★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
20_20201030085754c6c.jpg21_20201030085756d85.jpg22_20201030085757f9b.jpg23_20201030085759570.jpg24_20201030085800dba.jpg25_2020103008580263e.jpg26_2020103008580301d.jpg27_202010300858053bf.jpg
モテオヤジを目指す人が読む雑誌などにはよく、高級スーツや外車の紹介記事に並んで、口説きに使えるとされるバーが載っている。夜景を眺めながら美女とグラスを傾け、その後はスイー卜で一戦ってなコスを推奨してるんだろうが、なんじゃそれってなもんだ。ムーディーな場で酔わせればオチやすいってのは、相当古い、オヤジ的感覚じゃないのか。連れてこられたネエちゃんにしてみりゃ、夜景は夜景、アンタはアンタ、飲むだけ飲んだらごちそうさまと考えてるはずなのだ。だからときどき洒落たバーでいかにも不釣り合いなカップルを目撃すると、いつも俺は思う。このおっちゃん頑張ってるけど、この後ちゃんとヤレるのかなと。はたして説きバーはいかほどの力を持っているのか。その答えは、バーの後でカップルがどこへ向かうかを尾行すれば発でわかる。最終的にホテルに消えれば効果絶大、解散すればカクテル代は死に金だ。もちろん口説きバーにいるのは、まだ肉体関係のないカップルだけじやない。すでにオトし終えた女を連れてきてる場合だってある。尾行すべきは、店内での会話や態度に妙な距離感のあるカップルのみだ。南麻布の住宅街という隠れ家的立地にもかかわらず、カウン夕の背後に超高級車のアストンマーティンやベントレーが飾ってあるゴージャスぶり。突然、異空間に迷い込んだょうな錯覚を覚え店である。深夜〇時、店内に入るとカウンタにちぐはぐなペアがいた。おつさんはドランクドラゴン鈴木似は小西真奈美似。互いにやや離れた座り方からして、この人が愛し合つてるとは思えん。しばらく様子をうかがおう。にしてもおっさん、顔はオタク顔だが、なかなかいいスーツを着ている。さすがに金は持つてそつだ。女はどこか一般人とかけ離れてるので、もしかしたら芸能系の仕事かも。こういうパターンが見てて一番憎たらしい。金にあかせて美女を口説きやがって!失敗しろ〜失敗しろ〜。ふと、バーの主人に話しかける女の声が耳に入った。「……〇〇さんって仕事すごいんですよ」どぅい、っ会話の流れかわからないが、たぶん隣のおっさんのことを指してるんだろ、つ。なんだよ、尊敬とかしちやってんじやないだろな。「何でそんなになるんですかぁ」カップルが店を出たのは深夜時過ぎだった。時間的に考えて、こりやオトせたかもな。大通りに出るや、人はすぐにタクシーをつかまえ一緒に乗り込んだ。そうですか。どこぞのホテルにでもしけこみますか。俺もタクって見届けとくか。ところが意に反し、タクシーが辿り着いたのは近くのうらびれたラーメン屋だった。あんなシャレたとこからこんなラーメン屋へ。振れ幅の広さは余裕の表れか。数十分後、人はラーメン屋を出て、横断歩道を渡ったところで足を止めた。またタクシーを拾うようだ。う一ん。これで終わりだな。腹ごしらえも終わつたし一戦交えるんでしょうよ。ちえツ。…おかしい。タクシーがどんどん通りすぎてる。どこに行くか決めかねている様子だ。こっそり人に近づき、聞き耳を立てる。ん?おっさんが猫なで士尸を出してるよ。「ね、ちよつと、ちよつと、ね」「何でそんなになるんですかぁ」困った表情をぅかべ、おっさんを振り払ぅ彼女。おやおや、おだやかじゃありませんな。「困ります力ら一」「いや、そういうのじゃなくて」彼女はタクシーを止めるや、一人逃げるように乗り込んだ。走り出すタクシー。立ち尽くすおつさん。ありゃりゃ。せっかく高い酒を飲ませたのにねえ。たぶん安いラーメンのせいだと思うよ、俺は。まだデキていないカップル独特の距離週末の午後時、モテオヤジ雑誌で「優雅なひと時にかんぱ〜い」と紹介されていた、ミッドタウンのダィニングバへ。よく知らないけど、いま東京はミッドタウンがキテるみたいなので、女ウケは良さそうだ。テラス席に、不釣り合いな力ップルがいた。男はおっさん、女は矢口真里系で歳は20代半ばか。先端スポットに来るだけあって、共に小ぎれいな格好をしている。さてさて、人はデキているのかいないの近寄れないので会話内容までは聞こえないが、どうやら男ばかりが一方的にしゃベっているようだ。がつがつ口説いてるんだろうか。でも女をオトすにゃ聞き上手が大事ですよ。なかなか見えてこない2人の関係性は、店を出たところでやや想像できた。まだデキていないカップル独特の距離を取って歩き出したのだ。男が前で、一歩後ろに女。他人行儀だろ、これは。絶望したおっさんはキャバクラへ。
次なるカップルは、大人同士の組み合わせだ。店の場所はおしやれホテルとして知られるパークハイアットの階。窓からは西新宿の夜景が一望できる。「……ですよね」「そうですね」女は常に敬語だ。それだけじゃ肉体関係の有無ははっきりせんが、うなずき方や愛想笑いがどうにも「無」っぽい。さらに耳を澄ます。内容ははつきり聞こえぬまでも、どうやら会社内の共通の知人を話題にしているようだ。しかも男が何かを教えてあげているかのような。上司と部下?正社員と派遣?ヤラシィのお。部下にこんな夜景を見せて、どうするつもりなのょ。わかってるけど。女がトィレに立った。席に戻りながら夜景を一人で眺めている。ウットリってか?上司の作戦、成功してるじゃん。学生のょうな会話がはっきり聞こえた。血液型を知らなかったってことは、肉体関係ナシと見ていいだろう。こんな話題は初対面で出てくる種類のものだ。さあ、これでオトせたら口説きバーに連れてきた甲斐もあろうもんですが。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ