★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
226_20201025214939ee6.jpg227_20201025214940a4b.jpg228_2020102521494245a.jpg229_2020102521494388b.jpg230_20201025214944a15.jpg231_20201025214946cf9.jpg232_20201025214947bae.jpg233_202010252149491b6.jpg
化粧品会社のオフィス。座つているのは女、女、女。でもつて課長の席にオツサンが人。なんていい職場なんだ!照れくさいだろうけど、股間のあたりがムズムズしそうな環境だ。うらやましくってならない。このルポは、そういう甘い空気を味わってみようという企画だ。どさくさに紛れてチカンするわけじやない。ナンパするぜ!
みたいなガチンコな欲望でもない。もっとゆるーいカンジ。女性のムンムンとしたエキスを胸いっぱい吸い込みたいといぅか。変態?はい、ボク変態かも。
朝時。小田急線成城学園前駅。女性専用車両のホームには、さんたちがわんさか並んでいた。みなさん、朝早くからご苦労さまです。電車が入ってきた。ホームの女性がどやどや乗り込んでいく。どぅしよぅ、いいのか、いいのか、行つちやえ!
うわぁ。女、女、女。女が寿司詰めになってる。こんなとこ本当に入って大丈夫なのかオレ。さんたち、みんなこっち見てるけど。「えっ何なのウザイ」みたいな視線なんだけど。ヤバイよ、これは。でも、動揺したら余計にアヤシまれそう。あくまで気付いてないフリで堂々としないと。でもってこの空気を存分に吸わないと。スーハースーハー。ん一、この匂いどっかで嗅いだことがあるような。そうだ、デパートの化粧品コーナーだ。ふ一ん、これが女性車両の匂いにしても、周りからの視線がやっぱりキツイな。もっとキョロキョロしたいのに、おちおち動けやしない。というか、ウザイとか思われて、ヘンタイだ何だと騒がれたりしないよな。下北沢までの分間。横の女性に体が触れることにさえビクビクしながら、身じろぎ一つしなかった。ただひたすら、化粧品の空気をいっぱい吸うだけ。
この春、東京原宿に女性向けファッションストアがオープンした。アメリカを拠点として世界中に進出してる店で、店内は若い子たちで押すな押すなの大盛況といぅ。行かなきゃ。押すな押すなって言ったり言われたりしなきゃ。現場は階建てのビルが丸ごとぜんぶ売場で、どのフロアも若い子でムンムンしていた。女に引っ張られてきた男客もパラパラいるので、オレの姿も不審じゃない。こりゃあ動きやすいこつて。オシャレ好きだけあり、みなさんそれなりにかわいい。モデルばりの子もけっこぅいるし。おっと、あそこの通路、やたら混雑している。ムンムン度高そうですよ。行ってみつか。女の子たちをかきわけるように前へ進む。すれ違いざまに肩やお尻がばんばんぶつかる。しかもいい匂いです。シャンプーの香りとかします。お尻もよく当たります。俺は女だらけの店舗内を所狭しと歩き回った。
ヴィジュアル系のライブハウスも、それは変わらない。さっそくヴィジュアル系御用達のライブハウス『高田馬場』へ。ラィブはすでに始まってるよぅだ。ネーちゃんたち、待っていなさいよ。ステージでは、おどろおどろしいメイクをしたバンドが、珍妙な演奏をしていた。まったくもって理解できないのだが、お客はけっこう入ってる。若い女だらけのライブハウス、ななかなか圧巻だ。早く、彼女たちと騒ぎたい。まだ、客の盛り上がりはイマイチだ。イマイチどころか、みなさん、自分の立ってる場所から動きもしない。その場でパラパラと手を振っているだけ。このバンドがダメなのか。しかし、次のバンドもその次も、女性たちは騒ぎ始めなかった。音楽がょくわからないオレは、後ろのほうで来たるべき時をひたすら待った。そして、最後のバンドになった。う一ん、わからん。今日はぶつかり合いはしないのか。とりあえず、前のほうでネーちゃんたちのムンムンを味わっとくか。ステージのほうに移動すると、一人の女性が声をかけてきた。「あのすみません。みんな取ってるんで」「ん?」表情が曇っている。オレ、ここに来ちやダメってこと?「……みんな、スタ卜に並んで場所取ってるんで…」前のほぅの場所は、入場順で決まっているらしい。自分の場所で観るのがルールのょぅだ。納得。だから、みなさん、押しくら饅頭しないのね。そりやあ、そ、つだよね。みんな女の子だもんね。
ぶつかり合いなんて野蛮な話はもぅしません。女性とはやっぱおしやべりを楽しまないとね。鉄人社のそばに、女子大生がたむろする喫煙所がある。キャンパスが林煙だからしょっちゆぅギャルたちが集まってくるというヵラクリだ。ある意味、女の園と言っていいだろぅ。タバコを吸ってるときは誰だってつい手持ちぶたさになるもの。自然な会話が愉しめるんじゃないのか。平日、午後時。いるいる、女子大生だらけだ。しかもここの学生はレベルが高いのぅ。キャスタに火をつけ、タバコの煙と一緒に周囲のむんむんを吸う。スーハー。煙たいだけだ。しょうがないか。んじやちよいとおしやべりを。狙うは一人でタバコを吹かす、綾瀬はるか似の子だ。「大学の子ですか?」「うんそうですよ」彼女は笑顔で即答した。ヵンジがいいぞ。「よくここに来るの?」「そつですね。来るんですか?」「うん。会社すぐそこなんだけど、社内に喫煙所がなくて。困っちゃうよね」「うちの大学もないんですよ」すんなり会話が進み、互いに一本を吸い終わる。「じゃあ、私、授業なんで」「うん、オレも仕事戻らなくちゃ。名前だけ聞いてもいい」「めいです」彼女はニコっと笑った。昼下がりの午後、女子大生と談笑。いいね。いつかメアドなんかも聞けちやうかも。
女しかいない、でも男だって入れる学校の最たるものはフラダンス教室だと考える。ヨガもいいけど、ちょつとしんどそぅだしね。
平日夜、スタジオにおじゃますると、人ほどの女性がフロアに座っていた。大半が代前半か。男はオレだけだ。先生を待つ間、隣にいたOL風に声をかけた。
「ぼく、初めてなんですけど、フラダンスよくやるんですか」「私も初めてです」「なんか難しそぅですよね」「大丈夫ですよ、この先生、おもしろいそぅだから」フラダンスのレッスンは、ある一点を除きツマんなかった。先生の動きに合わせ、両手を波のように揺らしながら、腰をくねらせる生徒たち。一番後ろの俺に見えるのは、うねるケッ、ケッ、ケッ。これが悪くない。隣のさんも、なかなか腰の使い方がエロかった。休憩で水を飲むタィミングを見計らって声をかける。「腰の使い方いいですね」「ありがとうございます」会話終了。再びレッスンが始まる。俺は前の女のケツばかりを見て、スタジオの空気を存分に吸った。う一ん、汗くさい。料理教室ならモテてモテて困っちやうはず。フェロモンを吸うだけでは満足できなくなってきた。もっとなんというか、女だらけだからモテて困っちゃうような状況を味わいたい。ネットで調べた千代田区の料理教室は、授業後には、作った料理を囲みつつお酒で乾杯する、いわば合コンのような雰囲気になるんだと。行かない手はない。しかし、オレの魂胆は教室側に読まれていたようだ。タイカレー作りのパートナーに何と男性をあてがわれてしまつた。幸い同じテーブルには、女性ペアもいた。「お砂糖つてどれくらいいれるんでしたつけ?」「小さじですよ」料理の話題から入り、話は徐徐に、プライベートへ。「歌舞伎町にもタイカレーのおいしい店あるんですよ。今度、カレシさんとでもぜひ」「そうですね。でも、カレシいないんですよ」ふ一ん、コンカツ中つてとこかしら
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ