★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
六本木のバーで普通のOLが売春援助交際!?

都心の片隅に、ここまで堂々たる素人売春スポットが存在していたとは。六本木のバーで普通のOLが売春、援助交際をやっていた。裏フリマともいえる一流企業のOLがバーとかで体を売ってる実態とは。

9月某日、深夜。東京・天現寺の近くで拾ったタクシーで、人のよさげな運転手が話しかけてきた。「お兄さん、よく六本木で遊ばれるんですか?」「ええ。今日は仕事ですけどね」「この辺もずいぶん変わりましたよねえ。最近なんか、普通のOLさんが売春してるって」「コワス」オッサンは言う。最近、六本木の近辺で乗せた客の数人から、金を払いOLと寝たと聞いた。彼女らは一流商社や銀行の社員で、その多くがこの界隈のバーで客を取っているらしい。ありえない。いくら援助交際が当たり前の世の中になったとはいえ、身元も収入もしっかりしているOLたちがなぜ売りをやらなればならない?しかもバーで客引きしてるだと?馬鹿馬鹿しい。
「そう言われちゃうと、私も実際に見たわけじゃないですからねぇ。でも噂が多いのは本当ですよ」職業柄、その噂に何度踊らされてきたことか。運転手さん、退屈しのぎに面白いネタをありがとう。と、ハナにもかけなかったこの話を、オレは1週間後の夜、また別の人物から聞かされる。インディーズの音楽界では名の知られたプロダクションの経営者T氏。いわゆるギョーカイの実話に詳しい事情通である。六本木の焼酎バーで彼は自ら話題を振ってきた。
「『裏フリマ』はもう取材したか?一流企業のOLが、この辺りのバーとかで体を売ってるらしいんだよ。なんでそうなったかはオレも知らないんだけど」思わず体が前のめりになった。
「ウリだけじゃないよ。下着を売るだけのコもいるし、手コキかフェラ専門って場合もあるみたいだし。場所はわかってるぜ」これまで何度もネタを提供してもらったT氏の話だ。この噂、調べる価値アリではなかろうか。T氏によれば、裏フリマは六本木から広尾にかけてのエリアに点在しているが、中でも芋洗坂近くの「A」と、天現寺の交差点近くの「B」という2つのバーがメッカらしい。午後9時。まずオレは「A」を調査すべく、地下鉄・六本木駅から麻布方面の坂を3分ほど下った先に建つ高級マンションへ向かった。表玄関で部屋番号を押してオートロックを解き、エレベーターで8階へ・角部屋のインターフォンを押すと、白いタキシードに身を包んだイケメンがドアを開いた。なんとも大仰だが、会員制というワケではなく、電話予約さえすれば一見の客でも入店可能らしい。さすがは六本木。やることが、いちいちハイソだ。店内は、さらにハイソな光景が眼前に広がっていた。右手のテラスに六本木ヒルズの夜景、左手の出窓にはライトアップされた東京タワー。薄暗い店内は、テーブル上のキャンドルで照らされている。客は男2人と女4人。カウンターの2カップルは除くとして、怪しいのはテラスでくつろぐ2人か。カクテル片手に、オレは彼女たちに近づいた。1人は30がらみのややポッチャリ、もう1人は20代後半らしき清楚系だ。「すいません。お話してもいいですか?」「・・・・」清楚系が眉をひそめつつ、席を立った。じゃあ、もう片方に。「あの、ここでフリマをやってるって間いたんだけど」「はぁ?なんですか、それ?」「…えlと、この店って怪しいカップル客がいたりしない?金の話ばっかしてるよーな」「あ、その話?この時間はまだ早いですね。終電過ぎぐらいからは凄いですよ」話に乗ってきたポッチャリによると、このバー、かつてはハイソな住民ばかりが集う隠れ家的スポットだったのだが、数年前からOL客が激増。と同時に、40〜50代のサラリーマンの姿が目立ち始め、女性客を物色するようになったという。間違いない。噂は真実なのだ。いったん店を出て駅前の居酒屋で3時間を潰し、深夜0時を過ぎたころ、再び「A」へと舞い戻った。…いる。OL率が終電前よりも格段にアップしている。しかも、店内のそこかしこには、ニヤニヤ笑いを浮かべる油ぎったオヤジの群れ。なんだ、この雰囲気は。テラスで、50手前の中年と20代後半の派手な女が何やらだきあっている。もしや商談か?
「勘別(店の飲み代の意)で2が限界かなあ」「じゃあ前払いでもらえます?」ビンゴというか、なんたる大胆さ。もはや、今ここには『売りたい女』と買いたい男」しかいないのか。じゃあオレも動かせていただく。そこのソバージュのキミ、いくらならOK?「すいません。いま大丈夫?」「ごめんね。今日は予約入ってるから」「予約?」「うん。先週会った人と」「…あ、そう」どうやら美人どころは、すでに常連客どもが押さえてしまっているようだ。では、カウンターの隅でヒマそうにしてる、あのガリガリ女はどうだ?「わたし、下着までなんだけど、それでいいなら」
ガリガリの条件は、生のブラ見せのみで2千円。それ以外のオプションサービスには、値段交渉にも応じないという。ま、試しに買ってみるか。
「じゃ、前金でいいですか?」やけにビジネスライクだが、従うよりない。まな板よろしく隆起ゼロの胸元から、色気のない黒ブラジャーがペロリ。って、これで終わりかい。ねえねえ、プラス5千円出すから、フェラとかダメ?「ダメ。絶対ダメ」「わかった。じゃあ手コキでもいいからさ」「あ、ウザイんだけど」不機嫌な顔で上着をはおり、ガリガリは来た道を帰っていった。都心の片隅に、ここまで堂々たる素人売春スポットが存在していたとは。だからこそ、疑問に思う。なぜ彼女らは、誰が訪れるともわからないバーで売りを働いているのか。純粋に金が目的なら、それなりの組織の元に身を置いた方が、安全で、より確実に金になるのではなかろうか。いや、結論を急ぐのはまだ早い。今は実態調査に専念すべきだ。翌週木曜の夜、今度は天現寺の「B」に出向いた。日比谷線・広尾駅から住宅地に入って徒歩3分。目指すバーは、渋谷川沿いの商店街を抜けたところにあった。では、さっそく参るとしよう。「ども。隣、大丈夫?」「あ、はい。どうぞ」3人目に声をかけた、原史奈似のシスター系が応じてきた。聞けば、勤務先のブティックが経営難で給料が激減していたとき、ネットでこのバーの噂を知ったらしい。「客待ちしてたんだよね?」「うん。でも今日はもう帰ろうと思って。疲れちゃったから」「その前にオレとどう?」「うん…」「お願いしますよl」
渋る女に土下座状態で頼み込み、なんとか6千円でフェラまでとの合意にこぎつけた。前金でお代を手渡し、店内のトイレへ。コジャレたデザインの便器へ腰掛けるや、女が股間に吸いついてきた。赤くライトアップされた密室の中、彼女の頭をおさえてジュポジュポ。くっ、いやらしいのう。「…あの、ちょっとだけ」たまらず胸元に手を差しのべてみたが、一瞬ではね除けられてしまった。ブラ見せ、フェラときたら、次は何としても本番を射止めねば。

火曜深夜11時、オレは再び天現寺に足を運んだ。
前回よりもOLの量が倍に増えている。しかも男女の比率が1対2 。さすがにキレイ目ばかりとはいかないが'極端なデブやブサイクもいないようだ。よし、まずはあの内巻きカール女にいってみるか。
「こんちゃ—。いきなりで悪いんだけどさ、キミ、最後までオッケ—なコ?」
「あはい。一応…」
「値段とか聞いてもいい?」
「え—と、ホテル代は別で…、あ、こんばんわ—」
急に邪魔が入った。ス—ツ姿のオ—ルバック男が微笑んでるけど、何だよアンタ。
「お兄ちゃんごめんね。そのコ、先約あるんだわ」
「それじや、行きましよ」
女が猫なで声で男の腕を取り、外へ出て行く。
予約済みなら先に言えよ!
この後さらに2 人に声をかけたが、またも予約の壁にはばまれ不成立。ようやく3人目で、堤さやかを横にのばしたような□リ系を確保した。
ヒルズ内の某有名IT企業でサイト制作の職に就くユカ、23才。ブランド好きが高じて金に困りここを使うようになったらしい。
「先約はないの?」
「大丈夫ですよ—。え—と、これでいいですかあ?」
女が目の前で指を2本立てた。ホテル代別で2万円。O K 。商談成立!
タクシ—で1メ—ターほど走った先のラブホで、素人ならではの控えめな喘ぎ声を堪能した後、才レは彼女に聞いた。
なぜ、1流企業のOLたちが、急に六本木で売春を始めたのか。皆が皆、キミと同じブランド狂いというワケではないだろう。
「それ、かなり誤解してるよ。ウチらの会社なんて名前だけなんだから。私みたいなブランド好きじゃなくても、絶対にお金が足りなくなるって」
ユカは言う。六本木の1流企業など、金があるのは一握りの役員連中のみで、下っ端は薄給で使い捨てが当たり前。特に近ごろ流行りのIT系は、能力給を採用しているケ—スが多く、友人の中には手取りで12万を下回る者も少なくない。
なるほど。ではなぜ一部のバ—が売春スポッ卜と化したのか。
「最初はみんなネットでやってたの。でも、それがだんだん難しくなったらしくて…」
もともと『裏フリマ』とは、2 年ほど前にネッ卜のアダルトオ—クションサイトで流行った現象で'金に困った学生や主婦が下着を売りさばく、ブルセラのような場所だったという。そこへ、とある一流企業のOLが自社の制服にヌ—ド画像を付けて出品したところ、マニアの間で大ブレイク。と同時に商品の過激化が進み、やがてオ—クシヨンは売春の取引がメインとなつていったらしい。
「私も、1 年前はたまに制服の画像とか出してたんですよ。でもすぐに潰れちゃつて」
当然だろう。現行のアダルトサイトは、出会い系規制法でガチガチに縛られている。そこまでの無法地帯を、当局が捨ておくはずがない。
が、裏フリマ難民たちは簡単にあきらめなかつた。一部のOLが、ネット時代に知り合つた常連客たちと個別に連絡を取り、現実世界で売春を行う。
『六本木のバ—なら効率よく買い手を拾える』との噂を聞いた新参の貧乏OLがチラホラと現れるようになり、現在の状況へと至ったようだ。
「人気なのは、どっちも知らない人は行きづらい場所にあるからですね。それに、もともと高級なお店だからへンなお客さんも少ないし」
裏フリマの相場は、本番がホテル別でゴム付き2〜3万、フェラが5 〜7千円。価格自体は普通だが、美人のOLは常にアポイントメントがギッシリで人気の風俗嬢と変わらぬ,状況らしい。ご予約はお早めに。

売春斡旋は業者だけのビジネスではない?過去には同級生に援助交際をあっせんした女子中学生も

中3C子が逮捕された。容疑はなんと、売春防止法違反と福祉法違反である。彼女は同じ容疑で補導された後輩の女生徒とともに、エンコーのあっせんをしていたのだ。
調べによると、会社役員らに知り合いの女子中学生を紹介し、1回につき2〜5万円で売春させていた。
この女子中学生がC子に「エンコー経験がある」と漏らしたところ、C子は「私が相手を見つけて、あげる」と言い出したという。女子中生は断ろうとしたのだが、C子は「やらないと彼氏にバラすよ」と脅したのである。
C子らが客探しに利用したのは出会い系アプリで「援助してくれる人へ待ってます』とメッセージを入れておくと、客は次々に引っ掛かったという。相手が決まると、3人で待ち合わせ場所に行って現金を受け取り山分け。その金は洋服代に消えた。
犯行がバレたのは、エンコーさせられていた女子中学生が親に打ち明け、驚いた親が警察に相談した。千葉では、春にやはりエンコーのあっせん業をしていた女子高生D子とE子が、児童福祉法違反容疑で書類送検されでがる。
発端は「娘が家に帰らない」というある女子高生の親からの届け出だった。数日後、帰宅した少女から警察官が事聞いたところ、Dに紹介された会社役員を相手に7万円でエンコーしたのだという。そのためD子を調べたところ、E子と2人で高生を次々にエンコーさせていたことがわかってきた。2人はその度に1万円前後の紹介料を取っていた。
元々2人は自分たちでエンコーしていたが、そのうち自分でやるより紹介料を取った方が楽だということに気がついたのだ。エンコー相手は、自分でやっていたから、そのツテでいくらでも探せる。一方、エンコーしたい子は、自分の学校で声をかけて調達すればいいというわけだ。
このケースは、本来は少女を保護するためにある児童福祉法を、少女自身に適用した千葉県で初めての事件どなった。

しかし神奈川県警磯子署に逮捕された女子高3年のF子の犯行はさらに豪快だ。何しろ強盗で捕まったのである。
調べによると、横浜市内に住むF子は、プータロー男2人とともに、都内の自動車用品販売会社の社長に睡眠薬入りのコーラを飲挨せ、自宅にあった現金4万円、ポルシェなど高級外車3台、腕時計、パソコンなど総額2千万円相当を奪った。
F子と2人の男はテレクラで知り合ったのだが、どういうわけか、男たちはターゲットとなった社長が金持ちでテレクラ好きだということを知っており「あの社長は金持ってるから誘ってみろ」と彼女に持ち掛ける。
F子は言われるまま社長のケータイに「前にテレクラで話したことあるよね」と甘ったるい声で電話。社長の方はだれと勘違いしたのか彼女を自宅に呼んでしまったのだ。近くで男2人が待機しているとも知らない社長は、自宅でF子と食事を楽しんでいたが、そのうち睡眠薬入りコーラを飲んで、ぐっすり寝込む。その後3人は、朝までかかって金目のもの約100点をせっせと運び出したのである。こうした犯罪を起こすコギャル
たちを捕まえた捜査員は、まず
「どうしてこんなことをしたんだ」
と聞いた。答は決まってる。「金がほしかったから」だ。
まあ、これは犯罪を犯す誰もが持つ動機だが、その後が違う。
「何で金がほしいんだ」と尋ねる捜査員に対し、かなりの割合で、
「ケータイにお金がかかるから」
と答えるそうだ。今のコギャルにとって、携帯電話ほど大切なものはないらしい。
さらに、警察官などにエンコーを諭されたコギャルたちは、口を
揃えてこう言う心「何が悪いの。だれにも迷惑かけてないじゃん」
他人にエンコーさせても悪いことだとは考えていないのだ。
今やエンコーをえさにオヤジ狩りをして、逮捕されるコギャルも珍しくない。例えば、テレクラで知り合った会社員に「エンコーしない?」と持ち掛けておびき出し、仲間の男子高生とともに殴る蹴るの暴行を加えてけがを負わせたのだ。目的はもちろん金で、現金2万円とケータイを強奪した。また群馬県では、エンコー相手の会社員に「お前の裸の写真をばらまくぞ」と言って現金、万円を脅し取ろうとした女子が、恐喝未遂容疑で違捕された。この会社員は、ラブホテル内で裸の写真を撮りっこしたらしいのだが、まさかそれをネタに脅されるとは夢にも思わなかっただろう。ところが、会社に届いた封筒を開けると、そこには、あられもない自分の姿が写った写真が入っていたのだ。これはやもう立派なヤクザの手口というほかはない。
危ないのはぽったぐりバーばかりではないことが、おわかり頂けただろう。月夜とコギャルの甘いささやきには、要注意!

恐喝、傷害、福祉法違反(淫行)で逮捕された女子学生グループも!

恐喝に傷害、福祉法違反(淫行させる行為)ヤクザの逮捕容疑ではない。これすべて、女子学生グループが問われた罪名である。
「ボコボコ(殴る蹴る)、タイマン(決闘)、エンコー(援助交際)のどれがいい」と女子中学生を脅して、金を巻き上げていた少女もいた。小這いほしさ、ケータイ(携帯電話)の料金稼ぎといった他愛のない動機で恐ろしい犯罪に壬を染めるコギャルたち。最近、そんな事件が後を絶たない。高校1年生のA子が逮捕されたのは、容疑は恐喝である。署の調べによると、A子らは、少女ギャング団を名乗っていたという。2年前、まだ中学生だったA子らが遊び仲間5人で結成したグループで、ゲーセンなどで遊び回ったり、カラオケに興じたり。ケータイで誰彼とおしゃべりしたりしているうちはよかったが、働いているわけではないから、お金がなくなってくる。ここで、彼女らは名案を思いつく。自分でバイトするのはカッタルいから、人からもらおう、と。不運にもA子らのターゲットとなってしまったのは、B子である。顔見知りというだけの理由で選ばれたのが彼女だった。
4月下旬、A子らはB子に「殴られて力ネ持ってくんのと、殴られないで持ってくんのと、どっちがいい?」と詰めよった。それは殴られない方がいいに決まっているからB子がそう言うと、A子は「じゃあ、エンコーで稼いで持ってこい」と命じた。
エンコーなどしたことのないB子は、哀れにも自ら客を探す。駅前の電話ボックスに入ってテレホンクラブのチラシをゲット。さっそくかけてみる。
客は、案外簡単に見つかった。中学生なら5万や7万と言っても引く手あまただが、B子は殊勝にも2万円で、と持ち掛けたのだ。どうせA子に取られる金だと、ヤケになってダンピングしたのかも知れない。
こうして金を工面したB子は、2回分、合計4万円をA子らに手渡す。
これに味をしめたA子らは5月上旬、市内のファミリーレストランにいたやはり顔見知りの女子高生に言いがかりを付け近くの公園に連れ出した。そこで、
「ボコボコ、タイマン、エンコーのどれがいい?」と迫る。
この女子高生どうやらボコボコを選んだらしい。A子らは、殴る蹴るの暴行を加え、全治1カ月の重傷を負わせて文字通り「ボコボコ」にしてしまった。その上、女子高生が持っいた数千円も抜け目なく奪ったA子らがあえなく御用となったのは、被害に遭った女子高生らの親などから通報があったためだが、A子らは同様の恐喝、傷害事件を繰り返していたとみられており、遅かれ早かれ捕まる運命だったようだ。夕刊紙などではセンセーショナルに報じられたが、この手の事件は決して珍しいことではない。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ