抑えつチョ〜嬉しいんですけど。
横顔にナマ温かい感触が走りました。えっ、いま、頰にキスされた?心臓が止まる思いで彼の顔をのぞき込んでみると、今度は唇にチユッ。嬉しい!ダメダメ、落ち着かなきや。キスぐらいで興館したら経験の浅さを見透かされる。ここは余裕を見せないと。それからしばらく、唇の触れあった状態が続きました。まだ出会って問もないのに、こんな展開って…でも人とも大人なんだしアリだよね。離れてはくっつく小鳥のようなキスが続きました。でも、でもなぜか、ディープキスに発展する気配がまったくありません。もしかして、私が年上だから遠慮してるのかな?
勇気を出して自分からロを少し開けてみました。どうぞ。いいよ、舌入れても。でも、入ってきません。どうしてかな?もう我慢できない、私から入れてあげよっと。どうしたことでしよう。いくら舌を伸ばしても、彼の舌にたどりつきません。ょぅやく、ロの奥の方で舌らしきものに触れたとき、彼はそれをクルツと引つ込めました。なぜ舌を絡めないの?もしかして私に興味がない?心を開いてくれないの?舌を隠す理由を教えなさいもちろんそんな台詞を吐く勇気はありません。でもこんなキスで満足するなんてどぅいぅこと?この人のエッチってツマンないんじゃない?セカンドバージン状態の私にしては、ずいぶん先走った不安だけど、やっぱり気にはなります。結局、ディープキスには発展しないまま公園を後にし、六本木駅で別れました。「じゃあね、美加ちゃん。今日は楽しかったよ」「こつちこそ。またね」
いままでお仕事だったの?お疲れさまです。私も渋谷くんとたくさん話せて楽しかったよ。でもいきなりキスするからビックリしたよ。渋谷くん、えっち〜すぐに返事が来ました。男は誰しもそんな気分になる時があるんですよ。明日も仕事、頑張ります!メールを読みながら、思わず考え込んでしまいました。これって私だからキスしたんじゃなくて、単なるノリだったってこと?別に相手は誰でもいいの?どこか心にひっかかりを感じながらも、やり取りは続きました。けれどいつも他愛もない雑談に終始するばかりで、次のデートのお誘いがありません。そのぅち、彼からのメールも日おき、日おきと徐々に落ちていく始末です。焦れた私は思いきって勝負に出ました。職場の先載から巨人戦のチケッ卜をもらったの!渋谷くん、ジャイアンツファンだったよね。一緒にどうですか一俺、先日、彼女ができたんです。それでよければ別に行ってもいいですよ脈がないことは前からなんとなくわかっていました。つも年下の渋谷くんのこと、たとえ付き合えたとしても、結婚にはなかなか結びつかないだろうとも。でも、この言い草はないんじやない?どうせフるなら、もっと優しいことばがあったはずじやない?はぁ〜、もうヤダ!冷たいお茶を飲み、気分を落ち着かせたところで返信しました。甘酸っぱい彼の舌の味を思い出しながら。そぅですか。では彼女さんとお幸せに。さようなら
翌日、親友の純子を喫茶店に呼び出しました。このモヤモヤとした気持ちを、誰かにぶちまけないことには仕事もままなりません。さっそく渋谷くんの一件を伝えると、彼女は鳥の穴を膨らませ、私の肩を叩きました。「はやく忘れちやいなよ。イイ男なんて他にいくらでもいるんだから。ど一せなら、もっとランク上の男を捕まえなよ」励ましてくれるのはいいのですが、どこに「イイ男」がいるのかと問い質したくもなります。だってそんなの、私の生活圈で見たことないもん。「そんなにスネないの。金曜の夜、クラブに行こぅよ。若くてオシャレな子、いっぱい来てるよお」クラブか。ここ最近はあまり行ってないけど、憂さ晴らしにはちよぅどいいかも。迎えた当日、待ち合わせ場所には、純子とその彼氏、そして見たこともない男性が数人、集まりました。どぅやら純子の彼氏の友人のよぅです。残念ながら私のタイプはいません。クラブでは誰からもナンパされませんでした。収穫ゼロ。あらためて才という歳に対する、世間の態度を痛感した次第です。ところがその翌日私のもとに一通のメールが届きました。お疲れ様〜。昨日は楽しかったね。今日はゆっくりしてるの?昨夜、一緒にクラブへ行った男性陣のひとり、勇太くんでした。なんとなくメールのやり取りを続けると、週問が経ったころ、いきなりお誘いメールが届きました。人で飲みに行こぅといぅのです。タイプじゃないけど、純子によれば輿太くんはマジメでイイ奴らしい。とりあえず〇の返事を出し、当日、待ち合わせの渋谷へ向かったのでした。なのに、ごめん、美加ちゃん。急用ができて今日行けなくなっちゃった待ち合わせ時間の分前にドタキャンメールなんて!どこがマジメでイイ奴なのよ!それだけじゃありません。後日、職場の後帶に誘われて参加した対の合コンでも、悲しい出来事が起きました。男性陣は終始、他の女の子たちとばかり盛り上がり、私だけ蚊帳の外に置かれたのです。ケータイ番号やメアドさえ問かれません。渋谷くんにはあっさり振られ、勇太くんにはドタキャンを食らい、そして飲み会ではこの有様。ここに至り、私は嫌が応にもある事実に気がつきました。もしかして私、イケてない?大事な自分磨きを怠っていたもともと私はオシャレが好きでした。ブランドモノに身を固めるのは嫌だけど、自分なりのこだわりは持っているつもりでした。けれどいま、あらためて鏡の前に立つと、そこにはどこか生活に疲れた三十路女がぼんやりと立っています。髪はボサボサ、化粧気もなく、よれよれのジーン、ス…。自宅と職場を往復するだけの生活があまりに長すぎ、いつのまにか外見に気を遣わなくなっていたのでしょぅ。そぅいえほ、彼氏がいたころは体重も注意していたのに、いまでは最後にダイエットをした時期がいつだったのかも覚えていません。ずっとクータラ過ごしてきたお腹は、言ぅまでもなくぷよぷよです。これじやあ、世の男性にモテないのも仕方がない。出会いだ、婚活だと周囲に吹聴していながら、一番重要な自分磨きを怠っていたのですから。私、まずは外見から変わんなきや。さっそく美容院でイマドキのモテ髮にしてもらい、スタイリストの卵さんのアドバイスをもらいながら、原宿で男性受けする洋服を買い込んじやいました。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ