★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
218_2020102521261134e.jpg219_202010252126132a8.jpg220_20201025212614b66.jpg221_20201025212616175.jpg222_202010252126173fa.jpg223_20201025212619184.jpg224_20201025212620dda.jpg225_202010252126222ff.jpg気になる女性店員に直筆の手紙を渡し型まくり、3人とのデートにこぎつけた俺だが、今回はもっとストレートな告白で恋心を成就させてみたいと思う。町中で美女とすれ違ったとき、皆さんはどんなアクションを起こすだろう。すぐに声をかけられるナンパ師は別として、やはりたいていの男性は少し目で追うのが関の山ではないか。もったいない。毎日、品川の自宅と渋谷の会社を往復するだけの美女と、赤羽の自宅と神田の会社を往復するだけのサラリーマンが、その日たまたま新宿の交差点にいたからこそすれ違えた天文学的確率の偶然を、いともあっさり捨ててしまうなんて。ここははっきり伝えるべきではないか。嘘偽りのない素直な台詞「一目惚れしました」の一言を。でなければ人生を後悔するのでは。美女を目で追うだけの一生なんて、死んでも死にきれないだろう。一目惚れという経験は、男女問わず誰にだってあるはず。だから言われたほうも悪い気はせず、ときにはその勇気に、その真摯な姿勢に、気持ちが傾いてしまうと思うのだ。というわけで俺は、洗練された美人が最も多く生息する東京の表参道と銀座の街に赴き、美女が通るたびに片っ端から声をかけまくることにした。ただし、第一声で「一目惚れしました!」ではあまりに唐突過ぎる。まるで狂人だ。かといってダラダラと立ち話を続けると、ただのナンパ師と勘違いされてしまぅ。なんといってもこちらは恋をしているのだ。できるだけ早めに淡い思いを伝えなければ。となると声の掛け方としてはこれぐらいが妥当だろうか。「すみません、さっき向こうで見かけたんですけど、一目惚れしちやいまして…」うん、悪くない。
一目惚れの言葉に驚いた様子だった彼女は、続く「すごい夕イプなんです」のフォローで少し顔を赤らめ笑顔を見せた。
「彼氏はいるんですか?」「いや一いないですね」「じや、少しでいいのでお話させてもらえないすか?お茶だけ」「お願いします。今話せないと一生会えないと思って追いかけてきたんですよ」「はあ、じや少しだけなら」
彼女は美大生で、今日は学校の実習のため美術館でお手伝いしてきたところらしい。地味で大人しい雰囲気なのだが、絵の話になると彼女は饒舌になった。
「今日行ってきたのはここの美術館でやってる展覧会なんですけど…」手にした袋からパンフレットを取り出して、絵の説明をはじめた。なんだか人と話をしたかつたのかもしれない。「この辺に住んでるんの?」「いえ、実は山形なんですよ」「ええ?」
現在、学校も住まいも静岡県で、学校の実習で一週間だけ東京に来たらしく、おじさんの家に身を寄せているんだとか。「いつまでいるの?」「あ、明日帰ります」
「じゃ、今夜が最後か。一緒に夜ご飯贪べようよ」「いや一、無理ですよ」今夜はおじさんと食事する予定でどうたらこうたらと説明が続いた。
「もう一度会えないかな。一目惚れして声かけるなんてなんて初めてのことだし」ん、でもしばらく彼氏とかはいいかなって…」ちよっとビックリした。彼氏って。そうか、一目懷れでスタ卜したんだから、関係が深まるとすれば、それは恋人としてだよな。素直に俺のことばを信じてくれた純朴さに少し目頭が熱くなり、とりあえずとメアドを交換してお別れした。今も静岡と東京でメールのやり取りは続いている。
かなり引いた様子だったので、すかさずフォローを入れた。「すごいタィプだなと思って、ダメ元で声かけたんですけど」「ぇ一、いやいやいや」歩きながらだが、こちらの問いかけには応じてくれている。もう少し食い下がってみよう。
「何中ですか?」「え、買い物中」「あの、疲れません?なんかお茶でも飲めたらなって」「ん丄「何買ったんですか」「なにも買ってないです笑」「何買うつもりなんですか」「わかんないけど、服とか」会話が成立してるんだから脈はある。押せばどうにかなりそうだ
「ね、お茶しましょ。この辺詳しいですか?」「デパートとかしか行ったことないです」「じゃ、少ししゃべれて、おいしいコーヒーが飲めるようなとこ。あ、あそこにしましよ、っ」すんなりと喫茶店に入ることになった。髪型も服装もオシャレで、銀座のクラブにでもいそうな彼女は、に九州から出てきたエステティシヤン。マダムどころか彼氏もいないらしい。
「なんか仕事の時間は遅いし、休みは少ないし、彼氏ができてもなかなか会えなくて、すぐダメになっちゃうんですよね」「そんなに休めないの?」「でも最近は少し休めるようになったけど」「もったいないよね。こんなに可愛いのに彼氏いないなんて」「ぃゃぃゃ」「だって一目惚れして声かけるなんて、自分でもビックリしてるもん」「いや一、またまた」じんわりと嬉しそうな表情に変わった。一自惚れという言葉は、やはり力を持っている。「お酒飲むの?」「飲みますよ」「ここで会ったのも何かの縁だし、飲み友達になってよ」「フフフ」いい雰囲気になってきたところで、連絡先を交換してさよならとなつた。彼女とも現在メールは続いており、次は飲みに行く約束になっている。
スピードこそ遅くなったが、歩みを止めようとはしてくれない。しつこく追いすがる。「ほんとに一目惚れしちやったんですよ」「何かの勧誘ですか?」「違う違う、勧誘じやないよ。可愛いなと思って」「なんか軽〜い」まんざらでもなさそうな雰囲気はある。「普段は何してる人なんすか?」「普通のです」「マジで。可愛いですね」「ありがとうございます」「買い物終わってからでいいから、ちよつとだけお茶しましようよ」「え一、別に今でもいいですよ」
彼女は某外資系企業に勤めていたが、最近リストラされて別の外資に入社が決まったばかりらしい。「でも本当はウェディングプランナーになりたいから、今はその学校にも通ってるんだよね」「ずいぶん頑張ってるね。彼氏はいないの?」「半年前に別れたのが最後で、いまはいないですね」
聞き役に徹していると、次第に恋愛相談のような雰囲気になってきた。悪くない流れだ。
「こんな出会いもあるってことで、仲良くしてよ」「俺、真面目だよ?こんなナンパみたいなことしたことないし」「うそっぽい」「ホントホント。でも冗談抜きで一目惚れだったんだよね」「何がそんなよかったんですか?」「まあ、見た目と雰囲気だよね」「ふ一ん」笑顔が浮かんだ。これまた素敵だ。マジで付き合いたいかも。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ