★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
キカタン企画AV女優キカタン企画AV女優キカタン企画AV女優キカタン企画AV女優
今回のテーマは企画女優です。本数百万を稼ぎだす単体女優と違ってひと束いくらで扱われていそうな彼女らですが、やはりそこは人気商充、ルックスに基づいた明確な隊級制度が存在します。
『ぶっかけ』『複数プレイ』にチョイ役で出てくる女優と考えるとわかりやすいかもしれません。ま、手元に本のがあります。本は『衝撃出演!超有名航空会社のスチュワーデス』主演作で、タイトルどおりスチュワーデスが脱いだハメたという内容です。もちろんはスッチーではなく、飛行機にも数回しか乗ったことがありません。それでもスッチーとして出演できるのは、心なしタレントの小向美奈子に似たルックスのおかげでしよう。パッケージには、制服を着た澄まし顔のがスッチー立ち。このジヤケ写の撮影には丸1日が費やされ、さらに修正が加えられて実物の2割増しに仕上がっています。カメラマンに問われるまま、は「有名航空会社に勤めています」「今朝、パリから戻ったばかりです」などとさらりと言ってのけます。大まかな台本だけしかないのに棒読みにならないあたりは本目の貫禄です。分ほどして唐突に男優が登場しカラミが始まりました。制服を着ていないには何の価値もないとばかりに着衣のままでフェラ、手マン、騎乗位と続きます。そして最後は全裸で締め。企画モノとしては非常にオーソドックスな構成です。ぶっかけや中出しなどのハードシーンこそありませんが、箇所はヌキどころがある秀作と言っていいでしよう。さて、もう1本のタイトルは『盗撮!入社試験スチューワーデス編』。スチュワーデスの入社試験会場に盗撮カメラを仕掛けたという設定で、こちらは女優が代わる代わる登場します。キカタンものよりもお得という見方もできそうです。しかし、表のジャケットを隅から隅までチェックしてもの姿はなく、裏面の小さなカコミの中にようやくアエギ顔を発見しました。メー力ー側も「大勢いる」ことさえわかればいいと判断したのでしようか。それにしても裏面だけとは、いくらが汚ギャルを貧相にしたような顔だからとはいえあんまりです。では再生してみましよう。入社前の面接なのに全員風のスカーフを巻いていたり、盗撮にしてはカメラ台数が多すぎたりとリアリティの欠片もありませんが、この手の作品にそこまで求めるのは酷かもしれません。にしてもなかなか登場しないのは何故でしよう。10分も経つのに影すら見えません。受験者の役ではないのでしようか。並んで集団面接を受けるシーンで、ようやくがその姿を現しました。しかし基本のカメラ位置がメインの女優らしき人を中心に捉えているため、隅っこに座る彼女の体は見事なまでに半分見切れています。まさに数合わせと言うしかありません。夕面接後は、身体測定で各自が裸体をさらし、どういうわけか人の面接官との乱交シーンへと流れます。さあ、はどんな活躍を見せてくれるのでしようか。…期待も虚しく、メインの後ろで汁男優をひたすらフェラするだけでした。1度たりともアップでは撮ってもらえません。これでは背景役です。メインの女優人がイカされたところで映像は終了。ロで発射させたのかどうかすらわかりません。画面隅の彼女でヌイた物好きなど、全国に人といないでしよう。
去年の冬に渋谷センター街でスカウトマンに声をかけられ、この世界に足を踏み入れました。法政大生の彼女にとってはあくまでバイト感覚。手がかりにのし上がろうなどとは微塵も考えていませんでした。スカウトマンも単体では通用しないことぐらいは最初から見抜いていましたが、まさか立て続けに本も企画単体のオファーが来るとは想像できませんでした。一方、同じく渋谷のスクランブル交差点でスカウ卜されました。本業のピンサロが忙しいのでいったんは拒んだのですが、お決まりの「飯島愛みたいになれるよ」という殺し文句にすっかりソノ気になったのです。それにしてもなぜスカウトマンは、中途半端な年齢で、汚ギャル上がりのルックス、体はガリガリのに声をかけたのでしよう。どう考えても、ハナから数合わせ要員と見込んでいたようにしか思えません。あるいは終始モザイク入りのナンパものなら使えるかもと踏んだのでしようか。ともかくは事務所に所属したものの、この年間本番ナシ万円程度の仕事が月に本ほど回ってくるだけ。ピンサロ客に「私、出てるの」と自慢しても「ふ一ん」と返され、作品名すら間かれぬままイラマチオを強要される日々を送っています。撮影現場を見てみましよう。都心の貸しスタジオが用意され、スタッフが撮り下ろします。事務所から専属マネージャーが付き、あれこれと身の回りの世話を焼いてくれるあたり、まるで単体女優並の扱いです。自分がいなければ撮影が成り立たないことを知るは「アクエリアスが飲みたい」「タバコ買ってきて」などとわがまま三昧。契約が残っているため飛ばれる逃げられるワケにいかないマネージャーはひたすら走り回るしかありません。さすがに撮影スタッフにはわがままを言わず、本番が始まれば台本に沿ってはカラミを披露します。生ハメでギャラは数万円。大学生にすれば破格のバイト代でしよう。撮影のある日は朝時に撮影の待ち合わせメッカ、新宿スバルビルに向かいます。そのままスタッフやほかの女優とともに「わナンバー」のロケ車に乗り込み、板橋区向原のスタジオに。まるで日雇い派遣のような光景です。狭い楽屋でドライヤーの奪い合いに敗れると、メイクもままならず収録が始まりますが、幸か不幸かの顔がまともに映るシーンなどまずなく、仮に映ったところで編集段階でモザイクをかけられるに決まっています。
「親バレしないから安心」とうそぶく彼女の心中や複雑に違いありません。メイン扱いの女優がカラミ出したあたりで、助監督から「ちよっとこっちにいてもらえる?」と毎度のようにアゴで指されます。それでも「こっちにいろ!」と命令形にされる汁男優よりは格上のはずと彼女は信じています。スタジオの隅のほうで、ひよろひよろの汁男優をフェラするうちに撮影は終了。するとは全員にむかって大きく叫びます。「お疲れ様でした」現場で気に入られれば次の仕事に繫がるという事務所社長のことばを守っているのです。もっとも、そのわりには仕事は増えないのですが。再びロケバスに乗り、新宿スバルビル前に戻ってきたのが昼の時。その足で事務所に向かいギャラをむき出しのまま受け取ると、ピンサロオープンまでの数時間をパチンコでつぶすのでした。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ